丁寧に痛くないないよう施術するインプラント治療(東京新宿・千葉・大阪)

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

美容歯科インプラント治療

インプラント治療インプラント治療

インプラント治療

手術時間 60分
¥300,000(税抜き)〜

¥324,000(税込み)〜

インプラントとは

インプラントとは

1失われた歯の代わりに埋入する人工の歯の事です。歯茎を切開して、アゴの骨にインプラント(人工の歯根)を埋入し、その上に高品質のセラミッククラウン (見た目が本物の歯に見える人口の歯)を装着します。半永久的に持つため、「第二の永久歯」と呼ばれています。

インプラントとは

インプラントはこの様な方に向いてます

  • 歯を失った方
  • 入れ歯に抵抗のある方
  • 入れ歯を入れたが、違和感がある方
  • 残っている歯の周病が悪化する事を防ぎたい方
  • 食べ物を美味しく食べたい方
  • スポーツや職業柄、歯を強く噛みしめる方
  • 残っている自分の歯をなるべく守りたい方
  • あごの骨がしっかりしている方
シュミレーション

共立美容外科・歯科のインプラント治療

機能性・審美性・耐久性を兼ね備えた、「第二の永久歯」

Point
特徴1

ノーベルやストローマン、アストラテックといった高性能、高品質Mのインプラント素材を使用。

特徴2

インプラントに装着する人工歯も、Noritake製をはじめ、こだわりのある高品質のセラミッククラウンをご用意。見た目も天然の歯とほとんど変わりません。

特徴3

経験豊富な技術で咬み合わせを意識して、痛くないように丁寧に治療。

特徴4

機能性だけでなく、見た目の美しさにもこだわりを持って治療。

特徴5

充実の保証制度で、治療後3年間無料【修理、再装着、再製作】

※4〜5年目は割引、6年目以降は割引。

インプラントの呼び名について

インプラントの呼び名について

インプラントの呼び名について

当院で使用しているインプラントのブランド

当院で使用しているインプラントのブランド

共立美容外科・歯科では、世界シェアトップクラスのノーベルバイオケア製やストローマン製のインプラントや、世界的な医療メーカーのグループ企業の1つ(アストラゼネカ社)アストラテック製のインプラントを使用しています。
どのブランドも、機能面や性能面において世界的に見ても最高品質の機器になります。当院では骨の幅や部位に応じてこの3つのブランドを使い分けています。

あいた美容歯科医師

インプラントの上に装着するセラミッククラウン(人工歯)について

インプラントの上に装着するセラミッククラウン(人工歯)について

共立美容外科・歯科では、高品質のセラミッククラウン(人工歯)をご用意しています。
機能性だけでなく、美の観点から天然の歯と見分けがほとんどわからないセラミッククラウンをインプラントの上に装着しています。

諸岡美容歯科医師

共立式インプラント治療の特徴

特徴1

複数人の人数をかけてインプラントの手術を行います。

共立美容歯科のインプラントの手術では、安全に配慮するため、複数人の医療スタッフを配備しインプラントの手術を行っています。

インプラントの手術では
特徴2

清潔にした器具を使っています。

薬液につけ、超音波洗浄をし、オートクレーブやガスで滅菌した器具を使用し、また、機器にホイールを巻くなど、清潔な環境でオペを行います。

清潔にした器具
特徴3

高精度のシュミレーション

インプラントの手術を行う前に、患者様1人1人のCTスキャンのデータを高精度のシュミレーションソフトに取り込み、インプラント手術のシュミレーションを行っています。安全な埋入角度・深さ・穴を空ける大きさを計算しています。

高精度のシュミレーション
特徴4

外科を併設しています。

インプラントの治療はむし歯の治療とは違い、手術になります。当院は共立美容外科・歯科という名のとおり、外科と麻酔科を併設していますので、安心して手術を受けて頂く事ができます。

美容外科と麻酔科を併設しています
特徴5

ガス滅菌も使用しています。

一般的な歯科の滅菌処理は、オートクレーブという機械で主に熱を利用して滅菌しています。
しかし、オートクレーブの場合、プラスチック製の医療器具は溶けてしまうため、滅菌処理できない場合があります。当院では、オートクレーブの他にガス滅菌も使用し、プラスチック製の医療器具もしっかり滅菌処理をしています。

