汗腺を刺激して良い汗をかこう【共立美容外科・歯科】

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

出版物紹介『次世代ワキガ多汗症治療』 共立美容外科 医師グループ著

『次世代ワキガ多汗症治療』
共立美容外科 医師グループ著

コラム3 汗腺を刺激して良い汗をかこう!

『次世代ワキガ多汗症治療』 共立美容外科 医師グループ著

コラム3 汗腺を刺激して良い汗をかこう!

最近はエアコンの普及で「汗をかけない」人が増えているようです。子どものころから、エアコン完備の室内で育ち、あまり外で遊ぶこともなければ、汗腺は「働かなくて良いんだな」と思い、その活動能力を低下させてゆきます。汗腺は怠け者なので、活発に活動していた汗腺でもサボっていると、すぐにその能力は鈍ってきます。

では、どうしたら汗腺のリハビリができるのでしょう?答えは簡単です。必要な汗をかけば良いのです。まず、季節の変わり目を感じる生活をしましょう。エアコンに頼りきった生活は避けたいものです。エアコンは外気温と5度ぐらいの差にとどめておくのが理想です。

そしてリハビリですから少しは努力をしましょう。積極的に体を動かすことが必要です。運動し、汗をかくことで眠っていた汗腺が目覚めてきます。スポーツ選手などは普段汗をかきませんが、ここぞという時に、ドッと汗をかき、サッとひかせるという上手な体温調節をします。これが理想的な汗のかき方です。

汗をかいた後は、お風呂でゆっくり体を癒して、また汗をかきましょう(脇の下は毛穴を広げた後、冷水で再ぴ毛穴を引き締めればワキガ対策としても有効です)。大事なのはこの後で、夏は特に注意したいのですが、お風呂を出た後、暑いからといって、すぐにクーラーにあたるのは厳禁です。汗が無理に抑えられるので、脳の中の温度は高いままなのです。これは寝汗を誘発し明け方に体が冷えすぎ、ダルさや夏風邪の原因になるのです。お風呂上がりはゆっくり汗を出し汗の力で体温を下げるようにしましょう。

冬も、すぐに服を着込むのではなく、暖かくした脱衣所などで、ゆっくり汗がひくのを待ってから、服を着るような努力をしてください。一年を通じてちゃんと汗をかくことが汗腺にはとても重要なのです。

共立美容外科・歯科の人気のわきが・多汗症治療

ワキガ・多汗症
ワキガ・多汗症

目次

共立美容外科

汗腺を刺激して良い汗をかこう|口コミで評判の【共立美容外科・歯科】のページをご覧の皆様へ

このページでは、汗腺を刺激して良い汗をかこう|口コミで評判の【共立美容外科・歯科】についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。共立美容外科・歯科ではわきが治療・多汗症治療を「特許取得の超音波+ローラークランプ法」や「超音波+ミラドライ」、そして「ボトックス注射」などでおこないます。共立美容外科・歯科、開院当初から日々わきが多汗症治療に対し真摯に向き合っている1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に23院ある、美容整形クリニックです。わきが・多汗症治療はドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容外科治療を行います。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340