お悩み別メニュー

たるみ・二重あごでお悩みの方

たるみ・二重あご

皮膚の弾力が減退し次第に肌が弛緩する、加齢による老化現象のひとつがたるみです。その原因として、「皮膚」「皮下脂肪」「筋肉」の加齢による劣化があげられますが、これらが、年齢と共に力学的にバランスを崩すことからもたるみが発生すると考えられています。さらに、乾燥、紫外線、ストレスなどの外的要因や、活性酸素、喫煙、睡眠不足等も肌をたるませる原因となるので、なるべく規則正しい生活を心がけましょう。

たるみ・二重あごの種類

まず目元に現れる小さなしわを前兆として、頬、目の下、口角、あご、まぶたなどが下がり始めるのがたるみ。さらに、顔は紫外線を浴びやすく、外的刺激も受けやすい部分である、ためたるみを増幅させがちなので、早めの適切なお手入れが必要です。

弾力低下によるたるみ

加齢や紫外線などの影響で肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れて、肌のバリア機能が低下することから乾燥がさらに進み、大切なハリがどんどん失われて行きます。特に、紫外線によって破壊されたコラーゲンやエラスチンの減少から弾力を失くした肌は、しわやたるみと言った肌老化を引き起こしてしまうのです。

治療方法

このページトップへ

皮下脂肪増加によるたるみ

エネルギーを貯めたり、保温や防御作用などの大切な働きを持ち、皮膚の脂肪組織の大部分を占めるのが皮下脂肪です。でも、その皮下脂肪が増加することが原因で、たるみを起こしやすくなるということも認められていますが、重力の影響等で皮膚が脂肪を支えきれなくなって肌が下がってたるんでしまうのです。

治療方法

このページトップへ

筋肉の衰えによるたるみ

神経の刺激から曲げ伸ばしを行う表情筋と、接合している表皮が同時に動くことによってさまざまな表情が生まれます。この動作の中でターンオーバーが行われると、皮膚表面の形状記憶能力のある角層が陥没した状態のまましわとなり、骨についていない表情筋や皮膚、皮下脂肪には常に下に向かう力が加わっているためたるみが生じるのです。

治療方法

このページトップへ

共立美容皮膚科 銀座院・渋谷院へのお問い合わせ

お電話でのご予約・お問い合わせ

銀座院0120-560-340・渋谷院0120-340-428

インターネットからのご予約・お問い合わせ

無料カウンセリング予約

無料オンライン相談

このページトップへ

共立美容皮膚科とは

昨今、安易に美容医療を行うクリニックも増え、それに伴い、当院にも不満足な結果を訴えてくる患者様が増えてきているようです。

「十分なカウンセリングを行わないまま手術を受けて希望通りにならなかった」
「追加追加で高額な費用になった」「契約するまでなかなか帰してくれなかった」など・・・。

簡単にネットで情報が入りますが、誤った情報も多く、今日のこのような美容医療に疑問を抱かずにいられないという思いから、「患者さんの立場に立った美容医療を行う」ことを信念とし、共立美容外科を創立した共立美容外科・歯科のCEO兼総括院長の久次米が、医療として美容皮膚科を提供するために、新たに新体系のクリニックを設立しました。

    • 共立美容皮膚科 銀座院
    • 〒104-0061
      中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル7F
      銀座院院長 久次米 秋人
    • クリニック紹介はこちら
    • 無料カウンセリング予約
    • 無料オンライン相談
    • お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-560-340 診療時間 10時〜19時
    • 地図 アクセスはこちら
  • アクセスマップ
    • 共立美容皮膚科 渋谷院
    • 〒150-0002
      渋谷区渋谷1-24-6 マトリクス・ツービル8F
      渋谷院院長 藤巻 尊子
    • クリニック紹介はこちら
    • 無料カウンセリング予約
    • 無料オンライン相談
    • お電話でのご予約・お問い合わせ 0120-340-428 診療時間 10時〜19時
    • 地図 アクセスはこちら
  • 共立美容皮膚科渋谷院アクセスマップ