英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

【心斎橋で目頭切開を検討している方向け】クリニック選びのポイントとは?目頭切開を受ける際に知っておくべきことについて解説

公開日:2024年05月30日(木)
最終更新日:2024年06月10日(月)

大阪
目頭切開を受けた女性
           
ご予約

このページを読むのに必要な時間は約 10 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

目頭にメスを入れ、目を大きく見せたり目と目の距離を均等に見せたりできる目頭切開は、目元の印象を変えたい方から人気の高い施術です。しかし施術を受けるなら、いくつか注意しておきたい点もあります。これから目頭切開を受ける場合、どのようなことを把握しておけば良いのでしょうか。

本記事では心斎橋で目頭切開を検討している方のために、心斎橋で目頭切開を受けるメリットやクリニック選びのポイント、目頭切開の概要、目頭切開を受ける際に知っておくべきことをまとめました。目頭切開で理想のイメージに近い仕上がりを目指すには、しっかりクリニック選びをすることが大切です。本記事を参考に、信頼して施術を依頼できるクリニックを見つけましょう。

 

心斎橋で目頭切開を受けるメリット

目頭切開の傷跡

まずは心斎橋で目頭切開を受ける3つのメリットからご紹介します。

 

通いやすさ

心斎橋で目頭切開を受けるメリットの一つは通いやすさです。

目頭切開を受ける場合、施術当日以外にも抜糸や健診などでクリニックを受診する必要があります。通院時間を無理なく確保するには、通いやすい立地にあるクリニックを選ぶのがおすすめです。

大阪メトロの心斎橋駅がある心斎橋エリアは、長堀橋駅や四ツ橋駅、大阪のターミナル駅の一つであるなんば駅も徒歩圏内で、大阪市内や近隣地域からもアクセスしやすいです。

 

通院のついでに買い物などを楽しめる

通院のついでに買い物などを楽しめるのも、心斎橋で目頭切開を受けるメリットです。

大阪のトレンド発信地の心斎橋には、商業施設やアパレル店、飲食店などが多数集まっています。通院のためだけに時間を確保するのは面倒に感じる方もいるかもしれませんが、心斎橋なら通院のついでに買い物や食事などの予定も入れられるため、時間の都合が付けやすいでしょう。

 

クリニックの選択肢が多い

クリニックの選択肢が多いことも、心斎橋で目頭切開を受けるメリットです。

心斎橋には心斎橋駅周辺を中心に多くのクリニックがあります。目頭切開は施術を受けるクリニックによって仕上がりの質や料金が異なるため、複数のクリニックを比較して選んだ方が、ご自身に合ったクリニックを選びやすいです。1日でまとめて複数のクリニックのカウンセリングを受けることもできるので、効率的にクリニック選びができるでしょう。

 

心斎橋で目頭切開を受ける際のクリニックを選ぶポイント

目頭切開の手術後に注意事項を説明する医師

心斎橋で目頭切開を受けるクリニック選びをする際は、以下の4つのポイントをチェックしてみてください。

  • 症例数の豊富さ
  • 医師の技術力の高さ
  • 料金の妥当さ
  • アフターフォローの手厚さ

 

症例数が豊富なクリニックは多くの方の施術を手掛けているため、お一人おひとりの目の形を踏まえ、ご希望に合わせて柔軟な対応をしてくれるでしょう。また目頭切開は切開範囲がごくわずかなものの、きれいに仕上げるためには繊細で正確なテクニックを要します。技術力の高い医師が在籍しているかどうかも、クリニックを選ぶ際には欠かせない条件です。

施術料金はクリニックや目の状態によっても異なるので、ご自身の希望する施術の相場を知るためにいくつかのクリニックで見積もりを出してもらい、妥当な料金設定をしているクリニックを選びましょう。相場を大きく下回る場合、麻酔代や抜糸代などが別で請求される恐れもあります。トラブルを避けるためには、提示されている料金以外に料金が発生する可能性があるかを確認することをおすすめします。

目頭切開を含め、美容整形には副作用が出るリスクもあるため、万が一のことを考えてアフターフォローが手厚いクリニックで施術を受けるようにしましょう。アフターフォローの対象期間、適用範囲、追加料金の有無など、詳しい内容をカウンセリング時に確認してみてください。

 

そもそも目頭切開とは?