ガス滅菌も使用しています。

共立式インプラント治療の流れを図で解説

共立式インプラント治療の流れを図で解説

共立式インプラント治療の流れ

共立式インプラント治療の流れ

  • Step 1:カウンセリング

    専門医による時間をかけたしっかりとしたカウンセリングを行います。治療方法や治療方針をしっかり説明いたします。

    専門医による時間をかけたしっかりとしたカウンセリング
  • Step 2:CTやレントゲンを撮影します。

    CTやレントゲンを撮影し、しっかりと歯の状態を詳しく分析します。

    歯茎の長さの計測
  • Step 3:シュミレーション

    安全に配慮する為、手術の前に、CTスキャンのデータをインプラントのシュミレーション用の高精度のパソコンソフトに取り込み、インプラント手術のシュミレーションをしっかり行います。
    骨に空ける穴の大きさ、角度、深さのシュミレーションを行います。

    シュミレーション
  • Step 4:インプラントの設置(1次手術)

    インプラントを骨に埋入(埋める)します。経験豊富な技術で適切な大きさの穴を骨に空け、インプラントの埋入角度、深さをしっかり計算しつつ手術を行います。
    手術の際は、複数人の医療スタッフを配備し安全に配慮した環境で行います。

    インプラントの設置
  • youtubeyoutube

  • Step 5:インプラントと骨がつくのを待ちます。

    約3~6ヶ月インプラントと骨がつくのを待ちます。
    この期間は日常生活には支障はありません。

    痛くないように麻酔を注入
  • Step 6:歯茎の粘膜を整えます。(2次手術)

    インプラントが歯茎の中にあるので、歯茎の粘膜を整え、アバットメントとセラミックの歯が綺麗に装着できるよう、歯茎の粘膜を整えます。

    歯茎の粘膜を整える
  • Step 7:セラミックの歯の型取り

    セラミックの歯の型取りをします。

    歯の型取り
  • Step 8:セラミックの歯を装着して完成。

    セラミックの歯(セラミッククラウン)を装着します。セラミックの歯は、見た目が天然歯とほとんど見分けがつきません。また、見た目だけでなく、耐久性もあるセラミックの歯を装着します。
    セラミックの歯は数種類ご用意してありますので、専門医とご相談の上、装着するセラミックの歯をお選び頂きます。

    セラミックの歯を装着して完成

ここもポイント

難しいインプラント手術の場合には安全性と正確性の高い専用器具を使用します。

歯茎や骨の状態により、インプラントの手術が難しくなってしまう場合があります。
その場合は、1人1人に合わせた特殊な器具を使い、インプラントを装着します。この器具を使えば、難しい角度や深さでも正確にインプラントの手術を行う事ができます。

ポイント

痛くない秘密とは

共立美容歯科の麻酔

共立美容グループは開院以来、「痛くない治療」を信念としています。
 そのため共立美容歯科も痛くない治療を行っており特に麻酔には力をいれています。共立美容歯科は美容外科と併設しているため「熟練した専門の麻酔医」が在籍しています。

2ステップの麻酔で「痛くない治療」

  • Step 1:テープ麻酔

    麻酔の注射を打つ時の痛みを感じなくさせるために、外科でも使用しているテープタイプの麻酔を5分間、歯茎に貼ります。
    歯茎の表面の感覚をなくすことで針を刺す痛みを軽減する事ができます。

    テープ麻酔
  • Step 2:極細または超極細の針を使用しての麻酔薬の注入

    通常よく歯科で使われる針の太さは27G(0.40mm)ですが、共立美容歯科では極細の31G(0.28mm)を使用しています。
    通所の針より細い極細針を使用し、さらにテープ麻酔が効いているため痛くありません。 それでもご不安な場合はオプションで現在最も細い麻酔針の超極細の33G(0.26mm)をお選び頂けます。
    ※33Gの麻酔針使用の場合はオプション料プラス¥10,800
    1回オプション料をお支払頂くとそれ以降の治療はずっと33Gの麻酔針を使用します。

