共立美容外科・歯科の共立ブランドストーリー

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国22院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

共立ブランドストーリー「患者様の立場に立った美容医療を」その想いのルーツと歴史

家族の反対を押し切り、美容医療へ進んだことが第一歩でした

父、祖父、さらには曽祖父の代から医師という、医師一家に生まれた共立美容外科総括院長・久次米秋人。生まれた時から医師になることを使命とされていた久次米は、家族の期待どおり24歳で医師となり、整形外科医として勤務をはじめます。

その後、救急科などの経験を経たのち、自らの新たな可能性に挑戦したいと考えるようになり、当時まだ今ほど知名度がなかった美容整形外科への転科を決意。家族には大反対されますがその意思は固く、大学時代の同期が勤めていたある大手美容外科クリニックに入職します。それがこの後30年以上歩み続ける、美容外科医としての最初の一歩でした。

理想を求めて独立。電話が鳴らずとも研鑽を続ける日々

「共立美容外科」というクリニック名の意味をご存知ですか?実は共立美容外科は独立の際、同じクリニックに勤めていた同僚の医師と久次米が、名古屋と東京の2つの地域で同時に立ち上げたことが始まりです。だから「共に立つ」と書いて共立なのです。

美容外科医に転科後、大手クリニックで実績を積み上げていた久次米は、もっと患者の立場に立った、自分が理想とする美容外科を実現したいと考え、仲間と共に共立美容外科を立ち上げます。1989年、30歳の時でした。

しかし当時、美容整形は今ほど一般的ではなく開院直後はまったく予約が入りませんでした。その間も久次米ら若き医師たちは技術を磨き、研究を続けました。そうして開発されたのが、部位別53種類のサイズを変えたカニューレ(吸引棒)であり、特許を取得したKBシースです。それらの開発により、共立は日本で初めて日帰りできる脂肪吸引手術を実現しました。負担は少なく効果的に痩せられる脂肪吸引として雑誌にも紹介され、そこから一気に世間に名が広まり、予約が殺到するようになりました。

53種類のカニューレ

53種類のカニューレ

脂肪吸引の箇所や脂肪の質によって使い分け、凸凹にならないなめらかな仕上がりになります

KBシース

KBシース

脂肪吸引時の数千回もの往復の摩擦による傷跡を、目立たなくできるようになりました

バブル崩壊……地道にやっていくことの大切さを実感

共立美容外科が有名になり、店舗も拡大していく中、日本経済ではある出来事がありました。バブルの崩壊です。世の中全体の浮かれ気分が一気に冷え込み、日本中が大変なことになりました。勢いのあった他院が次々と破産していくのを目の当たりにした久次米は、いい状態がずっと続くわけではない、ということを強く実感します。だからこそ共立美容外科では、すでに世間の認知を得ていた脂肪吸引だけではなく、他の施術の研究もコツコツ続けました。

そんな中完成したのが、腫れない・痛くない二重施術です。これは今でも評判の「共立式二重埋没P-PL挙筋法」の原型となる施術で、5歳のお子さんも受けられるほど痛みのない施術でした。こうした地道な努力のおかげで共立美容外科は、不景気にも大きく後退することなく経営を続けていけました。

共立式二重埋没P-PL挙筋法

共立式二重埋没P-PL挙筋法

1989年の開院以来約30年間で、数えきれないほど多くの方にお受けいただいてきました

子供の二重

子供の二重

共立式二重埋没P-PL挙筋法は、ほとんど痛みを感じることなく、恐怖も感じさせないため、小さなお子様(幼稚園から中学生)でも手術をお受けいただけます

日本初、美容外科医院にフランチャイズ制度を導入

地道な経営が功を奏し、順調に成長を続けていた共立美容外科。やがて共立の美容医療をより多くの人に広めたいと考え、店舗の全国展開を視野に入れます。

しかしその時代はまだ美容外科医が少なく、医師を集めるのが大変でした。そこで共立美容外科は、当時画期的だった、美容外科クリニックのフランチャイズ展開を開始します。

フランチャイズ料は売り上げに応じての比率ではなく定額制にすることで、オーナーの医師にはやりがいをもって誠実な経営に取り組んでいただけるようにしました。そうしたフランチャイズ制度により、共立美容外科は全国展開に成功します。

美容外科業界の転換期にも地道にコツコツと

その後2000年代に入ると、格安を謳うクリニックや美容皮膚科専門のクリニックが台頭し、手軽に美容医療を受けられるようになりました。情報収集もTVや雑誌からインターネット中心に変わっていったことで、これまでのやり方に固執していた当時の大手クリニックは、軒並み経営危機へと追いやられます。

しかしそんな中でも共立美容外科は、ずっと続けてきた「地道にやること」「患者様の立場に立った美容医療」を貫き通し、時代にあったやり方を試行錯誤し続けています。現状に満足せず、患者様の声や世間の声に耳を傾けて進化し続けたことで、今では全国各地に22クリニックもの医院を展開できました。

新宿本院

新宿本院

共立グループの中心の院のため、最大規模を誇り、最新設備を兼ね備えています

銀座院

銀座院

元々プライベートクリニックとしてスタートしたため、高級感ある内装になっています

初心を忘れず、進化を続ける共立美容外科

共立美容外科の歴史は、美容外科業界の変遷と共にありました。しかし業界のスタンダードになりつつあることでも、患者様の立場から見て必要ないと思えば、取り入れません。たとえば他院では、医師とは別に「美容カウンセラー」というスタッフが施術の相談に乗っているクリニックも増えましたが、共立美容外科では担当医自らがカウンセリングを行うスタイルを貫いています。やはり患者様は、施術する医師とじっくりお話をしたいだろうと思うからです。

一方で、より優れた器具・素材の開発や、費用を惜しまず世界中から最新のサンプルを取り寄せて検討することなど、進化への努力も惜しみません。共立の医師を集めての行う最新技術の勉強会も、開院当初と変わらず続けています。

こうして開業から現在に至るまで、私たちが信じる美容医療を続けてこられたのは、ひとえに共立美容外科を選んでくださった患者様あってこそ。今後も患者様にとって良いところは変えず、最新の美容医療の追求を続けていきたいと考えています。どうぞこれからも、共立美容外科をよろしくお願いいたします。

医師の勉強会

最新の美容医療の研鑽

海外から医師や医療スタッフを招集し研修を行うなど、最新の美容医療の研修も盛んに行っています

アラガンキャンペーンアワード2017

私たちのおもてなし

接客が好きというスタッフが多い私たち。とあるアワードで顧客満足度部門の優秀賞もいただいています

共立美容外科

共立美容外科・歯科|共立ブランドストーリーをご覧の皆様へ

このページでは、共立美容外科・歯科の共立ブランドストーリーについてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、美容歯科など、日本で有数の総合的な美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国22院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340