英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

【心斎橋で二重整形を検討している方向け】クリニック選びのポイントとは?二重整形を受ける際に知っておくべきことについて解説

公開日:2024年06月02日(日)
最終更新日:2024年06月10日(月)

大阪
美しい目元の女性
           
ご予約

このページを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

美容整形の中でも特に人気の高い二重整形は、理想の二重幅を作り、ぱっちりとした目元を目指せる施術です。顔の印象を大きく変えられる施術ですが、二重整形を受けようと考えているのなら、いくつか把握しておきたい注意点があります。

本記事では心斎橋で二重整形を受けようと考えている方のために、心斎橋で二重整形を受けるメリットやクリニック選びのポイント、二重整形の概要、施術を受ける際に知っておくべきことをまとめました。施術を受けて後悔しないために、本記事を参考にして注意点をしっかり理解しておきましょう。

 

心斎橋で二重整形を受けるメリット

二重整形を受けるメリットについて説明している看護師

まず心斎橋で二重整形を受けるメリットから見ていきましょう。

 

アクセスの良さ

心斎橋で二重整形を受けるメリットの一つは、アクセスの良さです。

二重整形を受けた当日は、アイメイクやコンタクトレンズの着用ができません。帰宅時の負担を軽減するためには、ご自宅からアクセスの良い立地で施術を受けるのがおすすめです。施術当日以外にクリニックを受診しなければならない際も、アクセスが良ければ時間を確保しやすいでしょう。大阪メトロの駅がある心斎橋駅周辺は、四ツ橋駅や長堀橋駅、なんば駅も徒歩圏内で、大阪市内の各所や郊外からもアクセスしやすいエリアです。

 

周辺にさまざまな店舗がある

周辺にさまざまな店舗があることも、心斎橋で二重整形を受けるメリットです。

二重整形をしたいと思っていても、カウンセリングや術後の健診などで何度かクリニックに足を運ぶのが面倒に感じる方もいるでしょう。しかし、周辺にたくさんの商業施設やアパレル店舗、飲食店が集まっている心斎橋なら、他の予定と組み合わせて通院の予定を立てられます。

 

多数のクリニックの中から施術を受けるところを選べる

多数のクリニックの中から施術を受けられることも、心斎橋で二重整形を受けるメリットです。

二重整形の施術を行っているクリニックは多数ありますが、仕上がりの満足度や料金はどのクリニックで施術を受けるかで変わってきます。選択肢が多い心斎橋なら、複数のクリニックを比較してご自身に合ったクリニック選びができるでしょう。

 

心斎橋で二重整形を受ける際のクリニックを選ぶポイント

二重整形の手術をしている医師

  • 二重整形の症例数
  • 医師の技術力
  • 施術料金
  • アフターフォローの内容

 

二重整形は、施術を受ける方の目の形や、まぶたの状態を踏まえて施術を行う必要があります。症例数が豊富なクリニックはさまざまな方の施術を行っているので、お一人おひとりに合った施術をしてくれる可能性が高いです。また目元の施術は繊細なテクニックが求められるため、症例写真や医師の経歴、口コミなどもチェックして、在籍している医師に技術力があるかどうかも確認しておきましょう。

適切な料金設定を行っているクリニックを選ぶことも大切です。二重整形の料金は施術方法や施術前の目の状態、ご希望の仕上がりによっても異なります。相場を知るために複数のクリニックで見積もりを出してもらいましょう。クリニックによっては安さを売りにしているケースもありますが、相場を大きく下回る場合、麻酔代などが別で請求されるケースもあるので注意が必要です。

万が一ダウンタイム症状が重くなったりトラブルが起きたりした場合を考えて、カウンセリングの際はアフターフォローの内容も確認しておきましょう。内容の詳細や追加料金の有無を確認しておくことをおすすめします。

 

そもそも二重整形とは?

