共立美容外科・皮膚科の唇を厚く(アヒル口形成)

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

プチ整形唇を厚く(アヒル口形成)

シワ・たるみがプチで消える時代に差がつく美容ケア プチ整形 唇を厚く(アヒル口形成)シワ・たるみがプチで消える時代に差がつく美容ケア プチ整形 唇を厚く(アヒル口形成)

ヒアルロン酸で唇を厚く

アヒル口形成

アヒル口形成とは

コラーゲンもしくはヒアルロン酸を専用の注射器で注入して、薄い唇を厚くする、またはアヒル口にする施術です。

コラーゲンは人体には無害のタンパク質です。顔のしわ取りにも使用されます。コラーゲン又はヒアルロン酸注入は手術とは異なり、術後の腫れや手術跡の心配がありません。人工物が嫌という方のためには、自分の脂肪や筋肉の膜を使って厚くすることも可能です。

ヒアルロン酸「レスチレン・ジュビダーム」は皮膚の真皮層にある物質で水分補充し、ハリを与えます。またアレルギーテストは不要です。

唇を厚く(アヒル口形成)とは

30代以降、薄くなりがちな唇には早めの対処を!
“プチ注入”で憧れのセレブ唇へ

適度の厚みがあり、内側からぷっくり膨らんだ唇こそ、美しい口元の条件。そんな願望に相反して、年々薄くなっていく唇は、ヒアルロン酸やコラーゲンを注入することで即対処できます。

希望のデザインや厚み、体質によって注入するものは変わるものの、所要時間10分でセレブ級のぷっくり唇に。個人差はありますが、目安として6ヶ月〜1年持続します。

唇を厚く(アヒル口形成)とは

ヒアルロン酸「レスチレン・ジュビダーム」の特徴

特徴1

術後、人体に無害のたんぱく質。

特徴2

術後の腫れや、手術痕の心配がない。

特徴3

従来のヒアルロン酸より安全性が向上。

特徴4

痛みも少なく、効果が半年程度持続。

特徴5

加齢により唇のボリュームがダウンした方にも効果的。

特徴6

注入量や注入箇所を丁寧にデザインし手軽に人気のアヒル口に。

ヒアルロン酸とは

当院は、安全性の高いヒアルロン酸と、しっかりした医師の技術で、丁寧にヒアルロン酸を注入しています。

ヒアルロン酸は体内にある体内にある構成要素に近い物質です。そのため安全性は問題ないですし、アレルギーの心配もほとんどありません。ねばりや密度も調整できます。
ただ、いずれ体内に吸収されてしまうので、維持をするには定期的に注入しなければいけない素材です。

プチ整形のヒアルロン酸の注入

盛り上げたい部分に、顔全体のバランスを考えながら適量、ヒアルロン酸を注入し、唇を形成します。プチ整形と言っても施術であることに変わりありません。簡単なだけに医師の経験などにより技術に差が出ます。

ヒアルロン酸の種類

当院のヒアルロン酸は、安全性にこだわった高品質製品を使用しています。中国産やインド産など、安い製品を使用していません。

レスチレン® リドシリーズ

「レスチレン(Restylene)」は、スウェーデンのQ-MED社にて製造販売されているヒアルロン酸の中でもっとも認知度の高い製品です。 世界60カ国以上の美容外科で使用され、全世界で200万人以上の人が利用しているといわれています。 また、FDAに認可された、安全性の高いヒアルロン酸です。 痛みを和らげる「リドカイ(3mg/ml)」も含まれています。

レスチレン® リドシリーズ

「レスチレン(Restylene)®」は、スウェーデンのQ-MED社にて製造販売されているヒアルロン酸の中でもっとも認知度の高い製品です。 世界60カ国以上の美容外科で使用され、全世界で200万人以上の人が利用しているといわれています。 また、FDAに認可された、安全性の高いヒアルロン酸です。 痛みを和らげる「リドカイ(3mg/ml)」も含まれています。

テオシアル

「テオシアル」は、スイスのTeoxane社が製造する、ヒアルロン酸注入剤です。2008 Aesthetic Medical Awardsの「年間最優秀注入剤賞(Injectable Product of The Year)」を受賞しました。 患者様の満足度、治療結果、効果の持続期間、使用感、カスタマーサービスなどの12の選考基準において高い評価を得た、高品質で安全性の高いヒアルロン酸注入剤です。

