共立美容外科の二重の全切開・ミニ切開(部分切開)手術について。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

二重・目もとの美容整形二重の全切開・ミニ切開(部分切開)

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)二重の全切開・ミニ切開(部分切開)

二重の切開手術で

パッチリと大きな
可愛い目に

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)とは

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)とは

二重の切開には、マブタを切開して、マブタの脂肪やたるみを取り、半永久的なすっきりした綺麗な二重を作る『全切開・ミニ切開』、 目頭を切開する『目頭切開』 、そして目尻を切開する『目尻切開』があります。

このページではマブタを切開して、半永久的な綺麗な二重を作る『全切開・ミニ切開』について紹介しています。

全切開とミニ切開(部分切開)の違い

全切開とミニ切開(部分切開)の違い

全切開とミニ切開の違いは、マブタの上の切開する長さが長いか短いかの違いです。全切開はマブタの上を綺麗な二重のラインがでるように長く切開しますが、ミニ切開の場合は、マブタの上を全切開より短く切開します。

全切開の場合は、マブタを大きく切開する分、マブタの脂肪も多く取れるのですっきりした目にすることができますし、マブタのたるみも取ることができます。

一方、ミニ切開の場合は、マブタの脂肪を取る量も全切開に比べ少ないですし、取るタルミの量も少ないです。

  

全切開

全切開

マブタの上を切開して、マブタの脂肪を取り、すっきりした大きい目にします。また、たるみが気になる場合は、たるんだ皮膚を一緒に切除する事でぱっちりとした大きい目にすることができます。

全切開では、切開した部分が綺麗な二重のラインを作るようにきれいに縫います。埋没法のように糸で瞼を数点だけ止めて二重を作るのではなく、皮膚と皮膚を縫い合わせ、しっかりと二重のラインを作るので半永久的な二重を作る事ができます。

  

ミニ切開(部分切開)

ミニ切開(部分切開)

マブタの上を少しだけ切開して、マブタの脂肪を取ります。また、たるみが気になる場合は、全切開と同様、たるんだ皮膚を一緒に切除する事でタルミを治療することができます。

切開した部分は、綺麗な二重のラインがでるように、切開した部分の皮膚と皮膚を丁寧に極細の糸で綺麗に縫います。

全切開の方が効果がありますが、ダウンタイムがすごく気になる方はミニ切開がおススメです。埋没法のように糸で瞼を数点だけ止めて二重を作るのではなく、皮膚と皮膚を縫い合わせ、しっかりと二重のラインを作る事ができます。

ミニ切開は、全切開に比べて、一部分を切開する手術なので「部分切開」とも呼ばれています。

中央を切開する場合、両端を切開する場合

ミニ切開は、マブタの中央を切開する場合と、マブタの両端を2か所切開する場合の2パターンあります。

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)手術はこのような方にお勧め

このような方に向いています

  • 大きい目にしたい方
  • はっきりとした目にしたい方
  • 埋没法の糸が取れやすい方
  • まぶたの厚みが気になる方
  • まぶたのたるみが気になる方

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)の手術で作れる目の形

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)の手術で作れる目の形

二重の切開手術では、並行型や末広型のラインの二重や奥二重を作る事ができます。

並行型のラインの場合、二重のラインの幅を広くしたり、狭くしたり、自由に調整することができます。

末広型(ラインの幅が目尻に沿って幅が広くなる型)の場合、二重切開でも形成することが可能ですが、目頭切開を併用するとさらに理想的な目尻に近づけることができます。

奥二重も切開するラインを調整する事で作る事ができます。

いずれの場合も、もともとの目の状態により仕上がりに個人差が出ますので、カウンセリングで医師と時間をかけてご希望の目をご相談いただければと思います。

目のたるみが気になる場合

目のたるみが気になる場合

目の上のたるみが気になる方の場合、目の上のたるんでいる皮膚を切開します。目の上のたるんだ皮膚を切開すると、まぶたの上部の厚い皮膚と、まぶたの下部の薄い皮膚がくっつくので、立体感のある目にすることができます。

