英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

二重・目もとの美容整形まぶたの切開

二重の全切開・ミニ切開 二重の全切開・ミニ切開

二重の切開手術で

パッチリと大きな
可愛い目に

まぶたの切開とは

まぶたの切開とは

二重の切開には、まぶたを切開して、まぶたの脂肪やたるみを取り、半永久的なすっきりした綺麗な二重を作る『全切開・ミニ切開』、 目頭を切開する『目頭切開』 、そして目尻を切開する『目尻切開』があります。

このページではまぶたを切開して、半永久的な綺麗な二重を作る『全切開・ミニ切開』について紹介しています。

全切開とミニ切開の違い

全切開とミニ切開の違い

全切開とミニ切開の違いは、マブタの上の切開する長さが長いか短いかの違いです。全切開はマブタの上を綺麗な二重のラインがでるように長く切開しますが、ミニ切開の場合は、マブタの上を短く切開します。

全切開の場合は、マブタを大きく切開する分、マブタの脂肪も多く取れるのですっきりした目にすることができますし、マブタのたるみも取ることができます。

一方、ミニ切開の場合は、マブタの脂肪を取る量も少ないですし、取るタルミの量も少ないです。

  

全切開

全切開

マブタの上を切開して、マブタの脂肪を取り、すっきりした大きい目にします。また、たるみが気になる場合は、たるんだ皮膚を一緒に切除する事でぱっちりとした大きい目にすることができます。

全切開では、切開した部分が綺麗な二重のラインを作るようにきれいに縫います。埋没法のように糸で瞼を数点だけ止めて二重を作るのではなく、皮膚と皮膚を縫い合わせ、しっかりと二重のラインを作るので半永久的な二重を作る事ができます。

  

ミニ切開

ミニ切開

マブタの上を少しだけ切開して、マブタの脂肪を取ります。また、たるみが気になる場合は、全切開と同様、たるんだ皮膚を一緒に切除する事でタルミを治療することができます。

切開した部分は、綺麗な二重のラインがでるように、切開した部分の皮膚と皮膚を丁寧に極細の糸で綺麗に縫います。

全切開の方が効果がありますが、ダウンタイムが気になる方はミニ切開がおススメです。埋没法のように糸で瞼を数点だけ止めて二重を作るのではなく、皮膚と皮膚を縫い合わせ、しっかりと二重のラインを作る事ができます。

ミニ切開は、一部分を切開する手術なので「部分切開」とも呼ばれています。

中央を切開する場合、両端を切開する場合

ミニ切開は、マブタの中央を切開する場合と、マブタの両端を2か所切開する場合の2パターンあります。

まぶたの切開手術はこのような方にお勧め

このような方に向いています

  • 大きい目にしたい方
  • はっきりとした目にしたい方
  • 埋没法の糸が取れやすい方
  • まぶたの厚みが気になる方
  • まぶたのたるみが気になる方

まぶたの切開の手術で作れる目の形

まぶたの切開の手術で作れる目の形

二重の切開手術では、並行型や末広型のラインの二重や奥二重を作る事ができます。

並行型のラインの場合、二重のラインの幅を広くしたり、狭くしたり、自由に調整することができます。

末広型(ラインの幅が目尻に沿って幅が広くなる型)の場合、まぶたの切開でも形成することが可能ですが、目頭切開を併用するとさらに理想的な目尻に近づけることができます。

奥二重も切開するラインを調整する事で作る事ができます。

いずれの場合も、もともとの目の状態により仕上がりに個人差が出ますので、カウンセリングで医師と時間をかけてご希望の目をご相談いただければと思います。

目のたるみが気になる場合

目のたるみが気になる場合

目の上のたるみが気になる方の場合、たるんでいる皮膚を切開します。これにより、まぶたの上部の厚い皮膚と、まぶたの下部の薄い皮膚がくっつくので、立体感のある目にすることができます。

