共立美容外科の、ワキガ手術・多汗症治療。日本有数のローラークランプ法について公式サイトで説明しています。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

ワキガ手術・多汗症治療超音波
+ローラークランプ法

切らない独自の超音波+ローラークランプ法切らない独自の超音波+ローラークランプ法

臭いや多汗の原因を
しっかり除去

超音波+ローラークランプ法とは?

超音波+ローラクランプ法は、当院が開発し特許を取得した、手軽にできる「ワキガ手術・多汗症手術」です。

臭いや多汗の原因となるアポクリン汗腺やエクリン汗腺をしっかりと除去する手術です。

超音波+ローラークランプ法とは?

ワキガとは

ワキガとは

「ワキガ」とは、脇の下から気になる臭いが出てしまう症状のことです。体臭はだれにでもあるものですが、臭いが強いのが「ワキガ」です。

ワキガの原因は、脇の下にあるアポクリン汗腺からでる汗が皮膚にある細菌と混ざり発酵して臭いが強くなることです。そのため、アポクリン汗腺を適切に無くせば、強い臭いはなくなります。

多汗症とは

多汗症とは

「多汗症」とは汗が過剰に出てしまう症状のことです。多汗症の原因となるのは、エクリン汗腺です。

エクリン汗腺は99%が水分できていて、さらっとしている汗を出す汗腺です。体温の上昇に敏感に反応します。エクリン汗腺が過剰に反応してしまい汗が多く出てしまうのが多汗症です。

脇の下のエクリン汗腺を適切に処理することで、多汗症を治すことができます

脇の汗腺について

わきの汗腺について

人の脇の下には臭いや多汗の原因となる2つの汗腺(かんせん)があります。「アポクリン汗腺」と「エクリン汗腺」です。

アポクリン汗腺はわきの臭いの原因となる汗腺です。アポクリン汗腺から出る汗が雑菌により分解されると、脇から強い臭いを発するようになります。これがワキガと言われているものです。

一方、エクリン汗腺は、臭いは出しませんが、過剰に汗を出してしまう汗腺です。過剰に汗が出てしまう症状が多汗症と言われるものです。

ワキガ手術・多汗症手術

ワキガ手術・多汗症手術

ワキガ・多汗症の治療方法には様々なものがあります。

例えば、切開法や剪除法、イナバ式などは、アポクリン汗腺やエクリン汗腺が沢山取れてよい手術ですが、ダメージが大きく、術後のケアがとても大変です。

一方、一般的な吸引法やレーザー治療はダメージは少なくて済みますが、汗腺を取ることはほとんどできません

超音波+ローラークランプ法は傷跡や効果など、従来のワキガ手術・多汗症手術の欠点を改良して開発された当院オリジナルの手術方法です。

超音波を掛けた後に、ローラークランプを行い、ワキガ手術・多汗症手術をします。

重度から軽度の症状までケアできます。

ワキガ・多汗症といっても重度の方から軽度の方までいらっしゃいます。
共立美容外科では、症状に合わせて、最適な方法をご提案しています。
超音波+ローラークランプ法は、重度のものから軽度のものまで幅広く対応することが可能です。

重度から軽度の症状までケアできます。

超音波+ローラークランプ法

傷跡が残らず、痛みもほとんどなく、しっかりとワキガ手術・多汗症手術をできます。

ミラドライ

ミラドライは、マイクロ波を照射することで多汗症を治療します。臭いに関しては、超音波+ローラークランプ法に劣ってしまいます。

ボトックス注射

6か月に1度、ボトックスを注射します。注射することで汗を抑えます

切開法

脇を大きく切ります。傷跡が残るリスクもあり、患者様の負担も大きいので当院では行っておりません

超音波+ローラークランプ法の3つの特徴

  • 特徴1
    当院開発、特許取得の方法
  • 特徴2
    傷跡が残らない。
  • 特徴3
    痛みが少ないように配慮

超音波+ローラークランプ法の3つの特徴
特徴1

当院開発、特許取得の方法

当院開発、特許取得の方法

当院は、約30年前の1989年に開院しました。その当時のワキガ手術・多汗症手術は、脇をメスで大きく切って、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を除去する方法が主流でした。

