溶ける糸(溶けるスレッド)で鼻を高くするプチスレッド・ノーズアップ

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

プチ隆鼻術プチスレッド・ノーズアップ

プチスレッド・ノーズアッププチスレッド・ノーズアップ

切らない隆鼻術

溶ける糸で安全に鼻を高く

プチスレッド・ノーズアップとは

プチスレッド・ノーズアップは、「プチスレッド」という、溶ける医療用の糸を鼻の鼻柱(びちゅう)という部分と鼻筋という部分に挿入し、鼻先を高くする美容整形です。

鼻尖形成術(びせんけいせいじゅつ)の一種です。

プチスレッド・ノーズアップの美容整形の対象部位

鼻の美容整形で成形できる部位は、「鼻筋(はなすじ)」、「鼻先(鼻尖)」、「小鼻(鼻翼)」の3つの部位です。鼻先は、鼻尖(びせん)ともよばれ、小鼻は鼻翼(びよく)とも呼ばれます。

この3つの部位の中で、プチスレッド・ノーズアップの美容整形ができるのは、鼻先になります。

鼻の穴は左右2か所ありますが、その間の皮膚の部分を「鼻柱(びちゅう)」と言います。プチスレッド・ノーズアップでは、プチスレッド(溶ける糸)を鼻柱と鼻筋に挿入することで、鼻先を高くする美容整形です。

鼻のヒアルロン酸注入はこのような方に向いています

  • 鼻先を高くしたい方
  • 鼻先をとがらせたい方
  • 団子鼻を治したい方
  • 注射のような方法で鼻先を高くしたい方
  • 仕事帰りなど短時間で施術を受けたい方
  • ヒアルロン酸で鼻筋は高くなったが鼻先も高くしたい方
  • プロテーゼを使用したくない方
  • 耳介軟骨移植手術ではない方法で鼻先を高くしたい方
  • やがて体に吸収される素材で美容整形を受けたい方

プチスレッド・ノーズアップの施術道具

インジェクターとプチスレッド

プチスレッド・ノーズアップは、インジェクターとプチスレッドという溶ける糸を使用して施術を行います。

シャープペンシルをイメージするとわかりやすいです。シャープペンシルがインジェクターで、シャープペンシルの芯が溶ける糸になります。インジェクターを押すと、インジェクターの中に入っているプチスレッドが押し出されます。

鼻を高くする場合、鼻先にインジェクターの先の部分を当てて、インジェクターの上の部分を押し出すとプチスレッドが出てくるので、そのままプチスレッドが鼻の中に挿入されます。

プチスレッド・ノーズアップでは、プチスレッドを鼻柱と鼻筋にそれぞれ4本ずつ挿入します。

プチスレッドを挿入する際は、鼻先をつまみながら挿入します。つまみながら挿入すると、プチスレッドが接着剤の役割を果たすので、鼻先をつまんだ状態の高さからは若干低くなりますが、もともとの鼻より高い位置で鼻先をキープすることができます。(個人差があります)

鼻にある軟骨について

鼻の軟骨の名称

鼻は人間が呼吸をするための空気の出入り口になっています。骨は硬くて頑丈ですが、その一方で、くだけやすい性質があります。鼻はぶつけやすいので普通の骨でできている場合、すぐ折れてしまい、呼吸ができなくなってしまいます。

そのため、鼻は鼻骨、外側軟骨、大鼻翼軟骨、小鼻翼軟骨といった複数の軟骨という弾力性がある丈夫な骨でできています。これらの軟骨が屋台骨となって空気が出入りしやすいよう、鼻の皮膚を支えています。

プチスレッドの挿入場所

プチスレッドは鼻の軟骨の上にある皮下組織に、鼻筋と鼻柱に沿って挿入します。

プチスレッドの挿入方法

2種類の挿入方法

鼻柱にプチスレッドを挿入する場合、まっすぐプチスレッドを挿入する「ストレート法」と、交差させて挿入する「クロス法」の2種類の方法があります。

お一人お一人の鼻の形に合わせて、挿入方法を適宜決定して施術を行っています。

鼻先を尖らせるように持ち上げる

この画像は、イメージ画像ですが、鼻柱と鼻筋にプチスレッドを挿入すると、丸みがあった鼻先がツンと尖って(とがって)上がるのでツンとした鼻筋の通った鼻にすることができます。※仕上がりには個人差があります。

