Motiva(モティバ)のエルゴノミックスタイプの豊胸バッグ

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国25院共通

豊胸・胸の美容整形Motiva(モティバ)

最高品質の豊胸バッグモティバ(Motiva) 最高品質の豊胸バッグモティバ(Motiva)

最高品質の豊胸バッグ

Motiva(モティバ)

豊胸バッグ“モティバ”とは

豊胸バッグのモティバ

モティバとは、豊胸バッグの種類の1つです。モティバは、豊胸バッグのメーカー「メンター社」や「アラガン社」にいた技術者が集結して設立した会社「Establishment Labs社」によって開発されました。

マシュマロのように柔らかくて自然な見た目になるように配慮された豊胸バッグです。

このような方に向いています

  • 自然な形で大きくしたい方
  • 2カップ以上大きくしたい方
  • 体に吸収される素材ではなく、半永久的に大きくしたい方
  • 安全性に配慮された豊胸バッグで大きくしたい方
  • 柔らかい感触にしたい方

豊胸バッグ“モティバ”の特徴

特徴1

ジェルが100%詰まったバッグ

特徴2

シルク加工で「皮膜拘縮(カプセル拘縮)」などの副作用を軽減

特徴3

強度と耐久性を強くする製造方法

特徴4

衝撃に強く、中身が漏れる心配がない

特徴5

約350種類のサイズ


特徴1

バッグにはジェルが100%詰まっています

ジェルが100%充填されたバッグ

モティバのバッグの中には、ジェルが100%詰まっています。

ジェルが100%詰まっている為、バッグの中のジェルが圧迫されているので、外に反発しようとします。そのため、モティバの表面はしわにならずに張力で引っ張られている状態になり、胸に挿入した後もシワになりづらいです。

また、ジェル全体が1つの構造物として動くので、体内にバッグを挿入しやすい作りになっています。

自然な見た目になるように

モティバのジェルは3種類ありますが、その中のエルゴノミックスという種類のジェルは、ねばりけが低く、ジェルが重力に逆らわずに動くので、ご自身の体勢に合わせて豊胸バッグ(モティバ)の形が変わり、自然な見た目の胸にすることができます。

特徴2

表面がシルク加工で
「皮膜拘縮(カプセル拘縮)」などの副作用を軽減

モティバのシルクのような表面

モティバの表面は、特殊加工されており、細く小さい凹凸が均一にほどこされています。表面は、シルク(絹)のように滑らかな触り心地になっています。

このシルクのような特殊加工により、モティバを胸に挿入後、炎症が起こるリスクを軽減する事ができます。このおかげで、「皮膜拘縮(ひまくこうしゅく)、カプセル拘縮」などの副作用を防ぐことが可能になりました。

また、表面がシルクのようになめらかなので、モティバを胸に挿入する際、抵抗が少なくなり、モティバを挿入するための脇の下の切開も小さく済むことができます。

シルクサーフェス(SilkSurface™)

モティバの表面のシルクのような特殊加工は「シルクサーフェス」と呼ばれています。

シルクサーフェスは、安全性と安心感により配慮するため、モティバの開発会社Establishment Labs社とイギリスのマンチェスター国立大学との共同研究で生まれました。

特徴3

強度と耐久性を強くする製造方法

押しつぶしても破れない豊胸バッグ

モティバは、「モノブロック製法」という製法により製造されています。

モノブロック製法は、バッグの本体とバッグの底の部分との密着度を高めることにより、本体と底部につなぎ目がない一体化の構造のバッグにします。

強く押しつぶしても破れません

つなぎ目のない一体化の構造にすることで、強度と耐久性を高めることができているため、人間の力で強く押しつぶしても破れることはありません。

特徴4

衝撃に強く、中身(ジェル)が漏れる心配はありません

中身(ジェル)が漏れる心配がないモティバ

ジェルが漏れないように、モティバの外膜(がいまく)は6層になっています。外膜が6層にもなっているため、万が一衝撃が加わってもジェルが漏れないようになっています。また、ジェルも外に流れ出ないよう、医療用コヒーシブシリコンでできています。