この方法は、脇に傷口ができてしまい、手術後は脇をあまり動かしてはいけないというダウンタイムもあり、患者様に負担をかけてしまう方法でした。

当院は美容外科なので、傷跡が残るのは美容という観点からもよろしくないし、患者様に負担をかけずにしっかりと治療できる方法はないかと考え、研究開発をしてできたのが「ローラクランプ」というワキガ・多汗症の医療器具です。

当院開発、特許取得の方法

超音波+ローラークランプ法で使用する「ローラークランプ」は、当院が開発し国際特許も取得しています。

1999年、パリの学会でも発表したこの手術法は好評を博し、現在でもフランスや韓国をはじめ、海外でもその効果が認められ使用されています。

ローラークランプと似た名前を使い、施術を行っているクリニックもあるようですが、ローラークランプは当院が特許を取得していますので、共立美容外科でしか行われていない手術です。

特許取得のローラークランプについて

超音波+ローラークランプ法で使用するローラークランプという医療器具は「ローラー」、「超極細の吸引棒」、「傷跡保護器具KBシース」の3つの部分で構成されています。

特許取得のローラークランプについて

ローラー

皮膚をしっかり押さえながら吸引するためについています。ローラーで皮膚を抑えることで、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を吸引しやすくしています

超極細の吸引棒

皮膚にダメージを与えないようにするため、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を吸引する吸引棒は数ミリ単位と、超極細になっています

傷跡保護器具KBシース

吸引時に皮膚と吸引棒の摩擦で皮膚を傷めないようにするために、傷跡保護器具のKBシースがついています。KBシースのおかけで傷跡が治りやすく、痕が残りづらくなりました

ローラークランプ法の仕組み

吸引法と違い、超音波+ローラークランプ法は、皮膚をローラーで抑えながら吸引するので、皮膚にダメージを与えずに、わきの臭いの原因となるアポクリン汗腺や、多汗症の原因のエクリン汗腺をしっかりと吸引することができます

ローラークランプ法の仕組み

一般的な吸引法との違い

一般的な吸引法との違い

一般的に吸引法は、アポクリン汗腺やエクリン汗腺が取り切れないと言われていますが、超音波+ローラークランプ法で使用されるローラークランプには、一般的な吸引法で使われる吸引棒(カニューレ)に加えて、特殊なローラーがついています。

このローラーがしっかりと皮膚を抑えるので、広範囲にエクリン汗腺やアポクリン汗腺を取り除くことができます

特徴2

傷跡保護器具 KBシース

傷跡保護器具 KBシース

超音波+ローラークランプ法では、傷跡が残らないように、2〜4mm程度の超極細の吸引棒(カニューレ)を使用して、臭いや多汗の元になる、エクリン汗腺やアポクリン汗腺を吸引します。

その際に、小さい傷が万が一でも残らないように配慮するために傷跡を保護する器具のKBシースを使用します。

KBシースは、共立美容外科が開発し特許も取得しています。また商標登録も行っています。

KBシースを装着することで、吸引棒(カニューレ)が往復する際に生じる、皮膚と吸引棒との摩擦を防ぐことができます。
その結果、摩擦から生じる皮膚表面へのダメージを防ぐことができ、傷跡を残らないようにすることができます。

