英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

【梅田でヒアルロン酸注入豊胸術を検討している方向け】クリニック選びのポイントとは?よくある失敗や対処法も解説!

公開日:2024年06月04日(火)
最終更新日:2024年06月10日(月)

大阪
ヒアルロン酸豊胸を受けている女性
           
ご予約

このページを読むのに必要な時間は約 10 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

ヒアルロン酸注入豊胸術はメスで皮膚を切開するのではなく、カニューレでヒアルロン酸を注入する豊胸術です。ヒアルロン酸は時間とともに体内に吸収されるため、永久にバストアップした胸を維持できるわけではありません。その分気軽に施術を受けやすいのがメリットです。サイズを大きくするだけでなく、左右の胸のバランスを整えたい、谷間を作りたいといった細かなニーズをかなえられる施術でもあります。

本記事では大阪でヒアルロン酸注入豊胸術を受けたいと考えている方に向けて、梅田で施術を受けるメリットや、ヒアルロン酸注入豊胸術を受けるクリニックを選ぶポイントについて解説します。またよくある失敗や失敗したときの対処法も紹介しているので、これからヒアルロン酸注入豊胸術を検討している方はぜひ参考にしてください。

 

梅田でヒアルロン酸注入豊胸術を受けるメリット

観光や街歩き、ビジネスなど、梅田を利用する目的はさまざまあるでしょう。梅田は高層ビルが立ち並ぶビジネス街でありながら、トレンドのファッションやおしゃれなカフェ、レストランが点在する大阪の中心街です。梅田でヒアルロン酸豊胸術を受けるメリットとして、以下の3点が考えられます。

 

アクセスが良い

梅田は大阪の玄関口といわれています。大阪メトロ御堂筋線梅田駅や阪神電鉄大阪梅田駅、阪急電鉄神戸本線・宝塚本線の大阪梅田駅、そしてJR大阪駅など各方面へ広がる鉄道が集まるエリアです。大阪の各エリアだけではなく、神戸や京都方面からのアクセスも良い点は、梅田でクリニックを選ぶメリットといえるでしょう。

 

周辺にさまざまな観光スポットや商業施設がある

梅田は阪急電鉄大阪梅田駅に隣接する阪急三番街をはじめ、大阪スカイビルなど人気のショッピングスポットが目白押しです。ヒアルロン酸注入豊胸術を受けると、事前のカウンセリングや手術後の検診などを含めて、複数回通院する可能性があります。人気スポット巡りやショッピングの楽しみができれば、通院日をリフレッシュのために有効活用できるでしょう。クリニックついでに気軽にお出掛けしやすい点は、梅田でクリニックを選ぶメリットです。

 

同じエリア内でクリニックを比較して施術を受けるところを選べる

ショッピングスポットが数多くある梅田は、美容クリニックも多いエリアです。アクセスの良さや周辺商業施設へのアプローチのしやすさなどはクリニックによって大きな違いがなく、クリニックの実績や技術力、評判に主眼をおいて比較できます。そのため梅田でヒアルロン酸注入豊胸術を検討すると、同じエリア内でいくつもの美容クリニックを比較できるというメリットがあります。

 

梅田でヒアルロン酸注入豊胸術を受ける際のクリニック選びのポイント

梅田は大阪の各エリアだけでなく、神戸や京都方面からもアクセスしやすいため、「豊胸術を受けるなら大阪で」と考えている方にもおすすめのエリアといえるでしょう。周辺に気になるお出掛けスポットがあるかも併せてチェックしておくと、通院の際の楽しみが増えます。

梅田には数多くの美容クリニックがあるため、クリニック同士を比較しやすいです。クリニックのホームページなどで過去の症例画像や施術を行うスタッフの体制などを比較して、自分が納得できるクリニックを選ぶようにしましょう。「ホームページを見ただけでは分からない」「決められない」のであれば、実際に無料カウンセリングを受けてみるのも一つの方法です。

 

ヒアルロン酸注入豊胸術で起こり得る失敗例

ヒアルロン酸を胸に注入後違和感がある女性

ヒアルロン酸注入豊胸術はメスを使わないので、豊胸術の中では比較的手軽に受けられる施術です。しかし失敗するリスクもあるため、施術を受ける際は十分に検討しましょう。ここではヒアルロン酸注入豊胸術で起こり得る、失敗例を紹介します。

 

しこり・瘢痕(はんこん)