プチスレッドの素材について

プチスレッドの素材
素材1

特殊な形状

素材2

溶ける性質

素材3

弾力性のある性質

素材4

長さは8種類

素材5

衛生面に配慮

素材1

特殊な形状

プチスレッドは、鼻先を高くできるように特殊な形状をしています。プチスレッドの両方の先端は、ほうき状になっており、胴(どう)の部分はコグ(トゲとも呼ばれます)が複数個ついています。

プチスレッドを鼻に挿入すると、両側の先端についているほうき状の部分が鼻先と骨を上下につっかえ棒のように押し上げ、鼻先を高く持ち上げようとします。

また、胴の部分にあるコグ(トゲ)が鼻に挿入後、組織に食い込み、鼻先を上に持ち上げようとします。

素材2

溶ける素材

プチスレッド・ノーズアップは安全な生体材料(医療用素材)として認められている縫合糸です。PDO(Polydioxanone)という、体内でやがて溶けてなくなる素材でできています。

素材3

弾力性のある素材

プチスレッド・ノーズアップは弾力性があります。鼻に挿入した後も突っ張りすぎることなく、筋肉の動きに合わせて動くように作られています。

素材4

プチスレッドの長さは8種類

プチスレッド(糸)の長さは8種類あります。その中から、鼻先を高くするためのプチスレッドを、お一人お一人の鼻の状態に合わせて医師が選び、鼻柱や鼻筋に挿入します。

素材5

衛生面に配慮

プチスレッドは衛生面に配慮して製造されています。

ヒアルロン酸とプチスレッド・ノーズアップ

鼻先には血管が無数にあり、鼻先の血管を詰まらせる恐れがあるため、ヒアルロン酸を鼻先に注入することはあまりありません。

また、万が一鼻先にヒアルロン酸を注入したとしても、鼻先の皮膚は厚いので、ヒアルロン酸が押しつぶされてしまい、鼻先を上に出すことができません。

一方、プチスレッドは、鼻に挿入後は「柱」の役割をするため、鼻先の皮膚に押しつぶれないように、鼻先を持ち上げることができます。

動画で解説

プチスレッド・ノーズアップを、共立美容外科の医師、磯野智崇が動画で解説しています。
※画像をクリックすると、Youtubeの動画が流れます。

プチスレッド・ノーズアップの施術の流れ

プチスレッド・ノーズアップの施術の流れ

プチスレッド・ノーズアップの施術の流れをご説明します。

※目安の流れになります。患者様のご状態、ご希望により医師の判断で、このご説明する流れと若干異なる場合があります。

  • Step1 ご来院

    ご来院
    • 医師

      共立美容外科は患者様にご満足いただけるよう、美容整形の施術や手術の内容に応じて担当する医師の予定を調整させていただいております。そのため、完全予約制となっております。
      ご来院される際は、事前のご予約をお願いしております。また、スタッフ一人一人が、患者様をお待たせしないように心がけております。

  • Step2 問診票の記入

    問診票の記入
    • 医師

      医師によるカウンセリングの前に問診票(もんしんひょう)という用紙に、美容整形に関するお悩みをお書きいただいております。
      この用紙をもとに、カウンセリングをさせていただきますので、施術時間など、気になることを何でもお書きください。

  • Step3 医師によるカウンセリング

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      患者様とコミュニケーションをしっかりとるために、共立美容外科ではカウンセラー職という職を置いておらず、医師が直接カウンセリングを行います。どのような鼻先にされたいかなど、具体的なご要望を医師にお伝えくださいね。緊張されていると思いますので、柔らかい雰囲気作りをどの医師も心がけています。
      また、プチスレッドノーズアップの施術方法やご注意点なども合わせてお伝えさせていただいております。もし、鼻先以外にも興味がある美容整形があれば担当医にお気軽にご相談してみてくださいね。

  • Step4 料金のご説明

    料金のご説明
    • 医師

      プチスレッドノーズアップのご料金を施術前にご案内させていただいております。分かりやすく丁寧にご説明させていただくよう心がけています。ご料金についてのご不明な点は、スタッフにお伝えください。
      また、当院では、各種クレジットカードや医療ローンもご利用いただけます。

  • Step5 施術室へ入室

    施術室へ入室
    • 医師

      施術室にご案内いたします。施術室にご入室されましたら、髪をおまとめさせていただき、横になっていただきます。緊張されていると思いますので、スタッフ全員が優しい雰囲気作りを心がけています。
      また、施術室にはBGMが流れていますので、リラックスしていただければと思います。

