入れ墨タトゥーを丁寧に除去|共立美容外科・皮膚科

お電話はコチラ

入れ墨・タ
トゥー除去について

入れ墨、タトゥー除去とは

   入れ墨・タトゥーの除去の方法はいくつかあります。美容外科などの医療機関で行う代表的な方法には、「レーザー照射」「単純切除」「皮膚削除」「切除して皮膚移植」の4つがあります。
   この4つの入れ墨・タトゥーの除去方法のうち、どの方法で行うかは、患者様のタトゥーの大きさや色はもちろんの事、ライフスタイルに応じて、美容の専門医と密なカウンセリングによって決定します。
   近年、勢いで入れ墨を掘ってしまい後悔している若い方が多いですが、黒色一色の場合は、レーザーのみで、ほとんどの場合、傷跡を残さずに綺麗に消す事ができます。一方、広範囲で色が多くある入れ墨は、皮膚移植により入れ墨を無くします。

レーザーでの除去方法と手術での除去方法の違い

レーザーと手術の違いは大きく言うと、傷跡が残るか残らないかになります。
レーザー照射の場合、レーザーの光を2,3ヶ月に1度、何回か当てる事で、徐々に入れ墨を薄くし、最終的に見え無くします。その際、メスを使わ ないため傷跡がほとんど目立たないのが特徴です。
一方、手術には、「単純切除」「皮膚削除」「切除して皮膚移植」の3つの方法がありますが、どの手術方法も傷跡が必ず残ってしまいます。もちろん、傷跡は最小限目立たないように手術は行われますが、どうしても傷跡が残ってしまいます。入れ墨を入れていると、社会生活がしづらい事が多々あるため、生活しづらさを回避するために、入れ墨を「傷に置き換える」というのが手術の目的になります。入れ墨を入れて後悔されている方の場合、入れ墨があるより傷跡の方が、精神的に楽になるという事で、手術を受けられる方が多くいらっしゃいます。

入れ墨の除去方法の比較表


レーザー 単純切除 切除して
皮膚移植
黒の
入れ墨
赤/青/茶の
入れ墨
緑/黄/肌色の
入れ墨
×
大きい
入れ墨
小さい
入れ墨
×
傷跡 ほとんど
分からない
直線・ジグザグ線
の傷跡
広範囲に
不自然な傷跡
入院の必要 なし なし 基本なし
回数 1回〜複数回 1回〜複数回 1回〜複数回

レーザーの除去方法について

■レーザー

Qスイッチ   YAGレーザー
   レーザー光で黒い色素を破壊することで、徐々に薄くしていきます。2〜3ヶ月おきに通院していただき、2〜5回ほど照射するとかなり薄くすることができます。完全に消えるまでは10回以上かかります。
Qスイッチ YAGレーザーの場合、色味がとても重要で、黒・赤・青・茶はよく反応しますが、緑・黄・肌色に対しては照射してはいけません。黒く変色して、かえって濃くなってしまいます。
一般的なアートメイクにもよく反応します。
※名古屋院はルビーレーザーになります。

Qスイッチ YAGレーザーの照射中
Qスイッチ YAGレーザーの照射中

■当院で使用している「QスイッチYAGレーザー」について


   当院で使用している機器は、設定によって532nm(SHG:YAGレーザー)と 1064nm(Nd:YAGレーザー)の2波長を切り替えることができる医療用QスイッチYAGレーザーで す。

入れ墨の色に対して、波長を切り替える事で対応しています。


◆波長532nm

   532nmの可視領域(緑色)のレーザー光は、赤系インクに吸収されやすい特性があります。そのため、赤色のインクを使用している入れ墨の除去に適しています。


◆波長1064nm

   1064nmの近赤外域のレーザー光は、黒や青の暗い系のインクに吸収されやすい特性があります。そのため、黒や青色のインクを使用している入れ墨の除去に適しています。


レーザーの治療の流れ

step1

カウンセリング

 

美容の専門医によるカウンセリングを行います。

専門医によるカウンセリング↓

step2

麻酔クリーム

麻酔

麻酔クリームを塗ります。20〜30分時間を置きます。

↓

step3

レーザー照射

レーザー照射

タトゥー(入れ墨)部分にレーザー照射します。
皮膚の深部にある色素だけをピンポイントで破壊します。
正常な皮膚組織を傷つける事なく、治療する事ができます。


ここがポイント

局所麻酔

局所麻酔

痛みに弱い方の為に、局所麻酔もご用意しています。

↓

step3

照射直後

照射直後

照射直後です。
照射したタトゥー(入れ墨)の部分だけ浮き出てきます。

↓

step5

アフターケア

アフターケア

範囲が広い場合は、保護テープを貼り終了。

レーザーの治療後のイメージです

治療の流れ

上記はイメージです。入れ墨の状態により増減がございます。
入れ墨の状態によりますが、2〜5回ほど照射するとかなり薄くすることができます。完全に消えるまでは10回以上かかります。


