耳介軟骨移植で行う鼻尖形成術。

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00~19:00

0120-500-340
全国23院共通

0120-340-428夜間もお電話受付中!23時まで
(新宿、渋谷、銀座、立川、千葉、横浜のみ)

menu

鼻の美容整形耳介軟骨移植で行う鼻尖形成術

耳介軟骨移植手術耳介軟骨移植手術

ご自身の耳の軟骨を鼻先に移植し
鼻先を高く細く

耳介軟骨移植による
鼻尖形成術

耳介軟骨移植とは

耳介軟骨(じかいなんこつ)移植手術は、耳から軟骨を採取して、その軟骨を鼻先に移植し、鼻先(鼻尖)をシュッとさせる鼻の美容整形です。

耳介軟骨だけを挿入する場合もありますが、基本的にプロテーゼと併用して鼻筋を高くして鼻先をスッととがらせる美容整形手術になります。

耳介軟骨移植はこのような方に向いています

  • 半永久的に鼻を高くしたい方
  • 自分の組織で鼻先を尖らせたい方
  • 鼻先の方向を変えたい方
  • 鼻筋をシュッとさせたい方
  • 鼻先をシュッとすることによって小顔の印象にしたい方
  • 鼻先を出したい方
  • 鼻先の丸みをなくしたい方

耳介軟骨移植の適応部位

鼻の美容整形で成形できる個所は、「鼻筋」、「鼻先(鼻尖)」、「小鼻(鼻翼)」の3つの個所になります。鼻先は、鼻尖(びせん)ともよばれ、小鼻は鼻翼(びよく)とも呼ばれます。

この3つの部位の中で、耳介軟骨移植手術の適用になるのは、鼻先と鼻筋になります。耳介軟骨移植手術は、耳から採取した軟骨だけでなくプロテーゼも併用して行う手術です。

鼻先に耳から採取した軟骨を挿入して高くとがらせて、鼻筋をプロテーゼを挿入して高くします。耳介軟骨とプロテーゼを併用して相乗効果を狙う手術でもあります。

鼻先の角度を調整

耳介軟骨移植

鼻先を向けたい角度により、耳介軟骨の大きさや角度を調整します。耳介軟骨を鼻先に挿入することで、鼻先を斜め上向き、前方向き、斜め下向きといったようにお好みの方向に鼻先を向けることができます。

耳から軟骨を採取する理由

自分自身の組織を鼻に挿入する場合、ある程度固い組織が必要です。軟骨はある程度の固さを持っているため、鼻に自分自身の組織を挿入する場合、軟骨が使用されます。

ただ、軟骨を自分自身の体から採取すると、その分軟骨が足りなくなってしまう部分が出てきます。耳の軟骨なら鼻先に挿入する程度の量を採取しても、機能に影響がないため、生活に支障がでませんし、耳の見た目も変わることがありません。

そのため、鼻先に軟骨を挿入する場合は、耳から軟骨を採取して鼻に挿入します。

ご自身の組織を利用

鼻をヒアルロン酸を注入する方法以外で高くする場合、なるべくなら異物ではない、ご自身の組織を挿入して高くすることが安全面から良いとされています。

しかしながら、ご自身の組織を移植して鼻を高くするということは、ご自身のどこかの組織が軟骨を採取した分足りなくなります。そのため軟骨を沢山採取して、鼻に移植することはできません。

鼻筋と鼻先では、鼻筋の方が広範囲です。また、鼻筋は細く通っています。体内には、広範囲に細く通っている軟骨があまりないので、鼻筋にはプロテーゼを挿入します。一方、鼻先は耳から十分な軟骨が採取できるので、鼻先には軟骨を使用する事ができます。

耳介軟骨移植手術で使用する軟骨はご自身の耳から採取したものなので、アレルギーの心配はありません。また、医療用のプロテーゼも安全性は非常に高いです。

移植する耳の軟骨について

移植する耳の軟骨

鼻先に移植する耳の軟骨の部分は「耳(じじゅ)」と呼ばれている部分か、「耳甲介(じこうかい)」と呼ばれている部分のどちらかになります。

耳珠を採取する場合は、耳の山状になっている線に沿って縫った際に目立たなくなるよう皮膚を切開し、耳珠を採取します。耳珠がなくなっても丸みがでるように耳珠の軟骨をうまく残して切除します。

