脇の汗と臭いを解消する方法について|共立美容外科・歯科

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国22院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

メディア掲載情報共立美容外科のわきが治療・多汗症手術が女性セブンに掲載されました

脇の汗と臭いを解消する方法についての内容

脇の汗と臭いを解消する方法について

「汗と臭い」解消塾

ムシ暑くなるにつれて、ますます気になる汗と臭い。敵を制するには、まず敵を知ることが肝心!とはいえ、周りの人にはなかなか聞きにくい話題でもあります。そこで、知りたかった疑問などを、プロの方に聞きました。

自分の臭いには敏感。だからこそ対策が必要。

夏の季節、最も気になる汗といえば“ワキ”。とはいえ、汗そのものには臭いがない。汗はエクリン汗腺とアポクリン汗腺からでます。どちらも無臭ですが、アポクリン汗腺から出る汗は、体外に放出されてから細菌や雑菌と混ざり合って、臭いを発するのです。ところが、この臭いに最も鈍感なのが本人なのだそう。自分の臭いに人は慣れてしまうもの。だからこそ、臭いに不安な方はマナーとして日頃から臭い対策を。汗をかかない人はいませんから、習慣にしておけばニ オイを気にすることはありません。デオドランド製品は、お風呂上がりや外出前に使うのが効果的。汗をかく前にきちんと予防しておきましょう。

汗と臭いの仕組み

汗そのものに臭いはありません。さらっとした汗が出るエクリン汗腺です。ワキガ臭の原因となるアポクリン汗腺が粘り気のある乳白色の汗をだします。

自分の臭いをcheck!

自分の臭いを客観的に判断するのは、着替えるときがチャンスです。脱いだ衣類の臭い嗅いで確認しましょう。

外出前の臭い対策。

入浴後、または外出する前にデオドランド剤で予防を。汗をかく前にケアしておくのがポイント。

食事で臭いを防ぐ。

肉や乳製品中心の食事はアポクリン汗腺を刺激する皮下脂肪がたまりがち。野菜をたくさん取りましょう。

汗をかいたら…

出先ではデオドランドシートを利用。ハンカチなどで汗を何度も拭うと、逆に汗が肌についてしまいますよ。

その他のメディア掲載

共立美容外科

わきが治療・多汗症手術のページをご覧の皆様へ

わきがとは「腋臭症(えきしゅうしょう)」とも呼ばれ、皮膚のアポクリン腺から分泌される汗が原因で比較的強いにおいを発生する体質のことをいいます。わきがは性ホルモンの活動と密接に関わりがあり、特に思春期になるとわきがの要因となるアポクリン腺が活発になり、わきが臭も目立つようになります。やがて更年期をむかえ、ホルモンの分泌が少なくなるとわきが臭も減少するようになります。共立美容外科・歯科では特許を取得した独自の治療法である「超音波+ローラークランプ法」を使用して皮膚のダメージを最小限にしながら効果的な治療を行えます。また、マスコミでも話題の皮膚を切らないわきが治療法「ミラドライ」にも対応しております。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国22院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340