共立美容外科・歯科の隆鼻術(鼻を高く・鼻筋を通す)について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

鼻の悩み隆鼻術(プロテーゼ)

隆鼻術(鼻を高く・鼻筋を通す)隆鼻術(鼻を高く・鼻筋を通す)

ハンドメイドのプロテーゼで

安全に美しい鼻筋を

隆鼻術(プロテーゼ)とは

隆鼻術(プロテーゼ)とは、鼻にプロテーゼを入れて鼻を高くする施術です。共立美容外科では、専門医がお一人お一人の鼻の状態を確認して、ご希望の鼻の高さに合わせてプロテーゼをハンドメイドで作ります。共立美容外科では、安全に美しい鼻筋を心がけるために、鼻根部にI字型のプロテーゼを使用しています。

鼻本来の特徴に合わせて、鼻根部と鼻尖部を使い分け

特徴1

一人一人に合わせたハンドメイド治療。

特徴2

鼻本来の特徴に合わせるから自然で安全な仕上がりに。

特徴3

鼻根部は、I字型プロテーゼ。

特徴4

やわらかい鼻尖部は自分の組織の軟骨を使用。

特徴5

循環障害(色が変化してしまう)や、プロテーゼが飛び出す心配がない。

特徴6

一生涯、誰に触られてもわからないし、後遺症の心配もない方法。

鼻本来の特徴を生かした、自然な仕上がり

ご自分の鼻に、指で触れてみてください。まず、目と目の間には硬い骨(鼻骨)があるのが、わかると思います。そして、そのまま次第になぞっていくと、途中から押せば動くやわらかい骨(軟骨)に変わっていきます。

つまり、鼻は2種類の全く異なる性質や硬さの骨で、できているのです。鼻根部にはプロテーゼを、鼻尖部にはその部位に合わせた軟骨に仕立て直したものを。それぞれの特徴に合わせて、入れる素材を使い分けるのはそのためです。自然な仕上がりにするためにも、鼻全体に硬いプロテーゼを使用するのではなく、本来の骨の形にそって、形成していきます。

鼻本来の特徴を生かした、自然な仕上がり

お一人お一人に合わせたプロテーゼ

共立美容外科では、お一人お一人に合わせて、ハンドメイドでプロテーゼを制作しています

  • Step 1:鼻の状態を確認

    専門医がお一人お一人の鼻の状態を確認。

    Step 1:鼻の状態を確認
  • Step 2:プロテーゼを制作

    お一人お一人の鼻の高さのご希望に合わせてプロテーゼをハンドメイドで作ります。

    Step 2:プロテーゼを制作
  • Step 3:細かく微調整

    豊富な経験で、つちかった技術で、丁寧にプロテーゼの形を微調整します。

    Step 3:細かく微調整

I字型プロテーゼ(共立美容外科)とL字型プロテーゼの違い

共立美容外科では、I字型プロテーゼを使用

隆鼻術で使用するプロテーゼには、I字型とL字型の2種類あります。共立美容外科では、安全に美しい鼻筋を心がけるために、鼻根部にI字型のプロテーゼを使用しています。

I字型プロテーゼ(共立美容外科)とL字型プロテーゼの違い
  • 誰に触られてもわからない。
  • 鼻先を自由に動かすことができる。
  • I字型は衝撃に強く、安定している。(※)
  • 皮膚からプロテーゼが飛び出す心配がない。

(※)クリニックの中には、I字型プロテーゼを使用した場合、「触るとグラグラする」と言うところもあります。しかし、共立美容外科では、確かな技術を持ったドクターが、確実な方法で行っておりますので、そのようなことは一切ございません。高度な技術を要する治療なので、ドクターの技術に差がつくのは当然のことです。

L字型プロテーゼを勧められない理由

  • 鼻先のプロテーゼに直接触れると、硬い異物が入っていることがわかってしまう。
  • 鼻先の動きに制限がある。
  • L字型は衝撃に弱く、固定した部位が不安定になりがち。
  • 皮膚が薄くなり、皮膚からプロテーゼが出てくる危険性がある。
BAD BAD BAD
衝撃に弱く、不安定 プロテーゼが動くのがわかる 鼻先からプロテーゼが出てくる
衝撃に弱く、不安定 プロテーゼが動くのがわかる 鼻先からプロテーゼが出てくる
鼻先をぶつけた場合、衝撃が鼻根部にも影響し、固定した部位が不安定になりがちです。 鼻根部を指で触れた時、プロテーゼが鼻の中でグラグラと動くのがわかります。また、日常的に鼻をヨコにつままれる行為を繰り返した場合も同様です。 血液循環が慢性的に悪くなり、鼻先の皮膚が次第に薄くなって、直下にプロテーゼを触れるようになったり、赤みがさしてきたり、最悪な事態、プロテーゼが鼻先より出てくるケースもあります。

※共立美容外科では、L字型プロテーゼを使用した事による後遺症でお困りの方のために、修正手術も行っております。
(I字型+鼻尖軟骨カプセル形成手術)

隆鼻術の概要

手術料金 ¥302,400〜
手術時間 10分〜15分
通院回数 3回(手術、抜糸、1ヶ月検診)
回復までの期間 2ヶ月でシルエット仕上がり、1ヶ月で組織の仕上がり
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 2、3日は禁酒
仕事・外出 多少腫れはございますが、外出可能
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

清潔感のある内装

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

ジュビダームビスタ®シリーズ

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

その他の鼻の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科|隆鼻術(プロテーゼ)のページをご覧の皆様へ

このページでは、隆鼻術(プロテーゼ)についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、美容歯科など、日本で有数の総合的な美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340