たるんだ皮膚が無くなるので、すっきりした印象になります。

マブタの厚みが気になる場合

まぶたの厚みが気になる場合

マブタの厚みがある方の場合、マブタの厚みの原因となっている脂肪細胞を除去することで、大きい可愛らしい目にすることができます。

マブタの上を切開した線は、二重のラインとなり、二重のしわと馴染むので、切開した傷跡が目立つことはほとんどありません。

共立美容外科の全切開・ミニ切開(部分切開)のポイント

共立美容外科の二重切開のポイント
特徴1

解剖学を熟知

特徴2

精密なデザイン

特徴3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

特徴4

内出血と腫れに配慮

特徴5

複数人の医療スタッフを配置

特徴1

解剖学を熟知

解剖学を熟知

目の周りには傷をつけてはいけない大事な血管や神経細胞が沢山あります。二重の切開手術する際は、それらの組織を傷つけないようにするために解剖学を熟知し丁寧に切開しています。

出血を抑えるために、止血ができる医療機器も使用しています。

特徴2

精密なデザイン

精密なデザイン

デザインをしっかりするかしないかで仕上がりに大きな差が出ます。そのため、共立美容外科では、患者様のご希望に沿った仕上がりにするために、カウンセリング室や手術室で、何度も患者様と打ち合わせをし、二重のラインなどのデザインを決定します。

デザインをする際は、定規を使用するなどミリ単位でデザインを調整しています。

特徴3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

二重の切開手術を行う場合の医療器具は多岐にわたります。ピンセット1つとっても何種類ものピンセットを細かく使用しています。

共立美容外科では一つ一つこだわりを持った医療器具を使用しています。また、完全滅菌された清潔な医療器具を使用しています。

特徴4

内出血と腫れに配慮

血を止める医療機器

内出血や腫れを抑えるために、血を止める医療機器を使用して細かく細部にわたって止血を行っています。

全切開やミニ切開の手術をする場合、皮膚を切るために血が出てしまいます。血が出過ぎてしまうと内出血や腫れな弊害をおこしてしまうので、内出血や腫れを防ぐために血を止める専用の医療機器を使用し、全切開やミニ切開の手術を行っています。

特徴5

複数人の医療スタッフを配置

安全への配慮

安全に配慮するために、複数の医療スタッフを配置し、清潔な環境で丁寧に手術をしています。

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)手術の流れ

  • Step1 カウンセリング

    カウンセリング
    • 医師

      美容の専門医によるカウンセリングを行っています。どのような目にされたいかなど、具体的な患者様のご要望を一つ一つお伺いさせていただきます。また、二重の整形の方法をご説明させて頂きます。
      患者様は緊張されていらっしゃると思いますので、どの医師も話しやすい雰囲気を心がけています。

  • Step2 二重のラインの確認

    二重のラインの確認
    • 医師

      ブジーという金属製の細い棒状の医療器具を使い、まぶた押さえながら、さまざまな幅や形の二重ラインを作り、鏡を見ながら、二重の幅を患者様と決めていきます。
      患者様の希望のイメージと実際の結果に差が出ないよう、患者様の言葉に真剣に耳を傾けるよう注意していますよ。

  • Step3 マーキング

    マーキング
    • 医師

      二重の幅が決まりましたら、そのラインに沿って印をつけ、マーキングします。デザインの土台となる印なので、正確にマーキングします。

  • Step4 消毒

    消毒
    • 医師

      目の周りを中心に、顔全体を丁寧に消毒します。消毒後は清潔さを保つために、顔に手を触れないようにしていただいています。

  • Step5 手術の準備

    手術の準備
    • 医師

      滅菌された医療用の布を顔にかけます。切開した後のまぶたを縫う、縫合糸(ほうごうし)はこの医療用の布の上で扱われ、最後まで清潔な状態で使用しています。

    ワンポイント:複数人の医療スタッフを配置

    安全への配慮
    • 医師

      安全に配慮するために、複数人の医療スタッフを配置します。

  • Step6 細やかなデザイン

    細やかなデザイン
    • 医師

      印をつけた個所をもとに、二重の幅やラインの形、皮膚の切除量などを考慮して、定規を使いながらミリ単位で細かくデザインを行います。

  • Step7 デザインの確認

    デザインの確認
    • 医師

      デザインはこのような感じです。この方はたるみが気にならない方だったので、皮膚の切除が少ない縦幅が短いデザインになっています。
      たるみが気になる方の場合は、皮膚の切除が大きくなるので、縦幅の長いデザインになります。

