英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

目の下のたるみ取り/クマ取り治療 目の下のたるみ取り/クマ取り治療

目の下のたるみ取り/クマ取り治療

下眼瞼切開法
(皮弁法・ハムラ法)

目の下のたるみ取り/クマ取り治療

目の下のふくらみ(脂肪)取り/クマ取り治療とは

目の下のたるみ取りは、目の下のクマ取りとも言います。

目の下には目袋というふくらみがあります。
このふくらみは、眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪でできています。

眼窩脂肪は、眼球の下のクッションの役割をしていますが、眼窩脂肪の前にある眼輪筋(がんりんきん)という筋肉が弱くなると、前に出てきてしまいふくらみを目立たせます。

目の下の皮膚は薄いため、眼窩脂肪が膨らみ皮膚を伸ばすと、老化によりコラーゲンやエラスチンがなくなると皮膚に針がなくなり、そのまま、「たるみ」になってしまいます。

眼窩脂肪のふくらみと、たるみの凹凸は陰影をつけるので、それがクマになります。

目袋と涙袋

目袋と涙袋

目の下には、涙袋と目袋(めぶくろ)の2つの袋がありますが、目の下のたるみやクマの原因になるのは、目袋になります。

目袋は、眼窩脂肪が前に押し出されてふくらみができますが、年齢とともに、そのふくらみの下に影ができたり、凹みができて、クマができます。

さらに年齢を重ねると、それがたるみになり、下まぶたと頬との境界に瞼頬溝(けんきょうこう)やゴルゴラインと呼ばれる深いしわが刻まれます。

2つの方法

2つの方法

目の下のたるみを取る場合、切らない方法と切る方法があります。

切らない方法は、下まぶたをめくり、裏側の粘膜に5mm程度の穴を空けて、そこから眼窩脂肪を取る方法です。この方法は経結膜脱脂法といいます。

一方の切る方法は下まつ毛のラインに沿って切開し、眼窩脂肪を除去し、余った皮膚も切除します。

この方法を「下眼瞼切開法(かがんけんせっかいほう)」といいます。
下眼瞼切開法で眼窩脂肪を除去せずに、目の下のへこんでいる部分に移動させるハムラ法という方法を行う場合もあります。

このページでは下眼瞼切開法を解説しています。

切らない方法の経結膜脱脂法は下記ページをご覧ください。

日本美容外科学会専門医の磯野分院院長が動画で解説

切る方法「下眼瞼切開法」

目の下のたるみ取りの切る方法「下眼瞼切開法」の手術方法や腫れなどのダウンタイムについて、日本美容外科学会専門医の磯野分院院長が分かりやすく動画で解説しています。

切らない方法「経結膜脱脂法」

目の下のたるみ取りの切らない方法「経結膜脱脂法」の手術方法や腫れなどのダウンタイムについて、日本美容外科学会専門医の磯野分院院長が分かりやすく動画で解説しています。

また、切らない方法の経結膜脱脂法の詳しくは下記ページをご覧ください。

このような方に向いています。

このような方に向いています
  • 皮膚のたるみが気になる方
  • 目の下のふくらみ(眼窩脂肪)が気になる方
  • 目の下(下眼窩骨縁部)のくぼみが気になる方
  • 目の下のシワ が気になる方(シワが影になり、たるんで見える)
  • 目の下にハリがない方
  • 疲れて見える方
  • 年齢より老けて見える方
  • 目の下に皮膚のたるみと脂肪の両方ある方