ヒアルロン酸の注入の仕方や注入位置などによっては、ヒアルロン酸の周囲に形成された被膜がしこりになり、触ると硬く、見た目も不自然になることがあります。大きな塊ができたり、バストの中に無数のしこりができたりすることもあるため、軽視できないリスクの一つです。

しこりを放置していると、しこりの周りの組織が炎症を起こして瘢痕化してしまう可能性があります。瘢痕化するとさらに周辺へ炎症が広がる可能性があるため、切開して取り除かなければならないなど、思いがけない事態に発展する可能性も考えられます。

 

不自然な硬さ

適切な量のヒアルロン酸を注入したバストは柔らかく、触った感触もさほど不自然さを感じることはないでしょう。しかし無理にバストを大きくしようと過剰にヒアルロン酸を注入した場合、不自然な硬さになることがあります。また乳腺下に入れるべきヒアルロン酸を皮下直下に入れてしまった場合も、硬くなりやすい傾向にあります。

 

左右差

ヒアルロン酸注入豊胸は人の手で行われる施術のため、左右差ができてしまう可能性は否定できません。左右のバランスを保ちヒアルロン酸を注入するには、医師の豊富な経験や十分な技術力が必要になります。左右差ができるトラブルを避けたいなら、実績が豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。

 

サイズや形の違和感

ヒアルロン酸の入れ過ぎやまんべんなく注入されていないことで、バストのサイズや形に違和感が生じることがあります。ヒアルロン酸は少量ずつバストのさまざまな位置に注入することで、柔らかく自然な仕上がりになると考えられています。そのためには、事前のデザインが欠かせません。「デザインが綿密に行われていない」「医師の技術力が足りていない」という状態でヒアルロン酸を注入してしまうと、形やサイズ感が不自然になってしまうことがあります。

 

仕上がりや持続性のイメージギャップを「失敗」と感じることも

 

「きれいに仕上がってはいるけれどイメージと違った」「理想としているサイズではない」「胸の谷間がきれいに見えない」など、自分が思い描いていたイメージとのギャップに失敗したと感じてしまうことがあります。また想像していたよりもヒアルロン酸が早く吸収されたことで、「これほど早く吸収されてしまうなんて」とショックを受けることもあるかもしれません。

こうした問題の主な原因は、施術を受ける方と医師のコミュニケーション不足です。そのためカウンセリングでは、どのようなバストになりたいかを、医師に詳しく伝えることが重要です。

ヒアルロン酸の持続期間は、使用するヒアルロン酸の種類や体質によっても変化します。不明な点はカウンセリングでは医師に質問し、ギャップが生まれないようイメージの擦り合わせをしておくことが大切です。

 

ヒアルロン酸注入豊胸術で失敗してしまったら

ヒアルロン酸は時間とともに吸収されていくため、失敗したと感じてもそれが一生続くものではありません。しかし吸収してしまうまで待つのは嫌だという方がほとんどでしょう。

注入したヒアルロン酸はヒアルロニダーゼ(ヒアルロン酸分解酵素)という薬剤を使って溶解し、取り除くことができます。取り除いた後は再度理想の形になるようヒアルロン酸を注入することもできるため、「バストの形がいびつになった」「しこりができた」など、失敗と感じた場合は手術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

 

共立美容外科のヒアルロン酸注入豊胸術へのこだわり

ヒアルロン酸注入豊胸術は注入時間も10分程度と短く、ダウンタイムも術後1日~1週間程度筋肉痛のような痛みが出る程度と軽めです。共立美容外科ではさまざまなこだわりを持って、施術を受ける方の希望に近づける豊胸術を提供できるよう、体制を整えています。ここでは共立美容外科のヒアルロン酸注入豊胸術へのこだわりを紹介します。

 

触り心地にこだわった複数のヒアルロン酸を用意

共立美容外科のこだわりは、触り心地にこだわった複数のヒアルロン酸を用意していることです。粒子が細かく柔らかさを重視したヒアルロン酸や非動物由来でアレルギー反応が起こりにくいヒアルロン酸を用意しています。またあえて持続期間を短くしたヒアルロン酸を使用する、「シンデレラ豊胸」にも対応しています。そのため、豊胸するとどのようになるのか試してみたいと考えている方の選択肢にもなるでしょう。共立美容外科は施術を受ける方の希望に寄り添うヒアルロン酸注入豊胸術の提供にこだわりを持ち、施術をしています。

 