レーザーによる入れ墨除去の概要


料金

¥ 10,800〜

施術時間

約20分

カウンセリング当日の施術

入院の必要性

なし

制限事項

なし

仕事・外出

その他特記事項

化粧は直後より可

施術料金一覧はこちら

手術での除去方法について(単純切除)

■単純切除

   入れ墨をメスで切除し、皮膚を縫い合せる方法です。小さい入れ墨であれば、一度の手術で終わります。ただ、皮膚を切除し、縫い合せるため、皮膚が伸びたときに傷が閉じるサイズでしか切除できないため、大きい入れ墨の場合は、何回かに分けて切除します。
   手術でメスを使うため、傷跡は残ってしまいますが、場合によっては、ジグザグの線にし、傷を目立ちにくくします。
   もちろん、共立美容外科では傷跡が最小限目立たないように手術を行います。

《共立美容外科・歯科の美容外科医師から一言》

◆単純切除について

レーザー治療が時間がかかってしまうため、通院時間が取れない方や、皮膚を伸ばしやすい箇所(太ももなど)に入れ墨が入っている方に適応されます。

単純切除の流れ

■小さい場合

皮膚削除step1

入れ墨の周りを、葉っぱのような形メスを入れて切除します。

 過程

皮膚削除step2

周りの皮膚を引き寄せて合わせます。

 過程

皮膚削除step3

皮膚を縫い合せて終了です。
極力目立たない傷にするように施術します。

■大きい場合

皮膚削除大きい場合step1

切除した後に、周りの皮膚を引き寄 せて縫い合せる事が可能な大きさで、メスをいれます。

 過程

皮膚削除大きい場合step2

周りの皮膚を引き寄せて合わせます。

 過程

皮膚削除大きい場合step3

全ての入れ墨を切除できないので、切除できなかった入れ墨が残ります。
3〜6ヶ月待ち、周りの皮膚が伸びるのを待ちます。

 過程

皮膚削除大きい場合step3

3〜6ヶ月後、周りの 皮膚が伸びたら、切除できなかった入れ墨の周りを葉っぱのような形にメスを入れて切除します。

 過程

皮膚削除step2

周りの皮膚を引き寄せて合わせます。

 過程

皮膚削除step3

皮膚を縫い合せて終了です。
極力目立たない傷にするように施術します。

浪川先生日本美容外科学会認定専門医。事前に麻酔をするので痛みはないですよ

単純切除の概要


料金

1cm ¥ 20,000〜¥ 30,000

施術時間

1cm 約10分〜

カウンセリング当日の施術

入院の必要性

なし

制限事項

なし

仕事・外出

その他特記事項

化粧は直後より可

施術料金一覧はこちら

手術での除去方法について(切除して皮膚移植)

■切除して皮膚移植

   一度に大きく切除する場合、その切除した部分を違う皮膚で補うため、自分自身の他の箇所から皮膚を持ってきて、その部分に縫合(ほうごう)します。
   持ってくる皮膚は、主に、お尻や太ももになります。皮膚移植すると、移植部分はメッシュ状に痕(あと)が残ってしまうため、周囲の皮膚と比べるとかなり目立ってしまいます。また、皮膚が定着するまでの間、一週間は入院する必要がありますし、毎日の包帯交換が必要などのご負担の大きい手術になります。現実的には皮膚移植まで行うことは、非常にまれです。

《共立美容外科・歯科の美容外科医師から一言》

◆切除して皮膚移植について

   植皮の跡は周囲の肌の色や質感と異なってしまうため、美容の観点からおススメできません。美を気にされる女性に対しては不向きです。植皮をした皮膚の方が入れ墨を入れている皮膚より社会に対する印象が良いため、やむを得ない場合に行なう施術です。

切除して皮膚移植の概要


料金

1cm2 ¥ 10,000〜

施術時間

1時間半〜2時間

カウンセリング当日の施術

不可

入院の必要性

なし

制限事項

なし

仕事・外出

その他特記事項

化粧は直後より可

施術料金一覧はこちら

トップページ

トップページ