共立美容外科・歯科の男性の悩み(包茎治療・男性形成)について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

男性の悩みフィナステリド・プロペシア

内服薬(フィナステリド・プロペシア) 内服薬(フィナステリド・プロペシア)

男性の髪の毛の悩み(AGA治療)

内服薬(フィナステリド・プロペシア)

AGAの原因『DHT』

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンとされています。 DHTが毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体と結びつくと、発毛の正常なサイクルが狂いAGA(薄毛)が進行します。

DHT(ジヒドロテストステロン)が生成される理由

男性ホルモンにTH(テストステロン)というものがあります。 THは、性欲や、精子の生成や、骨や筋肉の生成、などに関係する男性ホルモンです。 このTHに5-α還元酵素という酵素が結びつくと、AGAの原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)という強い男性ホルモンを生成します。 つまり、5-α還元酵素がTHに結びつくことを防ぐことができれば、DHTの生成が抑制されるので、AGAを改善することが可能となります。

5-α還元酵素とは

5-α還元酵素(5αリダクターゼ)はI型とII型の2つの種類があります。 I型は側頭部と後頭部の皮脂腺に存在し、II型は前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に存在しています。 I型とII型もどちらも、頭部に存在している酵素となります。 5-α還元酵素の分泌量は、遺伝によって決まります。そのため、薄毛が遺伝が関係しているといわれているのはこの事が原因の一つとされています。

5-α還元酵素をブロックできるフィナステリドとデュタステリド

男性ホルモンのTH(テストステロン)に5-α還元酵素が結びつくと、AGA(薄毛)の原因とされるDHTという強い男性ホルモンが生成されてしまいます。 THと5-α還元酵素が結びつくことを防ぎ、DHTの生成を抑制してくれるのが、フィナステリドとデュタステリドという成分です。

フィナステリドとデュタステリドの違い

5-α還元酵素はI型とII型の2種類ありますが、フィナステリドは、II型のみしかTHと結びつくことをブロックすることはできませんが、デュタステリドはI型とII型両方をブロックすることができます。 このように、デュタステリドはI型もブロックできるので、個人差がありますので必ずそうであるとは言い切れませんが、薄毛治療においてデュタステリドはフィナステリドに比べて約1.5倍の脱毛抑制効果があるといわれます。

男性型脱毛症診療ガイドライン(2010年版)

日本皮膚科学会ガイドラインの2010年版では、フィナステリドの内服はミノキシジルと並んで、男性型脱毛症診療に対して推奨度はA判定になっています。

引用:「男性型脱毛症診療ガイドライン」策定委員会(2010) 『男性型脱毛症診療ガイドライン(2010 年版)』.978-979

初期脱毛が起こる場合があります

個人差はありますが、フィナステリドやデュタステリドは内服すると服用開始から2週間から1か月程度の間に一時的に初期脱毛が起こります。 初期脱毛の原因は、フィナステリドやデュタステリドが発毛サイクルを正常に戻したために、新しい髪が成長し古い髪を押し出すためと言われています。 つまり、初期脱毛が表れたという事は、フィナステリドやデュタステリドの効果が表れ始めたという事になります。 初期脱毛は一時的なものなので1か月程度で収まります。

副作用に配慮が必要

フィナステリドもデュタステリドもどちらも、もともとは前立腺肥大症の治療薬の薬として開発されたものになります。 そのため、AGAの治療としてフィナステリドもデュタステリドを使用する場合、副作用の注意が必要です。 具体的な副作用としては、性欲の減退や勃起機能の低下、精子の減少、肝機能障害、などがあります。また女性の場合フィナステリドやデュタステリドを触ることは禁止されています。 性に直結する成分のため妊活中の方は特に注意が必要です。 副作用の症状が現れることは数パーセント程度ですが、どなたにでも副作用が起こる可能性はあるので、必ず医師の管理下の元、AGA(薄毛)治療を行うことを推奨しています。

血液検査を行い副作用に配慮

当院の場合、副作用に配慮するために血液検査を行い、医師が患者様のお体の状態を把握しながら薄毛治療を行っています。

医師によるカウンセリング

当院では医師が直接、AGA(薄毛)治療のカウンセリングを行っています。性別、年代、生活習慣、ライフスタイルに沿ってお一人お一人に合った薄毛治療を行っています。

デジタルマイクロスコープによる
頭皮チェック

デジタルのマイクロスコープにより、頭皮チェックを行っています。頭皮のデータは、iPadで見られますので、患者様ご自身でもご自身の頭皮の状態をご確認いただけます。 育毛発毛治療は、ご自身の頭皮の状態を知ることが第一歩です。デジタルのマイクロスコープによる、頭皮チェックは無料で行っております。 お気軽にご予約ください。 ※一部院で実施していないことがございます。事前にご確認ください。

世界中の薬を導入

薄毛治療や予防の基本は毎日、ケアをすることにあります。ですのでホームケアが重要となります。 薄毛の薬は医師が世界中の薬の中から選りすぐりの、医師自身が良いと判断した薬を導入しております。 詳しくはカウンセリングで医師にお尋ねください。

内服薬「フィナステリド」とは?

世界初の飲む発毛剤

フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)に有効なフィナステリドを配合した飲む育毛剤です。国内で唯一AGA(男性型脱毛症)に有効な飲む育毛剤で、現在では世界60カ国以上で販売されています。この薬は、男性ホルモンによる脱毛作用を抑制し、抜け毛を阻止します。また頭頂部だけでなく生え際にも効果があります。 1日1錠の内服して下さい。個人差はありますが、3ヶ月〜8ヶ月で効果を実感できます。 ※詳細はお問い合わせ下さい

内服薬の概要

料金 28錠 ¥9,800
施術時間 -
通院回数 1日1錠内服
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他
特記事項
FDA認可のAGA治療薬

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

ジュビダームビスタ®シリーズ

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

その他の男性の悩みの施術

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340