たるんだ皮膚が無くなるので、すっきりした印象になります。

まぶたの厚みが気になる場合

まぶたの厚みが気になる場合

まぶたの厚みがある方の場合、まぶたの厚みの原因となっている脂肪細胞を除去することで、大きい可愛らしい目にすることができます。

まぶたの上を切開した線は、二重のラインとなり、二重のしわと馴染むので、切開した傷跡が目立つことはほとんどありません。

全切開・ミニ切開の解説動画

二重の全切開を、実際に行った手術を基に、磯野医師が動画で解説しています。

切開幅や、脂肪の除去などの実際の手術方法や手術後の傷跡や内出血、腫れなどのダウンタイム、経過の状態がご確認いただけます。

男性の二重の全切開の手術の流れ

男性の二重の全切開の手術の流れと、手術直後の腫れや内出血、傷跡の状態を動画でご確認いただけます。

二重の全切開のデメリットとしては、腫れや内出血などのダウンタイムが生じますが、ダウンタイムに配慮して手術を行うことで極力、腫れや内出血を抑えることが可能です。

この動画の方は手術後ほとんど腫れや内出血がありませんでした。

手術の流れ

手術の流れ

手術の流れをご紹介しています。

ご覧になりたい方は、下記の「まぶた切開の手術の流れはこちら」をクリックしてください。

腫れや内出血の症例写真

手術後2,3日は朝、目の周りを冷やす

腫れや内出血の症例写真を手術前から1か月間、日々の変わりようを1日づつ写真でご紹介しています。
2か月後の完成までご覧いただけます。

全切開法の症例写真

  • 切開法

    (26歳事務職)

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      術直後

  • 切開法

    (25歳OL)

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      術直後

    主なリスク、副作用等
      1. ◆ 5日~1週間をかけて切開した部分の腫れが引いていきます。腫れは1週間以上目立つ場合もあります。
      2. ◆ 手術後当日、アイメイクやコンタクトレンズはできません。
      3. ◆ 症例は個人差があります。
      4. ◆ リスク・副作用に配慮して、丁寧に二重の手術の治療を行います。

ミニ切開法の症例写真

  • 共立式ミニ切開

    (21歳学生)

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

    主なリスク、副作用等
    1. ◆ 2、3日~1週間をかけて、切開した部分の腫れがひいていきます。
    2. ◆ 手術後当日、アイメイクやコンタクトレンズはできません。
    3. ◆ 症例は個人差があります。
    4. ◆ リスク・副作用に配慮して、丁寧に二重の手術の治療を行います。

ダウンタイム

切開のダウンタイムを紹介

二重まぶたの切開のダウンタイムについて解説しています。
瞼を切開するので、手術後に内出血や腫れが生じます。
また、また手術後の過ごし方について解説しています。

二重まぶたの切開の概要

全切開 ミニ切開
手術料金 両目 ¥330,000~¥550,000
片目 ¥231,000~¥385,000
たるみの程度により料金が異なります。
両目 ¥275,000
片目 ¥192,500
手術時間 約60分 40~50分
通院回数 2回(手術・抜糸) 
※状態により定期検診もあります。
回復までの期間 5日~1週間
(腫れ1週間)
2、3日~1週間
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可
仕事・外出
その他特記事項 麻酔がちくっとする程度。
術中、術後に痛みなし。


    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

まぶたの二重切開の美容整形のよくある質問

  • 以前他院で切開法を受けました。幅を広くしたいんです。出来ますか?傷あとがもっと目立つとかないですか?
    切開法で二重を作成された後のラインの修正に関してですが、元に戻す事と、幅を狭くする事は難しいです。
    ですが、幅を広げる事はそれほど難しくはありません。拡大幅が小さければ共立式二重P-PL挙筋法で対応できる場合があります。
  • 二重切開の手術時間はどれくらいかかりますか?
    内容にもよりますが、一般に分厚いまぶたの方の埋没法の場合、難しい典型的なケースですと約1時間半かかります。
    そこに皮膚のたるみや眼瞼下垂などが加わり、その修正を含んだケースの場合は約2時間から2時間半が一般的です。
    二重の切開法の手術時間が極端に短いクリニックもあるようですが、それは医師のテクニックがあるから短く済むというわけではなく、医師が手を抜いているためだと思います。
  • 二重切開の傷は目立ちますか?
    手術直後は申し訳ありませんが、傷はわかります。ただ、傷を極力目立たないように手術をします。数か月後にはぱっとみにはノーメークでもまず分からないレベルになります。

共立美容外科で受けられる二重・目もとの美容整形の施術

このページの監修・執筆医師

  • 医師 浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    医師

    浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1991年
        帝京大学医学部医学科 卒業
        1991年
        東京厚生年金病院 形成外科入局
        2006年
        共立美容外科・歯科 入局
        2009年
        共立美容外科・歯科 新宿本院院長就任
        2009年
        共立美容グループ 副院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本形成外科学会会員
      日本顎顔面外科学会会員
      日本手の外科学会会員
      日本マイクロサージャリー学会会員
      日本職業・災害医学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

共立美容外科

共立美容外科|まぶたの切開のページをご覧の皆様へ

このページは2021年8月に最終確認をしています。
共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。二重の切らない美容整形の埋没法、挙筋法や、まぶた、目頭、目尻の切開などが受けられる1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供している、全国に26院ある美容整形クリニックです。目を切開する場合、修正する事が難しいので、慎重に行うことが大切です。目の切開手術はドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。