二重整形について調べている女性

二重整形とは文字通り、二重を形成する施術です。大きく分けるとメスを使わずまぶたを糸で留める埋没法と、メスを使う切開法があります。

埋没法では医療用の糸を使い、まぶたを留めて二重ラインを形成します。一般的にプチ整形に分類され、メスを使わないので体への負担が少なく、ダウンタイムも比較的短いです。

切開法はメスでまぶたを切開し、余分な皮膚や脂肪を切除した上で縫合して二重ラインを形成します。埋没法よりもダウンタイムは長くなりますが、よりぱっちりとした二重を作れる施術です。

 

二重整形を受ける際に知っておくべきこと

ここからは、二重整形を受ける上で知っておくべき4つの注意点をご紹介します。

 

ダウンタイム中に腫れやかゆみが生じることがある

埋没法でも切開法でも、ダウンタイム中は腫れやかゆみが生じることがあります。

ダウンタイムは施術で受けたダメージから体が回復するための期間のことです。個人差はありますが、腫れやかゆみの他、痛みや内出血が出てしまうことがあります。埋没法の場合、通常ダウンタイム期間は数日から1週間程度、切開法の場合は2週間程度です。

ただし一定期間が過ぎても腫れやかゆみが改善しない場合、アレルギーや感染症の恐れもあります。症状が続く場合はクリニックで相談しましょう。

 

二重ラインが元に戻ってしまうことがある

施術後、二重ラインが元に戻ってしまう恐れがあります。

二重整形のうち埋没法は、半永久的な効果が期待できるものではありません。施術から時間が経過して糸がゆるんだり切れたりすると、二重幅が狭くなったり完全に元に戻ってしまったりすることがあります。

切開法は比較的二重ラインが元に戻る可能性は低いですが、施術を受けた方の目の形が施術に適していない場合や、適切な施術ができていない場合は、ラインが元に戻ってしまうこともあります。この場合は医師の判断力不足や技術不足が原因です。

 

二重ラインに左右差ができる恐れがある

二重整形には、二重ラインに左右差が生まれてしまう恐れもあります。

顔のパーツは多かれ少なかれ左右差があります。左右差が目立たないように二重ラインを形成するには、本来の左右差を考慮して施術を行わなければなりません。しかし医師の技術が十分でなく、左右同じように施術をしてしまうと、左右差が顕著になってしまうことがあります。

 

すぐに糸が取れる恐れがある

埋没法の場合、すぐに糸が取れてしまう恐れもあります。

前述したとおり、埋没法は半永久的な効果が期待できるものではありませんが、正しく施術が行われていれば、基本的にすぐ糸が取れる心配はありません。しかし、医師の技術不足で糸をかける力が適切でなかった場合や、判断力不足で施術を受ける方の目の形やまぶたの状態が埋没法に適していないにもかかわらず施術をしてしまった場合、糸が取れてしまう可能性が高いです。

また正しく施術が行われていても、頻繁に目をこすったり力を入れて目の周りを洗ったりする癖があると、糸に負担がかかって糸が取れてしまう恐れがあります。

 

二重整形を受ける際のクリニック選びは慎重に

埋没法にも切開法にもダウンタイムや失敗のリスクはありますが、しっかりカウンセリングを行い、適切な施術を行ってくれるクリニックで施術を受ければ、ダウンタイム症状の程度や期間、失敗のリスクは軽減できます。満足できる仕上がりの二重整形が受けられるよう、クリニック選びは慎重に行いましょう。

 

後悔のない二重整形を受けるために! 共立美容外科のこだわり

二重整形の共立美容外科のこだわりについて話す看護師

共立美容外科では施術を受ける方に後悔のない二重整形を受けていただけるように、さまざまな取り組みを行っています。ここからは共立美容外科の3つのこだわりをご紹介します。

 

医師自らが丁寧にカウンセリング

医師自らが時間をかけて丁寧にカウンセリングすることは、共立美容外科の大切なこだわりです。

施術を担当する医師がカウンセリングでお悩みやご希望を直接お伺いし、しっかりと診察を行うことで、施術を受ける方に合った施術方針をご提案できます。また医師から副作用やリスクについてもきちんと説明するので、疑問や不安を解消して施術に臨んでいただけるでしょう。

 

