多汗症とはなんでしょうか【共立美容外科・歯科】

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国22院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

出版物紹介『次世代ワキガ多汗症治療』 共立美容外科 医師グループ著

『次世代ワキガ多汗症治療』
共立美容外科 医師グループ著

第2章 多汗症とはなんでしょうか

『次世代ワキガ多汗症治療』 共立美容外科 医師グループ著

多汗症とは?

ワキガで悩む人で同時に多汗症を持っているケースはなんと60パーセントにも上り、二つは切っても切り離せない問題だと考えられています。そんな多汗症について今度は考えてみることにしましょう。

多汗症の種類

多汗症には全身に汗をかく「全身性多汗症」と部分的に多量の汗をかく「局所性多汗症」があります。

全身性多汗症は急性リウマチやバセドー病、結核、女性の生殖器障害などが原因で起こることもあります。ですから「今までなんでもなかったのに急に汗をかくようになった」という場合は要注意でしょう。

一方、局所性多汗症は手のひらや足の裏、頭部、脇の下など特定の部分に多量の汗をかく症状です。これは精神的なストレスなどによって自律神経のバランスが崩れたために起こることが多いようです。緊張したり興奮したりすると、洋服やぬぐったハンカチが異常に濡れるほど汗をかく、というのはこのためです。

手のひらや足の裏はエクリン汗腺しかないところですから、いくら多量に汗をかいても嫌な臭いを放つことはありません。ただ脇の下のようなアポクリン汗腺の密集部位でのたくさんのエクリン汗は、アポクリン汗を広範囲に広げる作用を持っているのでワキガの誘因になります。

「汗っかき」と「多汗症」の違い

俗にいう「汗っかき」と「多汗症」はまったく違うものです。ではまずわかりやすいように、汗が分泌されるメカニズムを説明しましょう。

発汗には二種類あり、一つは「温熱性発汗」といわれるもので、体温を調節するためにかく汗です。例えば食事として摂ったものが体内でエネルギーに変換され、このときに発する熱エネルギーを体外に発散するために汗が出ます。また、外気温の変化、運動などによって体に熱がこもってくると、上昇する体温を抑さえるため、より多くの汗を出し、気化熱の原理で体温を下げる働きをします。

「汗っかき」の人はこれらの変化に敏感に反応し、ちょっとしたことで汗をかいてしまう人のことをいうのです。また、肥満の人も体に熱がこもりやすいので発汗の量が多くなり、汗っかきになってしまいます。このような場合は生理的発汗なので心配はいりません。

もう一つは「精神性発汗」といわれるもので、緊張したり、驚いたりするときに起こるものです。「手に汗握る」とか「冷や汗をかいた」などというのはまさにこのことを指しています。

そして「多汗症」とはこの精神性発汗がもたらすもので、その発汗が常軌を逸した量になるものです。緊張すると脇の下や靴下が絞れるほど汗をかいてしまうような症状を「多汗症」と呼びます。

多汗症は精神的不安に起因しているものなので、「汗をかくのでは?」と気を使えば使うほど、症状を悪化させるやっかいなものです。

それとは別に、異常に寝汗をかいたり、なにをしたわけでもないのに多量の汗をかく状態は、身体がなんらかの異常を来たしていることも考えられますので十分に注意しましょう。

共立美容外科・歯科の人気のわきが・多汗症治療

ワキガ・多汗症
ワキガ・多汗症

目次

共立美容外科

多汗症とはなんでしょうか|口コミで評判の【共立美容外科・歯科】のページをご覧の皆様へ

このページでは、多汗症とはなんでしょうか|口コミで評判の【共立美容外科・歯科】についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。共立美容外科・歯科ではわきが治療・多汗症治療を「特許取得の超音波+ローラークランプ法」や「超音波+ミラドライ」、そして「ボトックス注射」などでおこないます。共立美容外科・歯科、開院当初から日々わきが多汗症治療に対し真摯に向き合っている日本で有数の総合的な美容整形クリニックです。わきが・多汗症治療はドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容外科治療を行います。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340