脇汗、多汗症治療|手軽に短時間のボトックス注射なら共立美容外科

お電話はコチラ

脇汗、多汗症治療のボトックス注射とは

脇汗・多汗症のボトックス注射とは

メスを使いたくない方にオススメの手軽な多汗症治療です。

脇ボトックス施術

  わきの下へボトックスを注入することで、汗腺が細くなり、汗が出にくくさせます。この施術ならば誰でも10分程度で終了します。
  しかし半永久的でないので、個人差が有りますが、半年に1回は治療が必要です。多汗症ではなくても、一般的な汗かきの人にも最適です。

脇汗・多汗症のボトックス注射のポイント

 

Point1

メスを使わず注射で簡単。

Point2

治療時間たった10分。

Point2

当日のシャワー、入浴可。

共立美容外科の痛くない脇ボトックスボトックス

当院の脇ボトックスは、こだわりのある安全性の高い製品を使用

当院の脇ボトックスでは「ボトックスビスタ」か「ディスポート」を使用しています。

①ボトックスビスタ

 

ボトックスビスタ

ボトックスビスタ製品

  「ボトックスビスタ」はボツリヌス菌を精製したものです。 ボトックスビスタは日本の厚生労働省とアメリカのFDAという日本の厚生省にあたるアメリカの機関から認可を受けています。 また、「ボトックス」や「ボトックスビスタ」という名前はアラガン社の登録商標です。

 

 

②ディスポート

ディスポート

  ボトックスという名前アラガン社の登録商標ですが、同じボツリヌス毒素を精製した製品として「ディスポート」という製品もあります。
  ディスポートはイギリスのイプセン社から発売されているもので、 ヨーロッパでは既に20年近く使用されており世界23カ国でしわ治療を目的で使用を認可されています。ディスポートもFDAから認可を受けています。

脇のボトックス注射の流れ(痛くない2つのステップ)


ステップ2  クリーム麻酔を塗ります

 

脇ボトックスの流れ1 クリーム麻酔を塗ります

 

  脇ボトックス注射を打つ前に、注入時の痛みをより、少なくするためいクリーム麻酔を塗ります。

※クリーム麻酔はオプションで別途¥5,400になります。


↓


ステップ2  ボトックスを注入します

 

脇ボトックスの流れ2 ボトックスを注入します

 

  ボトックスを極細の針で注入します。注入時は経験を積んだ美容外科専門の医師が痛くないように注入します。

脇のボトックス注射の概要

手術料金

¥108,000→¥75,600
(初めての方限定 トライアル価格30%OFF)

手術時間

約15分

通院回数

1回

回復までの期間

針穴、赤みは1日程度

カウンセリング当日の治療

入院の必要性

なし

制限事項

なし

仕事・外出

その他特記事項

なし

料金に関する詳細が知りたい方

※表示料金は全て税込みの金額です。
※表示料金は目安の金額となります。
※術後のアフターフォローもしっかりしております。
追加料金は一切かかりません。
いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

その他のわきが・多汗症の悩みを解決する

傷跡がほとんどわかりません。超音波+ローラークランプ法 「超音波」をプラスして、痛み・腫れを抑えたミラドライ。超音波+ミラドライ

切らないわきが多汗症治療トップへ

切らないワキガ多汗症トップページへ