英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

わきが手術・多汗症治療 わきが手術・多汗症治療

銀座で受けられる
多汗症治療

最終更新日:  2022年11月27日

多汗症治療とは

多汗症はストレスによる自律神経の不調や結核、バセドー病などの病気が原因で発症する場合があります。

そして多汗症には2つのタイプがあり、脇や手など特定の部位に汗をかく「局所性多汗症」、加えて全身に汗をかく「全身性多汗症」が挙げられます。

治療を急がないと健康に関わるということはなく、ご自身が多汗症であることに気付きながら治療を受けずにいる方もいます。

一方で多汗症の方は大量に汗をかくという症状によって服に汗じみが付くことに悩んだり、「自分は汗くさいのではないか」と体臭を気にしたりする傾向にあります。

このように日常生活に大きく影響するという点では、多汗症はご本人にとって心理的な負担になり得るといえます。

さて多汗症の治療には手術という手段もあるのですが、メスを入れない治療方法もいくつか存在するのです。

今回は銀座など各地域の共立美容外科で受けられる多汗症治療について詳しくご説明します。

脇汗治療

脇汗の悩みを医師に相談する女性

多汗症の症状によって脇汗を多くかいてしまうと服が湿っているのを人に見られたり汗で濡れた服が肌に貼り付いたりと、さまざまな悩みを誘発することがあります。

そんな中、手術や注射で汗腺にアプローチした治療を行うことで脇汗の悩みに対処することができます。

手術

手術によって汗腺を取り去ることで多汗症の症状を改善させるという方法があります。

手術のやり方には複数のパターンがあり、例えば脇を数センチ切開して汗腺を取り除く方法のほか共立美容外科が開発し特許を取得している「超音波+ローラークランプ法」という方法で汗腺を専用器具で吸引するという手段があります。

なお共立美容外科では手術においても麻酔においても患者さんの体の負担を最小限に抑える取り組みがなされているので、安心して施術に臨むことができます。

ミラドライ

ミラドライとは施術で用いられる美容マシンの名称です。

ミラドライを使った多汗症治療では、マイクロ波エネルギーで汗腺の働きを弱めることで多汗症の症状を抑えます。

皮膚を切開することなく行える治療であるため傷跡の心配がいらず、また手術と比べると合併症のリスクも少ないです。

なおミラドライにおいては汗の量を減らす効果は見込めるものの汗のにおいを軽減する効果は多いには望めません。

そのためにおいのある汗をかくわきがの症状を解消したいという場合、他の方法で対処する場合があります。

ボトックス注射

ボトックス注射はしわを目立ちにくくしたり小鼻の幅を狭くしたりといった美容目的の施術で実施される場合がありますが、多汗症やわきがの治療においても実施されることがあります。