KB-sheath

上の画像は、術後4週間後の男性の脇の写真です。矢印のところがローラークランプを挿入した部位ですが、傷跡がほとんど残っていないのがわかります。目を凝らせばわかる程度です。さらに時間がたてばほぼ消えてなくなります。

after 4 weeks
特徴3

痛みに配慮

当院は、痛みに配慮して手術を行っています。

当院は、痛みに配慮して手術を行っています。
痛みに配慮

超音波+ローラークランプ法を行う際は、痛みに徹底的に配慮しています。

共立美容グループには、日本麻酔科学会の専門医、認定医、厚生労働省認定の麻酔科標榜医などが在籍しており、麻酔液もこだわりのあるものを使用しています。

また、痛みが少ないようにするために、極細の注射針を使用し、ゆっくり丁寧に麻酔液を注入しています。
手術中は、麻酔が効いているため痛くありません。

広範囲から吸引

ローラークランプ法で使用する吸引棒は2〜4mmと超極細のため、わきの広範囲にアプローチできるので、取り残しなく、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を吸引できます。

広範囲から吸引

解剖学を熟知

解剖学を熟知

人の脇の下には、多くの神経や血管、筋肉が存在しています。

大事な神経や血管を傷つけないようにするために、共立美容外科の医師はみな解剖学を熟知しています。

また、アポクリン汗腺やエクリン汗腺は皮膚の表面に近い部分にあるため、適切な部位に適切な深さにカニューレを挿入し、皮膚表面を傷つけないように解剖学を意識しながらローラークランプ法を行います

国内外のテレビ局から取材されています

超音波+ローラークランプ法は、痛みが少なく傷跡も残らないワキガ手術・多汗症手術ということで、国内だけにとどまらず海外のテレビ局からも何度も取材を受けています

国内外のテレビ局から取材されています

週刊誌、月刊誌からも取材されています

超音波+ローラークランプ法は、テレビ局からだけではなく、週刊誌や月刊誌からも多数取材を受けています。

週刊誌、月刊誌からも取材されています

ワキガ手術・多汗症手術の出版本

当院は1989年の開院以来、数多くのワキガ手術・多汗症手術を行うと同時に、日々患者様にご満足いただけるよう研究してきました。その結果、豊富な症例をもとに、ワキガ・多汗症に関する専門書も出版しています。

ワキガ手術・多汗症手術の出版本

このようなクリニックには注意しましょう

このようなクリニックには注意しましょう
    • 医師

      保険治療でのワキガ手術を謳っているクリニックで、「あなたの場合は保険の適用外です」や、女性に対しては「保険の治療では傷跡がひどく、わきを出せない」などの理由で、高額な自由治療の手術をすすめられたと、不信感を抱き、当院を訪れる患者さまが増えています。
      数万円でできるなら、と思っていたら何十万円もかかった、と後悔する前に、クリニック選びは慎重に行うことをお奨めします。

    • 医師

      超音波やレーザーなどで治すというクリニックに多いのですが、「わきの範囲(照射面積)」によって料金が変わることがあり、広告に出ている安い料金はごくせまい範囲で、わき全体だとありえないほど高額な請求をされることがあります。
      事前に「範囲(照射面積)によって料金が変わらないか?」を確認し、変わるのであれば自分のわきの範囲(タテ何センチ、ヨコ何センチ)を伝えて、大体の金額を聞くことをお奨めします。

おススメしないワキガ手術・多汗症手術の方法

ベイザーを使用したワキガ手術・多汗症手術や、切開法で行うワキガ手術・多汗症手術は共立美容外科では行っておりません。

おススメしないワキガ手術・多汗症手術の方法

ベイザーを使用したワキガ手術・多汗症手術

ワキガ・多汗症の原因となるエクリン汗腺やアポクリン汗腺は皮膚表面の薄い部位にあるため、その部位にベイザーを使用すると火傷のリスクが高いため、当院では行っておりません。

切開法

メスを使用する切開法は、傷跡が大きく、術後や術中の患者様の負担が大きいため、切開法は当院では行っておりません。
また、大きく切開するため傷跡が残るリスクもあります。