  • Step8 局所麻酔

    局所麻酔
    • 医師

      ゆっくり痛みが少ないよう丁寧に、まぶたに麻酔を注射します。極細の針を使うため、痛みはあまり感じないと思いますが、二重の切開手術において、唯一軽い痛みを伴う場面なので、患者様にお声がけしながら痛みに配慮して注射しています。痛みと言ってもチクッとするくらいです。

  • Step9 まぶたの上の皮膚の切開

    まぶたの上の皮膚の切開
    • 医師

      麻酔が十分に効いたら、いよいよ手術開始です。まずまぶたの上の皮膚を優しく切開していきます。この工程は、術後の仕上がりを大きく左右する工程なので、集中力を高めて慎重に切開します。医師の腕の見せ所です。

  • Step10 眼輪筋の一部を細かく切除

    眼輪筋の一部を細かく切除
    • 医師

      皮膚を切開すると、その下に眼輪筋(がんりんきん)というまぶたの筋肉が現れます。術後の二重のラインをイメージしながら、眼輪筋の一部を細かく切除します。
      眼輪筋を細かく切除する作業は手間がかかりますが、術後の二重のラインを美しい形に仕上げるためには大事な工程の1つです。

  • Step11 止血マシンでの止血

    止血マシンでの止血
    • 医師

      二重切開の手術はまぶたの皮膚を切開するので、血が出てきてしまいます。出血が続くと腫れや内出血が長引く原因となりますので、医療用の止血マシンを使用して、1箇所ずつ丁寧に止血(電気凝固)します。

  • Step12 まぶたの脂肪の除去

    まぶたの脂肪の除去
    • 医師

      まぶたの脂肪を医療機器を使って丁寧に除去します。まぶたの脂肪を除去すると、重いまぶたがすっきりした印象になります。
      また、個人差がありますが、幼い雰囲気の顔立ちを落ち着いた雰囲気に変えることができます。

  • Step13 切開した部位の皮膚の中側の縫合

    切開した部位の皮膚の中側の縫合
    • 医師

      脂肪を除去したら、切開した部分を極細の糸を使用して縫い合わせていきます。まず、切開した部位の皮膚の中の方を縫います。

  • Step14 皮膚の外側に近い部位の縫合

    皮膚の外側に近い部位の縫合
    • 医師

      次に、皮膚の外側に近い部位を優しく縫い、皮膚と皮膚を近づけます。いきなり皮膚を近づけると綺麗なラインが出ない場合があるので、皮膚と皮膚を近づけるこのひと手間は大切なポイントになります。
      ※医師の判断により必要がない場合は、この工程は行わない場合もあります。

  • Step15 皮膚の縫合

    皮膚の縫合
    • 医師

      最後に、皮膚を縫って完成です。最後に縫った糸は、5日〜7日後に抜糸(ばっし)をします。
      抜糸する糸であっても、糸を通す幅のちょっとした違いによって二重のラインが大きく変わってしまいます。そのため、皮膚を縫う作業は一針一針気が抜けません。
      医師だけでなく、看護師の手際の良さも大事なポイントになります。

  • Step16 縫い目の確認

    縫い目の確認
    • 医師

      糸の縫い目はこのような感じです。

  • Step17 もう片方の目の切開

    もう片方の目の切開
    • 医師

      片側のラインに合わせて、もう片方の目も切開します。患者様に目を開けたり閉じたりしていただきながら、細部のチェックをします。両目の左右差がでないように、何度も片方の目を確認して手術を行います。

  • Step18 薬の塗布

    薬の塗布
    • 医師

      両目の手術が終わったら、化膿しないように清潔な状態で優しく薬を塗ります。

  • Step19 まぶたの冷却

    まぶたの冷却
    • 医師

      腫れや組織を落ち着かせるために、アイスノンでまぶたを冷却します。

  • Step20 薬の服用

    薬の服用
    • 医師

      痛み止めと抗生剤の薬をお飲みいただきます。

  • Step21 ご帰宅

    ご帰宅
    • 医師

      お疲れさまでした。次回は抜糸にお越しくださいね。
      内出血が少し出てしまいますが、10日から2週間ほどでひくと思います。

  • Step22 抜糸・定期検診のためのご来院(後日)

    抜糸・定期検診のためのご来院(後日)
    • 医師

      糸の抜糸にお越しいただきます。その際に、定期検診もさせて頂きます。

  • Step23 抜糸(後日)

