英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

鼻プロテーゼは入れ換えが必要?時期や修正方法を美容外科医が詳しく解説

公開日:2022年02月27日(日)
最終更新日:2022年03月14日(月)

鼻の整形
ご予約

このコラムを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

プロテーゼの入れ換えを検討する時期はいつ?

鼻のプロテーゼの手術をしているところ

前提として、プロテーゼは入れ替えをしなくても良い手術方法になります。

ただ、万が一トラブルやもっと鼻を高くしたい場合、プロテーゼの入れ換えをすることは可能です。

手術後、高さが気に入らなくて入れ替えをしようとすることもできますが、手術後2週間程度はダウンタイムとして腫れもあるため、状態の評価が正確にはできません。

そのため最短でもプロテーゼを挿入してから1~2ヶ月ほど開けてから入れ替え手術をすることになります。

 

 

 

 

プロテーゼ定着後のトラブル

プロテーゼの手術道具

鼻プロテーゼは、手術当日から約1か月間で組織が形成されて定着します。

しかし、手術から定着するまでの期間や、その後6カ月を目安として、トラブルが見られることもあるのです。

万が一、こちらでご紹介するトラブルが見られた場合には、速やかに手術を受けた美容外科に相談して、鼻プロテーゼの入れ替えを検討する必要があるでしょう。

 

炎症

鼻プロテーゼの手術は、衛生管理が行き届いた手術室で万全を期した状態で行われますが、それでも感染症のリスクがゼロではありません。

手術後間もなくして鼻先に赤い炎症が起こった場合では、感染症の疑いがありますので、炎症が起こった場合ではひとまず抗生剤などで治療を行い、改善が見られない場合には鼻プロテーゼの入れ替えを検討する必要性が高まります。

それは、そのまま放置していると鼻プロテーゼが外部に飛び出しいくるリスクがあるからです。

なお、感染症による鼻プロテーゼの入れ替えは、前回の手術後1カ月程度が経過してからが望ましいとされていますので、まずは美容外科に相談してみましょう。

 

鼻プロテーゼがグラグラと動く

鼻プロテーゼは、骨膜下という部分に挿入するものであり、正しく挿入されていれば、グラグラと動くようなことはありません。

一方、鼻プロテーゼが皮下に挿入された場合では、プロテーゼが安定せず、1カ月経過後にも定着せずにグラグラと動くことがあります。

つまり、プロテーゼ挿入の場所が間違っていたということですので、なるべく早い段階で入れ換えを検討する必要があるということです。

 

鼻プロテーゼが斜めに曲がっている

鼻プロテーゼはまっすぐに挿入されになければなりませんが、もともと鼻が曲がっている場合などでは、鼻プロテーゼ挿入後にプロテーゼが曲がり、正面から見た中心がずれてしまうことがあります。

また、手術の担当医の技術力が低い場合でも、まっすぐに挿入できず、挿入の段階で曲がってしまうこともあるのです。

いずれの場合でも、曲がった鼻プロテーゼは目立ちますので、なるべく早めにプロテーゼ入れ換えを検討することが望ましいといえるでしょう。

 

数十年後に石灰化による凸凹

鼻プロテーゼは、1回挿入すれば半永久的に形状を維持できるといわれています。

ただ、極まれに、プロテーゼの周りが石灰化を起こして鼻の表面が凸凹してしまう場合があります。

外部から見て鼻プロテーゼに変形が見られないなら、その状態で過ごしていても問題はありません。

特にひどい場合で、気にするのであれば入れ替え手術が必要になる場合があります。

ただ、このケースはごく稀なので心配する必要はほとんどありません。

また、今の時代に使われている医療用シリコンは経年劣化をすることはほとんどありません。

 

鼻の形に違和感がある

鼻プロテーゼの挿入で何らかのトラブルが起こったのではなく、「仕上がりが思っていたのとは違う」「顔全体のバランスが何となく悪くなった」など、患者さんご本人が見た目を気にして入れ換えを検討するパターンです。

