英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

鼻尖縮小のダウンタイムってどれくらいかかるかを美容外科医が解説

公開日:2022年03月13日(日)
最終更新日:2022年03月14日(月)

鼻の整形
鼻先が高い女性

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

鼻を高くしたい!スッと鼻筋の通った鼻がほしい!団子鼻を改善したい!

鼻の形や大きさ、左右の非対称性などにコンプレックスを抱えている人は非常に多く、共立美容外科では、鼻に悩みを抱える多くの患者様に対して、理想的な鼻を手に入れるためのお手伝いをさせていただいております。

一般的な鼻の美容整形では、鼻にシリコンなどの人工物を埋め込んだり、鼻にプロテーゼなどを挿入するような手術が行われます。

物理的に鼻を高くするというだけではなく、「鼻先を細くする」ことで、鼻が高く、鼻筋が通ったように見えるようになります。

このような手術は、専門的には鼻尖縮小術(びせんしゅくしょうじゅつ)と呼ばれ、鼻にコンプレックスを抱える多くの方が実施されている美容手術となります。

団子鼻を改善させる他、鼻筋が通った美しい鼻を手に入れることができる手術であるのはもちろん、傷跡がほとんど分からない、術後のダウンタイムが短いなど、様々なメリットのある手術であることも、鼻尖縮小が人気になっている秘密です。

そこで今回は、鼻尖縮小に関して基本的な内容を紹介するとともに、鼻尖縮小に伴うダウンタイムに関して詳しく解説していきます。

団子鼻に悩んでいる、鼻が低いのがコンプレックス、鼻の形を変えたい、などなど、鼻に関してお悩みのある方は、ぜひ最後までお読み下さい。

 

鼻尖縮小について

鼻先を高くする女性

鼻尖縮小は、鼻先を小さく細くするための美容手術であり、一般的には、団子鼻のような低くて丸い鼻を改善するために適した手術であると言われています。

鼻の先が丸かったり、団子鼻のように見えてしまうというのは、鼻先の軟骨の発達などに原因がある場合が多いため、今回紹介する鼻尖縮小術を行い、鼻尖と呼ばれる鼻先の部分の形成を整えてあげることで、鼻がスッと高く美しく見えるようになります。

大きな人工物を入れて物理的に鼻を高くしなくても、鼻先の部分を少しだけ調節することで、劇的な効果が出る場合も多く、鼻尖縮小術は傷跡が少なくダウンタイムが短い手術として非常に人気な手術方法です。

つまり鼻尖縮小(鼻尖縮小術)とは、鼻先を細く高く尖らせる美容整形であるということができます。

インターネット上の整形失敗の記事や画像のような、鼻を大きくしたり、鼻を高くするというイメージとは異なり、鼻尖縮小はより自然に違和感なく鼻を高く美しく見せることができる手術です。

鼻の内側や目立たない部分を少しだけ切開して手術を行うため、傷跡も少なく強い痛みも殆どない手術方法です。

5日〜1週間程度で抜糸ができるので、実質的なダウンタイムは5日程度ということができます。

ダウンタイム中には痛みや腫れ、内出血などが生じる可能性がありますが、マスクをするなどで見えなくすることも可能であるため、大々的に整形手術がバレてしまうということはないでしょう。

しかし、家族などにはダウンタイム中の腫れや炎症などが分かってしまう可能性もあるため、手術を決める前には十分なカウンセリングを受けていただき、ご納得いただいた上で手術をするのが良いでしょう。

 

ではここからは、より詳しく鼻尖縮小に関して紹介していきます。

共立美容外科で行っている鼻尖縮小術に関しても、手術の詳細を交えながら解説していきますので、参考にしていただければと思います。

 

鼻尖縮小の目的

鼻尖縮小は「明らかに鼻を整形した」と思われるようなタイプの整形手術ではなく、「バレにくい」鼻の美容整形方法として知られています。

整形後に望まれる鼻の形にもよりますが、より自然に美しく鼻先の尖った形を手に入れることができます。

 

  • 団子鼻がコンプレックス
  • 鼻を細くすっきりと見せたい。
  • 鼻先を高くしたい。
  • 鼻先を尖らせたい。
  • 鼻の穴の形を縦長にしたい。
  • 横につぶれたような鼻の形を変えたい。

 

などなど、鼻尖縮小術では、多くの鼻のお悩みを解決することが可能です。

鼻尖縮小であれば、整形をして「付け鼻」のようになってしまう心配もなく、自然にコンプレックスを解消することができます。

 

鼻を高く尖らせる4つの方法

鼻尖縮小の方法を説明する看護師

ではここからは、共立美容外科で行っている、主な4つの鼻の整形手術を紹介していきます。

当院では、現在の鼻の形や望まれる状態、ダウンタイムや効果持続時間など、お一人おひとりに合わせた手術を行わせていただきます。

医師やカウンセラーとともに、最も良い方法を検討していきましょう。

 

プチスレッド・ノーズアップ

まずは「プチスレッド・ノーズアップ」とよばれる方法です。

プチスレッド・ノーズアップは、溶ける糸を鼻先に挿入して、鼻先を細く高く尖らせる手術方法です。

局所麻酔で行うことができる手術であり、比較的簡単かつ短時間、ダメージが少ない手術になります。

しかし、挿入した医療用の糸は数カ月で溶けるので、効果も数カ月になってしまいます。

メリットのデメリットがはっきりしている手術です。

 

プチスレッドノーズアップのバナー

▼共立美容外科のプチスレッド・ノーズアップについての詳細はこちら

 

 