強く握ったり、強く絞ったりしてもジェルが漏れることはありません。

強く絞っても破れません

強く絞っても破れない豊胸バッグ

さらに強く絞ってもバッグは破れません。このように、ジェルが漏れないよう強度な作りになっています。

特徴5

サイズは約350種類ご用意

モティバなら350種類の中から選べる

モティバのサイズは約350種類もあります。サイズはミリ単位で細かく分かれていますので、ご自身の体やご希望に沿って、セミオーダー感覚でサイズをお選びいただけます。

高さについて

高さを選べるモティバ

モティバの高さは4つのシリーズに分けられています。低いほうからMINI(ミニ)、DEMI(デミ)、FULL(フル)、CORCE(コース)となっています。

日本人の場合、MINIやDEMIを使用する場合が多いです。

横幅について

横幅を選べるモティバ

モティバは、ご希望の横幅も多くの種類から選べます。

下は8.5cmから、上は15cmまで、5mm単位で選ぶことが可能です。

弧(こ)について

弧の長さも選べるモティバ

モティバは高さや幅だけでなく、弧の長さも選ぶことが可能です。

お好きなサイズが選べます

お好きなサイズが選べるモティバ

モティバはこのように、高さは4種類、横幅は5mm単位、そして弧の長さも細かく選ぶことができ、お一人お一人に合った豊胸バッグを約350種類ものサイズよりお選びいただけます。

品質を動画で詳しく解説

東洋人向けに計算されたタイプ

東洋人向けに計算されたモティバbag

モティバは、東洋人向けのタイプも製造されています。

西洋人はグラマラスな胸を望む方が多いですが、日本人の場合、自然な形を好まれる方が多いです。そのような日本人の嗜好に合ったサイズを、350種類ものサイズよりお選びいただけます。

モティバに使われるジェルの原料について

モティバに使われるジェルの原料

モティバのジェルの原料は、安全性の高いアメリカのニューシル社製のものを使用しており、アメリカにおいて最も普及しているシリコンジェル原料です。

この原料はアメリカのFDA(日本の厚生労働省にあたる)の認可を取得しており、医療用シリコンジェルとして長い実績を誇ります。

製品ロット毎に、品質管理試験を行い、科学的、物理的、生物学的生体適合性試験を実施しています。(モティバの正規代理店より報告)

3つのジェルのタイプ

モティバに使われる3つのジェルのタイプ

モティバは、「ProgressiveGel™」、「ProgressiveGel PLUS™」、「ProgressiveGel Ultima™」と、3つのタイプの豊胸バッグを製造しています。

それぞれ、凝集性(ぎょうしゅうせい)、粘性(ねんせい)、弾力性(だんりょくせい)に違いがあります。

凝集性とはその場に集まることを言い、粘性とは「ねばりけ」のことを言い、弾力性とは押すと反発しようとする力のことを言います。

1. ProgressiveGel™(プログレッシブ ジェル)

胸の上の部分のボリュームを維持するために作られています。胸の上の部分が大きく出るので、不自然な形になってしまいます。そのため共立美容外科では取り扱っていません。

♦凝集性・・・高い
♦粘性・・・高い
♦弾力性・・・普通

2. ProgressiveGel PLUS™(プログレッシブ ジェル プラス)

より自然な見た目と感触を維持するために製造されています。ただ、粘性が中程度あるため、ジェルが重力に逆らい、エルゴノミックスほど自然な動きにはなりません。

♦凝集性・・・高い
♦粘性・・・普通
♦弾力性・・・高い

3. ProgressiveGel Ultima™(プログレッシブ ジェル アルティマ)

3タイプの中で、最も自然な見た目と感触になるように製造された豊胸バッグです。ジェルの粘性(ねばりけ)が低く、重力に逆らわないので、胸が自然な動きをします。そのため自然な見た目を維持することができます。

