豊胸手術|口コミや値段で選ぶなら共立美容外科
  1. 美容整形の共立美容外科HOME
  2.  > 診療項目一覧
  3.  > 豊胸・胸の悩み
  4.  > 豊胸・胸についての取材ページ

共立美容外科・歯科がananに豊胸に関して取材されました。

共立美容外科・歯科|豊胸手術・胸の悩みページをご覧の皆様へ

豊胸手術とは脂肪注入やジェルバッグなどの手法を用いて乳房を大きくするための手術のことをいいます。見た目などの外観上の美容目的の為に行われます。共立美容外科・歯科では最新の濃縮脂肪細胞注入法であり、しこりや石灰化がほとんどない「コンデンスリッチ」豊胸術をはじめ、ご自分の気になる脂肪を吸引し、それを用いてバストを大きくする幹細胞脂肪注入法豊胸術などの最新の豊胸手術に対応しています。また豊胸以外にも胸の若返りや陥没乳頭などの乳頭に関する悩みなどバストに関するあらゆるご相談を承っております。ひとりひとり丁寧なカウンセリングでお悩みに合った解決法をご提案させて頂きます。

バストをキープする心得についての内容

バストをキープする心得についての内容

要約


ちょっとした意識が美乳を守る。おっぱいキープの心得とは?

日焼けやスマホの使い過ぎなど、普段何気なくしている行動が、意外にも美乳の大敵って知ってた?少しずつ生活習慣の意識を変えていくだけで、5年後、10年後のあなたの美乳に差がつくんです!

良くも悪くも生活習慣がバストに与える影響は大きい。

普段、自らバストに悪影響なことをしているつもりはないけれど、年とともに胸はハリがなくなり、垂れやすくなるもの。でも、だからといって美乳をあきらめるのはもったいない!大幅なサイズアップは確かに難しいですが、ストレッチしたり姿勢を改善することで、下垂や型崩れは防ぐことができ、形の良い胸を保つことは可能です。美容のプロである二人の先生に美乳の条件を聞いたところ、サイズやバランス以外に、肌の質感もポイントだという答えがあります。みずみずしいバストでいるためには体の中もきれいにしておく必要がある。遠回りなようですが、質のいい食事と睡眠、ストレスのない生活を心がけて。健康的な生活を送ること=美乳づくりなのです。ここでは、美乳キープのための心得とともに、みんなが日々やりがちなNG習慣を紹介。バストアップに励んでいるのになかなか効果がでない人や、バストの下垂が気になる人は、まずは生活習慣の見直しをしましょう。

美乳の定義

正三角形

鎖骨の中心と両胸のトップを線で結んだときに、正三角形ができ、乳頭が肩と肘の真ん中にあればきれいなバストラインをキープできている証拠。横長の三角形になっていたら、脇に脂肪が流れているかも。

乳頭

乳輪の大きさは直径35〜40?がきれいに見えるベストサイズ。乳頭は、高さと直径が1?程度で、形状は付け根が締まっていない筒形が好まれるよう。多くの女性にとって、ピンク〜淡い褐色が理想的だと か。

鎖骨から乳頭までの距離

身長が約160?としたら、左右の鎖骨の中間点と乳頭を結んだラインが17〜18?だとベスト。身長が3?高くなるごとにその長さがプラス1?、というのが目安。それ以上距離があると、下垂が進んでいる可能 性が。

美乳のための四つの心得を紹介します。

正しい姿勢

左右の大きさが整っていて、ツンと上を向いていればそれは紛れもなく美乳。そのフォルムを保つためには、正しい姿勢が必須となる。悪い姿勢は、血行不良を引き起こし、バストを支える筋肉の衰えにもつながります。バストトップが下を向かないよう、常に背筋を伸ばし、胸が開いた姿勢になるよう心がけて。

正しい寝方

バストの形と質感を美しく保つために、睡眠にも注意を向けて。まず寝る姿勢ですが、うつぶせ寝をすると自身の体重がバストを圧迫し、胸の形を崩してしまうので、仰向けで寝るように努めて。また、胸の成長に関与する女性ホルモンは22時〜2時に多く分泌されるので、睡眠はこの時間にかぶせてとるようにしましょう。