  • Step6 麻酔クリーム

    麻酔クリーム
    • 医師

      鼻に麻酔クリームを塗ります。麻酔クリームを塗りましたら、20分程度お待ちいただきます。20分程度たちましたら、鼻の感覚がなくなってきます。

      ※麻酔クリームは別途5,400円(税込み)になります。

  • Step7 麻酔クリームのふき取り

    麻酔クリームのふき取り
    • 医師

      麻酔クリームをふき取ります。

  • Step8 デザイン

    デザイン
    • 医師

      プチスレッドをどのように挿入するかデザインを行います。プチスレッドは鼻先から挿入しますので、刺入点(しにゅうてん)というインジェクターの針を刺す個所のマーキングを行ったりもします。

  • Step9 消毒

    30分程度お待ちいただきます
    • 医師

      鼻を中心に、顔を丁寧に消毒します。消毒後は清潔さを保つために、顔に手を触れないようにしていただいています。

    ワンポイント:複数人体制で行っています。

    安全への配慮
    • 医師

      プチスレッドノーズアップの施術は、医師一人では行わず、医療スタッフを配置して複数人体制で行っています。共立美容外科は安全面や衛生面に配慮して施術を行っています。

  • Step10 衛生面に配慮

    衛生面に配慮
    • 医師

      衛生面に配慮するために、滅菌された医療用の布を顔にかけます。この布は最後まで清潔な状態で使用しています。

  • Step11 プチスレッドの刺入点

    プチスレッドの刺入点
    • 医師

      デザインをもとに、鼻にプチスレッドを挿入していきます。デザインは患者さまの鼻の状態や、なりたい鼻の形に応じ、お一人お一人に合わせてデザインしていますよ。
      プチスレッドは鼻先より挿入します。

  • Step12 麻酔の注射

    麻酔の注射
    • 医師

      麻酔の注射を行います。痛くないように細い針でゆっくり注入します。
      また、事前に麻酔クリームを塗っている場合、個人差はありますが、痛みはほとんどないと思います。

  • Step13 鼻柱にプチスレッドを挿入

    鼻柱にプチスレッドを挿入
    • 医師

      まず、鼻先をつまみながら、骨に垂直になるようイメージしながら鼻柱(びちゅう)にプチスレッドを挿入します。鼻柱には4本プチスレッドを挿入します。

  • Step14 鼻筋にプチスレッドを挿入

    鼻筋にプチスレッドを挿入
    • 医師

      次に、鼻先が綺麗な角度になるようイメージしながら、鼻先から鼻筋に向かってプチスレッドを挿入します。鼻筋にも4本のプチスレッドを挿入します。

  • Step15 鼻先の微調整

    鼻先の微調整
    • 医師

      最後に、バランスを考えながら、鼻先を尖らせるように微調整を丁寧に行います。

  • Step16 お疲れさまでした

    お疲れさまでした
    • 医師

      お疲れさまでした。リラックスして受けていただけていたらうれしいです。

  • Step17 患部のクーリング

    患部のクーリング
    • 医師

      最後に、患部を10分程度丁寧に冷やします。目をつぶった状態になりますので、施術でお疲れでしょうからお休みになっていただいても構いませんよ。

  • Step18 ご帰宅

    ご帰宅
    • 医師

      お気をつけてお帰りくださいませ。数あるクリニックより当院をお選びいただきましてありがとうございました。
      お帰り後、何かご不安な事がございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

プチスレッド・ノーズアップの症例写真

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

    • 施術前施術前

      施術前

    • 施術後施術後

      施術後

  • 主なリスク、副作用等
    1. ◆ 糸を挿入する鼻先に赤い内出血が少し出ます。ただし、メイクで隠すことが可能です。7〜10日間程度で消えてなくなります。
    2. ◆ 術後の痛みは、鼻を手で触れた際にある疼痛が5〜7日ほど継続しますが、医師の施術に依存します。
    3. ◆ 症例は個人差があります。
    4. ◆ リスク・副作用に配慮して、丁寧に鼻の手術の治療を行います。

プチスレッド・ノーズアップ よくあるご質問

    • ダウンタイムはありますか?

