英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

わきが手術・多汗症治療

多汗症の種類 多汗症の種類

多汗症の種類について

多汗症の種類

多汗症には、全身に汗をかく「全身性多汗症」と、部分的に多量の汗をかく「局所性多汗症」があります。全身性多汗症は、急性リウマチやバセドー病、結核、女性の生殖器障害などが原因で起こることもあります。ですから「今までなんでもなかったのに急に汗をかくようになった」という場合は要注意でしょう。

一方、局所性多汗症は手のひらや足の裏、頭部、ワキの下など特定の部分に多量の汗をかく症状です。これは精神的なストレスなどによって自律神経のバランスが崩れたために起こることが多いようです。緊張したり興奮したりすると、洋服やぬぐったハンカチが異常に濡れるほど汗をかく、というのはこのためです。

手のひらや足の裏はエクリン汗腺しかないところですから、いくら多量に汗をかいても嫌な臭いを放つことはありません。

ただ、ワキの下のようなアポクリン汗腺の密集部位でのたくさんのエクリン汗は、アポクリン汗を広範囲に広げる作用を持っているのでわきがの誘因になります

汗はなぜ臭う?

エクリン汗腺から分泌されたエクリン汗、これが普段われわれが「汗」と呼んでいるものです。エクリン汗は99パーセントの尿素、乳酸を含んだ水分で構成されていますので、それ自体は無臭なわけです。

では、なぜ、人は汗臭くなるのでしょう?これにはわきが同様、皮膚の雑菌が関係しているのです。

皮膚のアカや皮脂、埃、フケ、角質などがエクリン汗と混じると、これはもう雑菌には最高のご馳走です。分解や酸化が始まり、低級脂肪酸などの臭い物質が発生するのです。

ただし、アポクリン汗腺の汗より、分解には多少の時間がかかります。汗のかき始めは臭いがないのに、大量に汗をかいたり、汗をかいて長くこもってしまった場所が特に汗臭くなるのは、菌が繁殖する時間と大きく関係しています。汗が多くなると度膚の表面が酸性からアルカリ性に変化します。酸性やアルカリ性の度合いを表すのに、pH(ペーハー)という目安を使いますが、普段、皮膚の表面は4〜5pH、つまり酸性の状態にあります。

ところが、たくさん汗をかくと、アルカリ性の重炭酸イオンが増えてしまい、それをエクリン汗腺では再吸収しきれなくなって、体の外に出してしまいます。その結果、皮膚にあふれた重炭酸イオンは皮膚をアルカリ性にしてしまい、これがまた細菌を喜ばせ、活動を活発にしてしまうのです。これが大体、汗をかいてから1時間ほどのことです。

また、汗のたまりやすいワキの下や股、足の裏では、エクリン汗腺の中に微量に含まれるアンモニアや尿素などが濃縮されていて、そこに前出の重炭酸イオンも加わってアルカリ性に傾きます。ですからこのような部分は汗臭さも倍増なのです。

良い汗と悪い汗

「汗」とひとことにいってもさまざまな場面でかく汗があります。運動や、食事の後の汗、冷や汗から寝汗まで、私たちは色々なシーンで汗とつき合っています。 では、「良い汗」「悪い汗」とはどんなものでしょう?そこにはどんな違いがあるのでしょう?

まず第一に良い汗はすぐに乾きます。汗の最大の役割は蒸発し、体温を下げることにあるわけですから、サッと乾かなければ意味がありません。

そして第二にその汗は水に近い、サラサラしたものであることが大事です。汗には血漿の大事な成分が含まれています。そうした成分をなるべく含まないものが良い汗なのです。

正確に言いますと、良い汗は出してしまった血漿の成分を、実は再吸収しているのです。その時、アルカリ性の成分(重炭酸イオン)も一緒に再吸収されます。これで皮膚が酸性に保たれ、雑菌の繁殖を防ぐのです。その結果、汗臭さも少なくなります。

そして最後に短期集中の汗が良い汗と言えます。「必要なときにだけ、速やかにかく」そこが肝心です。

ネバネバと濃く大粒で、ダラダラかく汗は悪い汗です。濃いということはそれだけ体内の貴重な成分も含んでいます。

良い汗の成分には、水の表面張力を下げて、粒を小さくする「界面活性物質」が含まれており、一つ一つが小さな粒になります。このことは実はとても重要です。小さければそれだけ蒸発が早く、体温調節がスピーディーに行われるからです。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

共立美容外科で受けられるわきが手術

共立美容外科

多汗症の種類についてのページをご覧の皆様へ

このページは2021年5月に最終確認をしています。
このページでは、多汗症の種類についてご確認頂けます。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に25院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。