英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

鼻中隔延長手術の効果やダウンタイムについて美容外科医が解説

公開日:2022年03月13日(日)
最終更新日:2022年03月14日(月)

鼻の整形
鼻中隔延長手術を考える女性

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

鼻は顔の中心であり、鼻の形状やサイズなどによって顔全体の印象はガラリと変わります。

鼻に悩みやコンプレックスを抱えている人も多く、「憧れの鼻の形」というのも人によってまちまちです。

共立美容外科ではより多くの方のご要望にお答えできるように、鼻の美容整形だけでも様々なものを取り扱っているため、お一人おひとりのイメージに合った施術が可能です。

スッと鼻筋の通った鼻を手に入れたい、丸い団子鼻を改善したい、横に広がった鼻を小さくしたい、大きな鼻を小さくしたい、などなど…

一言で鼻の整形手術といえども、その目的は様々であり、お悩みによって必要となるアプローチの方法も変わってまいります。

そこで今回は、鼻の美容整形の中でも「鼻中隔延長手術」と呼ばれる美容整形手術に関してご紹介します。

豚鼻や団子鼻に悩んでいる、正面から見て鼻の穴が目立つ、短い鼻を改善したい、鼻の下が長く見えるのを変えたい、ツンとした鼻筋や鼻先を手に入れたい、などなど…

鼻中隔延長手術は、鼻を「高く」したいというお悩みの方におすすめできる方法です。

このようなお悩みのある方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

鼻中隔延長手術とは?

鼻中隔延長手術をしているとろこ

鼻の美容整形には様々なものがありますが、大きく分けて「切る整形手術」と「切らない整形手術」に分類することができます。

切る整形手術はメスを使用するような、イメージ通りの「手術」を行いますので、効果は大きいけれど負担も大きいという施術になります。

切らない整形手術はその逆で、負担は少ないけれど効果も限定的となります。

どちらが良いということではなく、それぞれにメリットデメリットが有るというようなイメージです。

今回ご紹介する鼻中隔延長手術は、その名の通り手術を行う「切る美容整形」です。

効果は非常に大きく、ブタ鼻や団子鼻も「スッと」鼻筋の通った高い鼻に変化させることが可能です。

さらに、半永久的な効果が期待できるため、一度手術を受けていただければ、基本的にはずっとそのままの鼻をキープしていただけます。

一方手術時の負担は大きいため、術後1週間程度は手術部位が腫れるなどのダウンタイムが生じます。

術後のテーピングも必要ですので、できれば1週間程度は職場や学校を休んで療養いただくのがおすすめです。

*マスク等で上手く隠すことも可能です

 

鼻中隔延長はどんな手術?

そもそも鼻中隔とは、鼻の穴を左右に分けている壁のことをいいます。

鼻の中心に存在している壁ですので、この部分の軟骨が小さい人は、一般的に言われる「ブタ鼻」のようなイメージになります。

つまり、この部分を大きくしてあげることができれば、ブタ鼻を改善することも可能であり、そのための手術が鼻中隔延長手術といえます。

また、鼻中隔延長によって鼻先が高くなるため、団子鼻のような丸い鼻を高くすることも可能です。

切らない整形でも鼻先を高くする方法はありますが、それらの施術よりも効果が大きく、一度の手術によって半永久的な効果が期待できるというのが鼻中隔延長手術です。

 

鼻中隔延長と耳介軟骨移植は違うの?

鼻中隔延長手術と似たような施術に「耳介軟骨移植(手術)」というものがあります。

耳介軟骨移植も鼻中隔延長と同様に、鼻や鼻先を高くする(のばす)というタイプの施術であり、団子鼻やブタ鼻の改善に効果的であることが知られています。

さらに、この2つの施術は、耳の軟骨(耳介軟骨)を鼻に移植することで鼻を高くするという方法であり、施術内容も非常に似ています。

では、この2つの施術の違いはどのようなものなのでしょうか?

専門的には施術内容に違いがあるのですが、施術を受けていただく方にとっては、鼻中隔延長手術は耳介軟骨移植よりも「より効果が強い(変化が大きい)」施術、とイメージしていただくと良いかと思います。

耳介軟骨移植が鼻先の軟骨の上に耳介軟骨を乗せて鼻先を出すのに比べて、鼻中隔延長手術は鼻の支柱である鼻中隔そのものを延長して鼻先を出すため、鼻中隔延長手術のほうが鼻先がより高くなるようなイメージです。

どちらが良いということはありませんので、現在の鼻の形状や理想とされる状態などをしっかりとヒヤリングした上で、何度もシミュレーションを繰り返して最適な方法を見つけていくことが重要です。

 