保険診療の場合、傷跡が残る場合が多々あります

保険診療の場合、傷跡が残る場合が多々あります

保険診療は費用的には安く済み、効果もあり、いい手術ですが、切開をするため大きな傷跡が残ってしまう事が難点です。脇の裏を見られることは、電車内でつり革を掴む時や、海水浴、温泉など日常生活で意外と多いです。

保険診療で臭いや多汗などのコンプレックスが消えても、傷跡のせいでノーズリーブが着れないなど、新たなコンプレックスで悩んでしまう治療は根本的な悩みの解決になりません。

また、保険診療の場合は、効果を得るために最低5cmの切開が必要と考えていますが、最近、剪除法、皮弁法で2〜3cmくらいしか切らずに治療して、再発している患者さまのケースも多く診ます。

そのため、ワキガや多汗症の手術には、傷跡が残らず再発の恐れがない共立美容外科でしか受けられない特許取得の「超音波+ローラークランプ法」をお勧めします。

自由診療(超音波+ローラークランプ法)と、保険診療の違い

※表は左右にスライドしてご覧いただけます。

自由診療(共立美容外科) 保険診療
手術方法 共立美容外科では
超音波+ローラークランプ法
切らない手術
剪除法、皮弁法
切る手術
手術時間 30〜40分 60〜90分
傷跡
傷跡はほとんどなし
大きな傷跡(5〜7cm)
色素沈着もほとんどなく、非常に皮膚の状態が良好です。ローラークランプでは、真皮の血管を傷つける事が少ないため、傷の回復が早く、皮膚への酸素と栄養の補給が滞る事がない為です。

写真に見られるように、ローラークランプ法の最大の特徴は、
①傷跡が残らない
②タイオーバーの必要がない
③手術時間が短く、痛みがない
④永久脱毛の効果がある
等々、画期的な次世代手術といえます。
この患者さんは、まだ臭いが残っていると訴えています。これは、傷の周辺にアポクリン汗腺の取り残しがあるためです。このことは、この部分にはまだ多量の毛根が残っていることと一致します。広範囲の切除部分を引っ張って縫合する事から血管や神経を圧迫しむくんだり、しびれたり、ひきつりや腕の上下運動に支障をきたすことが多々あります。なにより忘れてはならないのは大きな傷跡が残ることです。

※最近、保険治療のクリニックで、「傷跡が目立たない」と謳っているクリニックもあるようですが、汗腺が取りきれているかどうか、また、本当に効果があるかどうかを確認することをお薦めします。
ダウンタイム なし あり
(1週間程度日常生活に支障あり)
再発取り残し なし 多い
脱毛効果 あり なし
術後のクレーム ほとんどなし 傷跡が大きく、ダウンタイムも長いためとても多い

データから当院が第一に考える診療のポイント

データから当院が第一に考える診療のポイント

本当の効果は3ヶ月後でないとわからない。

過去のデータから、ワキガ手術・多汗症手術の効果は、3〜6か月後ではないとわからないことが、わかっています。

そのため、手術後一時的にワキガや多汗症が止まっている場合もありますので、完治したかどうかは、3〜6か月後に判断するとよいでしょう

他のクリニックなどでは、一時的に治っただけで完治と診断しているクリニックもあるそうです。

初めての手術で、一回で完璧な効果を発揮できるかどうか。

他のクリニックなどで、効果が思わしくなかった場合、「再手術」を行うケースがあるそうです。

しかし、一度手術を行った皮膚は硬くなり、皮膚組織がくっついていますので、汗腺類を掻き出すために必要なカニューレのすべりが悪くなります。「再手術」を行うことは、非常に難しいことです。最初の手術で完璧な効果を出すことが、重要なのです。