目頭切開は、目頭の皮膚を切開する施術です。

目頭の皮膚は蒙古ひだと呼ばれますが、日本人をはじめとしたアジア人は蒙古ひだが発達している方が多い傾向にあります。蒙古ひだを切開すると、白目の見える範囲が広くなるので、よりぱっちりと大きな目に見せることが可能です。また二重ラインをきれいな平行型にしたり、目の横幅を鼻の方向に広げて目と目の間隔を狭めたりすることもできます。

 

目頭切開を受ける際に知っておくべきこと

目頭切開の手術をする医師

目頭切開は目の小ささや目と目の間隔の広さにお悩みの方から人気の施術ですが、施術を受けるならいくつか知っておきたいことがあります。ご紹介する4つのポイントを押さえておきましょう。

 

一定のダウンタイムがある

個人差はありますが、目頭切開の施術後は一定のダウンタイムがあります。

ダウンタイム中は腫れや内出血が出ることがあり、通常1週間程度で落ち着きます。その後は、メイクでカバーすることが可能です。周囲の方に施術を受けたことを気づかれたくない場合は、術後にお休みを取ることも検討すると良いでしょう。ただし人によっては、腫れや内出血が強く出て、長引いてしまうこともあります。

目頭切開のダウンタイムの経過や仕事は行けるかなどの過ごし方について解説へのバナー

▼【コラム】目頭切開のダウンタイムの経過や仕事はいけるかなどいけるかなど過ごし方について解説

 

やり過ぎてしまうことがある

目頭切開は、切開をやり過ぎて仕上がりに満足できないケースも多いです。

目の大きさや両目の間隔にコンプレックスを感じている方の中には、「できるだけ大きくしたい」「目の幅をとにかく狭くしたい」と希望される方もいます。しかし目頭を切開し過ぎてしまうと、目の大きさや形がアンバランスになって後悔してしまうケースも少なくありません。

施術前にシミュレーションをしっかりと行い、医師とイメージを共有しながら、適切なデザインで施術を行うことが大切です。

 

傷跡やくぼみが残ってしまうことがある

目頭切開を受けて、傷跡やくぼみが残ってしまうこともあります。

メスを入れるため施術後は傷が残りますが、通常は2〜4週間程度で目立たなくなっていきます。しかし医師の技術不足で正しく施術が行われていないと、時間が経過しても傷跡が目立ったりくぼみができてしまったりして、後悔してしまう方も多いです。

また適切な施術が行われていても、ダウンタイムに間違った過ごし方をしていると傷跡やくぼみが残ることがあります。施術後は医師から説明される制限事項や注意事項を守って過ごすよう心掛けましょう。

 

変化を感じられないことがある

目頭切開を受けても、期待するような変化を感じられないこともあります。

変化が感じられないのは、医師の技術不足や判断ミスが主な原因です。切開する距離が短かったり範囲が狭かったりすると、施術後に大きな変化を感じられません。またもともと蒙古ひだがあまりない方が施術を受けた場合も、変化を感じられない可能性があります。

 

目頭切開を受ける際のクリニック選びは慎重に

目頭切開は医師と施術を受ける方でしっかりイメージ共有を行い、シミュレーションを重ねて正しく施術を行わなければ、イメージとかけ離れた仕上がりになってしまいます。施術を受けて後悔しないためには、カウンセリングや診察に時間をかけ、正確な施術が行える技術を持った医師が在籍しているクリニックを選ぶことが大切です。

 

後悔のない目頭切開を受けるために! 共立美容外科のこだわり

共立美容外科では、施術を受ける方に満足いただけるよう目頭切開の施術へのさまざまな取り組みを行っています。共立美容外科の4つのこだわりをご紹介します。

 

医師自らが丁寧にカウンセリング

施術を担当する医師が丁寧にカウンセリングを行うことは、共立美容外科が全ての施術で徹底しているこだわりです。

医師がカウンセリングを行うことで、施術を受ける方のお悩みやご希望をしっかり把握し、診察を行った上で、その方に合った施術方針をご提案できます。

 