一方、鼻を極端に高くしたい場合、耳珠では軟骨が足りない場合があります。その場合は、切開部分が目立たなくなるように耳の後ろを切開して、耳甲介という耳珠より大きい軟骨を必要な分切除して取り出して鼻に挿入します。

鼻先に軟骨を挿入するメリット

鼻の下、3分の1は骨がないため、鼻先に圧力をかけた場合、グラグラと動かないといけません。そのため鼻筋にはI字プロテーゼを挿入し、鼻先には耳から採取した軟骨を挿入します。

耳から採取した軟骨はこのように鼻先分しかありません。そのため鼻先に挿入すると、鼻先に挿入された軟骨は、鼻筋などの他の組織とくっついていないため、鼻先だけグラグラと動くことができます。

肋軟骨(ろくなんこつ)移植はしておりません。

人の体には、軟骨が色々な場所にもありますが、耳の他にも、肋軟骨(ろくなんこつ)という、胸部にある軟骨があります。

肋軟骨を鼻に移植することもできますが、肋軟骨はもともとカーブ状に曲がっているため、鼻に挿入すると時間が経つとカーブ状に曲がってくるため、当院では肋軟骨を鼻に挿入することは、基本的に最適ではないと考えております。

プロテーゼに関して

共立美容外科は、高さや幅、長さや形が違ったさまざまなプロテーゼをご用意しています。

プロテーゼは、患者様のご希望や鼻の形に合わせて、医師がオーダーメイドでプロテーゼを製作しています。

日本人が好む横顔

日本人が好む横顔

顔を横から見たときに、おでこから鼻にかけて緩やかなS字カーブをしていると美しいと言われています。また、鼻先と顎の先を結んだ線はEライン(エステティックライン)と呼ばれていますが、このEラインの線上に唇あると美しいと言われています。

共立美容外科では耳介軟骨移植手術をする場合、このおでこから鼻にかけての緩やかなS字カーブと鼻と唇と顎にかけてのEラインを意識して手術を行っています。

日本人が好む横顔

鼻の美容整形をする際は、鼻先と唇の距離も意識して手術を行います。黄金比という数学的な比率がありますが、手術をする際は、鼻だけでなく、鼻と目や、鼻と唇などとの距離感を考えながら手術を行っています。

共立美容外科の耳介軟骨移植のポイント

日本人が好む横顔
ポイント1

解剖学を熟知

ポイント2

採取した軟骨の微調整

ポイント3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

ポイント4

内出血と腫れに配慮

ポイント5

複数人の医療スタッフを配置


ポイント1

解剖学を熟知

解剖学を熟知

鼻や耳の周りには傷をつけてはいけない大事な血管や神経細胞が沢山あります。耳介軟骨移植手術をする際は、解剖学を熟知し、それらの組織を傷つけないように丁寧に手術を行っています。

また手術中は鼻から呼吸がしっかりでできるように配慮しながら手術を行っています。

ポイント2

採取した軟骨の微調整

採取した軟骨の微調整

耳から採取した軟骨をそのまま鼻に挿入するのではなくお一人お一人の鼻の形や状態、ご希望に合わせて微調整して挿入しています。

ポイント3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

耳介軟骨移植手術を行う場合の医療器具は多岐にわたります。筋鉤(きんこう)、ラスパ、使い捨てメス、メイヨー剪刀(はさみ)など、何種類もの医療器具を使用します。

共立美容外科では一つ一つこだわりを持った医療器具を使用しています。また、完全滅菌された清潔な医療器具や使い捨ての医療器具を使用しています。

ポイント4

内出血と腫れに配慮

内出血と腫れに配慮

内出血や腫れを抑えるために、血を止める医療機器を使用して細かく止血を行っています。

耳から軟骨を採取する際、皮膚を切るために血が出てしまいます。血が出過ぎてしまうと内出血や腫れなどの弊害をおこしてしまう場合があります。

共立美容外科では内出血や腫れを防ぐために血を止める専用の医療機器を使用し、耳介軟骨移植手術を行っています。

ポイント5

複数人の医療スタッフを配備

複数人の医療スタッフを配備

安全に配慮するために、複数の医療スタッフを配置し、清潔な環境で丁寧に手術をしています。

鼻の整形の修正

プロテーゼを除去して再度プロテーゼや耳介軟骨を入れ直したい方など、他院で行った鼻の美容整形手術の修正などにも対応しています。

セカンドオピニオンも対応

セカンドオピニオンも対応

当院には、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医(辻野医師や、中川医師、望月医師など)や、日本外科学会が認定する外科専門医(児玉医師や宮田医師など)が在籍しており、他院でされた鼻の整形の修正や、セカンドオピニオンにも対応しています。

