英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

口コミが多い美容整形外科のメニューを地域別に医師が解説

大阪で目の下のたるみ取りが上手い名医の選び方を解説

公開日:2022年05月31日(火)

大阪
目の下のたるみを気にして鏡を見ている女性
            美容外科医への無料カウンセリング実施中:予約ボタン

このページを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

大阪の美容外科で目の下のたるみ取り手術を受けたいけれど、「何を基準にクリニックを選べばよいの?」とお悩みではありませんか?

大阪には目の下のたるみ取り手術を提供している医療機関が多くありますが、症例数や医師のキャリア、手術スキルなどはそれぞれ異なりますので、事前に下調べする必要があります。

今回のコラムでは、大阪で目の下のたるみ取り手術をご検討中の方に向けて、名医を選ぶコツと失敗しない対策法を分かりやすく解説していきますので、ぜひご参考にしてみてください。

 

大阪で目の下のたるみ取り手術が上手い名医を選ぶ3つのコツ

年齢とともに目の下の皮膚がたるんで膨らみが目立ってきたり、目の下の膨らみが前にせり出してきて、メイクでも隠せなくなりどうしよう…とお悩みの方は多いです。

大阪の美容外科が提供している「目の下のたるみ取り手術」を受けることで、気になる膨らみがなくなり、クマも改善されますので、若々しく明るい印象になります。

しかし、大阪には駅前や繁華街に多くの医療機関がありますので、どのクリニックが上手にやってくれるのか見極めが難しいところです。

ここからは、大阪で目の下のたるみ取り手術が上手い名医を選ぶ3つのコツを解説します。

 

1)目の下のたるみ手術の症例件数が多い

最近の美容医療業界では、真面目に高品質な治療を最優先しているクリニックと広告費に多額を費やして、店舗数の拡大を狙う利益至上主義のクリニックの2極化が進んでいます。

特にネット広告では美容外科の誇大広告が目立ち、「目のたるみ手術が29,800円!」と激安価格を打ち出しており、価格競争も激しくなっているのが現状です。

目の下のたるみ手術を成功させるには、医師の技術スキルが高く、真面目に美容医療に向き合っていて、信頼できるかどうか、患者様が見極めて慎重に選ぶ必要があります。

信頼できる医師を見極める基準の一つに、目の下のたるみ手術の症例件数が豊富にあり、皮膚科専門医や形成外科専門医であるかチェックすることが挙げられます。

形成外科専門医を持っている美容外科医は形成外科や美容外科のキャリアが長く、症例経験も豊富にあり、解剖や創傷治癒に精通していますので、手術が上手い名医が多いです。

一方で、急速に店舗数を広げている大手チェーンクリニックの場合、研修上がりの新人医師が多く在籍しており、目の下のたるみ取り手術の症例経験が少ない医師が多いので要注意。

術後の腫れや内出血が大きく出て日常生活に影響したり、たるみが残るといった失敗を防ぐために、手術の症例経験が多いベテラン医師に任せると安心です。

 

2)術後の写真で目が腫れにくい、傷跡が少ない

大阪の美容外科のホームページやブログでは、実際に目の下のたるみ手術を受けた患者様の症例写真、ビフォーアフターの写真を見ることができます。

症例写真では仕上がりはどんな感じになるのか、完成形を確認するだけでなく、術後直後の目元に腫れが少ないかどうかをチェックしましょう。

手術が上手い医師は仕上がりのキレイさはもちろんですが、術後の腫れや赤み、内出血が少ない手術をしますので、術後の経過写真でも確認することができます。

術後の腫れや赤み、内出血は個人差がありますが、名医に任せた場合はダウンタイムの症状を最小限に抑えることができますので、術後の経過にも差が出てくるところです。

 

 

