英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

脂肪吸引・痩身リポライフ スリージー(Lipolife 3G)

リポライフ スリージー(Lipolife 3G) リポライフ スリージー(Lipolife 3G)

レーザーを使用した脂肪吸引機器

リポライフ スリージー
(Lipolife 3G)

リポライフのモニター様の募集について

リポライフのモニター様の募集について

このページは、2019年10月21日、22日に行われるリポライフという脂肪吸引の機械の勉強会の際にモニター様をしていただく方を募集するためのページになります。
どうぞよろしくお願い致します。

共立美容外科・歯科 総院長 久次米 秋人

リポライフ スリージー(Lipolife 3G)

リポライフ スリージー(Lipolife 3G)

リポライフ スリージー(Lipolife 3G)は脂肪吸引をする際に使用される医療機器です。
また、リポライフはイスラエルで開発されました。

リポライフはレーザーを使用する脂肪吸引の医療機器

リポライフはレーザーを使用する脂肪吸引の医療機器

リポライフはレーザーを照射することができます。
レーザーを照射する事で脂肪細胞を遊離させて、脂肪細胞をできるだけ傷つけずに吸引しやすくする医療機器です。

脂肪細胞を遊離させるので、脂肪を吸引しやすくなり、患者様の負担を減らすことができる医療機器です。

リポライフはFDAの認可を取得

リポライフはFDAの認可を取得

リポライフは日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAから認可を取得した医療機器です。

  • FDAの許可番号は、レーザー部分が21 C.F.R. 878. 4810で、吸引部分が21 C.F.R. 878. 5450になります。

リポライフの適応部位

リポライフの適応部位

リポライフの適応範囲は、顔、二の腕、腹部、背中、ふくらはぎ、太ももになります。

脂肪細胞をできるだけ傷つけずに吸引

脂肪細胞をできるだけ傷つけずに吸引

リポライフは、レーザーにより脂肪細胞を遊離させることができます。
脂肪細胞を傷つけないように吸引できるため、吸引された脂肪はとてもクリーミーです。
吸引した脂肪細胞の生存率はメーカー(アルマレーザーズ社)のデータによると95%以上と言われています。

胸や顔に脂肪細胞の移植も可能

胸や顔に脂肪細胞の移植も可能

そのため、吸引した脂肪を胸に注入して豊胸施術を行ったり、顔に注入して気になるシワを軽減させたりすることができます。

リポライフのレーザーの仕組み

リポライフのレーザーの仕組み

脂肪細胞は、結合組織によってひとまとまりにされています。

1470nm(ナノメートル)の波長のレーザー

1470nm(ナノメートル)の波長のレーザー

光吸収(こうきゅうしゅう)という言葉があります。光吸収とは、物質が光を吸収する現象のことです。
リポライフは、この光吸収が、水と脂肪細胞で起きる差が一番大きい、1470nm(ナノメートル)の波長のレーザーを照射します。これにより、脂肪細胞には影響をできる限り与えず、水にだけ反応させることができるので、理論上、脂肪細胞を結合組織から分離させることができます。

脂肪細胞を葡萄に例えると・・

脂肪細胞を葡萄に例えると

脂肪細胞と結合組織を葡萄(ぶどう)に例えると、実が脂肪細胞で結合組織が枝になります。リポライフにより、レーザーを照射すると、結合組織(枝)から脂肪細胞(実)を分離することができます。

メルセデスカニューレ

メルセデスカニューレ

リポライフに付属しているレーザーを照射する器具を「メルセデスカニューレ」と言います。メルセデスカニューレは体内に挿入できるよう細い形をしています。

レーザーは360°放射

レーザーは360°放射されます。1470nmの波長が低エネルギーで照射され、最大38~40度の熱を与えることができます。

1470nmの波長のレーザー

メルセデスカニューレを体内に挿入すると、1470nmの波長のレーザーが脂肪細胞は遊離させます。
脂肪細胞が遊離することで、少ない力で吸引することができるので、他の組織をできるだけ傷つけずに、脂肪細胞を吸引することができます。

リポライフの症例写真

  • 腹部

    腹部の症例写真

    ※画像提供:アルマレーザーズ社

  • 顔(あご下)

    顔(あご下)の症例写真

    ※画像提供:アルマレーザーズ社

  • 背中

    背中の症例写真

    ※画像提供:アルマレーザーズ社

  • 背中

    背中の症例写真

    ※画像提供:アルマレーザーズ社

リポライフの主なリスク、副作用等
  1. ◆ 腫れや内出血が出る場合がありますが、10日間前後かけて徐々にひいていきます。
  2. ◆ 浅い層を不必要に吸引しすぎると凸凹することがあります。
  3. ◆ 術後2カ月程度かけて徐々に仕上がっていきます。
  4. ◆ つっぱりや硬さが2カ月程度かけて解消していきます。
  5. ◆ 症例は個人差があります。
  6. ◆ リスク・副作用に配慮して、丁寧に脂肪吸引の手術を行います。

モニター様の募集について

モニター様の募集について

共立美容外科では、リポライフのモニター様を募集しておりましたが、募集を終了いたしました。

数多くのご応募ありがとうございました。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科で受けられる脂肪吸引・痩身術

このページの監修・執筆医師

  • 医師 児玉 肇(こだま はじめ)

    医師

    児玉 肇(こだま はじめ)

    日本抗加齢医学会 認定専門医
    日本外科学会 外科専門医
    日本救急医学会 救急科専門医
    日本麻酔科学会 麻酔科認定医
    日本禁煙学会 認定指導医

    • 略歴

      • 2004年
        東邦大学医学部 卒業
        2004年
        東邦大学医療センター 大橋病院研修医
        2006年
        東邦大学医療センター 大橋病院外科入局
        2007年
        清智会記念病院救急部
        2010年
        東邦大学医療センター 大橋病院外科
        2014年
        共立美容外科 入職
        2015年
        共立美容外科 千葉院 開院
        2020年
        共立美容グループ 技術指導医就任
    • 主な加盟団体

      日本抗加齢医学会 認定専門医
      日本外科学会 外科専門医
      日本救急医学会 救急科専門医
      日本麻酔科学会 麻酔科認定医
      日本禁煙学会 認定指導医
      日本美容外科学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

共立美容外科

共立美容外科・歯科|リポライフ スリージー(Lipolife 3G)のページをご覧の皆様へ

このページは2021年4月に最終確認をしています。
このページでは、アルマレーザーズ社が製造販売しているリポライフ スリージー(Lipolife 3G)という脂肪吸引の機械についてご確認いただけます。 リポライフ スリージー(Lipolife 3G)はレーザーにより脂肪細胞を遊離させ脂肪を吸引しやすくさせる医療機器です。
リポライフ スリージー(Lipolife 3G)は顔、お腹、太もも、ふくらはぎ、二の腕、に使用することができます。
リポライフ スリージー(Lipolife 3G)を使用した脂肪吸引では、吸引した脂肪細胞の生存率が95%以上と言われています。そのため、吸引した脂肪を胸に移植し豊胸手術を行ったり、顔の気になるシワに注入することで、シワ治療を行うことができます。