目の下のふくらみやクマができる原因

眼輪筋と眼窩脂肪

目の下のふくらみができる原因_1

目の下には、目袋のふくらみの原因となる、眼窩脂肪(がんかしぼう)という眼球の下にあるクッションのような脂肪が存在します。

この眼窩脂肪が、前に出ないように、眼輪筋(がんりんきん)という筋肉と眼窩隔膜(がんかかくまく)という瞼板と頬骨を結ぶ膜が支えとなって防いでいます。

眼窩脂肪が前に出る

目の下のふくらみができる原因_2

しかし、年を重ねて眼輪筋や眼窩隔膜が弱ってくると、眼窩脂肪を支えられなくなり、眼球の重さで押し出された眼窩脂肪は、この画像のように前に出てしまい、下まぶたの「ふくらみ」や「たるみ」を形成してしまいます。

ふくらみによって皮膚が伸びると、シワができてしまい、この目の下のシワはなかなかファンデーションでは隠せない部分になります。

下眼瞼切開法(かがんけんせっかいほう)

デザイン

デザイン

下まつ毛から下に1mm程度の個所を下まつ毛に沿って5mm~1cm程度目尻まで切開するラインをデザインします。

傷跡は、まつ毛の下に隠れ、目尻の傷跡は笑いジワに馴染むので、他人からはほとんど分かりません。

脂肪を取るor位置移動する

脂肪を取るor位置移動する

下眼瞼切開法は、眼窩脂肪を取り除く皮弁法(ひべんほう)と眼窩脂肪を位置移動させるハムラ法があります。

皮弁法(ひべんほう)の場合、患者様の目の状態に合わせて適量、眼窩脂肪を取り出します。

ハムラ法の場合、目の下の凹みを埋めるように眼窩脂肪を位置移動させます。

ハムラ法は、下まつ毛に沿って切開せずに、下まぶたをめくって傷口が表側から見えないように、裏側から脂肪を位置移動する「裏ハムラ」という方法で行う場合もあります。

たるみを伸ばす

デザイン

皮膚がたるまないように、眼輪筋を目尻の上の方に引っ張り、目尻にある骨の骨膜に糸で縫合して固定します。

余分な皮膚を切除

デザイン

皮膚を目尻に向かって引上げ、たるみやクマを形成している余分な皮膚を切除します。

またそれと同時に目の下のシワを伸ばします。

縫合

デザイン

傷跡が目立たないように、ナイロン糸で目の下のまつ毛に沿って縫合します。

切る方法と切らない方法の選び方

切る方法と切らない方法の選び方

目の下のたるみを取る場合、切る方法「下眼瞼切開法」と切らない方法「経結膜脱脂法」があります。

目の下のたるみは、眼窩脂肪を除去したり移動したりするか、余分な皮膚を除去することで治療します。

切らない方法の場合は、余分な皮膚を除去することができません。
その代わりに、傷跡が残りません。

どちらを選択するのかは、患者様の好みになります。
傷跡がどうしても心配な方の場合は、余分な皮膚除去することが出来なくても切らない方法を選択される方が多いです。

また、ダウンタイムの問題もあります。
切らない方法の場合は、内出血や腫れは少しでますが、傷口が表にないため、ファンデーションで隠すことが可能です。

一方、切る方法の場合、術後1週間程度、腫れ・内出血が目立ってしまい、それに、抜糸までファンデーションで隠すことができません。

そのため、結果をどこまで求めるかで、患者様切る方法にするのか、切らない方法にするのかを医師とご相談の上お決めいただきます。

本来切った方が結果がでるにもかかわらず、切らない方法を選んだ場合、皮膚が余ったり、想像の仕上がりとは異なり、皮膚にハリが出ない等の結果が生じ、満足度は下がってしまうかもしれません。

どちらにするかの判断基準ですが、「年齢」「皮膚のたるみの多さ」「患者様ご本人のご希望」の3つなります。
まず、年齢ですが、20代や30代の若い方の場合、皮膚のたるみも少ないため、切らずに脂肪だけとっても皮膚がすっきりとした目元にすることができます。

もし、お年を召した方で、切らない方法がいい場合、まずは切らずに眼窩脂肪を取りだして、その後に、マイクロCRFといって、ご自身の体から採取した良質な脂肪を、目の下の凹みに注入することで、凹みを埋めて自然な仕上がりにすることが可能です。

