溶ける糸(溶けるスレッド)で鼻を高くするプチスレッド・ノーズアップ

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国22院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

プチ隆鼻術プチスレッド・ノーズアップ

プチスレッド・ノーズアッププチスレッド・ノーズアップ

プチ整形、切らない隆鼻術

溶ける糸で安全に鼻を高く

プチスレッド・ノーズアップとは

プチスレッド・ノーズアップは、溶ける糸(溶けるスレッド)で鼻を高くする、次世代の鼻を高くするプチ整形です。
溶ける糸を、高くしたい部位に丁寧に挿入すると、鼻を綺麗に高くすることができます。

プチスレッド・ノーズアップは、医療素材のPDOでできており、やがて溶ける安全性の高い糸です。
より効果を出すために研究され、考案された特殊な加工を施している糸です。

プチスレッド・ノーズアップ

プチスレッド・ノーズアップの流れ

  • Step 1:麻酔クリームを塗ります

    麻酔の注射針を注入する際に痛くないように、事前に麻酔クリームを鼻に塗ります。

    Step 1:麻酔クリームを塗ります
  • Step 2:麻酔の注射をします

    極細の針で麻酔をゆっくりと丁寧に注入します。
    麻酔クリームが塗ってあるので、痛みはほとんどありません。

    Step 2:麻酔の注射をします
  • Step 3:インジェクターを鼻に挿入

    インジェクターと呼ばれる注射器のようなものを鼻に挿入します。

    Step 3:インジェクターを鼻に挿入
  • Step 4:プチスレッド・ノーズアップの挿入

    インジェクターを押すと、プチスレッド・ノーズアップが鼻に挿入されます。
    このプチスレッド・ノーズアップが鼻を押し上げることで、鼻が高くなります。
    鼻の高さや形は、医師の技術で丁寧に調整します。

    Step 4:プチスレッド・ノーズアップの挿入
  • Step 5:インジェクターを抜くと、プチスレッド・ノーズアップだけが鼻に残ります。

    プチスレッド・ノーズアップは鼻の高さを持ち上げ、6か月かけて徐々に溶けてなくなっていきます。
    挿入したプチスレッド・ノーズアップの周りには、コラーゲンが生成されますので、鼻の肌にハリが生まれる傾向にあります。

    Step 5:インジェクターを抜くと、プチスレッド・ノーズアップだけが鼻に残ります。
  • youtube

糸の特徴

  • 特徴1
    医療用素材で溶ける糸
  • 特徴2
    糸の先端がほうき状
  • 特徴3
    2段階で両側についているコグ
  • 特徴4
    8種類の長さをご用意
特徴1

医療用素材で溶ける糸

プチスレッド・ノーズアップは安全な生体材料(医療用素材)として認められている縫合糸です。
PDOという、体内でやがて溶けてなくなる素材でできています。

医療用素材で溶ける
特徴2

糸の先端がほうき状

プチスレッド・ノーズアップの先端は、ほうき状になっています。
特殊な加工でほうき状になっており、鼻を下からしっかりと押し上げるので、鼻を高くできます。

糸の先端がほうき状
特徴3

2段階で両側についているコグ

プチスレッド・ノーズアップのコグは2段階になっています。
また、両側にコグがあるので、皮下組織をしっかりと支え、鼻を高くできます。

2段階で両側についているコグ
特徴4

8種類の長さをご用意

プチスレッド・ノーズアップ(糸)の長さは8種類あります。
お好みの高さに合わせて糸を選び、使用します。

8種類の長さをご用意

さらに解説

鼻を下から見た図

プチスレッド・ノーズアップを挿入すると、鼻を押し上げるので、鼻が高くなります。
糸は6か月かけて徐々に溶けていきます。

鼻を下から見た図

一人一人に合わせた糸の挿入方法

ココもポイント

プチスレッド・ノーズアップは、一人一人の鼻の形に合わせて、ストレート法やクロス法など、方法を適宜変えて糸を挿入します。

糸の先端がほうき状

総院長から一言

従来のヒアルロン酸を注入して鼻を高くするプチ整形では、鼻先の重みにヒアルロン酸が負けてしまい、どうしても鼻先を上げることが難しくなっていました。

しかし、プチスレッドノーズアップは、溶ける糸で鼻先を上げるため、鼻先の重みに負けることなく、スッとした鼻に近づけることが可能になりました。プチ整形で、これほどまで鼻先をスッとできる事は画期的ではないでしょうか。