この「ProgressiveGel Ultima™(プログレッシブ ジェル アルティマ)」が「エルゴノミックス」と呼ばれています。

♦凝集性・・・高い
♦粘性・・・低い
♦弾力性・・・非常に高い

共立美容外科で取り扱っているジェルのタイプ

2タイプから選べるモティバ

モティバの3種類のジェルのうち、日本人向けに製造されているのは、「ProgressiveGel PLUS™(プログレッシブ ジェル プラス)」と「 ProgressiveGel Ultima™(プログレッシブ ジェル アルティマ) 」の2種類です。共立美容外科でも、この2種類のジェルを取り扱っています。

プログレッシブ ジェル プラスは「エルゴノミックスではないタイプ」と呼ばれており、プログレッシブ ジェル アルティマは「エルゴノミックス」と呼ばれています。

エルゴノミックスではないタイプとエルゴノミックス

エルゴノミックスではないタイプとエルゴノミックス

「エルゴノミックスではないタイプ」と「エルゴノミックス」の大きな違いは、重力に逆らわずに自然な動きになるかどうかという点になります。

エルゴノミックスは、重力に逆らわないため、起き上がった体勢の時に自然な形になりますが、エルゴノミックスではないタイプの場合、エルゴノミックスに比べて不自然な形になってしまいます。

寝ている時と体を起こした時の状態

エルゴノミックスではないタイプの場合

エルゴノミックスではないタイプの場合、ジェルの粘性が低くなく、ジェルが重力に逆らってしまうため、寝ている状態の場合も、体を起こした状態の場合もバッグのトップの位置が変わりません。

そのためエルゴノミックスではないタイプの場合、エルゴノミックスに比べて体の動きに合わせて自然な動きになりません。

エルゴノミックスの場合

エルゴノミックスでの場合、ジェルの粘性が低く、ジェルが重力に逆らいません。そのため、体勢に合わせて豊胸バッグのトップの位置が変わり、自然な動きになります。

寝ている状態の場合に豊胸バッグのトップが胸の中心にあるとすると(お椀型)、上体を起こした場合、重力に引っ張られて、豊胸バッグのトップの位置が中心より下側にきて、¥アナトミカル型(涙のような型)になるので、自然な見た目になります。

柔らかい感触

エルゴノミックスはジェルの弾力性が高く、挿入後に自然な胸の感触(柔らかい感触)になるように配慮されて製造されています。

特許取得のバリア層「ブルーシール」

ブルーシール

モティバはジェルが漏れないように、外膜(がいまく)が6枚あり、丈夫な構造になっています。外膜は「バリア層」とも呼ばれています。

この6枚のバリア層の内、1枚は「ブルーシール」という青い色をした外膜になっています。ブルーシールは特許を取得しています。

やわらかい感触を維持

ブルーシールは、顕微鏡で見ると、その名の通り青色をしています。そして非常に薄い膜になっています。

非常に薄いため、感触に影響することがないので、モティバは柔らかい感触を維持することが出来ます。

豊胸バッグ(モティバ)が破れてもジェルが漏れません

破れてもジェルが漏れない豊胸バッグ(モティバ)

万が一破れたとしても、6枚の外膜がジェルの漏れを防ぎます。モティバをカッターで切って中のジェルを押し出そうとしても、この画像のようにジェルが漏れません。

安全面や品質面に配慮して製造

ブルーシールが青いことにより、製造工程で、インプラントのキズ等の不具合の有無を目視で確認することが可能です。

モティバは、安全面や品質面に配慮して製造されています。

マイクロチップが内蔵されているシリーズ

マイクロチップが内蔵されているモティバ

モティバの中には、Qチップ(Q Inside Safety Technology™)という、とても小さなマイクロチップが埋め込まれているシリーズもあります。

マイクロチップの中には、ご自身の体に挿入したモティバの製造番号等のデータが入っています。挿入後に、専用の機械を胸に当てると、どのモティバを挿入しているか調べることができます。このマイクロチップは、MRIやX線撮影に影響を及ぼさないように作られています。

しかしながら、乳がん検診時のマンモグラフィー、精密なレントゲン撮影の場合、このマイクロチップが写ってしまうため、日本人のほとんどの場合はこのマイクロチップが入っていないモティバを挿入します。