せっかく鼻プロテーゼを挿入したのに、理想の鼻を手に入れられなかったとしたら、患者さん本人はショックを受けますし、気に入らない顔のままで過ごすのは苦痛でしょう。

他人から見て自然な仕上がりになっていたとしても、患者さんご本人が仕上がりに満足できていないなら、これもまた、鼻プロテーゼ入れ換えの時期だといえるでしょう。

 

L字型鼻プロテーゼ挿入によるトラブル

L字プロテーゼを指で持っているところ

鼻のプロテーゼにはI字型とL字型があります。

患者さんの希望によってはL字型鼻プロテーゼを挿入する場合があります。

 

L字型鼻プロテーゼは、I型鼻プロテーゼよりも鼻先に高さを出せるというメリットがありますが、その反面鼻先にかかる負担が大きくなり、経年とともに鼻の皮膚が薄くなる可能性があります。

そして、皮膚がどんどん薄くなった場合では、やがてL字型鼻プロテーゼが皮膚を突き破って外部に飛び出すことがあるのです。

ただ、当院の場合はそのようなケースはありません。適切な箇所に適切な大きさのプロテーゼを入れれば問題ありません。

 

万が一飛び出しそうになったとしても、鼻先を突き破る前に、鼻先が赤くなってくるので、その時点で処理することで、鼻先からプロテーゼが突き抜けるようなことはありません。

以前、他の美容外科で鼻のプロテーゼを手術した患者さんがいらして、鼻先からプロテーゼが飛び出した状態で、2年ほど過ごしていた方がいらっしゃいました。

鼻先からプロテーゼが出たとしても痛みがないので、放置していたのでしょう。

 

もし鼻先からプロテーゼが飛び出した場合、古いL字型鼻プロテーゼを除去して、新しいプロテーゼに入れ替える必要があるでしょう。

これらは、必要に迫られてプロテーゼ入れ換えを検討しなければならない時期です。

いずれかの症状が見られたら、まずは迷わずに手術を受けた美容外科に相談してみましょう。

よほど大きなプロテーゼを入れなければ、あまり心配しなくても良いトラブルです。

 

 

鼻のプロテーゼのバナー

▼共立美容外科の人気の鼻のプロテーゼの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

 

鼻プロテーゼ入れ換えにはメリットもデメリットもある?

鼻のプロテーゼの入れ替えのメリットデメリットを説明する看護師

ご紹介してきた通り、鼻プロテーゼ入れ換えの時期は「鼻プロテーゼ挿入によるトラブル」「患者さんの希望」「プロテーゼの経年劣化による変形」の3つがあることがわかりました。

では、鼻プロテーゼ入れ換えにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

鼻プロテーゼ入れ換えのメリット

鼻プロテーゼ入れ換えのメリットは、新しい鼻プロテーゼに入れ替えることで、そこから数十年間理想の鼻を維持できるという点にあります。

入れ換えには費用が掛かりますが、何らかのトラブルが起こったり、気に入らなかったりする場合、新しい鼻プロテーゼに入れ替えれば自信が持てるようになるため、精神衛生上も良い結果をもたらすことになるでしょう。

 

鼻プロテーゼ入れ換えのデメリット

鼻プロテーゼ入れ換えのいちばんのデメリットは、手術による感染症のリスクがあるということです。

ただし、感染症を発症する例はそれほど多いわけではありませんので、心配なら美容外科医とじっくり相談し、入れ換えを検討してみると良いでしょう。

 

 

 

鼻プロテーゼは修正できる!方法をご紹介

鼻を指さす女性

「鼻プロテーゼの挿入によるトラブル」や「プロテーゼの経年劣化による変形」の場合では、いずれ再手術を行う必要があるでしょう。

一方、「仕上がりが思っていたのとは違う」という場合では、鼻プロテーゼとそれ以外の方法で修正できますので、美容外科に相談してみてください。

なお、鼻プロテーゼで失敗したと感じた場合、手術を受けた美容外科で再手術を受けるという方法でも良いのですが、二度と失敗したくないなら、別の美容外科で対応してもらう方法もおすすめです。