ボトックス注射を脇に打つことで汗腺が細くなることから、汗をかきにくくなる効果が見込めるのです。

一方ボトックス注射の効果は永久的に持続するものではないため、多汗症の症状を長期的に生じにくくするには半年に1回ほど注射を打つ必要があります。

外用薬

外用薬治療に用いられる薬として代表的なものは「塩化アルミニウム溶液」という薬剤です。

塩化アルミニウム溶液は発汗を抑える働きを持つ薬剤で、肌に塗布することで多汗症の症状をが改善されるという効果が期待できます。

なお塩化アルミニウムのような外用薬での治療で長期的に多汗症の症状を抑えたいのであれば、治療を継続して受ける必要があります。

内服薬

内服薬治療には「抗コリン薬」と呼ばれる薬が用いられる場合が多いです。

抗コリン薬は消化管の疾患に対処する時などに使われる薬ですが、多汗症の症状を抑えるためにも処方される場合があります。

この薬には発汗をまねく神経伝達物質「アセチルコリン」の働きを阻害する作用があり、このアセチルコリンの機能を弱めることで汗をかく量を少なくする効果が期待できます。

掌の多汗症治療

手のひらボトックス

掌の多汗症に悩む方は決して少なくありません。

掌そのものは緊張などの要因で汗をかく部分なのですが、掌の多汗症の方はそうでない人よりも発汗の量が多いです。

そして人によっては手から汗がしたたり落ちるぐらい発汗することもあり、日常生活では物に触れた時に意図せず汗で汚してしまったりするケースもあります。

そんな中、薬の投与や注射で掌の多汗症に対処できる場合があります。

外用薬

発汗を抑制する塩化アルミニウム溶液を掌に塗布することで発汗を抑えるという方法があります。

なお塩化アルミニウム溶液を塗った後はうっかり手を洗って薬剤を洗い落とさないよう注意しましょう。

内服薬

抗コリン剤を服用することで発汗を誘発するアセチルコリンを抑制し、多汗症の症状を抑える方法もあります。

また人によっては外用薬での治療を並行する形で内服薬を使った治療が行われるケースもあります。

ボトックス注射

掌にボトックス注射を打つことで多量の汗が出る症状が軽減される効果が期待できます。

一方ボトックス注射で多汗症を改善させる場合は定期的に治療を受けないと、再び症状が現れる可能性があります。

そのためボトックス注射での治療を継続して受ける場合は担当医師にどのぐらいのタイミングで治療を受ければ良いかを確認するのが望ましいです。

ちなみに掌のボトックス注射の場合注射針を刺す部分が何か所にもおよびます。

加えて掌は人体の他の部分と比較して感覚が敏感な傾向にあるため、注射による痛みが患者さんの負担に成る可能性があります。

そこで、施術中の痛みを軽減する手段として施術前に局所麻酔あるいは全身麻酔を行うケースがあります。

ボトックス注射の詳しい方法や料金はコチラ>>

多汗症のセルフチェック方法

多汗症のセルフチェックしているところ

「自分が多汗症かもしれない」と心配になっている場合、医療機関で多汗症の傾向があるかどうかを検査することができます。

その一方で、検査や治療を受ける前の段階として多汗症の傾向の有無をセルフチェックする方法もあるのです。

そのためもし発汗の多さが気になる場合は、こちらで解説するセルフチェックを行って多汗症の可能性があるかどうかをある程度判断できます。

汗の量を確認する

通常では考えられない量の汗をかくかどうかは多汗症の可能性を確かめるためのポイントの1つとなります。

一方で多汗症の傾向があるかどうかを判断するには汗のかき方にも注意を向けることが推奨できます。

例えば多量の汗をかく頻度はどれぐらいか、また左右対称に発汗がみられるのかといった点をチェックして自分の汗の状態を把握しましょう。

もし1週間に1回以上異常な量の発汗がみられる場合や左右対称に汗をかく場合は多汗症である可能性があります。

また多汗症の方の中には汗が原因で日中複数回の着替えが必要な方や、掌の汗が多いことが原因で物を濡らしたり壊したりといった気苦労を経験している方がいます。

そうしたことから日常生活に何らかの支障があるかどうかも多汗症のチェックポイントとして挙げられます。

家族に多汗症の人がいるかどうかを確かめる

多汗症は遺伝によって発症する場合があります。

そのため可能であればご両親や祖父母などに多汗症の人がいるかどうかを確かめてみましょう。

近親者の中に多汗症の方がいる場合、ご本人に多汗症体質が遺伝している可能性があります。

多汗症の症状が現れた時期を確かめる

多汗症体質は生まれつきのものであることが多いのですが、多汗症の方の多くは25歳ぐらいまでに発汗の量が多いことを認識します。

特に、汗腺が発達し自分の身だしなみや体臭に注意が向き始める思春期に症状を自覚し始める傾向が強いです。

そのため多汗症の疑いのある方は発汗の多さが気になり始めたのが何歳ごろであるかを思い出してみましょう。

汗の多さを気にしやすい時期である中学生や高校生の頃に汗を気にし始めたのであれば、多汗症の傾向の有無を判断する1つのポイントとみなせる場合があります。

ボトックス注射の詳しい方法や料金はコチラ>>

超音波+ローラクランプ法の詳細はコチラ

超音波+ミラドライの詳細はコチラ

脇のボトックス注射の詳しい方法や料金はコチラ>>

手のひらのボトックス注射の詳しい方法や料金はコチラ>>

関連コラム

あなたにあったわきが治療は?

施術部位から探す

脇、手から施術を探せます

現状の悩みから探す

いまお悩みの症状から施術を探せます

施術内容から探す

施術の種類ごとに施術を探せます

このページの監修医師

  • CEO兼総括院長 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    CEO兼総括院長

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

共立美容外科

銀座で受けられる多汗症治療をご覧の皆様へ

このページは2022年12月に最終確認をしています。
このページでは、わきが手術・多汗症治療についてご確認頂けます。わきがとは「腋臭症(えきしゅうしょう)」とも呼ばれ、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で比較的強いにおいを発生する体質のことをいいます。わきがは性ホルモンの活動と密接に関わりがあり、特に思春期になるとわきがの要因となるアポクリン腺が活発になり、わきが臭も目立つようになります。やがて更年期をむかえ、ホルモンの分泌が少なくなるとわきが臭も減少するようになります。

共立美容外科では特許を取得した独自の治療法である日本有数の「超音波+ローラークランプ法」を使用して皮膚のダメージを最小限にしながら効果的な治療を行えます。わきが手術の他にも多汗症治療に対しても非常に有効な施術になっています。また、マスコミでも話題の皮膚を切らないわきが手術法「ミラドライ」にも対応しております。