教えて浪川先生|脂肪吸引・痩身のよくあるご質問

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通

教えて浪川先生
脂肪吸引・痩身の悩みのよくあるご質問

脂肪吸引・痩身の悩みのよくあるご質問

脂肪吸引・痩身の悩みの
よくあるご質問

脂肪吸引・痩身の悩みに関するよくあるご質問

  • 来年の夏に向けて脂肪吸引はいつから始めれるのがベストでしょうか?
    ここ数年、デスクワークでろくに運動もせずに間食などを続けているせいで徐々に身体にお肉がついてきてしまいました。特に脚が数年前に比べるとだいぶ太くなってしまい、今年の夏は水着で生脚を出すのが恥ずかしいため友人からのプールの誘いも断ってしまった位です・・・。

    でも本当はプールも海も大好きだし脚を出しておしゃれだって楽しみたいです。なので、気は早いですが来年の夏は脂肪吸引をして今年のようなつまらない夏にならないようにしたいなと考えています。

    そこで質問なんですが、来年の夏までに脂肪吸引を終えて吸引の跡もきれいになって普通の生活をするには、いつ頃からクリニックに通ったらいいのでしょうか?早ければ早い方がいいなら今すぐにでもと考えています。
    回答1

    【回答】
    「脂肪吸引をいつやるか?」→「今でしょう。」何かのパクリになってしまいましたが手術は思い立った時がやり時で、これを逃すと後々ウジウジと悩み続けることになります。

    脂肪吸引の手術そのものは特に季節性がある訳ではありません。ビキニの様な露出の多い水着を着用なさるなら、早めにアクションを起こされる方が良いでしょう。

    当院の脂肪吸引の共立式KB脂肪吸引は傷跡保護器具KBシースと53種類の細いカニューレを適材適所使い分け使用するため傷跡が目立ちませんよ。

  • 下半身の場合、脂肪吸引とメソセラピーどちらが効果ありますか?
    小さい頃からぽっちゃりしていてとくに下半身がすごいです。どれだけ運動しても痩せなくて、脂肪吸引かメソセラピーをしたいと考えています。

    ただ、脂肪吸引とメソセラピーを比較したときに、メソセラピーだと回数を重ねないと効果は出ないと聞きます。下半身という箇所やトータルの効果・回数を考えた場合、どちらが経済的に優しくて効果がでますか?
    回答2

    【回答】
    脂肪吸引とメソセラピーは単純に効果を比べるとなると全く比較になりません。大人と子供の差ぐらい効果に開きがあります。勿論、効果が大きいのは脂肪吸引の方です。

    ただし、施術の簡便性や、ダウンタイム(スポーツや入浴ができない期間など)の関係、同居の家族にも秘密にしてに受けたいなど、治療には効果以外の希求要素もありますので、メソセラピーやフリーズファットのようなな非手術(侵襲)的痩身治療も成立するわけです。

    ご質問者様のようなケースの場合はまず疑いなく脂肪吸引が向いていらっしゃると思いますよ。

  • 腹部とお尻の2か所を同時に吸引することは可能ですか?
    私は小さいころからいわゆるぽっちゃりです。ダイエットが続かず、怠惰な性格も原因していると思います。せめて腹部とおしりだけでも自然な形にしたいので、今、本格的に美容外科での脂肪吸引を考えております。

    そこで質問なのですが、
    ・腹部とお尻の2か所を同時に吸引することは可能ですか?

    ・口コミを見ると、「また脂肪がついた」「吸引したところがデコボコになった」などがあります。どの程度脂肪がついたのか、デコボコなのか、は個人差だと思いますが、脂肪吸引後、逆に脂肪が付きやすくなることはありますか?
    また、部位によって脂肪の質が違う、というような豆知識があれば教えてください。

    ・医師の技術力によって仕上がりが違う、とよく聞きますが、技術力や経験値の相場がよくわかりません。たとえば、美容外科医師歴15年で脂肪吸引を得意とする方に担当してもらう場合、安心してよいのでしょうか?
    回答3

    【回答】
    脂肪吸引は脂肪の分布を正確に把握して吸引計画をきちんと立案できることに、その後の満足度はかかっていると思います。お尻を吸うとかお腹を吸うとか単純に部位が少なければ負担も軽いといった図式は当てはまりません。

    ある部分に脂肪が多くてもその周囲も脂肪がたっぷりあるならば、いっしょに吸引しなければ形はまとまりませんよね。それを無視してゴリ押しで行なえば、へこみになったり、歪(デコボコ)になったりすることもあり得るでしょう。