    抜糸(後日)
    • 医師

      丁寧に外側の糸を抜糸します。抜糸中は糸を引き上げる際に少しチクチクする感触がありますが、痛みを伴うレベルではありません。

  • Step24 定期検診(後日)

    定期検診(後日)
    • 医師

      後日、状態により定期検診をお受けいただく場合もございます。定期検診の回数は、状態によって異なります。

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

共立美容外科には、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医(辻野医師や、中川医師、望月医師など)や、日本外科学会が認定する外科専門医(児玉医師や宮田医師など)が在籍しており、他院でされた二重の整形の修正や、セカンドオピニオンにも対応しています。

どの医師も、患者様と優しく気持ちよくコミュニケーションをお取りすることを心がけています。

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して、患者様に喜んでいただけるよう、誠心誠意、真摯に価格設定をしています。

当院は安売りをするクリニックではないので、価格に関してご満足いただけない場合があるかもしれませんが、価格以上の価値を提供できるよう日々努めています。

患者様に一番ご満足いただける価格は、「安かろう悪かろう」ではなく、美容のお悩みに対して適切な価格で、価格以上の価値を提供させていただき、ご満足いただくことだと思っています。

私たちの価値

  • 1人の患者様に複数人の医療スタッフで対応。
  • 完全予約制をとり、1人の患者様に対して時間をかけておもてなしをさせて頂いています。
    (患者様に対して、流れ作業のようなご対応をしておりません。)
  • 美容の医師が直接カウンセリングを行います。
  • 注射針をはじめ、こだわりのある美容医療器具を使用しています。
  • 総合病院や大学病院勤務の経験がある医師を採用しています。
  • 新卒ではなく、経験のある看護師を採用しています。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。
※手数料は不要です。

二重の全切開・ミニ切開(部分切開)の概要

全切開 ミニ切開
手術料金 ¥324,000〜¥540,000
たるみの程度により料金が異なります。
¥270,000
手術時間 約60分 40〜50分
通院回数 2回(手術・抜糸) 
※状態により定期検診もあります。
回復までの期間 5日〜1週間
(腫れ1週間)
2、3日〜1週間
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可
仕事・外出
その他特記事項 麻酔がちくっとする程度。
術中、術後に痛みなし。


    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科のおもてなし

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、氷見 祐二医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師などによって監修されています。

二重切開(全切開・ミニ切開)の美容整形のよくある質問

  • 以前他院で切開法を受けました。幅を広くしたいんです。出来ますか?傷あとがもっと目立つとかないですか?
    切開法で二重を作成された後のラインの修正に関してですが、元に戻す事と、幅を狭くする事は難しいです。
    ですが、幅を広げる事はそれほど難しくはありません。拡大幅が小さければ共立式二重P-PL挙筋法で対応できる場合があります。
  • 二重切開の手術時間はどれくらいかかりますか?
    内容にもよりますが、一般に分厚いまぶたの方の埋没法の場合、難しい典型的なケースですと約1時間半かかります。
    そこに皮膚のたるみや眼瞼下垂などが加わり、その修正を含んだケースの場合は約2時間から2時間半が一般的です。
    二重の切開法の手術時間が極端に短いクリニックもあるようですが、それは医師のテクニックがあるから短く済むというわけではなく、医師が手を抜いているためだと思います。
  • 二重切開の傷は目立ちますか?
    手術直後は申し訳ありませんが、傷はわかります。ただ、傷を極力目立たないように手術をします。数か月後にはぱっとみにはノーメークでもまず分からないレベルになります。

その他の二重・目もとの美容整形の施術

共立美容外科

共立美容外科|二重の全切開・ミニ切開(部分切開)のページをご覧の皆様へ

このページでは、二重の全切開・ミニ切開(部分切開)についてご確認頂けます。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。二重の切らない美容整形の埋没法、挙筋法や、メスを使って目を切開する、二重の全切開・ミニ切開(部分切開)、目頭切開、目尻切開などが受けられる1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に23院ある、美容整形クリニックです。目を切開する場合、修正する事が難しいので、慎重に行うことが大切です。目の切開手術はドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、二重の全切開・ミニ切開(部分切開)を通してあなたの夢に近づけていきます。

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340