鼻中隔延長手術の効果

鼻中隔延長手術をしている看護師

鼻中隔延長手術は、耳や肋骨部分の軟骨を鼻先(鼻中隔)に移植することで、鼻先や鼻筋を高くする(高く見せる)効果がある美容整形手術です。

メスを使用する「切る整形手術」であるため、効果や変化が大きい分、体への負担も大きくダウンタイムも長いという特徴があります。

特にブタ鼻や団子鼻などに悩んでいる方の場合、切らない整形手術では変化に限界があり、なかなか思うような仕上がりにならないというケースが多くあります。

その様な場合に鼻中隔延長手術を選択していただくことで、より理想的な鼻を手に入れることができる可能性があります。

求められる変化が大きかったり、モデルや外国人風の鼻を手に入れたいという方には非常におすすめできる施術であると言えます。

 

鼻中隔延長手術がおすすめの人

  • ブタ鼻を治したい
  • 団子鼻を治したい
  • 切らない整形では満足できなかった
  • 外国人のような長い鼻にしたい
  • 鼻先を大きく伸ばしたい
  • 半永久的な効果を望んでいる
  • などなど

 

鼻中隔延長手術は効果や施術後の変化が明確な美容整形手術のひとつです。

確かな効果を求める方は、鼻中隔延長手術をご検討いただくと良いでしょう。

 

鼻中隔延長手術のダウンタイムは?

鼻中隔延長手術では、鼻先の皮膚の大部分を剥離して、中の軟骨を操作するので、皮膚と軟骨がずれないように、一定期間、術後にテーピングやギプスで固定する必要があります。

テーピングは1週間程度必要になることが多いため、この間はできる限り安静にしていただく必要があります。

また、約1週間程度は腫れが残る場合もあります。

完全に腫れや炎症がおさまるには数ヶ月を要するとも言われていますが、一般的には1週間程度すると腫れや炎症などはおさまってきます。

しかし、強く鼻をかんだり、鼻へ刺激を与えることは避ける事が重要です。

不意に鼻に接触してしまって施術部位がずれてしまうというケースもありますので、特に小さいお子様やペットなどを飼われている方は接触にご注意ください。

また、うつ伏せに寝る、エステなどでマッサージを受ける、頻回に鼻をかむなどの動作が手術の仕上がりに影響を及ぼす可能性もあるためご注意ください。

 

鼻中隔延長手術のデメリット

鼻中隔延長手術をしようとする医師

鼻中隔延長手術は効果が大きく、施術後の満足度が高い美容整形手術のひとつです。

一度の手術で半永久的な効果が期待できるため、数ヶ月や数年ごとに施術を受ける必要もありません。

切らない美容整形の効果は一時的である場合が多く、何度も施術を繰り返すことで結果的に大きな費用が必要になることも少なくありません。

しかし、鼻中隔延長手術であれば、初回の費用こそ高くても、一度の施術で完結してしまうため、合計の支払額は安くなる場合が多く、結果的にはコストパフォーマンスが優れるというケースも少なくありません。

とはいえ、半永久的な効果というのはメリットでもありデメリットでもあります。

鼻や顔のトレンドというのは変化するため、施術時には「良い」と思った出来栄えであっても、数年後には「なんか違う」と感じるようになる可能性もあります。

そんな時には再手術が必要になってしまうため、必ずしも半永久的な効果がメリットになるというわけではありません。

また、効果や施術後の変化が大きいということは、「他人に気づかれやすい美容整形手術」であるとも言えます。

特に近年は「ばれない整形」が人気であることもあり、鼻中隔延長のようなハッキリとした効果が「逆にデメリットになる」という可能性もあります。

このように、どの施術であってもメリットとデメリットは表裏一体であり、個人個人によって感じ方や捉え方は異なります。

だからこそ、施術を行う前にはしっかりとしたカウンセリングやヒアリングが重要になります。

共立美容外科では、美容整形手術や施術はもちろん、お一人おひとりのお悩みやご希望を聞き取って理解するというプロセスに力を入れています。

どの様な悩みがあって、どこをどのように改善したいのか、仕上がりのイメージはどのようなものなのか、不安は何か、気になっていることは何か、費用はどれくらいが理想なのか、といったことを時間を掛けてお聞きした上で、何度もシミュレーションを実施いたします。

カウンセリングやヒヤリング、シミュレーションに力を入れているからこそ、共立美容外科は非常に満足度の高い美容整形クリニックとしてご評価を頂いております。

鼻の美容整形に限らず、何かお悩みのことやご相談、気になっている事がありましたら、お気軽に当院までご相談下さい。

ご満足いただけるご提案をさせていただきます。

ホームページでは切る鼻中隔延長手術のメニューが載っていないので、ご予約はお電話(0120-500-340)の方がスムーズです。

一概に、鼻中隔延長手術といっても手術方法やアフターケア、麻酔の方法などがクリニックによって違うため、値段だけでクリニックを選ぶことは避けましょう。

切らない鼻中隔延長手術、プチスレッドノーズアップはコチラから。

 

プチスレッドノーズアップのバナー

▼共立美容外科のプチスレッド・ノーズアップについての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

このページの監修・執筆医師

  • 磯野 智崇(いその ともたか)

    磯野 智崇(いその ともたか)

    共立美容グループ 総括副院長

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科 入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444