共立美容外科・歯科のバッグ式豊胸術(治療の流れ)について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

豊胸・胸の美容整形バッグ式豊胸術

バッグ式豊胸術(治療の流れ) バッグ式豊胸術(治療の流れ)

バッグ式豊胸術

治療の流れ

1. カウンセリング・検査

特徴1

一人一人に適した手術を行なうため、身体の約20数項目のデータを細かくチェックします。

特徴2

ご希望に応じた、最適なバッグや手術方法を相談の上決定します。

特徴3

事前に、血液検査を行い、健康状態を診ます。

手術前に、必ずカウンセリングと検査を受けていただきます。カウンセリングでは、現状の胸のチェックはもちろん、胸郭、身長、体重など、全身の約20数項目のデータをくわしく調べます。これをベースに、ご希望に合わせて最適なバッグや手術法を患者様と一緒に決めていきます。

そして、手術方法や術後の経過を説明後、血液検査を受けていただき、患者様の健康状態を調べ、万全の体制を整えていきます。(患者様の既往歴や健康状態によって、血液検査の他に、レントゲン検査、心電図検査、尿検査を行う場合もございます。)

カウンセリング・検査

2. 豊胸手術・インプラントの種類

安全性や触り心地、形など、豊富なバッグの中から選択

人工乳腺である「インプラント」を挿入し、胸を大きくしていきます。この人工乳腺は、丈夫なシリコン製のもので、液状もしくはジェル状の内容物を包み、「バッグ」とも呼ばれています。現在、日本では、数種類のバッグが使用可能で、内容物により3種類、表面によって2種類、合計6種類に分類されます。

インプラントの種類詳細はこちら

豊胸手術・インプラントの種類

3. 豊胸手術 胸にインプラントを挿入する2種類の方法

大胸筋下法と乳腺下法 傷はワキの下3〜4cm、ほとんど目立ちません。

大胸筋下法(筋膜下法) 乳腺下法
位置 大胸筋下法 乳腺下法
メリット 乳腺や皮下脂肪が薄く、バッグのシルエットが出やすい方に最適。 痛みが少なく、ある程度乳腺の厚みのある方なら、より自然なシルエットに。
適応 いわゆる「ペチャパイ」の方にお勧め。 「子育て」や年齢のために「垂れ下がってしまった」方にお勧め。
留意点 手術後、約1週間位は筋肉痛のような痛みを伴う。胸の谷間が乳腺下より広い。 乳腺や皮下脂肪が薄い方に入れると、バッグのシルエットが出てしまうことも。

インプラントは、ワキの下から胸部に挿入します。乳腺の下層には「大胸筋」という筋肉があり、さらに、その下には小胸筋とろっ骨になっていますが、症状に応じて、乳腺の下に入れる方法と、大胸筋の下に入れる方法の2つがあります。まったく乳腺がない、いわゆるペチャパイの方には、インプラントを大胸筋の下層に入れる方法をお勧めします。

一方、ある程度乳腺にボリュームのある方や、 子育てや年齢のために乳房が垂れ下がってしまった方には、大胸筋の上層、つまり乳腺下に挿入する「乳腺下法」がよいでしょう。2〜3あるスポットの中から、本人の胸の形に合わせて挿入法を提案しております。

また、痛みが少ないからといって、乳腺下に入れることはおすすめしておりません。

※あくまでもひとつの指標で、実際には患者さん一人一人の胸部の解剖学的な違いを考慮し、決定していきます。そのために手術前のカウンセリングや検査は欠かせないものなのです。

4. 豊胸手術 麻酔について

痛みがなく、安全な麻酔法

特徴1

全身麻酔あるいはリラックス麻酔を併用。

特徴2

眠っている間に手術は終了し、術中に痛みを感じることは全くありません。

共立美容外科では、全身麻酔あるいはリラックス麻酔を併用して行います。麻酔方法の選択は、主治医もしくは麻酔科医の判断によりますが、どちらの麻酔方法であっても、眠っている間に手術は終わります。術中に痛みを感じることは全くありません。
※術中に、サイズが確認できるクリニックがあるようですが、麻酔のかかった状態で正しい判断ができるかどうかが、ポイントになります。

豊胸手術 麻酔について

5. 術後の経過について

万全のアフターケア体制で、患者様をメンタル面・フィジカル面でサポート

痛み

術後24時間から48時間は、比較的に強い痛みを感じることが多いようです。特にインプラントを大胸筋下に挿入した場合、乳腺下に挿入した場合に比べ、痛みがやや強い傾向にあります。痛み具合によっては、内服薬や座薬を処方します。

仕事は?

胸部は3日から約1週間程度、強めの「圧迫」を行います。これは血腫形成を予防するためのものです。事務系の仕事であれば、2〜3日で復帰可能なことが多いようです。インプラントの挿入口であるワキの下の創部の抜糸は、約1週間後を予定しています。

マッサージについて

現在、表面に小さな凸凹をつけたテクスチャータイプのインプラントが主流で、この場合、マッサージは不要です。以前は、マッサージをしないと、約20〜25%の確率でバッグが硬くなってしまいましたが、改良された今は約1.8%と、低くなりました。

アフターケアについて

共立美容外科では、術後1年間の無料検診を実施しています。術後半年間は、月1回の定期健診、半年〜1年の間は2ヶ月に1回経過観察のため来院していただきます。また、術後の乳ガン検診も提携医院で行なっております。詳しくは、各医院までお問い合わせ下さい。

バッグ式豊胸術の症例写真

  • 29歳 看護師

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

  • 25歳 OL

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

  • 32歳 主婦

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

主なリスク、副作用等
  1. ◆ まれに(2パーセント程度の割合と考えています)拘縮を起こす場合があります。
  2. ◆ リップリング、ウェービングなどを生じる場合があります。
  3. ◆ シルエットが希望通りにならない場合があります。
  4. ◆ バッグの挿入口を作るために、わきの下のシワにそって目立たないように切開しますが、傷跡は3カ月程度をかけて徐々に目立たなくなってきます。
  5. ◆ 挿入後の硬さ柔らかさを感じる程度には個人差があります。
  6. ◆ 症例は個人差があります。
  7. ◆ リスク・副作用に配慮して、丁寧に手術を行います。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

共立美容外科で受けられる豊胸・胸の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科|バッグ式豊胸術(治療の流れ)のページをご覧の皆様へ

このページでは、バッグ式豊胸術(治療の流れ)についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に24院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。