鼻を高く、プチスレッドノーズアップ|共立美容外科

お電話はコチラ

プチ・スレッドノーズアップ

プチ・スレッドノーズ“アップ”とは

プチ・スレッドノーズ“アップ“

  プチスレッド・ノーズ“アップ”は、溶ける糸(溶けるスレッド)で鼻を高くする、次世代の鼻を高くするプチ整形です。
溶ける糸を、高くしたい部位に丁寧に挿入すると、鼻を綺麗に高くすることができます。

  プチスレッド・ノーズ“アップ”は、医療素材のPDOでできており、やがて溶ける安全性の高い糸です。
より効果を出すために研究され、考案された特殊な加工を施している糸です。

プチ・スレッドノーズ“アップ”の流れ

ステップ1 麻酔クリームを塗ります

ステップ1 麻酔クリームを塗ります

  麻酔の注射針を注入する際に痛くないように、事前に麻酔クリームを鼻に塗ります。

ステップ2 麻酔の注射をします 麻酔の注射をします

ステップ2 麻酔の注射をします

  極細の針で麻酔をゆっくりと丁寧に注入します。
麻酔クリームが塗ってあるので、痛みはほとんどありません。

ステップ3 インジェクターを鼻に挿入 インジェクターを鼻に挿入

ステップ3 インジェクターを鼻に挿入

  インジェクターと呼ばれる注射器のようなものを鼻に挿入します。

ステップ4 プチスレッドノーズアップの挿入 プチスレッドノーズアップの挿入

ステップ4 プチスレッドノーズアップの挿入

  インジェクターを押すと、プチスレッドノーズアップが鼻に挿入されます。
このプチスレッドノーズアップが鼻を押し上げることで、鼻が高くなります。
鼻の高さや形は、医師の技術で丁寧に調整します。

ステップ5 インジェクターを抜くと、プチスレッドノーズアップだけが鼻に残ります。 インジェクターを抜くと、プチスレッド・ノーズアップだけが鼻に残ります。

ステップ4 プチスレッドノーズアップの挿入

  プチスレッド・ノーズアップは鼻の高さを持ち上げ、6か月かけて徐々に溶けてなくなっていきます。
挿入したプチスレッドノーズアップの周りには、コラーゲンが生成されますので、鼻の肌にハリが生まれる傾向にあります。

糸の特徴

ポイント1 医療用素材で溶ける糸

ポイント1 医療用素材で溶ける糸

  プチスレッド・ノーズ“アップ”は安全な生体材料(医療用素材)として認められている縫合糸です。
PDOという、体内でやがて溶けてなくなる素材でできています。

ポイント2 糸の先端がほうき状

ポイント2 糸の先端がほうき状

ポイント2 糸の先端がほうき状

  プチスレッド・ノーズ“アップ”の先端は、ほうき状になっています。
特殊な加工でほうき状になっており、鼻を下からしっかりと押し上げるので、鼻を高くできます。

ポイント3 2段階で両側についているコグ

ポイント3 2段階で双方の側についているコグ

  プチスレッド・ノーズ“アップ”のコグは2段階になっています。
また、両側にコグがあるので、皮下組織をしっかりと支え、鼻を高くできます。

ポイント4 8種類の長さをご用意 8種類の長さをご用意

ポイント4 8種類の長さをご用意

  プチスレッド・ノーズ“アップ”(糸)の長さは8種類あります。
お好みの高さに合わせて糸を選び、使用します。

さらに解説

鼻を下から見た図

鼻を下から見た図

  プチスレッド・ノーズアップを挿入すると、鼻を押し上げるので、鼻が高くなります。
糸は6か月かけて徐々に溶けていきます。

ココもポイント 一人一人に合わせた糸の挿入方法

一人一人に合わせた糸の挿入方法

  プチスレッド・ノーズ“アップ”は、一人一人の鼻の形に合わせて、ストレート法やクロス法など、方法を適宜変えて糸を挿入します。

総院長から一言

久次米CEO兼総括院長

従来のヒアルロン酸を注入して鼻を高くするプチ整形では、鼻先の重みにヒアルロン酸が負けてしまい、どうしても鼻先を上げることが難しくなっていました。

しかし、プチスレッドノーズアップは、溶ける糸で鼻先を上げるため、鼻先の重みに負けることなく、スッとした鼻に近づけることが可能になりました。プチ整形で、これほどまで鼻先をスッとできる事は画期的ではないでしょうか。

糸はやがて溶けてなくなりますので、切らずに鼻を高くしたい方にはお勧めですよ。ダウンタイムもほとんどありません。会社帰りなどに、気軽にできるのも魅力の一つですね。

プチスレッド・ノーズアップの症例写真

症例写真0
症例写真01
症例写真1
症例写真2
症例写真3
症例写真4

プチスレッド・ノーズ“アップ” Q&A


質問

ダウンタイムはありますか?

回答

プチ整形ですので、ほとんどありません。糸を挿入する鼻先に赤い内出血が少し出る程度です。7〜10日間程度で消えてなくなります。ただ、メイクで隠すことが可能です。

痛みは、鼻を手で触れた際にある疼痛が5〜7日ほど継続しますが、医師の施術に依存します。

質問

ヒアルロン酸との併用はできますか?

回答

可能です。むしろ併用によってさらに自然で患者さまの望む鼻形成ができる可能性があります。ヒアルロン酸との併用を推奨しています。

質問

どのくらいの頻度で施術を行えばいいですか?

回答

2ヶ月後から吸収が開始され半年でプチスレッド・ノーズ“アップ”が吸収されます。そのため、半年から1年での再度の施術を推奨します。しかし、半年以内であっても鼻の形をより維持したいという患者さまの希望があれば施術が可能です(通常よりも少ない本数で形成が可能です)。また、2週間後でも追加施術は可能です。なお、完全に吸収された後でも最初の矯正体積の20〜40%が残るとされています。

質問

プチスレッド・ノーズ“アップ”が入った状態でサーマクールやウルセラはできますか?

回答

真皮よりも下層に熱影響を及ぼすこれらの機器により、プチスレッド・ノーズ“アップ”が変形したり、早期の吸収を惹起する可能性がありますので推奨はしていません。

質問

何センチほど鼻の高さはアップしますか?

回答

個人差がありますが、鼻の皮膚が柔らかく、伸びやすい方のほうが効果が高いとされています。

質問

何歳からできますか?

回答

10代後半から可能です。成長期の方でも受けていただけます。

質問

何本まで入れることができますか?

回答

特に決まりはありませんので、ご希望される鼻の形に合わせて、本数を挿入することが可能です。一般的には、8〜12本で患者様の期待する鼻の形成が可能と考えております。

質問

どのくらいもちますか?

回答

前述のとおり、2ヶ月後から吸収が開始され、半年で吸収されます。

質問

施術時間はどのくらいですか?

回答

担当医の技術にもよりますが、プチスレッド・ノーズ“アップ”の施術だけで10〜15分です。これに加えて麻酔の時間が必要です。

プチスレッド・ノーズ“アップ”の概要


料金

1回8本挿入  129,600円
追加挿入※(4本) 51,840円
※当日に限ります。

クレヴィエル、ヒアルロン酸、プロテーゼとの併用も可能。
※モニター割引あり。詳しくはお問合せください。

治療時間

約10分

通院回数

1回

回復までの期間

針穴、赤みは1日程度

カウンセリング当日の治療

入院の必要性

なし

制限事項

なし

仕事・外出

その他特記事項

なし

その他の鼻の悩みを解決する

鼻のお悩みトップページへ