    脂肪吸引の最大のメリットはリバウンドが起きにくいことです。吸引後に元に戻ったと思いになるとしたら、吸引効果を打ち消す程に自堕落的にお太りになったケースです。一般に現体重を維持する努力を怠らなければリバウンドはありません。色々とご不安をお持ちの様ですがインターネットなどでは噂話の類の知識が増えるだけだと思います。“生”の知識を求めるなら専門家にアドバイスを受けるべきだと思います。

    医師のセンスや技量も違いますし何よりも患者様との相性もあるでしょう。その意味では医者のキャリアも参考以上のものではありません。幾つかのクリニックをお廻りになり、ご自分で納得し、相性が良さそうで、しっかりとした技術を持っている医者をお探しになられると良いでしょう。

  • 妊娠出産後、腹部の脂肪吸引で綺麗になりますか?
    妊娠を経て体重が増え、お腹周りや二の腕が太くなりました。ダイエットをして、体重は妊娠前と同じ程度に戻り、二の腕も痩せてきているのですが、お腹周りだけが痩せずにぽっこりと出ていることに悩んでおり、腹部の脂肪吸引を検討しています。脂肪だけでなく、お腹のたるみ(皮が余っているような)もあるのですが、こういった部分も脂肪吸引で綺麗になるのでしょうか?

    手術なので、傷が残るのは承知しているのですが、傷跡がどの程度残るのかも気になっています。私の悩みは脂肪吸引で解決できるのか、メソセラピーや他のダイエット法などのほうが適切なのか、ご教授いただきたいと思います。
    回答4

    【回答】
    出産後に妊娠中増えた体重が戻らないとはよく聞く話です。ですが、ご質問者様の場合、きちんと自己管理をされて体重を戻されているようですね。

    また二の腕などは戻ってきているのにお腹だけ“ぽっこり”しているということですが、これは実際拝見しないと判かりませんが、お話から推測しますと、脂肪が付いたというよりも腹筋が緩んでお腹が出たと考える方が自然です。だとすると脂肪吸引やメソセラピーなどはあまり意味を成しません。しっかりとエクササイズ(ダイエットではなく筋トレしないと・・・)することが重要です。

    お腹に力を込めて表面から触って頂くと硬い筋肉にがあるのが分かると思います。もし浅い位置に筋肉があって触れるなら、脂肪が付いたのではなく腹筋がたるんでゆるんでしまっています。もしお腹を触った時に深くに筋肉があるようでしたら脂肪が多い証なのでこの場合は脂肪吸引やメソセラピーは有効です。

  • ベイザーリポっていいんですか?
    40代後半に突入すると同時になんだか二の腕、ウェスト周りがブヨブヨになってきって、子供達から「最近太った?」とか「なんか最近ブヨッてしてるね。」と言われるようになりました・・・。

    色々調べるようになり「ベイザーリポ」という最新治療に興味がでてきました。超音波をあてるとありますが、当てた表面の部分が熱くなったりすることはありますか?
    回答5

    【回答】
    脂肪を減退する方法として、脂肪吸引がありますが、脂肪吸引の手術以外には、脂肪を凍らせて破壊する「フリーズファット」や、脂肪融解注射(メソセラピー)があります。

    フリーズファットや脂肪融解注射はともに直後から腫れや内出血を心配する必要はありません。ですが、効果の方は脂肪吸引に比べ、控えめです。しっかり変化させるなら、やはり脂肪吸引以外にはないでしょう。脂肪吸引の場合は直後は多少腫れや内出血が伴いますが、衣服の下に隠すことができますので周囲の目をきにする心配はありません。また、内出血はどんなに広範囲に強く出てもだいたい2週間で自然になくなります。

    「ベイザーリポ」に関してですが、ベイザーリポは3万6千ヘルツの超音波です。脂肪吸引の前に3万6千ヘルツの超音波をかけると、脂肪細胞のみが剥脱し(熱で融解されるわけではありません)、その後に剥脱した脂肪細胞を吸引するので、血管などを傷つけることがなく、内出血や腫れが軽減するとされています。ただし、普通の脂肪吸引よりもかなり割高になります。