どの医師も、患者様と優しく気持ちよくコミュニケーションをお取りすることを心がけています。

壊死(えし)を防ぐためにしている事

壊死(えし)の対策

耳介軟骨移植手術で壊死(えし)を心配される方がいらっしゃいますが、共立美容外科では耳の軟骨を採取した後の耳の壊死を防ぐために、手術後、耳をしっかりと圧迫固定しています。

耳を圧迫固定することで、耳に血だまりができる事を防ぎ、結果として壊死になることを防いでいます。圧迫固定はおよそ5日程度行います。

手術後の経過とダウンタイムの対策

手術後の経過とダウンタイムの対策

耳介軟骨移植手術は耳と鼻の2か所にメスを入れるため、耳と鼻のそれぞれにダウンタイムがあります。

通常、耳は手術後もほとんど腫れませんが、圧迫固定をしなければいけないため、5日間、耳にガーゼを装着している状態になります。この時期は、他人から指摘された場合「ピアスの穴がちぎれてしまった」と回答し、ごまかされている方が多いです。

一方、鼻は2週間程度腫れが目立ちます。他人からはあまりわからず、本人が気にする程度の腫れやむくみは2〜3か月続きます。化粧は1週間ほど経てばできるようになりますので、腫れはファンデーションでごまかすことができます。

鼻の形を固定するために、5日程度テープで圧迫固定をします。その間に外出する場合は、マスクをつけて外出すれば、鼻に貼ったテープは他人からほとんど分かりません。

入浴は手術後のむくみによくないので、温まらない程度なら2週間経てば可能ですが、温まる場合は、1か月避けていただきます。シャンプーは抜糸までできませんが、耳や鼻をぬらさなければ、手術の翌日からシャワーは可能です。

運動は、軽い運動なら2週間後から可能で、激しい運動は2カ月後から可能です。

耳介軟骨移植の施術の流れ

耳介軟骨移植手術の施術の流れ

耳介軟骨移植手術の流れをご説明します。

  • 目安の流れになります。患者様のご状態、ご希望により医師の判断で、このご説明する流れと若干異なる場合があります。
  • Step1 ご来院

    ご来院
    • 医師

      共立美容外科は、患者様になるべくお待たせしないようにするために、完全予約制となっております。
      事前に、お電話、またはホームページよりご予約の上ご来院くださいませ。

  • Step2 落ち着いた雰囲気の院内

    落ち着いた雰囲気の院内
    • 医師

      院内は、どの院も患者様にリラックスしていただけるよう落ち着いた清潔感のある雰囲気になっています。院内のBGMを聞きながらリラックスしてお過ごしくださいませ。

  • Step3 受付

    受付
    • 医師

      お越しいただきましてありがとうございます。受付でお名前をお伝えください。

  • Step4 待合室

    待合室
    • 医師

      なるべくお待たせしないようにさせていただいておりますが、お待ちになる場合は、雑誌等お読みいただきおくつろぎいただければと思います。

  • Step5 問診票の記入

    問診票の記入
    • 医師

      医師によるカウンセリングの前に、問診票をお書きいただいております。問診票には、鼻の高さや形に関するお悩みに加え、美容医療に関するお悩みをお書きください。
      治療に関するご不安な点も、些細なことでも構いませんので、気兼ねなくお書きいただければと思います。

  • Step6 医師によるカウンセリング

    医師によるカウンセリング
    • 医師

      医師による耳介軟骨を鼻に移植する手術のカウンセリングを行っています。鼻の高さや形に関してどのようなお悩みがあるのか、どのように美容整形したいのか、具体的な患者様のお悩みを一つ一つお伺いさせていただいております。
      患者様は緊張されていらっしゃると思いますので、どの医師も話しやすい雰囲気を心がけています。

  • Step7 料金のご説明

    料金のご説明
    • 医師

      スタッフよりご料金をご案内させていただきます。ご料金についてご不明な点は、スタッフにお伝えください。
      共立美容外科では各種クレジットカードや医療ローンをご利用いただけます。

  • Step8 血液検査&手術日のご予約

    血液検査&手術日のご予約
    • 医師

      耳介軟骨移植手術は、リラックス麻酔(眠る麻酔)で行われます。リラックス麻酔の場合は事前の血液検査が必要になります。
      血液検査の結果が数日で出ますので、その結果が出た後に手術を行います。

