頬骨の整形・引っ込める・頬骨削り|美容整形なら、口コミで評判の【共立美容外科・歯科】

お電話はこちら

頬骨の改善/共立式NWO法 輪郭形成

お悩みから施術を選ぶ

  • 頬骨が横に張り出している場合 頬骨弓トリミング
  • 頬骨が前に張り出している場合 頬骨骨体部トリミング

頬骨弓トリミングの特徴

Point1

顔全体のバランスを追求した「共立式MWO法」(※)で頬骨を片側最大10?(平均7?)狭める事が可能。

Point2

口の中から手術をするので、傷はほとんど残らない。

Point3

顔の横幅を狭めるために、骨を削るだけでなく同時に移動させる手法。

(※)共立式MWO法とは美容外科、美容歯科、口腔外科、麻酔科のスペシャリストが連携して顔全体のトータルな美を追求する共立美容外科だからできる最先端医療です。

共立式輪郭形成MWO法とは?

共立美容外科は、美容外科、口腔外科、美容歯科を併設しているので、トータルな美のコーディネートが可能です。目・鼻・唇・頬・口もとなど、顔全体のバランスを大切にし、「MWO法」で前・横・斜め、どの方向から見ても、あなたらしい美しさを専門医が引き出していきます。気になる「痛み」も、麻酔科の専門医が担当するので、心配いりません。また、顔の輪郭に関する手術は、口の中から行いますので、傷跡は全くわかりません(頬骨弓およびこめかみプロテーゼは髪の毛の間から手術を行ないます)。

「安全で確実な最新のトータルパフォーマンスシステム」

共立式MWO法。安全で確実な最新のトータルパフォーマンスシステム。骨を削る際にブレが小さく負担が少ないため、術後の痛みや腫れを最小限に抑え、回復も早い。

骨を削る際にブレが小さく負担が少ないため、術後の痛みや腫れを最小限に抑え、回復も早い

頬骨の特徴

頬骨には2つの特徴があります。一つはお顔のほぼ前面の位置から耳の穴の直前までにまたがる前後に長細い空間的な特徴。もう一つはお顔の横への張り出しを決定する真横の骨のパーツがブリッジ構造で、骨そのものは数?の厚みしかなくその下が空洞(実際はここに筋肉が存在する)になっている解剖構造的な特徴です。

頬骨弓トリミングの詳細

頬骨に傷跡を残さないという理念から、一方は口の中からの作業を行ないます。手術の範囲によっては、やむを得ず、皮膚切開が必要となりますが、髪の毛の中を切開するので、傷跡も殆んど判らなくなります。

もう一点、厚みの薄い横の部分に対しては、単純に凸面を削っただけではサイズダウンに限界があるため、ここは入念な削りの後、下方の空間に骨そのものを移動させ沈めてしまう手法をとります。筋肉は軟らかく、上から下がってくる骨に多少圧迫されても、無理なく応変形するので、問題は生じません。また骨を動かす際、骨の長軸方向の前後両端と中央の3ヶ所に人工的な亀裂を作り移動させます。骨は繊維性に繋がっており、完全に離れてしまうわけではないので、外部からの固定(ギプスなど)は一切不要です。これによりお顔の横幅は片側最大10?(平均7?)狭める事が可能です。

頬骨弓トリミング

頬骨弓トリミングの概要

手術料金

¥1,458,000

手術時間

60分〜120分

通院回数

術後の状態により2〜3回

回復までの期間

数日間の腫れ、仕上がりまで3〜6ヶ月

カウンセリング当日の治療

不可

入院の必要性

必要、一泊

制限事項

1週間の禁煙、シャワー翌日から可、入浴は3日後

仕事・外出

2〜3日の休みがとれる時期が望ましい

その他特記事項

なし

料金に関する詳細が知りたい方

※表示料金は全て税込みの金額です。
※表示料金は目安の金額となります。
※術後のアフターフォローもしっかりしております。
追加料金は一切かかりません。
いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

頬骨骨体部トリミングの特徴

Point1

口の中から手術をするため、傷は全くわからない。

Point2

バッカルファット除去術」(※)と併用すると、より小顔に。

Point3

共立美容外科独自の技法で、口の中から頬前弓の一部まで削ることが可能。

頬骨骨体部トリミングの詳細

頬骨が前に張り出している場合、斜線部を削り平らにします。口の中から手術をしますので、傷は全くわかりません。「バッカルファット除去術」(※)と併用することで、より小顔に近づけることができます。また、共立美容外科では、口の中から頬前弓の一部まで、削ることができます。

(※)バッカルファットと呼ばれる、頬深部の脂肪吸引

頬骨骨体部トリミング

バッカルファット(頬脂肪)の除去とは?

バッカルファット(頬脂肪)とは、単なる脂肪ではなく、頬深部の脂肪組織が通常より多いことが原因で起こるものです。口内の上顎部の第二臼歯から外側に向かって、粘膜組織を2cmほどレーザーで切開し、咬筋前方部から過剰なバッカルファットを排除しながら除去します。治療は局所麻酔で行い、両側で1時間程度で終了。口の中から治療を行なうので、傷跡は見えません。治療後、2〜3日の腫れを伴いますが、約3週間程で完全に回復します(抜糸は治療7日後)。

頬骨骨体部トリミングの概要

手術料金

頬骨削りのみ ¥864,000
共立式MWO法 (口腔内・外側アプローチ)¥1,458,000
※表示料金は目安の金額となります

手術時間

60分〜120分

通院回数

術後の状態により2〜3回

回復までの期間

数日間の腫れ、仕上がりまで3〜6ヶ月

カウンセリング当日の治療

不可

入院の必要性

必要、一泊

制限事項

1週間の禁煙、シャワー翌日から可、入浴は3日後

仕事・外出

2〜3日の休みがとれる時期が望ましい

その他特記事項

なし

料金に関する詳細が知りたい方

※表示料金は全て税込みの金額です。
※表示料金は目安の金額となります。
※術後のアフターフォローもしっかりしております。
追加料金は一切かかりません。
いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

注射の施術

その他の輪郭のお悩みから施術を探す

輪郭のお悩みトップページへ

輪郭形成トップページへ