    ベイザーが普通の脂肪吸引より圧倒的に優位性を発揮するのは、脂肪細胞を再利用(胸に注入するなど)する場合です。初回の単純吸引であればただの脂肪吸引でも充分だと思います。いずれにしてもベイザーリポはあくまで道具に過ぎず、手術者のセンスやキャリアを上回るものではありませんので、「ベイザーリポがあるからそのクリニックにしよう」というのではなく、「医師の技術やキャリアがあるからそのクリニックにしよう」といったように、クリニック選びを慎重にされた方がよろしいかと思います。

    また、脂肪吸引の吸引時の傷跡は、当院の場合、当院開発・特許取得の傷跡保器具のKBシースを使用するため傷跡がほとんど目立たなくなります

  • 脂肪吸引をした後に太ると、変な太り方になりませんか?
    全体的には普通体型なのにお尻や太ももに脂肪がつきやすく、下半身太りの体質なのが悩みです。学生時代から運動をしていましたし、働き始めてからもウォーキングなどをしていますが、どうしても下半身のお肉がとれません。

    いろいろ調べてみたところ、脂肪吸引なら、脂肪細胞そのものを取ってしまうためリバウンドの心配が無く確実に細くなれる、ということがわかりました。しかし、もともと下半身が太くなりやすいこともあり、脂肪を吸引した後でまたお肉がついてきた場合に、いびつな形に太くなってしまわないだろうかと心配です。

    脂肪吸引の手術をしている動画を見たことがありますが、あまり繊細に脂肪を取ってくれるといったイメージがありません。「吸引後にボコボコになった」という口コミを見たこともあります。たとえ術後はきれいな仕上がりでも、数年後に太ってしまった場合にデコボコになってしまうのは困ります。

    ・脂肪吸引した数年後に変な太り方はしないのか?
    ・執刀して下さる先生によって(技術的な)差はないのか?
    これらが気になってなかなか決めかねております。
    回答6

    【回答】
    脂肪吸引は、目や鼻の手術と比べると求められる繊細さはかなり緩くなります。二重は仮に1mmずれても左右の印象が崩れてしまいますが、脂肪吸引は脂肪量が左右で1割程度違ってもまず気づかれることはありません。

    だからと言うわけではありませんが、昔は(今も)脂肪吸引は若手の医師の入門手術にされてしまう可能性があります。「術後ボコボコになった。」というのは、こうしたキャリアの浅い術者の手によるものが考えられます。クリニック選びが大切な理由です。

    その点、共立美容外科の医師はキャリア最低10年のベテランぞろいが多く、美容外科学会認定医が多数在籍していますので安心してお任せいただけます。また、脂肪を吸引する際に、効率優先で太い吸引管を平気で使用しているクリニックもあります。細い吸引管で手間をかけて繊細な吸引を心掛けなければ、吸引された脂肪量は同じでも完成度には差が生じます。

    度々、自分のクリニックをお薦めするのはで恐縮ですが、共立美容外科の医師の場合、吸引後のボディデザインをしっかり意識し、吸引箇所に手を当てどれくらい脂肪が取れたかを見極めながら吸引するため、デコボコになる心配はありません。ここまでお話するときちんとした仕事さえしていれば、脂肪吸引を行った後にリバウンドや、デコボコに悩まされることがないとご理解いただけますでしょうか。

    インターネットなどの無責任な書き込みや噂を鵜呑みにされて折角の機会を失うのももったいないと思いますので、もしご不安な点がありましたら当院の無料カウンセリングをご利用頂ければと思います。

  • 脂肪溶解注射メソセラピーについて、持続期間やデザインなどはどうなっていますか?
    脂肪吸引には抵抗があるもののメソセラピーは注射ということで、ダイエットが続かないダメな夫婦で受けたいと思っています。主人はお腹。私は二の腕とふくらはぎを希望しています。

    そこで質問ですが、
    ・メソセラピーはどの位持ちますか?(痩せていられるか)
    ・血液検査などの身体検査があった場合、何か伝えないといけませんか?
    ・メソセラピーのお場合、脂肪吸引のようにデザインというか、メリハリをつけることは可能でしょうか?

