英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

共立美容外科の医療広告ガイドライン遵守姿勢

共立美容外科は法令・ガイドラインを遵守いたします

ガイドラインの遵守

共立美容外科は1989年の開院以来、日本における美容整形のパイオニアとして、業界と共に成長して参りました。

日本美容外科学会の学会長など責任ある立場も務め、美容医療業界全体の信頼性を高める努力を行っております。

今後も患者様へ美容医療の正しい情報と医療行為を提供するべく、2018年に厚生労働省より策定された「医業若しくは歯科医 業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)」に基づき、適宜WEBサイトの作成、広告のあり方の検討を行ってまいります。

割引キャンペーンなどによる集客は行いません

美容医療は自由診療ではありますが、れっきとした医療行為です。医療の選択は患者様ご自身が十分に検討、納得された上でなされるべきと考えており、極端な割引によって判断力を鈍らせ、契約させるような集客活動はいたしません。

主な副作用やリスクを明記します

患者様が医療に関する適切な選択ができるよう、治療によるメリットだけを強調するのではなく、それに伴う副作用やリスクに関してもWEBサイト上で適宜わかりやすく記載します。また、カウンセリング時においても、医師による丁寧な説明を行っております。

症例写真への加工はしておりません

治療内容についてわかりやすく説明するために、治療前と治療後を比較した症例写真を適宜掲載していますが、治療効果について患者様が誤認されることがないよう、写真自体への加工は一切行いません。

施術の流れをオープンにしています

共立美容外科では、施術(手術)の流れを丁寧に解説しています。クリニックによっては、手術本番になるまでどのような工程で進むのかわからなかったり、医師に遠慮して疑問点を訊けない患者様もいらっしゃるかと思います。共立美容外科のWEBサイトでは、できる限りわかりやすく流れを解説し、不明な点はどんな些細なことでも医師にお尋ねいただけるような雰囲気作りに力を入れています。

このページの監修医師

  • CEO兼総括院長 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    CEO兼総括院長

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

共立美容外科

共立美容外科のガイドライン詳細のページをご覧の皆様へ

このページは2020年9月に最終確認をしています。
このページでは、共立美容外科のガイドライン詳細についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に25院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。