3)経験豊富なベテラン医師

美容医療に限らず、どんな業界であっても、新人よりもその道を極めたベテランに任せたほうが成功率が高くなるのは当然のことです。

美容外科には多くの医師が在籍していますが、大学を卒業して研修医上がりの新人医師もいれば、10年以上専門医としてキャリアを積んだベテラン医師もいます。

目の下のたるみ取り手術を成功させるには、形成外科専門医のベテラン医師を選ぶことで、結果に満足できる可能性はグンと上がるでしょう。

年齢が若い医師の場合は研修医の経験なしで美容クリニックの医師になっている可能性もありますので、整形手術に必要な解剖学の知識も少なく、経験が浅いので失敗リスクが高いです。

ただし、ベテランの年齢に達した医師であっても美容外科に転職したばかりのケースもありますので、年齢だけで判断するのではなく、ホームページにある医師の経歴を参考にすると良いでしょう。

 

 

目の下のたるみ取り手術は切る方法と切らない方法のどっちがいい?

目の下のたるみ取り手術は切る方法と切らない方法があり、それぞれメリットとデメリットがありますので、確認しておきましょう。

 

切る方法「下眼瞼切開法」のメリット・デメリット

「下眼瞼切開法」は下まぶたをメスで切開して、目の下にたるんだ余分な脂肪(眼窩脂肪)を取り出して、たるみを除去し、目元をスッキリと仕上げる手術です。

目の下のたるみの原因となっている余分な脂肪を物理的に取り除きますので、術後は目の下のたるみが根本から改善されて、目元が引き締まって若々しい印象を与える効果があります。

目の下の余分な眼窩脂肪を取り除くことで、術後に涙袋が現れるメリットもありますが、切開しますので、術後の腫れ、赤み、むくみ、内出血などの症状が出やすいのがデメリットです。

ダウンタイムは個人差がありますが、時間の経過とともに約1週間〜2週間で落ち着きます。

 

切らない方法「経結膜脱脂法(下眼瞼部脱脂)」のメリット・デメリット

「経結膜脱脂法(下眼瞼部脱脂)」の手術では、下まぶたの裏側(結膜側)から下眼瞼にある余分な脂肪(眼窩脂肪)を除去し、目の下のたるみや膨らみをなくす手術です。

結膜側を切開するため、手術後の出血や腫れが少なく、傷跡は残らず、抜糸の必要もありません。

ダウンタイムの症状は約1週間程度で治まり、比較的少ないのはメリットです。

目の下と頬の段差が少ない軽度のケースに向いていますが、目の下と頬に段差があり、クマの影がある場合には、皮膚の状態によってはたるみやくぼみが残ることがあります。

 

 

目の下のたるみ取り手術はこんな方におすすめ

以下に当てはまる方は目の下のたるみ取り手術を検討すると良いでしょう。

 

  • 目の下の皮膚の膨らみが気になる方
  • 目の下に脂肪が前にせり出して目立ってきた方
  • 目の下にたるみとクマがある方
  • 目の下のたるみ除去したい方
  • 若々しい目元を手に入れたい方

 

目の下のたるみやクマ、影はメイクではどうしても隠しきれないことが多いです。

そんなお悩みはたるみの原因を直接取り除くことで症状が改善し、目元の印象が大きく変わります。

最近は、切らない手術方法も人気があり、術後の症状は日常生活に影響なく、初めての方も気軽に受けることができますので、気になる方は治療を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

目の下のたるみ取り手術の副作用・ダウンタイムは?

目の下のたるみ取り手術後のダウンタイムは人によって症状と期間に個人差がありますが、切開する場合は腫れや赤み、内出血が約1週間〜2週間続くことが多いです。

稀なケースでは色素沈着、感染、異物反応、充血、結膜浮腫などが出ることがあります。

切らない方法「経結膜脱脂法(下眼瞼部脱脂)」であれば、結膜側から1cm切開する程度になりますので、ダウンタイムの症状は軽くなります。腫れや内出血は7日程度で治まります。

ただし、術後1週間位は目元に違和感がありますので、目元に刺激を与えないようにご注意ください。洗顔、メイク、シャワーは翌日から、コンタクトレンズ着用は5日後から可能です。

 

 

