共立美容外科・皮膚科の集中ケアリフト

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 美容歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

しわ・たるみの治療集中ケアリフト

シワ・たるみがプチで消える時代に差がつく美容ケア プチ整形 集中ケアリフトシワ・たるみがプチで消える時代に差がつく美容ケア プチ整形 集中ケアリフト

シワ・たるみが
プチ整形で消える時代に
差がつく美容ケア

集中ケアリフトとは

集中ケアリフトとは

集中ケアリフトは、溶ける糸で、シワやたるみを集中的にケアする新しいプチ整形です。溶ける糸を皮下組織に挿入することで、たるみを引き上げシワを伸ばします。

外科的な手術ですので、美容皮膚科や化粧品に満足いただけなかった方の次の一手としておすすめの手術です。

また、プチ整形手術ですので、会社帰りなどお気軽にお受けいただくことができることがポイントです。

集中ケアリフトはこんな方におすすめ

  • 簡単な施術を好む方
  • プチ整形をしたい方
  • たるみが気になる方
  • シワが気になる方
  • ハリが気になる方
  • 若々しい印象のお肌にしたい方
  • 溶けない糸ではなく、
    溶ける糸で治療をしたい方
  • 手軽に外科治療を行いたい方
  • ダウンタイムを気にする方
  • 若いうちに予防をしたい方
こんな方におすすめ

集中ケアリフトの適応部位

集中ケアリフトの適応部位

頬、目尻、こめかみ、法令線、ゴルゴライン、フェイスライン、マリオネットライン

片側3本〜5本程度ずつ挿入

片側3本〜5本程度ずつ挿入

集中ケアリフトは、顔の片側に3本〜5本程度ずつ挿入します。こめかみの方向に向かって皮膚を引き上げることで、深いしわを伸ばし、顔全体を引き上げます。

皮下組織に挿入

皮下組織に挿入

集中ケアリフトは、筋肉の上の皮下層に優しく丁寧に挿入します。集中ケアリフトは、溶ける素材でできているので、糸が溶けていく過程で、コラーゲンを生成し、肌にハリも与えます。(個人差はあります)

集中ケアリフトの糸の特徴

特徴1

2つの溶ける素材からできている

特徴2

強力なコグ

特徴3

360度全ての方向についているコグ

特徴4

溶ける医療用の糸

特徴1

2つの溶ける素材からできている

2つの溶ける素材からできている

集中ケアリフトは、PCLとPLLAという2つの、やがて体内に吸収される素材でできています。PCLの柔軟性とPLLAの持続期間の2つのメリットを併せ持った素材です。

特徴2

強力なコグ

強力なコグ

集中ケアリフトは、PLLAやPCLの素材を型に流し込む製法で、製作しています。そのため、切り込みを入れてコグをつくる製法より、付け根がしっかりしています。

2つの溶ける素材からできている

画像のように、集中ケアリフトは、コグと糸が一体化しています。そのため、付け根の部分がしっかりしているので、コグが皮下組織をしっかり持ち上げることができ、たるみを引きあげられます。

切り込みを入れてコグを作る製法の医療用の糸に比べ、重力に逆らう力が強いため、組織をしっかりと持ち上げることが可能です。

特徴3

360度全ての方向についているコグ

360度全ての方向についているコグ

集中ケアリフトのコグは、360度全ての方向に向かって付いています。360度どの角度にもコグがしっかりと組織に食い込むので、一方向にコグがついている糸より強い力で、たるみを引き上げ、シワを伸ばすことができます。

特徴4

溶ける医療用の糸

溶ける医療用の糸

集中ケアリフトの溶けて体に吸収される医療用の素材でできています。集中ケアリフトは、15〜20ヶ月程度で体に吸収され溶けてなくなります。

体に吸収される過程で、糸の周りにコラーゲンが生成されるので、個人差によりますが、肌にハリも生まれます。

このような点に留意しています

ポイント1

解剖学に留意しています

ポイント2

デザインに力を入れています

ポイント3

痛みに配慮しています


ポイント1

解剖学に留意しています

解剖学に留意

集中ケアリフトを挿入する医師は、解剖学を意識して手術を行います。傷つけてはいけない血管や神経に配慮して、集中ケアリフトを1本1本丁寧に挿入します。

ポイント2

デザインに力を入れています

デザインに力を入れています

顔全体のバランスを考えて、事前にしっかりとデザインを行います。顔を引っ張りすぎてしまうと不自然になってしまうので、不自然にならないように、顔の動きを糸が邪魔しないように配慮して丁寧にデザインします。

