お悩み別メニュー

肝斑(かんぱん)でお悩みの方

肝斑(かんぱん)

額から頬骨のあたり、そして口の周りに左右対称に広がった小さな斑点のようなシミ…。顔色をどんより曇らせてしまうこのシミこそが肝斑であることをご存知ですか? いつも血色が悪くて不健康そうに見られると言う方も、もしかするとこの淡褐色の小さなシミが原因かも知れません。ぜひドクターに相談のうえ、ホワイトニングやピーリングなど適切な治療で美肌を手に入れてください。

肝斑とは

肝斑は、30~40代の女性に多く見られ、頬を中心に左右対称で、境界がはっきりした褐色調色素沈着として生じます。女性ホルモンやストレスが引き金になると言われていますが、紫外線による悪化も見られ、妊娠中に生じることがありますが、出産後数ヵ月で消えます。

女性ホルモンが原因の肝斑

妊娠によって発生したり、また、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされる場合もあるのが肝斑です。その原因は、女性ホルモンのバランスなどに大きく影響されるとされていますが、特に卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの関連が指摘されています。また、そのホルモンの分泌に関わってくるのが、ストレスや、不規則な生活、睡眠不足などです。

このページトップへ

紫外線から悪化する肝斑

他の種類のシミと同様に、紫外線にあたりやすい部位に症状が現れやすく、発症の原因となったり、症状を悪化させることがあります。シミの元であるメラニン色素を作り出す表皮にある細胞メラノサイトは、紫外線やホルモンの影響を受けることから、メラニン色素を続々と作り出そうとするのです。

治療方法
  • ハイドロキノン療法

このページトップへ

共立美容皮膚科 銀座院・渋谷院へのお問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ

銀座院0120-560-340・渋谷院0120-340-428

インターネットからのご予約・お問い合わせ

無料カウンセリング予約

無料オンライン相談

このページトップへ

共立美容皮膚科とは

昨今、安易に美容医療を行うクリニックも増え、それに伴い、当院にも不満足な結果を訴えてくる患者様が増えてきているようです。

「十分なカウンセリングを行わないまま手術を受けて希望通りにならなかった」
「追加追加で高額な費用になった」「契約するまでなかなか帰してくれなかった」など・・・。

簡単にネットで情報が入りますが、誤った情報も多く、今日のこのような美容医療に疑問を抱かずにいられないという思いから、「患者さんの立場に立った美容医療を行う」ことを信念とし、共立美容外科を創立した共立美容外科・歯科のCEO兼総括院長の久次米が、医療として美容皮膚科を提供するために、新たに新体系のクリニックを設立しました。

    • 共立美容皮膚科 銀座院
    • 〒104-0061
      中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル7F
      銀座院院長 久次米 秋人
    • クリニック紹介はこちら
    • 無料カウンセリング予約
    • 無料オンライン相談
    • お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-560-340 診療時間 10時〜19時
    • 地図 アクセスはこちら
  • アクセスマップ
    • 共立美容皮膚科 渋谷院
    • 〒150-0002
      渋谷区渋谷1-24-6 マトリクス・ツービル8F
      渋谷院院長 藤巻 尊子
    • クリニック紹介はこちら
    • 無料カウンセリング予約
    • 無料オンライン相談
    • お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-340-428 診療時間 10時〜19時
    • 地図 アクセスはこちら
  • 共立美容皮膚科渋谷院アクセスマップ