マイクロチップを読み込む器械

モティバ用のトランスポンダー

体に挿入したモティバの中に入っているマイクロチップのデータを体の外から読みとる場合、専用の医療器械「トランスポンダー」を胸に当ててデータを読み込みます。

モティバを挿入した胸にトランスポンダーをかざすと、15ケタの数列を読み取ることができ、これにより体外からモティバの情報を読み込むことができます。

モティバは海外で作られています

マイクロチップが内蔵

モティバは海を渡り日本に届きます。モティバの管理部門はアメリカにあります。そして、流通部門はベルギーにあり、製造部門はコスタリカにあります。

品質管理

モティバ用のトランスポンダー

モティバは日本の正規代理店を通じて密閉された状態で品質管理をされながら日本に運ばれてきます。モティバを使いまわすようなことは行っておりません。

乳房インプラントの安全性に関するEstablishment Labs社(Motiva製造元)の見解

Motivaの安全性について、製造元のEstablishment Labs社が発表いたしました。

『乳房インプラントの安全性に関するEstablishment Labs社(Motiva製造元)の見解』を引用しご紹介します。

バッグを使用した豊胸術のポイント

特徴1

経験豊富な美容の専門医が担当します

医師として、しっかり経験を積んだ、技術力のある美容の専門医がオペを行います。

経験豊富な医師陣
特徴2

解剖学を熟知した医師が担当します

担当医は、解剖学を熟知しており、大切な血管や神経を傷つけないようにオペを行います。

解剖学を熟知

豊胸バッグの除去、入れ替え

豊胸バッグの除去、入れ替え

他院で挿入した豊胸バッグを除去することも可能です。また、除去した後に、新たに豊胸バッグを入れ替える(交換)ことも可能です。

◆他院で挿入した豊胸バッグの除去
¥400,000(税抜き)

◆当院で挿入した豊胸バッグの除去
¥200,000(税抜き)

◆豊胸バッグの入れ替え
上記除去費用に加え、モティバの挿入費用

※豊胸バッグを取り出すことが難しい場合、料金が変更になる場合があります。
※新たに豊胸バッグを入れる場合は、別途費用がかかります。

モティバを使用した豊胸手術の流れ

モティバを使用した豊胸手術の流れ

モティバを使用した豊胸手術の流れをご紹介しています。

ご覧になりたい方は、下記「モティバを使用した豊胸手術の流れはこちら」をクリックしてください。

症例写真

  • モティバ エルゴノミックス

    (50才女性 主婦)

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

    • 施術前

      施術前

    • 施術後

      施術後

  • 主なリスク、副作用等
    1. ♦ まれに(2パーセント程度の割合と考えています)拘縮を起こす場合があります。
    2. ♦ リップリング、ウェービングなどを生じる場合があります。
    3. ♦ シルエットが希望通りにならない場合があります。
    4. ♦ バッグの挿入口を作るために、わきの下のシワにそって目立たないように切開しますが、傷跡は3カ月程度をかけて徐々に目立たなくなってきます。
    5. ♦ 挿入後の硬さ柔らかさを感じる程度には個人差があります。
    6. ♦ 症例は個人差があります。
    7. ♦ リスク・副作用に配慮して、丁寧に手術を行います。

Motiva(モティバ)の豊胸手術の概要

手術料金(税抜き) モティバ エルゴノミックス(エルゴノミックスタイプ)
¥720,000
モティバ(エルゴノミックスではないタイプ)
¥553,000
除去費用
・他院で挿入した豊胸バッグの除去
¥400,000
・当院で挿入した豊胸バッグの除去
¥200,000

※豊胸バッグを取り出すことが難しい場合、料金が変更になる場合があります。
入れ替え費用
上記除去費用に加え、モティバの挿入費用
手術時間 60分前後
通院回数 手術後、3日、7日目(抜糸)、1ヶ月〜12ヶ月(検診)
回復までの期間 1ヶ月
カウンセリング当日の治療 不可(術前検診必要)
入院の必要性 時として必要
制限事項 2週間は禁酒・禁スポーツ
仕事・外出 翌日よりほとんどのケースで可能
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

共立美容外科で受けられる豊胸・胸の施術