    宜しくお願いします。
    回答7

    【回答】
    メソセラピーやフリーズファットといった脂肪を減らす方法は脂肪吸引よりも、格段に楽ですし、ダウンタイムも短い(或いは全く無い)のですが、効果の出方は脂肪吸引に比べて緩やかで1回で劇的に改善する治療となると脂肪吸引となります。

    ただ、緩やかでもいいから徐々にというのであれば、メソセラピーやフリーズファットでもよろしいかと思います。メソセラピーは運動やダイエットでは痩せにくいふくらはぎ、お尻の外側、ヒップロール(ウエストの下の丁度腰骨の上あたり)、及び意外なところでは頬などが有効です。患者様がご希望されている部位のうち、お腹に関しては、或る程度の年齢(40才以上)になって代謝が低下して、どんなにダイエットを努力しても下腹部だけどうしても取れないといった特殊な事情でもない限り、即ち単純肥満タイプの痩身希望で対価満足度を考えるなら、効果の到達度、継続性などの点で、思い切って脂肪吸引をなさる方が良いかと考えます。

    当院の共立式KB脂肪吸引は53種類の吸引棒(カニューレ)を医師の技術で使い分け、傷跡が残らないように特許取得のKBシースを使って吸引致します。経験豊富な医師が担当し、しっかりと術後の体のデザインを意識しながら吸引するので、凸凹になると言った心配はありません。なめらかな仕上がりになります。

  • 脂肪吸引後は凹つきが出たりダウンタイムが大変ですか?
    私は昔から太りやすい体質でずっと悩んできました。今までは食事制限で体重はキープできていたのですが、気になる下半身や腹部の脂肪が年々落ちなくなり、大好きだったファッションも楽しめなくなっています。

    今回思い切って脂肪吸引を受けて自信を取り戻して、もっと人生を楽しみたいと思っています。ただ友人からは脂肪吸引をやってもまた戻ってしまったり、施術部位が凹ついたりするのでやめた方がいいと言われました。実際に施術をうけた方の口コミをみると自分で術後のマッサージをしないといけなかったり、術後に何日も圧迫しないと凹つきが悪化すると書いてありました。

    せっかく手術を受けるなら満足した仕上がりにしたいので、術後のダウンタイムや効果は永久ではないのかなど教えて頂きたいです。
    回答8

    【回答】
    人体には必ず皮下脂肪があります。 脂肪は“脂肪細胞”という細胞内に有事(飢餓状態)に備えて専門に貯えられます。脂肪細胞はいわば蓄電池なので、栄養過剰の時には大きく膨らみ、栄養失調(不足)の際は、貯えを使い果たし、小さく縮んでいます。脂肪細胞は数が不変ですので、太ったり痩せたりする事は細胞数の増減ではなく、個々の細胞サイズの変化なのです。

    今日の様な豊食社会においては、とかく邪魔者扱いの脂肪細胞も、皮膚のクッションとしての外力緩衝帯の役割りもありますし、優れた断熱組織でもあります。ですから、脂肪吸引に際しては、脂肪を根こそぎ除去してしまうのではなく、皮膚の間合いを悪くしない様に、取る分残す分のメリハリを付けて、バランス良く吸引します。

    一般に、7〜8割吸引、2〜3割はわざとお残しする様にします。ただし、患者様のご年齢や、皮膚コンディションにより、吸引の度合いは変更しなければなりませんし、経験豊富な専門医師になると、その辺の調整は上手にできるはずです。

    外形を大きく損なる様な陥凹ができるとは、余程の事(無理な取り過ぎとか、経験不足の術者による仕事など)でもない限り、生じにくいとは思いますが・・・。又、一度吸引(取り除き)した脂肪細胞は再生しませんので、理論上は元に戻る事はあり得ません。

    ただ、意図的に残した脂肪細胞に関しては、膨大する可能性がございます。一般に脂肪吸引を受けになった事に油断して、その後の体調管理が疎かになって、体重を10kg、20kgと増やしてしまった方には、吸引を受けた場所も元に戻った印象をお持ちになってしまうかもしれませんが、きちんと体重を維持される限り、元に戻ってしまう事はにわかには信じられません。

    脂肪吸引の結果とは、手術に際した吸引の仕方(均等に吸引できているか、吸引量はどの位かなど)でほぼ決定します。術後の管理は勿論大切ですが、余程管理が劣悪でもない限り、結果に大きく影響する事はありません。(浮腫みの退きの早さであるとか、経過には多少影響が生じますが)

    術後管理は、特別厳しい条件をお付けする訳ではありません。お気軽に考えて、(心配性な方ほど間違いは少ないと思いますが)勇気を持って、飛び込んできて下さい。

  • 下半身の脂肪吸引
    私は下半身にコンプレックスがあります。脂肪が付きやすく、むくみやすい為。太ってみられることが多いのが悩みです。

    10代後半からダイエットをしていますが、下半身は痩せにくくなかなか効果が出ません。下半身がが原因でキレイに履きこなせないパンツも多く、細身なパンツには挑戦できません。自信がない為、下半身がかくれるような洋服ばかりを選んでしまいます。