    • ほとんどありません。糸を挿入する鼻先に赤い内出血が少し出る程度です。7〜10日間程度で消えてなくなります。また、メイクで隠すことが可能です。

      痛みは、鼻を手で触れた際にある疼痛が5〜7日ほど継続しますが、医師の施術に依存します。

    • ヒアルロン酸との併用はできますか?

    • 可能です。むしろ併用によってさらに自然で患者さまの望む鼻形成ができる可能性があります。ヒアルロン酸との併用を推奨しています。

    • どのくらいの頻度で施術を行えばいいですか?

    • 2ヶ月後から吸収が開始され半年でプチスレッド・ノーズアップが吸収されます。そのため、半年から1年での再度の施術を推奨します。しかし、半年以内であっても鼻の形をより維持したいという患者さまの希望があれば施術が可能です(通常よりも少ない本数で形成が可能です)。また、2週間後でも追加施術は可能です。なお、完全に吸収された後でも最初の矯正体積の20〜40%が残るとされています。

    • プチスレッド・ノーズアップが入った状態でサーマクールやウルセラはできますか?

    • 真皮よりも下層に熱影響を及ぼすこれらの機器により、プチスレッド・ノーズアップが変形したり、早期の吸収を惹起する可能性がありますので推奨はしていません。

    • 何cmほど鼻の高さはアップしますか?

    • 個人差がありますが、鼻の皮膚が柔らかく、伸びやすい方のほうが効果が高いとされています。

    • 何歳からできますか?

    • 10代後半から可能です。成長期の方でも受けていただけます。

    • 何本まで入れることができますか?

    • 特に決まりはありませんので、ご希望される鼻の形に合わせて、本数を挿入することが可能です。一般的には、8〜12本で患者様の期待する鼻の形成が可能と考えております。

    • どのくらいもちますか?

    • 前述のとおり、2ヶ月後から吸収が開始され、半年で吸収されます。

    • 施術時間はどのくらいですか?

    • 担当医の技術にもよりますが、プチスレッド・ノーズアップの施術だけで10〜15分です。これに加えて麻酔の時間が必要です。

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

共立美容外科には、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医(辻野医師や、中川医師、望月医師など)や、日本外科学会が認定する外科専門医(児玉医師や宮田医師など)が在籍しており、他院でされた鼻の整形の修正や、セカンドオピニオンにも対応しています。

どの医師も、患者様と優しく気持ちよくコミュニケーションをお取りすることを心がけています。

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して。私たちの付加価値

価格に関して、患者様に喜んでいただけるよう、誠心誠意、真摯に価格設定をしています。

当院は安売りをするクリニックではないので、価格に関してご満足いただけない場合があるかもしれませんが、価格以上の価値を提供できるよう日々努めています。

患者様に一番ご満足いただける価格は、「安かろう悪かろう」ではなく、美容のお悩みに対して適切な価格で、価格以上の価値を提供させていただき、ご満足いただくことだと思っています。

私たちの価値

  • 1人の患者様に複数人の医療スタッフで対応。
  • 完全予約制をとり、1人の患者様に対して時間をかけておもてなしをさせて頂いています。
    (患者様に対して、流れ作業のようなご対応をしておりません。)
  • 美容の医師が直接カウンセリングを行います。
  • 注射針をはじめ、こだわりのある美容医療器具を使用しています。
  • 総合病院や大学病院勤務の経験がある医師を採用しています。
  • 新卒ではなく、経験のある看護師を採用しています。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。
※手数料は不要です。

プチスレッド・ノーズアップの概要

料金 1回8本挿入 ¥129,600
追加挿入※(4本) ¥51,840
※当日に限ります。

クレヴィエル、ヒアルロン酸、プロテーゼとの併用も可能。
※モニター割引あり。詳しくはお問合せください。
治療時間 約10分
通院回数 1回
回復までの期間 針穴、赤みは1日程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

第107回日本美容外科学会 学会長就任

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科のおもてなし

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、氷見 祐二医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師などによって監修されています。

ヒアルロン酸クレヴィエル・コントアの注入でアゴをシャープにする

おすすめ最新「クレヴィエル・コントア」でアゴをシャープににする”

その他の鼻の施術

共立美容外科

共立美容外科|プチスレッド・ノーズアップのページをご覧の皆様へ

このページでは、プチスレッド・ノーズアップについてご確認頂けます。プチスレッド・ノーズアップは、鼻を高くする施術に向いています。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に23院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340