超音波+ローラークランプ法は、再発しないように1度の手術で済むように配慮しながらしっかりと手術を行います。

ワキガ・多汗症チェック

1つでも当てはまる方は、ワキガ・多汗症にあたる場合があります。
症状が気になる方は専門医にご相談ください。

  • 他人から臭いを指摘されたことがある
  • 汗をかくと洋服に黄色い汗ジミがつく
  • 耳アカは湿っているほうだ
  • 両親のどちらか、または両方ワキガである
  • どちからといえば毛深い方だ
  • 肌は脂性である
  • ストレスが多いと感じる
  • 野菜より、肉に目がない
  • 脂っこい食べ物が好きなほうだ
  • お酒、タバコは好きなほうだ
  • 脱いだ靴下や靴が臭いと感じる
  • 汗をかくほうだ
  • 緊張したり興奮したりすると汗ばむ
ワキガ・多汗症チェック

どの季節でもお受けいただけます。

超音波+ローラークランプ法は、ダウンタイムが少ない手術で体に負担があまりかからないので、どの季節でもお受けいただける手術です。

どの季節でもお受けいただけます。

手術の流れ

共立美容外科技術指導医、磯野医師が超音波+ローラークランプ法をわかりやすく解説します。

施術の流れ
  • Step1 受付

    Step1 受付
    • 医師

      患者様を極力お待たせいただかないようにするために、完全予約制になっています。
      事前にお電話やホームページよりご予約をいただいたのち、ご来院くださいませ。
      笑顔で受付スタッフがご対応させていただきます。

  • Step2 待合

    Step2 待合
    • 医師

      番号札(お名前)をお呼びするまで、待合室でお待ちいただきます。
      リラックスできる空間になっています。
      電車やお車でお越しいただいていると思いますのでゆっくり一息ついてくださいね。

  • Step3 問診票

    Step3 問診票
    • 医師

      カウンセリング前に、問診票をお書きいただきます。
      問診票には、脇の汗や臭いに関するお悩みを何でもお書きくださいね。
      問診票をもとに丁寧にカウンセリングをさせていただきます。

  • Step4 専門医によるカウンセリング

    Step4 専門医によるカウンセリング
    • 医師

      カウンセリングは、プライバシーに配慮した、完全個室ルームで行います。
      私は男性ですので、女性の方でも話しやすい優しい医雰囲気を心がけていますので、お気になることは何でもご相談してくださいね。
      タブレットなどを使って、施術方法やダウンタイムや日常生活でお気を付けいただく点などを丁寧にご説明させていただきます。

  • Step5 ご料金の説明

    Step5 ご料金の説明
    • 医師

      手術の前に、しっかりとご料金の説明をしっかりとさせて頂いております。
      ご料金にご納得いただいてからの手術になります。無理に治療を勧めることはないのでご安心ください。

  • Step6 オペ室への移動

    Step6 オペ室への移動
    • 医師

      オペ室にご移動されましたら、横になっていただきます。
      緊張されないようにスタッフが優しくお声がけさせていただいています。
      オペ室にはBGMも流れていてリラックスした雰囲気ですよ。

  • Step7 術前の写真

    Step7 術前の写真
    • 医師

      手術前の脇のお写真を撮らさせて頂いています。

  • Step8 超音波

    Step8 超音波
    • 医師

      脇の下に超音波をかけます。
      超音波をかけることで、皮下組織の結合をゆるめることができ、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を除去しやすくします。
      このひと手間が手術後の効果の大きな差になります。

  • Step9 消毒

    Step9 消毒
    • 医師

      感染症を予防するために脇を消毒します。
      時間をかけて、しっかりと衛生面に配慮しています。

  • Step10 デザイン

    Step10 デザイン
    • 医師

      ローラークランプを当てる範囲をデザインします。このデザインのようにローラークランプを広範囲にあてることができるので、アポクリン汗腺やエクリン汗腺をしっかりと除去できます。

  • Step11 局所麻酔

    Step11 局所麻酔
    • 医師

      麻酔の注射をします。痛みが少ないように極細の針で、ゆっくり優しく丁寧に注入します。
      共立美容グループには、日本麻酔科学会の専門医、認定医、厚生労働省認定の麻酔科標榜医などが在籍しているので麻酔液もこだわりのあるものを使用しています。
      もし、万が一痛みがありましたらおっしゃってくださいね。