コミュニケーションを大切にする

共立美容外科では施術を受ける方とのコミュニケーションにこだわっています。事前のカウンセリングで理想のバストサイズや形などを正確に聞き取れていなければ、施術を受ける方の希望に近づけることはできないでしょう。そのためカウンセリングは、医師が直接行います。ギャップによる失敗を防げるようにじっくりと時間をかけ、十分なコミュニケーションを取ってカウンセリングを行うことを心掛けています。

 

事前のデザインと解剖学の知見で自然な仕上がりに

事前のデザインと解剖学の知見で自然な仕上がりを目指している点も、共立美容外科のこだわりの一つです。自然な仕上がりを実現するために、共立美容外科では手術前のデザインを丁寧に行っています。また解剖学の知見から適切な位置にヒアルロン酸を注入し、しこりなどの合併症の起こりにくい自然な仕上がりになる施術を心掛けています。

 

ヒアルロン酸 豊胸 バナー

▼ヒアルロン酸を使用した豊胸手術についての料金や手術方法についての詳細はこちら

 

共立美容外科で受けられるその他の豊胸術

共立美容外科ではヒアルロン酸注入豊胸術以外にも、さまざまな豊胸術を提供しています。主な豊胸術を2つ紹介します。

 

コンデンスリッチ豊胸術(CRF)

コンデンスリッチ豊胸術は、自分の体から採取した脂肪を遠心分離機にかけ、良質な脂肪のみを抽出し、バストに注入する豊胸術です。自分自身の脂肪を使うため、しこりなどの合併症が起こりにくく、手触りや見た目も自然な仕上がりになるのが特長です。太ももやお腹などから脂肪を採取するので、豊胸と同時に部分痩せをかなえられる点はメリットでしょう。

ダウンタイムは脂肪を採取した部分と豊胸部分の両方に現れます。痛みや内出血などは施術から1週間~10日程度で落ち着いていきますが、脂肪を採取した部分には、術後3週間程度たつと拘縮という皮膚が硬くなる症状が現れることがあります。拘縮は、落ち着くまでに3~6カ月程度かかるのが一般的です。

 

コンデンスリッチ豊胸のバナー

▼コンデンスリッチ豊胸手術の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

バッグ式豊胸術

バッグ式豊胸術は、シリコンジェルなどが注入された豊胸バッグをバストに挿入し、バストアップを図る豊胸術です。2カップ以上の大幅なバストアップにも対応しているため、とにかくバストを大きくしたいと考えている方に向いている方法といえるでしょう。

術後3日程度は痛みが強く現れる傾向にありますが、ほとんどの場合、2週間程度で徐々に落ち着いていきます。

 

モティバのバナー

▼共立美容外科で人気のモティバの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

梅田で豊胸術を検討しているなら共立美容外科へご相談ください!

ヒアルロン酸 豊胸を持つ医師

ヒアルロン酸豊胸術は比較的手軽に受けやすい豊胸術ですが、希望のバストの大きさやデザインなどによっては、他の豊胸術が適している場合もあるでしょう。

梅田で豊胸術を検討しているなら、共立美容外科梅田院へお気軽にご相談ください。梅田駅地下街と直結しているため、アクセスも便利です。モノトーン調の明るく落ち着いた雰囲気で、リラックスしてお過ごしいただける空間を提供しています。

無料カウンセリングでは医師が直接お話を伺います。ヒアルロン酸注入豊胸術を検討している方や豊胸術で気になることがある方は、ぜひお気軽に共立美容外科梅田院にご相談ください。

 

■住所
〒530-0001
大阪府大阪市北区1丁目 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F

■お電話
06-6348-0360


OsakaMetro御堂筋線 梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro谷町線 東梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro四つ橋線 西梅田駅 徒歩約5分

JR東西線 北新地駅 徒歩約2分

JR各線 大阪駅 徒歩約8分

阪神本線 梅田駅 徒歩約5分

阪急各線 梅田駅 徒歩約10分

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

久次米 秋人(くじめ あきひと)

■認定医等

日本美容外科医師会理事
日本美容外科学会認定専門医

■略歴

1983年 金沢医科大学医学部 卒業
1983年 高知医科大整形外科入局
1989年 東京本院(品川)開院
2002年 本院を新宿に移転
2013年 銀座院院長就任
2018年 第107回日本美容外科学会 学会長就任

■主な加盟団体

日本形成外科学会会員
日本美容外科学会会員
日本脱毛学会会員
北米脂肪吸引形成外科学会会員
日本坑加齢美容医療学会会員

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444