デザインへのこだわり

施術を受ける方の理想にできる限り近い仕上がりを目指せるよう、共立美容外科ではデザインにもこだわっています。

デザインを決める際は、カウンセリングでお伺いした内容や診察結果を元に、棒状の医療器具「ブジー」を使ってシミュレーションを行います。施術を受ける方にも鏡で確認していきながらデザインを調整していくため、イメージをしっかり共有しながらデザインを決めることが可能です。

 

痛みや腫れへの配慮

痛みや腫れに配慮した施術を行うことも、共立美容外科のこだわりです。

痛みの感じ方や皮膚の強さは個人差がありますが、共立美容外科では施術を正確かつ迅速に行うことで、痛みや腫れが軽減できると考えています。美容外科だけでなく一般外科でも経験を持つ共立美容外科の医師は、日々技術向上に努めながら、痛みや腫れをできるだけ軽減できる精度の高い施術を心掛けています。

 

共立美容外科で受けられる二重整形

最後に共立美容外科で受けられる二重整形をご紹介します。

 

共立式P-PL挙筋法

共立式P-PL挙筋法は、共立美容外科オリジナルの埋没法です。上まぶたの皮膚とまぶたを開け閉めする役割を持つ挙筋を糸で留め、二重ラインを形成します。

一般的な埋没法と異なり、まぶたの上をポイントとポイントで結んでラインを作るため、二重ラインが取れづらく、より自然な目元に仕上がるのが特長です。痛みや腫れを抑えられるよう極細の針や糸を使用しますが、オプションで超極細の針を選んでいただくこともできます。

通常ダウンタイムは数日から1週間ほどですが、個人差があります。

 

二重整形のバナー

▼共立美容外科の人気の二重整形についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

二重切開法

共立美容外科では、全切開とミニ切開の2つの切開法を行っています。いずれの施術も余分な皮膚や脂肪を切除して縫合し、二重ラインを作る施術です。

まぶたの上を大きく切開する全切開は、まぶたのたるみが大きな方や、まぶたが分厚い方に向いています。ミニ切開はダウンタイムを軽減しながら、ぱっちりと印象的な目元を作りたい方におすすめです。

施術後は腫れや内出血がありますが、全切開は通常5〜7日程度、ミニ切開は2〜7日程度で落ち着きます。

 

二重切開 部分切開のバナー

▼共立美容外科の人気の二重切開、部分切開についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

心斎橋で二重整形を検討している方は共立美容外科へご相談ください

本記事では心斎橋で二重整形を検討している方のために、心斎橋で二重整形を受けるメリットやクリニック選びのポイント、二重整形の概要、施術を受ける際に知っておくべきことをご紹介しました。埋没法でも切開法でもダウンタイムや失敗のリスクがあります。後悔のない手術を受けるためには、ダウンタイムに配慮しているクリニックで、技術力のある医師の施術を受けることが大切です。ご紹介したポイントを踏まえて、慎重にクリニック選びを行いましょう。

大阪メトロ 心斎橋駅 南13出口からすぐの共立美容外科 大阪本院でも、二重整形の施術を行っています。プライバシーに配慮した完全個室のカウンセリングルームをご用意しているため、周囲の方の目を気にすることなくご相談いただくことが可能です。専門医が施術を受ける方に合った施術をご提案しますので、お気軽に無料カウンセリングでご相談ください。

 

大阪院

大阪本院 内装

■住所
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13
5・6F 東邦ビル
■お電話
0120-500-340

大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅 徒歩0分

大阪メトロ長堀鶴見緑地線 徒歩0分

 

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

久次米 秋人(くじめ あきひと)

■認定医等

日本美容外科医師会理事
日本美容外科学会認定専門医

■略歴

1983年 金沢医科大学医学部 卒業
1983年 高知医科大整形外科入局
1989年 東京本院(品川)開院
2002年 本院を新宿に移転
2013年 銀座院院長就任
2018年 第107回日本美容外科学会 学会長就任

■主な加盟団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本脱毛学会会員
北米脂肪吸引形成外科学会会員
日本坑加齢美容医療学会会員

 

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444