  • Step12 ローラークランプ

    Step12 ローラークランプ
    • 医師

      ローラークランプを脇に当てていきます。
      アポクリン汗腺やエクリン汗腺の取り残しがないように、しっかり手で確認しながら吸引しますよ。
      手術中は、麻酔が効いているので痛みは感じないと思いますので、リラックスして受けていただければと思います。
      手術中は安全に配慮するために、複数の医療スタッフを配置して時間をかけて丁寧に行っています。

  • Step13 圧迫固定

    Step13 圧迫固定
    • 医師

      手術後は、ローラークランプの挿入口の治りが早いように、脇にスポンジを当てて固定します。
      激しく手を上げたりすることはできませんが、事務作業などはできますので、日常生活に支障はないですよ。

  • Step14 ご帰宅

    Step14 ご帰宅
    • 医師

      お疲れさまでした。
      次回は1週間後を目安に検診にいらっしゃってくださいね。

  • Step15 1週間後の検診

    Step15 1週間後の検診
    • 医師

      術後の経過を拝見させていただくために、手術後1週間を目安に検診にお越しいただいております。
      アフターケアをしっかり行っていますよ。

  • Step16 アフターケア

    Step16 アフターケア
    • 医師

      脇の状態を確認させていただいてます。
      なにかご不安なことがありましたら、お気軽にご相談下さいね。

動画で解説

ワキガ手術や多汗症手術を久次米総院長が動画で解説しています。

  • youtube

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して、患者様に喜んでいただけるよう、誠心誠意、真摯に価格設定をしています。

当院は安売りをするクリニックではないので、価格に関してご満足いただけない場合があるかもしれませんが、価格以上の価値を提供できるよう日々努めています。

患者様に一番ご満足いただける価格は、「安かろう悪かろう」ではなく、美容のお悩みに対して適切な価格で、価格以上の価値を提供させていただき、ご満足いただくことだと思っています。

私たちの価値

  • 1人の患者様に複数人の医療スタッフで対応。
  • 完全予約制をとり、1人の患者様に対して時間をかけておもてなしをさせて頂いています。
    (患者様に対して、流れ作業のようなご対応をしておりません。)
  • 美容の医師が直接カウンセリングを行います。
  • 特許取得のローラークランプを使用しています。
  • ワキガ・多汗症で取材を多数受けているクリニックです。
  • 注射針をはじめ、こだわりのある美容医療器具を使用しています。
  • 総合病院や大学病院勤務の経験がある医師を採用しています。
  • 新卒ではなく、経験のある看護師を採用しています。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

ジュビダームビスタ®シリーズ

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。

超音波+ローラークランプ法の概要

施術料金
(概算)
¥302,400
・性別・範囲で料金が変わることはありません。
施術時間 約30分
通院回数 1〜2回
回復までの期間 1〜2日
カウンセリング当日の手術
入院の必要性 なし
制限事項 手術後1週間の腕稼動制限
仕事・外出 翌日よりほとんどのケースで可能
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

その他のワキガ・多汗症治療

共立美容外科

共立美容外科の、ワキガ手術・多汗症手術のローラークランプのページをご覧の皆様へ

ワキガとは「腋臭症(えきしゅうしょう)」とも呼ばれ、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で比較的強いにおいを発生する体質のことをいいます。ワキガは性ホルモンの活動と密接に関わりがあり、特に思春期になるとワキガの要因となるアポクリン腺が活発になり、ワキガ臭も目立つようになります。やがて更年期をむかえ、ホルモンの分泌が少なくなるとワキガ臭も減少するようになります。

共立美容外科では特許を取得した独自の治療法である日本有数の「超音波+ローラークランプ法」を使用して皮膚のダメージを最小限にしながら効果的な治療を行えます。ワキガ手術の他にも多汗症手術に対しても非常に有効な手術になっています。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340