ストレス対策

一見関係がなさそうに思えるけれど、実はストレスは美乳の敵!ストレスが溜まると自立神経が乱れて女性ホルモンの分泌に異常をきたし、バストが小さくなることがあります。ストレスは、血行不良の要因にもなる。バストの潤いやハリがなくなり、長期的に見れば下垂の要因にもなり得ます。

適度な運動

運動はバストにとっていいことずくめ!血行が良くなりハリ&潤いアップにつながるし、姿勢も良くなり、バストの形が整う。さらには美乳の敵、ストレスも解消できます。エクササイズで胸筋を鍛えれば、正しい位置でバストを支えられるようになるので、下垂を食い止めることができます。

今日からやめよう!!美乳を妨げる生活習慣。

『入浴不足』

湯船に浸からず、シャワーのみで済ませることも、バストにとっては悪習慣。入浴で体を温めないと、冷えにより女性ホルモンの分泌が減少しやすくなり、下垂の原因になります。バストの質感を美しく保つためにも入浴は効果的。「血行がよくなれば肌のみずみずしさがアップするので、バストもきれいに見えます。

『喫煙』

たばこは美容の大敵ですが、バストにとっても同じこと。喫煙すると血管が収縮するため急激に血流が悪くなってしまい、バストの質感に悪影響を及ぼします。さらに、活性酸素が大量に発生することで、バストが小さくなってしまう可能性も。ニコチンは女性ホルモンの分泌を抑えるとも。まさに、百害あって一利なし!!

『ノーブラ生活』

バストを支えるのは、“クーパー靭帯”というゴムのような繊維組織の束。ノーブラでいると、そこに負荷がかかって伸びきってしまい、支えられなくなるため、胸は下垂しやすくなります。カップ付きキャミはラクだけど、美乳を目指すならホールド力のあるブラがマスト。運動時は、胸の揺れを抑えるスポーツブラを。

『日焼け』

顔や手脚はUV対策をしていても、バストまでは気にしていない…という人も多いのでは?美しい肌も、美乳の必須条件です。キメが整ったなめらかなバストでいるためにも、日焼けは避けたい。乳輪や乳首はもともとメラニン色素が多い箇所ですから、陽を浴びれば、さらに濃くなってしまう可能性もあります。

カフェインの摂り過ぎ』

コーヒーや紅茶を毎日飲む人は多いけれど、1日に何杯も飲むと、なんとバストが小さくなってしまう可能性があるとか!「カフェインには脂肪を分解する働きがあります。ダイエットには効果的ですが、主に脂肪でできているバストの大きさをキープしたい人にとっては、マイナスの作用をもたらすと言えるでしょう。

『常に荷物が重い』

バストのサイズや高さの左右差が気になる人は、日々の荷物が呼び水になっているかも。「大抵の人は、同じ方の肩ばかりにバッグを掛けています。荷物が重ければ、より姿勢のバランスが崩れやすくなり、バストに悪影響。重いものは持たないようにするのが一番ですが、やむを得ないなら左右交互に持つ意識をした方がいいでしょう。

『冷え性』

これからの季節に気になる体の冷えは、美乳キープの妨げにもなるから要注意。冷えると血行不良を引き起こし、胸に必要なホルモンや栄養が十分に行き届かなくなる恐れがあります。冷え性の人は肌色がくすみがち。透明感のあるバストを目指すなら、適度な運動とバランスのいい食生活で冷え体質改善を。

『スマホ依存』

スマホをいじっているときは、猫背や、肩が前で寄る“巻き込み肩”になりやすい。そうなると、大胸筋がゆるみ、バストが垂れ下がってしまいます。そもそも、猫背だと胸のシルエットがきれいに見えません。パソコンに向かうときも同様に、前かがみにならないように意識して座りましょう。

\R`

  • 共立美容外科へのお問い合わせはこちら
  • 無料オンライン相談
  • 無料カウンセリング予約
  • 0120-500-340
  • 営業時間 10:00〜19:00

診療項目一覧

キャンペーン
注目のキャンペーンはこちら
携帯で共立WEB

QRコード

携帯電話からも共立美容外科のサイトをご覧いただけます。

自分の携帯にURLを送信

http://www.kyoritsu-biyo.com/m/

  • 全国21院共通 0120-500-340