リデンシティー

「リデンシティー」は、スイスのTeoxane社が製造する、ヒアルロン酸注入剤です。 皮膚の水分補給と密度増加に最適な濃度ヒアルロン酸に加え、皮膚の再構築に必要な複合成分である、8種類のアミノ酸、3種類の抗酸化物質、2種類のミネラル、およびビタミンB6を配合した、新しいコンセプトのヒアルロン酸です。痛みを緩和するリドカインという成分も含まれています。

ジュビダームビスタ® ウルトラ

「ジュビダームビスタ® ウルトラ」シリーズは日本で唯一厚生労働省による承認を受けているヒアルロン酸注入材です。 アラガンジャパン社が製造販売しています。

レディエッセ

レディエッセは、ヒアルロン酸ではありませんが、プチ整形の注入剤という意味ではヒアルロン酸と同じカテゴリに属します。 レディエッセはヒアルロン酸とは違い、カルシウムベースの粒子を使用した注入剤です。この粒子は歯や骨を形成している成分なので、体内に入っても、異物反応を起こさない物質です。 米国FDAや欧州のCEマークを取得しており、安全性も高く、自己コラゲン生成作用により、1年半〜最長2年間、効果が持続します。鼻の注入剤としてよく使用されます。

イボアール

共立美容外科で使用しているイボアール・クラシック・プラスは、痛みを軽減する成分のリドカイン入りです。また、この製品のヒアルロン酸は非動物由来で、独自の微生物発酵により製造されている安全性の高いヒアルロン酸です。 粒子が均一で小さいので、むらなく浸透するのも特徴です。イボアールを注入する注射針は、独自にデザインされた「シンウォールニードル」という注射針で、快適な注入をすることができます。

クレヴィエル・コントア

クレヴィエル・コントアは高品質のヒアルロン酸です。最新のテクノロジーで開発され、高濃度なのが特徴です。 他のヒアルロン酸より高濃度で持続性が高く、弾力性もあるので、鼻を高くする施術に向いているヒアルロン酸になります。

症例写真

  • 手軽に愛嬌のある可愛いアヒル口に

    ヒアルロン酸を上手に丁寧に注入することで、手軽に愛嬌のあるアヒル口を手に入れる事ができます。注入時は患者様に鏡をご覧頂きご相談しながら、丁寧にヒアルロン酸を注入しますので、ご希望にあったアヒル口にすることができます。

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

    • 1週間後

      1週間後

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

    • 1週間後

      1週間後

    ※黒い点はデザイン時のペンによるものですので水ですぐ落ちます。

    注入直後は赤みがありますがすぐに落ち着き、1週間後の画像では自然な可愛らしい愛嬌のあるアヒル口になっています。ヒアルロン酸は体内に吸収されてしまいますので、個人差はありますが持続性は6ヶ月〜1年程度になります。6ヶ月〜1年に1回程度定期的にご来院される事をお勧めしております。

    ヒアルロン酸は体の中にある成分なので、アレルギーの心配もございません。保湿効果も高いのでプルプルとした潤いも実感できます。施術時間も10分程度なので、手軽にできる点もメリットの1つです。