糸はやがて溶けてなくなりますので、切らずに鼻を高くしたい方にはお勧めですよ。ダウンタイムもほとんどありません。会社帰りなどに、気軽にできるのも魅力の一つですね。

久次米CEO兼総括院長

プチスレッド・ノーズアップの症例写真

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

プチスレッド・ノーズアップ Q&A

  • ダウンタイムはありますか?
    プチ整形ですので、ほとんどありません。糸を挿入する鼻先に赤い内出血が少し出る程度です。7〜10日間程度で消えてなくなります。ただ、メイクで隠すことが可能です。

    痛みは、鼻を手で触れた際にある疼痛が5〜7日ほど継続しますが、医師の施術に依存します。
  • ヒアルロン酸との併用はできますか?
    可能です。むしろ併用によってさらに自然で患者さまの望む鼻形成ができる可能性があります。ヒアルロン酸との併用を推奨しています。
  • どのくらいの頻度で施術を行えばいいですか?
    2ヶ月後から吸収が開始され半年でプチスレッド・ノーズアップが吸収されます。そのため、半年から1年での再度の施術を推奨します。しかし、半年以内であっても鼻の形をより維持したいという患者さまの希望があれば施術が可能です(通常よりも少ない本数で形成が可能です)。また、2週間後でも追加施術は可能です。なお、完全に吸収された後でも最初の矯正体積の20〜40%が残るとされています。
  • プチスレッド・ノーズアップが入った状態でサーマクールやウルセラはできますか?
    真皮よりも下層に熱影響を及ぼすこれらの機器により、プチスレッド・ノーズアップが変形したり、早期の吸収を惹起する可能性がありますので推奨はしていません。
  • 何センチほど鼻の高さはアップしますか?
    個人差がありますが、鼻の皮膚が柔らかく、伸びやすい方のほうが効果が高いとされています。
  • 何歳からできますか?
    10代後半から可能です。成長期の方でも受けていただけます。
  • 何本まで入れることができますか?
    特に決まりはありませんので、ご希望される鼻の形に合わせて、本数を挿入することが可能です。一般的には、8〜12本で患者様の期待する鼻の形成が可能と考えております。
  • どのくらいもちますか?
    前述のとおり、2ヶ月後から吸収が開始され、半年で吸収されます。
  • 施術時間はどのくらいですか?
    担当医の技術にもよりますが、プチスレッド・ノーズアップの施術だけで10〜15分です。これに加えて麻酔の時間が必要です。

プチスレッド・ノーズアップの概要

料金 1回8本挿入  129,600円
追加挿入※(4本) 51,840円
※当日に限ります。

クレヴィエル、ヒアルロン酸、プロテーゼとの併用も可能。
※モニター割引あり。詳しくはお問合せください。
治療時間 約10分
通院回数 1回
回復までの期間 針穴、赤みは1日程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

全国22院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

清潔感のある内装

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

様々な科目の専門医

医学博士も在籍

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

医学博士

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

救急科専門医

日本美容外科医師会認定の医院です

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

日本美容外科医師会認定医院

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

ジュビダームビスタ®シリーズ

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

早稲田大学での接遇サービスの授業

ヒアルロン酸クレヴィエル・コントアの注入でアゴをシャープにする

おすすめ最新「クレヴィエル・コントア」でアゴをシャープににする”

その他の鼻の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科|プチスレッド・ノーズアップのページをご覧の皆様へ

このページでは、プチスレッド・ノーズアップについてご確認頂けます。プチスレッド・ノーズアップは、鼻を高くする施術に向いています。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、美容歯科など、日本で有数の総合的な美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国22院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340