    Step 2

さらに痛くない麻酔のポイント

特徴1

麻酔薬の温度も調整しています

麻酔を注入するときの麻酔薬の温度と患者様の体温が差がある場合、それが刺激になり痛みを感じます。そこで、共立美容歯科では麻酔薬カートリッジウォーマーを使用し、麻酔薬を体温と同じくらいに暖めることでこの刺激をなくしています。


麻酔薬の温度も調整しています
特徴2

麻酔薬注入のテクニック

痛くないようにゆっくり麻酔を注入することで注入時の痛みをなくすことができます。


麻酔薬注入のテクニック

患者様の症例写真・体験談

  • 40代 共立式インプラント治療に

    共立式インプラント治療症例写真

    1.この患者様の場合、奥歯2本がないため、2本分のインプラントを埋入します。

    2.インプラントを骨に埋入した状態です。
    この状態で骨とインプラントが接着するまで約12週間以上、待ちます。

    3.インプラントにアバットメントとセラミッククラウン(人工歯)を装着して完成です。
    天然歯と見分けがつきません。

    • 施術前

      施術前

    • 直後

      直後

    • 施術前

      施術前

    • 直後

      直後

共立式インプラント治療の概要

料金 ¥324,000〜
治療時間 60分
通院回数 3〜4回
回復までの期間 上あごの場合6ヶ月、下あごの場合3ヶ月必要
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

よくあるご質問

  • インプラントの治療中は痛みはありますか?
    麻酔をしているので、痛みはありません。また、麻酔の注射をする前にもテープ麻酔を貼り、麻酔の注射時の痛みにも配慮しています。丁寧に痛くないないように治療します。
  • 治療後の痛みはありますか?
    全く無い場合から、2〜3日痛みが続くまで個人差があります。
    ただ、痛み止めの薬を処方しますので、痛みに関しては気にならない程度です。
  • 治療後に腫れはありますか?
    手術範囲(本数)や個人差によって違いますが、腫れた場合でも5日〜10日で徐々に緩和されます。腫れのピークは2〜3日になります。
  • 内出血はしますか?
    個人差によりますが、内出血される方もいらっしゃいます。内出血した場合も数日で消えます。
  • シャワーはいつから浴びられますか?
    当日より可能です。
  • 薬は処方されますか?
    痛み止め、抗生物質、胃薬を処方します。最低3日間はお飲み頂きます。
  • インプラントの治療後、食事に気を付ける事はありますか?
    治療当日は、なるべく刺激の強いものをさけるようにしてください。手術後2,3日は抜糸までは、インプラントの治療部位でなるべく物を噛まないようにしてください。
  • 入浴はいつからできますか?
    治療後2日目より可能。
  • 歯磨きはいつからできますか?
    治療部位は1週間は薬用洗口液をご使用して頂きます。治療部位以外は当日より歯ブラシによるブラッシングは可能です。
  • 運動はいつからできますか?
    激しい運動は2〜3日は避けてください。
  • お酒はいつから飲めますか?
    飲酒は当日はお控え下さい。また、お酒は血行を良くするので、痛みや出血の原因になるため、術後1週間は控える事を推奨しています。
  • 治療した部位を舌で触りたくなるのですが、触っても大丈夫ですか?
    治療した部位は非常にデリケートな状態なので、舌で触らないで下さい。
  • 仕事はいつから可能ですか?
    翌日より可能です。当日は安静にして下さい。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

清潔感のある内装

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

ジュビダームビスタ®シリーズ

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

その他の美容歯科の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科|インプラントによる失った歯の改善に関するページをご覧の皆様へ

このページでは、インプラントによる失った歯の治療の内容がご覧いただけます。インプラントの治療は、新宿本院、千葉院、大阪院で行う事が出来ます。丁寧に痛くないないよう施術します。製品と材質と安全にこだわって口腔外科治療を行っています。事前にCTをコンピュータに取り込みシュミレーションをして安全に配慮して行っています。ノーベルやストローマンなど世界最高品質クラスの素材を丁寧にアゴの骨に埋め込みます。口腔外科や美容歯科の治療はドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、口腔外科や美容歯科を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340