大阪で目の下のたるみ取り手術を失敗しない対策法

目の下のたるみ取り手術において、担当医が必要以上に脂肪を除去してしまった場合、目の下にくぼみが目立ってしまう失敗例がありますので注意が必要です。

手術直後はたるみ取りに成功したと思っていても、数年後に皮膚のたるみが起きた時にくぼみが目立ってくる症状が起こることがあります。

そのため、大阪の美容外科で目の下のたるみ取り手術を受ける際には、症例経験が豊富にあり、手術のスキルが高い名医に依頼することが大切です。

万が一に備えて、術後のアフターサービス体制がしっかりしているクリニックを選ぶと最後まで安心して任せることができるのでチェックしましょう。

 

 

大阪本院と梅田院も選択肢の1つ

大阪で目の下のたるみ取り手術が上手い名医をお探しの方は、共立美容外科の大阪本院(心斎橋)や梅田院も選択肢の1つです。

当院は1989年の開院以来約35年以上に渡って目の下のたるみ取り手術を行っています。

共立美容グループには、美容外科専門医をはじめとし、形成外科専門医、外科専門医、麻酔科専門医など様々な科目の専門医で成り立っている総合美容外科です。

全員の医師が解剖学を熟知しており、患者様にとって痛みが少なく負担をかけない治療の研究を生かした治療を提供しております。

目の下のたるみ取り手術は切る方法と切らない方法があり、目の下のたるみやクマを根本から解決したい方には余分な脂肪(眼窩脂肪)を除去する「経結膜脱脂法」がおすすめです。

一度の手術で目の下のたるみやクマの原因を取り除くことができ、術後は目元がスッキリして若々しくはつらつとした印象になる事を目指して手術を行っています。

その他にも、下まぶたのへこみやくぼみに脂肪を移動させることで皮膚をなめらかにする「ハムラ法」といった治療法もございます。

 

大阪には美容外科クリニックが梅田や心斎橋、難波に集中してあるため、治療前に複数のクリニックのカウンセリングを受ける事が容易です。

そのため1つのクリニックのカウンセリングを受けて、そのクリニックで治療する事をすぐに決めるのではなく、いろいろなクリニックを回って、しっかりと自分に合ったクリニックを見つけることが大切です。

共立美容外科では医師が直接カウンセリングを行っているので、目の下のたるみ取り手術の美容整形をお考えの方は当院の無料カウンセリングも併せてご利用ください。

目の下のたるみ取り手術の料金や手術方法についてはこちらから。

 

 

 

下眼瞼切開法のバナー

▼大阪で人気の下眼瞼切開法の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

経結膜脱脂法のバナー

▼大阪で人気の経結膜脱脂法の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

 

 

大阪本院(心斎橋)

大阪本院 内装

■住所
〒542-0086
大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目1−13
5・6F 東邦ビル
■お電話
0120-500-340

 

 

大阪メトロ御堂筋線 心斎橋駅 徒歩0分

大阪メトロ長堀鶴見緑地線 徒歩0分

大阪本院(心斎橋)の詳細はコチラから▶

 

梅田院

梅田院の内装

■住所
〒530-0001
大阪府大阪市北区1丁目 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル18F

■お電話
06-6348-0360

梅田院の詳細はコチラから▶

 


OsakaMetro御堂筋線 梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro谷町線 東梅田駅 徒歩約5分

OsakaMetro四つ橋線 西梅田駅 徒歩約5分

JR東西線 北新地駅 徒歩約2分

JR各線 大阪駅 徒歩約8分

阪神本線 梅田駅 徒歩約5分

阪急各線 梅田駅 徒歩約10分

 

 

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

~監修医師~

川上 勉(かわかみ つとむ)

■略歴
1999年 田辺製薬株式会社入社
2008年 大分大学医学部医学科 卒業
2008年 八戸市立市民病院 入職
2012年 日本銅管病院整形外科 入職
2015年 共立美容外科 入職
2018年 共立美容外科 神戸三宮院院長就任
2022年 共立美容外科 大阪本院院長就任

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444