ポイント3

痛みに配慮しています

麻酔クリーム

◆麻酔クリーム
痛みに配慮するために、集中ケアリフトを挿入する前にクリーム状の麻酔を顔に塗り数十分放置します。顔に麻酔が効いてから、痛くないように優しく1本1本挿入していきます。

麻酔専門医

◆麻酔専門医
共立美容外科・歯科は美容外科を併設しているため、麻酔科の医師も在籍しています。

例えば、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医の遠山貴之医師や麻酔科認定医の児玉肇医師です。また、厚生労働省より麻酔科標榜許可書の交付を受けた古田聖典医師や川上勉医師が在籍しています。麻酔科の医師が中心となって痛みに配慮した治療を研究し行っています。

痛みに配慮した鼻のプロテーゼを挿入する手術を行っています。

専用の針

集中ケアリフトを挿入する場合、専用の針を使用して皮下組織に挿入します。専用の針は滅菌処理し、清潔な状態で使用しています。

専用の針

針を挿入する箇所

針を挿入する箇所

集中ケアリフトを挿入する場合、まず、専用の針を使用して、皮下組織に集中ケアリフトを通す道(トンネル)を作ります。

針を挿入する箇所は、こめかみの横の髪の部分の場合とほほの場合の2パターンあります。

髪の部分は傷跡が髪の毛に隠れるため、他人からはわかりません。

針を挿入する箇所

一方、頬に針を挿入する場合は、ニキビ跡のような傷跡ができてしまいます。ニキビ跡の傷跡は、1週間程度で消えてなくなります。また、ファンデーションで隠すことも可能です。

こめかみの横の髪の部分から針を挿入するか、頬から針を挿入するかは、医師とご相談の上お決めいただけます。

集中ケアリフトの流れ

  • Step 1

    こめかみの目立たない個所に数ミリの穴をあけます。

    Step 1
  • Step 2

    Step1で開けた穴に、集中ケアリフトを挿入していきます。
    通常は、片側に4本ずつ挿入しますが、患者さまのお好みで本数は調整できます。

    Step 2
  • ここもポイント

    集中ケアリフトを挿入した後には、顔全体のバランスを考え、また笑った時の表情を考慮しながら、丁寧に糸を動かし微調整をします。
    そうすることで、しっかりとたるみを引き上げてシワを伸ばし、自然な仕上がりにすることができます。

    ここもポイント
  • Step 3

    こめかみから出ている糸を丁寧に処理して終了です。

    Step 3

人気医師 磯野智高が集中ケアリフトを動画で解説

集中ケアリフト Q&A

  • 挿入してからどの程度で溶けますか?
    15〜20ヶ月で完全に溶けてなくなります。
  • 20代でもできますか?
    可能です。エイジングケアの予防として受けていただくことも可能です。
  • ダウンタイムはありますか?
    個人差がありますが、こめかみの集中ケアリフトの糸の挿入点に内出血ができる程度です。
  • 通常片側何本挿入しますか?
    基本的には片側に2本〜5本を挿入する施術になります

集中ケアリフトの概要

手術料金 1本 ¥73,500
※4本 ¥294,000
※4本以上からお受けいただける施術になります。
以降1本につき¥64,800
施術時間 約1時間程度
ダウンタイム 糸を挿入する箇所に内出血が2日〜1週間前後。
※こめかみなので、外部からはわかりません
通院回数 特に必要なし
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

ジュビダームビスタ®シリーズ

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

しわ治療の人気治療

お肌のメニュー

その他のしわ・たるみ治療

共立美容外科

共立美容外科・歯科 | 集中ケアリフトのページをご覧の皆様へ

このページでは、集中ケアリフトについてご確認頂けます。共立美容外科・歯科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、美容歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に23院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340