    夏に向けて、ふくらはぎや太ももなど足全体を細くしたいです。

    脂肪吸引をするとどのくらい細くなるのか、体重は何kgくらい落ちるのかが気になります。脂肪吸引後、どのようなケアをしていくのか、すぐに効果が表れるのかどうかもお聞きしたいです。

    今は20代なのでもう少し運動や食事でのダイエットをしてがんばってから、脂肪吸引をすべきかも悩んでいます。どのくらいの年代の方が多くご来院されますでしょうか。
    回答9

    【回答】
    脂肪吸引は、皮下脂肪に対して、実在量の7〜8割を目安に吸引(除去)する方法です。
    これによって、筋肉や骨格のボリュームにまで変化が及ぶというものではありません。ですから、体重の10kg減を狙うとかの目的には不向きといえます。

    所謂、ダイエットしても、どうしても落とせない部位の最終調整とか、ダイエット、バウンドをくり返してしまう人向け(脂肪吸引は吸引した分に対しては、再発する事はありません)の方法といえます。

    より痩身意欲の高い方には、脂肪吸引ともどもダイエット、筋トレを並行されると良いでしょうし、特定の部位には、筋肉量を減らす方法(腓腹筋・ヒラメ筋ボトックス注射など)もございます。

    とは申しましても、もちろん体重減少効果もございます。脂肪は基本、“油”なので、水に浮くほど軽いのです。ですから、吸引された脂肪量に対して、0.7を掛け算したぐらいの体重減が見込めます。(例えば、2ℓの脂肪が吸引できたとして、2×0.7=1.4kgの減です)

    最後に、脂肪吸引後の変化についてお話します。手術後、ただちに細くなると期待されるのは間違いです。直後から、約半月(2週間)ぐらいは効果をご実感頂けない時期となります。これは、吸引によるボリューム減を、浮腫みが打ち消し(相殺)てしまうからですが、この期間はできるだけおとなしくなさって、(外出やスポーツなどを控えて)圧迫を継続してなさると良いでしょう。尚、圧迫などに必要な物品(弾性ガードル等)は当院でご用意いたします。

    こうして半月を過ぎる頃になると、お身体は次のステージへと変化します。即ち、本格的な回復期へと向かいます。それまでは効果をご実感頂けなかったかもしれませんが、この頃から急に引き締まり(細く)始めます。急激な変化も約2週間前後続き、その後は緩やかな変化になっていきます。

    ですから、どなたでも術後都合1か月の時点で、おおよその効果はご実感頂けると思います。(ふくらはぎに関しては、身体の最も下方部分なので浮腫みが退きにくい為、もう少し実感にお時間を要します)

    術後1か月を経過しても緩やかに細くなっていき、この変化は半年近くまで続きます。

    見かけの変化は、上にお話しした感じですが、ご本人の自覚の変化もお話しします。

    脂肪吸引後、腫れが続く2週間ぐらいの間は痛みが残りますが、脂肪吸引の痛みはタチの悪い痛みではなく、筋肉痛の様な鈍痛ですので、痛みに弱い方でも、我慢できないという事はありません。(もちろん、充分に痛み止めもお出しします)

    全体に引き締まってきた1か月目から3か月目くらいまでは、組織が反応性に硬くなります。これは外部から見てもわからない変化ですが、ご本人にとっては、突っ張った感じ、こわばった感じ、動かしにくい、触ってみると歪に感じるなどの不備にお感じになります。

    ただこれも、一過性の組織変化なので、時間が経つとともに元通りに変化してまいります。この時期(1か月以降)は、それまでの比較的安静にしている状態から、逆に無理をしてでも動かされた方が(スポーツや柔軟体操、マッサージなど)改善までの経過は早くなります。

    脂肪吸引は、全年齢層の方がお受けになります。ただ、極端にご幼少(15才以下)の方や、ご年配(60才以上)の方は、不向きなケースがあります。詳細は、カウンセリングにて直接、脂肪の付き方やご体型、皮膚のコンディション(弛み等)を専門医が個別に診察し、テーラーメードなアドバイスをさせて頂きます。

共立美容外科で受けられる脂肪吸引・痩身術

共立美容外科

共立美容外科|教えて浪川先生(脂肪吸引・痩身のよくあるご質問)のページをご覧の皆様へ

このページでは、脂肪吸引・痩身の悩みに関するよくあるご質問についてご確認頂けます。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に25院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。