    ピンクのグロスを塗るとより愛らしいお口もとになりますよ。

唇を厚く(アヒル口形成)の
よくあるご質問

  • 上唇の厚さを気にしています。笑うとめくれたようになり余計に厚く見えるので、笑うときはいつも手で隠しています。手術で上唇だけを薄くしても、不自然になりませんか?
    美しい唇の理想は、上よりも下の方が2〜3ミリ厚いことです。おそらく、バランスが悪いのでしょう。手術では、唇をボリュームダウンさせる分だけ組織を適宜切り取り、縫い縮めます。
    メイクでもある程度カバーできます。口紅を塗るときに、下唇部分を実際より厚めに縁取ってみるなど工夫すると良いでしょう。
  • 唇を薄くする施術を受けたいのですが、腫れや傷跡が不安です。
    口唇縮小術(唇を薄くする手術)は口の中の深い位置にメスを入れますので周囲からは傷跡は見えません。また口の粘膜は再生力が強いため、傷跡も全くと言っていいほど目立たなくなります。腫れも数日間で引くため、その期間はマスク等で隠すことができます。
  • 口の中からの施術はとても痛そうですが、施術中の痛みはありますか?
    痛いのは最初の麻酔の注射のみです。それも細い針で痛くないようにチクっと刺すだけなので、不安がるような痛みではありません。
    麻酔が効いている術中は全く痛みは感じませんし途中で切れてしまう事もありません。
    術後や麻酔が切れた時も、強い痛みを訴えられた患者様はいらっしゃいませんし、痛みに弱い方のために充分な痛み止めの薬もお出ししますのでご安心下さい。
  • 唇を薄くする手術をした場合、術後の腫れはどの程度ですか?
    手術直後が腫れのピークになります。数日間は現在の唇の厚みの1〜2割増ぐらいにお考えになられると宜しいかと思います。その期間はマスクで隠せます。腫れは意外に早く治まってきますが、硬さがとれるのにはお時間がかかります。
    しゃべったり笑ったりした際に、唇が多少引きつった感じが残りますので口元の表状作りにはしばしお気を使われる必要があります。
  • 唇が薄いので、厚くしたいです。どんな治療法がありますか?
    注入と粘膜前進手術という方法があります。注入にはヒアルロン酸か自分の脂肪が用いられます。「ヒアルロン酸の注入」は簡単ですがいずれは吸収され完全に元に戻ります。
    一方、脂肪は注入した量のうちの何割かが生着するのですが、口周りは激しく動き常に外力が加わる部分なので生着率はあまり高くありません。そのため、注入の場合は、定期的に注入しなければいけないため、ヒアルロン酸の方が脂肪注入より一般的です。
    「粘膜前進手術」は唇のボリュームが増えるというよりも、赤唇部を口の中から表にローテーションさせる手術なので見た目の幅が広くなります。傷口をご心配される方がいらっしゃいますが、口の中を切りますので、傷口が他人から見られるという心配はありません。
    ただし、粘膜前進手術は手術になってしまうためヒアルロン酸注入ほど手軽ではありません。
  • ヒアルロン酸注入後は、しこりとか凹凸になったりしませんか?
    ヒアルロン酸注入後、しこりやデコボコの心配はありません。ただし、ヒアルロン酸もどういう訳かまれに相性が合わず、異物反応を起こすケースがあります。
    私の経験では、最近20年間でそのような患者様は2名いらっしゃいました。(下口唇で1名。ほうれい線で1名。)ただ、確率的には何万人にひとりですので臆病になる事はないと思います。また、仮にそうなっても対処法もちゃんとございますので心配される必要はございません。
  • 術後に何か気をつけないといけない事はありませんか?
    唇へのヒアルロン酸注入後は術後24時間、唇の形成手術の場合は抜糸まで(約2週間)針穴や傷口に気をお遣いください。
  • 唇を縮小する手術はどれくらいの時間がかかりますか?
    唇を縮小する手術の場合は上下、各1時間程度になります。
  • 唇を拡大する手術はどれくらいの時間がかかりますか?
    唇を拡大する手術の場合は上下、各1時間半程度になります。
  • 唇に注入した脂肪はなくなりませんか?
    口周りは激しく動き常に外力が加わる部分なので生着率はあまり高くありません。残せる方では約6割、残らない方だと1〜2割程度しか残らない事もあります。
    そのため他の部位に脂肪を注入するのと違って口唇の脂肪注入はなかなかポピュラーにはなりません。唇に注入する場合はヒアルロン酸の方が一般的です。
  • 唇を整形したら、いつから食事は普通に食べられますか?
    ヒアルロン酸や脂肪を注入する唇の形成の場合は、麻酔が切れてから普通に食事できます。唇の整形手術の場合、傷が治るまで(約2週間)、特に最初の数日は刺激の強いものは避けられた方がよろしいかと思います。
    それ以外にはカスの出る食べ物(せんべいなど)も避けた方が無難でしょう。それ以外は普通に召し上がっていただいて大丈夫です。

唇を厚く(アヒル口形成)の概要

手術料金 0.1cc ¥14,100 → ¥13,000
施術時間 約10分
通院回数 1回
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

唇を薄くしたい場合

厚い唇を薄くするには、唇のいらない分を口の中に引っ張り込んで縫い縮めてしまいます。手術跡は口の中に隠れてしまいますし、粘膜の傷はキレイに治りやすいので安心です。

唇を薄くする

「唇を薄くする」手術の特徴

特徴1

唇を薄くしたい場合、プチ整形ではなく手術が必要。

特徴2

手術痕は口の中に隠れるので目立たない。

特徴3

粘膜の傷はキレイに治りやすいので安心。

唇を厚く(アヒル口形成)の概要

手術料金 ¥162,000〜
施術時間 約30分
通院回数 1回
回復までの期間 2、3日〜1週間
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 可能だが、腫れがある
その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

清潔感のある内装

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

ジュビダームビスタ®シリーズ

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

その他のプチ整形の施術

共立美容外科

共立美容外科・歯科 | 唇を厚く(アヒル口形成)のページをご覧の皆様へ

このページでは、唇を厚く(アヒル口形成)についてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、美容歯科など、日本で有数の総合的な美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340