それでは早速、鼻プロテーゼの修正方法についてご紹介していきましょう。

鼻プロテーゼの修正方法は、以下の3種類になります。

 

1.手術で鼻プロテーゼを除去する

鼻プロテーゼの状態を医師が確認したのちに、手術で鼻プロテーゼを取り出す方法です。

鼻プロテーゼ除去では、挿入時よりもダウンタイム(術後の回復期間)が短く、およそ1週間程度で腫れが引きます。

また、シャワーは手術当日からOKですが、その際には顔を濡らさないように注意しましょう。

なお、洗顔と入浴、メイクは手術3日後には行ってかまいませんが、すっかり腫れが引いて元の状態に戻るまでには、およそ1カ月程度の期間が必要になることがあります。

 

2.手術で鼻プロテーゼ除去後、新しい鼻プロテーゼを挿入する(入れ換え)

手術で古い鼻プロテーゼ除去後に、新しいプロテーゼを挿入して形を整えるという方法で、経年劣化などによって鼻プロテーゼが変形した場合などに適用されます。

また、鼻プロテーゼの形が気に入らないなどの場合にもこの方法で対応しますので、希望があればカウンセリング時に医師に伝えておきましょう。

なお、鼻プロテーゼの入れ替えは、除去・挿入とも同日に行えますが、感染症などのリスクをできる限り避けるという意味で、2~3カ月後の再手術を推奨する美容外科もあります。

 

鼻のプロテーゼのバナー

▼共立美容外科の人気の鼻のプロテーゼの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

3.プロテーゼ除去後、別の隆鼻術で対応する

異物反応やプロテーゼを再び挿入したくないという方は、プロテーゼ除去後に以下の方法で対応することがあります。

 

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸には柔らかいタイプと硬いタイプがありますが、鼻を高くする場合では怪異タイプのヒアルロン酸を注入します。

ヒアルロン酸を鼻筋に注入すると、プロテーゼで整えたような鼻筋を手に入れることができるため、鼻プロテーゼを挿入したくないという方には特におすすめできるでしょう。

ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収される性質を持ち、鼻プロテーゼのように長期間効果が持続するものではありません。

吸収される期間には個人差がありますが、約1年~1年半後には元の状態に戻りますので、プロテーゼのような半永久的な効果を望む方にはあまりおすすめできません。

 

鼻のヒアルロン酸のバナー

▼共立美容外科の人気の鼻のヒアルロン酸の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

 

プチスレッド・ノーズアップ

解けるタイプの医療用の糸・プチスレッドを鼻柱と鼻筋に挿入し、鼻をシュッとした印象に改善できる方法です。

この方法もまた、ヒアルロン酸と同様に手術が必要ありませんが、解ける糸を使用するため、約半年~1年程度で元の形に近い状態に戻ります。

このように、鼻プロテーゼの仕上がりが気に入らない場合では、他の方法で修正することができますが、いずれも鼻プロテーゼほど効果の持続期間が長いわけではありませんので、この点についてはあらかじめ頭に入れておく必要があるでしょう。

 

プチスレッドノーズアップのバナー

▼共立美容外科の人気のプチスレッドノーズアップの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

 

 

プロテーゼは入れ換え可能な美容整形です。

プロテーゼの手術道具

鼻プロテーゼは、お好きな時期で入れ換えを行える美容整形で、入れ換えを行うことで、それから数十年は理想の鼻を維持できるというメリットがあります。

また、鼻プロテーゼの手術はもう受けたくないという場合では、ヒアルロン酸注入やプチスレッド・ノーズアップという方法で理想の鼻を目指せます。

ただし、ヒアルロン酸注入やプチスレッド・ノーズアップは効果の持続期間が短いというデメリットがありますので、この点についてはあらかじめ頭に入れておく必要があるでしょう。

 

 

鼻のプロテーゼのバナー

▼共立美容外科の人気の鼻のプロテーゼの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

カウンセリング予約のボタン

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

このページの監修・執筆医師

  • 磯野 智崇(いその ともたか)

    磯野 智崇(いその ともたか)

    共立美容グループ 総括副院長

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科 入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444