プロテーゼの挿入

美容に興味がある方であれば、プロテーゼという言葉を耳にした事があるという方も多いのではないでしょうか。

アルファベットの「L」の形や「I」の形をしたプロテーゼを挿入することで、鼻先を尖らせる手術がプロテーゼ挿入です。

お一人おひとりの顔の形や鼻の状態に合わせて、医師がハンドメイドでプロテーゼを製作するため、ナチュラルな仕上がりになります。

 

鼻のプロテーゼのバナー

▼共立美容外科の人気の鼻のプロテーゼの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

耳介軟骨移植手術

耳介軟骨移植手術(じかいなんこつ いしょくしゅじゅつ)は、耳の軟骨を鼻先に挿入し、鼻先を細く高く尖らせる手術です。

プロテーゼと併用して行う場合が多いです。

 

耳介軟骨移植のバナー

▼共立美容外科の耳介軟骨移植による鼻尖形成についての詳細はこちら

 

 

鼻尖縮小手術

そして、今回のメインである鼻尖縮小手術です。

鼻尖縮小術は、丸い団子鼻の原因となっている、鼻先にある軟骨に手を加えて尖らせ、鼻先を高くする手術です。

鼻先を尖らせることで、鼻筋に大きなプロテーゼなどを入れることなく、自然に鼻筋の通った美しい鼻の形を手に入れることができます。

 

鼻尖縮小手術のバナー

▼共立美容外科の鼻尖縮小術についての詳細はこちら

 

 

鼻尖縮小のデメリット

鼻尖縮小のデメリットを考える看護師

ここまでで鼻尖縮小のメリットを多く紹介してきました。

鼻尖縮小手術は鼻先を尖らせることで自然に高い鼻を手に入れることができる美容整形手術であり、体へのダメージが少なく、傷跡もほとんどない人気の手術です。

鼻尖縮小のメリットはとても多く、幅広い方のお悩みを解決できる手術であるといえます。

では最後に、鼻尖縮小手術のデメリットや「ダウンタイム」について紹介します。

 

 

鼻尖縮小手術のダウンタイムはどれくらい?

プチスレッドノーズアップの場合、ダウンタイムはほぼありません。糸を挿入した鼻先の内出血が1週間程度あります。

プロテーゼの挿入や、鼻尖縮小手術、耳介軟骨移植のダウンタイムはほぼ同じです。

ただ、耳介軟骨移植の場合、耳から軟骨を取るため、5日間程度、耳の圧迫固定をする必要があります。耳にガーゼを装着して過ごしていただきます。

共立美容外科では、鼻尖縮小の手術が終わり次第、抜糸(ばっし)の日を予約していただくことになります。

抜糸の日は、手術後5日〜7日になります。

基本的には、抜糸までのこの期間(5日程度)をダウンタイムとお考えいただくとよいかと思います。

個人差はあるのですが、手術後(ダウンタイム中)に一時的に内出血や炎症、腫れや痛みなどが生じる場合があるため、家族や近しい人には鼻の手術をしたということが分かってしまうことがありますが、会社や学校などの場所ではマスクで隠すことは可能です。

腫れることがあっても、2〜3日でおさまっていく場合が多いため、ダウンタイム中の生活に大きな支障が出るという可能性は少ないです。

 

ダウンタイム中の注意点

ダウンタイム中の激しい運動や長時間の入浴、飲酒や喫煙などは避けていただくことが大切です。

シャワーや軽い入浴であれば可能ですが、鼻への刺激や手術部位に細菌が感染しないように注意する必要があります。

また、喫煙は血液の循環を悪くする為、傷の治りが悪くなり、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなりますので、よりきれいな鼻を手に入れたいという人は、医師の許可があるまで禁煙することが理想です。

せっかくきれいな鼻になっても、細菌感染による炎症を起こしてしまっては台無しです。

特に鼻尖縮小術手術の前後には禁煙を心がけましょう。

 

鼻尖縮小の副作用や安全性は?

鼻尖縮小手術は痛みや腫れが少なく、ダウンタイムが短い手術ではありますが、副作用が全く無いというわけではありません。

可能性のある副作用としては、感染症や内出血、患部の腫れなどが挙げられます。

とはいえ、手術後の抗生物質の内服やダウンタイム中の安静によって、副作用の出現を未然に防止することも可能ですので、過度に心配される必要はないかと思います。

副作用や安全性、ダウンタイムに関して質問がある方は、ぜひお気軽に当院カウンセラーや医師にご相談ください。

 

鼻尖縮小手術はダウンタイムの短いおすすめな手術!

鼻尖縮小手術が終わって患者と話す医師

鼻尖縮小のメリットのひとつとして「ダウンタイムが短い」ということが挙げられます。

短いというと語弊があるかもしれませんが、ダウンタイム中であっても腫れなどが少ないこともあり、ダウンタイム中でも日常生活に大きな影響を及ぼさないというのがおすすめできるポイントです。

マスクなどをしてしまえば、職場や学校などにも普通に通うことができます。(激しい労働や運動は避けましょう)

また、鼻尖縮小は仕上がりも自然であり、整形をしたとはっきり気づかれない(バレにくい)のも人気の理由です。

体へのダメージを抑えて、鼻のコンプレックスを改善したいという方は、ぜひ一度当院までご相談ください。

お一人おひとりに最適な方法をご提案させていただきます。

 

鼻尖縮小手術のバナー

▼共立美容外科の鼻尖縮小術についての詳細はこちら

 

鼻の整形のバナー

▼共立美容外科の鼻の整形のメニューや料金、手術方法についての詳細はこちら

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 玉田 洋(たまだ ひろし)

    玉田 洋(たまだ ひろし)

    共立美容グループ 中国四国エリア統括就任
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1990年
        愛媛大学医学部 卒業
        1990年
        愛媛大学付属病院 入局
        2004年
        共立美容外科 高松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 中国四国エリア統括就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444