バランスの良い目元にデザイン

目元のバランスを考えたデザインを行うことも、共立美容外科のこだわりです。施術を受ける方のご希望を考慮しながら、目の感覚や顔全体のバランスを考え、ミリ単位で調節しながらその方に合ったデザインを行います。

 

理想の仕上がりになるように施術中に細かく確認

共立美容外科では、左右差なく理想の仕上がりになるよう、施術中に細かく確認を行っています。施術を受ける方に目を開けたり閉じたりしていただきながら、細かい部分まで何度も確認し、丁寧に施術を行います。

 

痛みや腫れへの配慮

痛みや腫れに配慮した施術を行うことも、共立美容外科のこだわりです。

痛みの感じ方や腫れやすさには個人差がありますが、共立美容外科では麻酔の配合や注入方法を工夫し、できるだけ痛みが出ないよう心掛けています。また腫れが出ないよう術式も研究を重ねており、医師は正確で迅速な施術ができるよう日々研鑽を重ねています。

 

共立美容外科の目頭切開

共立美容外科では、目頭切開の術式としてZ形成もしくはW形成を採用しています。

Z形成は目頭をアルファベットのZ型に切開し、二重ラインの延長線上で縫合する方法です。縫合ラインが二重ラインと重なるため、傷跡が目立ちにくくなります。一方、W形成は皮膚を上下に引っ張って縫合することで、傷跡が見た目に影響しにくいように仕上げる方法です。仕上がりのご希望や目の形に合わせて、施術を受ける方に合った術式で施術を行います。

施術後は腫れや内出血が出ることがありますが、1週間程度で治まるケースが多いです。施術当日は、アイメイクやコンタクトレンズの着用ができません。

 

目頭切開 バナー

▼共立美容外科の人気の目頭切開の料金や種類についての詳細はこちら

 

心斎橋で目頭切開を検討している方は共立美容外科へご相談ください

本記事では心斎橋で目頭切開を受けようと考えている方のために、心斎橋で目頭切開を受けるメリットやクリニック選びのポイント、目頭切開の概要、目頭切開を受ける際に知っておくべきことをご紹介しました。目頭切開で理想の仕上がりを目指すには、カウンセリングでしっかりイメージ共有を行い、正確な施術を行える高い技術を持った医師が在籍しているクリニックで施術を受けることが大切です。本記事でご紹介したポイントを参考にして、信頼できるクリニックで施術を受けましょう。

心斎橋で目頭切開を検討している方は、共立美容外科 大阪本院もご検討ください。心斎橋駅 南13出口から徒歩すぐなので、お出かけの予定に合わせてご来院いただけます。在籍している日本美容外科学会認定専門医が、施術を受ける方に合ったデザインや施術方針をご提案しますので、お気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

大阪院

大阪本院 内装

■住所
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13
5・6F 東邦ビル
■お電話
0120-500-340

大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅 徒歩0分

大阪メトロ長堀鶴見緑地線 徒歩0分

 

梅田院

梅田院の内装

■住所
〒530-0001
大阪府大阪市北区1丁目 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F

■お電話
06-6348-0360


OsakaMetro御堂筋線 梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro谷町線 東梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro四つ橋線 西梅田駅 徒歩約5分

JR東西線 北新地駅 徒歩約2分

JR各線 大阪駅 徒歩約8分

阪神本線 梅田駅 徒歩約5分

阪急各線 梅田駅 徒歩約10分

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

久次米 秋人(くじめ あきひと)

■認定医等

日本美容外科医師会理事
日本美容外科学会認定専門医

■略歴

1983年 金沢医科大学医学部 卒業
1983年 高知医科大整形外科入局
1989年 東京本院(品川)開院
2002年 本院を新宿に移転
2013年 銀座院院長就任
2018年 第107回日本美容外科学会 学会長就任

■主な加盟団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本脱毛学会会員
北米脂肪吸引形成外科学会会員
日本坑加齢美容医療学会会員

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444