2つめの、皮膚のたるみが多さについてですが、たるみが多く、そのたるみを解決したい場合は、切る方法がお勧めです。

3つめの「患者様ご本人のご希望」ですが、絶対に切りたくなかったり、ダウンタイムを取りたくない場合は、まずは切らない方法で行うことをお勧めしています。

目の下を除去した後のひと手間

眼窩脂肪を除去した後に、良質な脂肪を注入して目の下の形を整える方法もあります。

脂肪を除去した場所に、再度脂肪を注入するのは矛盾があるように聞こえますが、注入する脂肪は、マイクロCRFといって、不純物がなく滑らかなご自身の濃縮された脂肪なので除去した脂肪とは性質が異なった脂肪になります。

マイクロCRFを注入することで自然な目の下の形を形成することができます。

目の下のシワ取り

目の下のシワ取り

目の下のシワが気になる場合、目の下のたるみ取りと併せて、PRP皮膚再生療法を行うことが可能です。

PRP皮膚再生療法はご自身の血液を採取し、その血液の中から医療機械で血小板(けっしょうばん)のみを取り出し、その血小板を、目の下のシワに注入し、皮膚の再生を促すことで、シワを治療する方法です。

PRP皮膚再生療法、多血小板療法(たけっしょうばんりょうほう)とも呼ばれています。

よくあるご質問

  • 手術後の腫れや内出血はありますか?
    内出血や腫れが目の下に現れます。1週間から2週間程度でなくなります。
  • 化粧はいつからできますか?
    抜糸後から可能です。目の下以外の個所については翌日から可能です。詳しくは主治医にお伺いください。
  • シャワーはいつからできますか?
    傷口を濡らさなければ、当日から可能です。
  • 麻酔は局所麻酔ですか?全身麻酔ですか?
    局所麻酔になります。点眼麻酔のあとに、極細の麻酔針を使用し丁寧に麻酔液を注入します。点眼麻酔が先に聞いているので、針の注入の痛みもほとんどありません。
  • 目の下のたるみは、一回取ればもう出ませんか?
    人は、年齢とともに老化していきますので、一度たるみを取ったからといって、もうたるみが出ないという事は残念ながらありません。ただし一度たるみを取れば、実年齢よりかは若く見え続けることは継続します。それこそがエイジングケア手術の最重要目的だと思います。

目の下のたるみ取り/クマ取りの概要

手術料金 ¥300,000~¥800,000
※皮弁法、ハムラ法、裏ハムラ法などによって異なります。
多くの場合、皮弁法の¥300,000になります。
手術時間 約45分~75分
通院回数 1回~3回(カウンセリングと手術、抜糸、検診)
回復までの期間 約1週間~2週間程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出 ほとんどのケースで、翌日より可能
その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

共立美容外科で受けられる目元のエイジングケアの美容整形の施術

このページの監修医師

  • 医師 磯野 智崇(いその ともたか)

    医師

    磯野 智崇(いその ともたか)

    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科入職
        2002年
        共立美容外科入職
        2009年
        共立美容外科浜松院院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

共立美容外科

共立美容外科|目の下のたるみ取り治療のダウンタイムや値段、手術方法のページをご覧の皆様へ

このページは2020年11月に最終確認をしています。
このページでは、目の下のたるみ取り治療についてご確認いただけます。目の下のたるみ治療は切る方法の下眼瞼切開法と切らない方法の経結膜脱脂法があります。下眼瞼切開法は目の下のたるみの原因となる、眼窩脂肪と皮膚のたるみにアプローチすることができます。脂肪を除去する皮弁法と、脂肪を目の下の凹みに位置移動させて平らにするハムラ法があります。いずれも切る方法なので、1週間程度の腫れや内出血が生じてしまいます。詳しくは手術前に医師にお伺いください。