  • Step9 手術日当日

    手術日当日
    • 医師

      手術日当日です。入院の必要はございませんので、リラックスしてお越しください。

  • Step10 手術室へ入室

    手術室へ入室
    • 医師

      施術室にご案内いたします。施術ベッドに横になっていただきます。施術室はBGMが流れており、清潔感に配慮された落ち着いた雰囲気になっています。どの院も、患者様が怖がられないように、優しい雰囲気作りをしていますよ。
      患者様が緊張されないよう、スタッフはなるべく会話をするように心がけています。

  • Step11 軟骨を採取する個所のデザイン

    軟骨を採取する個所のデザイン
    • 医師

      耳から軟骨を採取するためにメスを入れる部分をデザインします。メスを入れる部分は、耳の後ろなど他人から目立たない部分になります。

  • Step12 鼻のデザイン

    鼻のデザイン
    • 医師

      鼻のデザインをします。前からだけではなく、横から見ても美しくなるように計算してデザインしています。
      耳介軟骨移植手術は、鼻筋をプロテーゼを挿入することによりスッとさせて、鼻先に耳介軟骨を挿入して鼻先の角度を調整する手術なので、顔全体のバランスを考えながら、鼻筋から鼻先のラインを計算してデザインします。

  • Step13 眠る麻酔

    眠る麻酔
    • 医師

      リラックス麻酔(眠る麻酔)の点滴をします。だんだん眠くなってきます。
      深い眠りになりますので、起きたら手術が終わっている状態になります。

  • Step14 消毒

    消毒
    • 医師

      手術部位である鼻や耳などを中心に消毒をします。また、手に触れた麻酔器のチューブも消毒します。

  • Step15 医療用の布

    医療用の布
    • 医師

      衛生面に配慮するために、滅菌された医療用の布を顔にかけます。

  • Step16 コットンの挿入

    コットンの挿入
    • 医師

      耳を切開する際に、血液等が耳の中に入らないようにするために、耳の穴にコットンを挿入します。
      丁寧に手術をするために、このような点にも配慮して手術をおこなっています。

  • Step17 耳への麻酔

    耳への麻酔
    • 医師

      ゆっくりと優しく麻酔を耳に注入します。

  • Step18 使い捨てのメス

    使い捨てのメス
    • 医師

      メスを用意します。メスは、安全面を考慮して使い捨てのものを使用しています。
      使い捨ての刃を取り出し、本体に装着して使います。

  • Step19 耳の裏側をカット

    耳の裏側をカット
    • 医師

      デザインにそって、耳の裏を1cmから3cm程度、丁寧にカットします。

  • Step20 止血

    止血
    • 医師

      血が多く出ないよう、医療用の機械を使い、随時、止血しながら軟骨を採取します。

  • Step21 人数をかけて手術

    人数をかけて手術
    • 医師

      安全面に配慮するために、医師一人では行わず複数の医療スタッフを配備して、丁寧に鼻の耳介軟骨移植手術を行っています。

  • Step22 耳介(じかい)軟骨の採取

    耳介(じかい)軟骨の採取
    • 医師

      鼻先を尖らす程度の軟骨を耳から適度に採取します。

  • Step23 耳介軟骨

    耳介軟骨
    • 医師

      耳から採取した軟骨です。今回は、耳介軟骨の中の「耳輪」と呼ばれる部分から軟骨を採取しました。

  • Step24 耳の裏の縫合

    耳の裏の縫合
    • 医師

      カットした部分を、傷跡が目立たたなくなるように丁寧に、細い糸で縫い合わせていきます。

  • Step25 耳の裏の縫い目

    耳の裏の縫い目
    • 医師

      縫い合わせた後はこのようになります。1本1本丁寧に縫われているのがわかります。
      この糸は手術後5日ほどで抜糸(ばっし:糸を抜く施術)します。

  • Step26 耳の圧迫固定のために糸の刺入

    耳の圧迫固定のために糸の刺入
    • 医師

      耳の軟骨(耳介:じかい)を採取したので、耳は軟骨の部分に隙間ができている状態になっています。その隙間を埋めるため、組織をくっつけるために、耳の後ろと前に軟膏がついているガーゼを押し当てて圧迫します。
      ガーゼを押し当てて固定するために、耳に医療用の細い糸を通してガーゼを固定します。医療用の糸はまずは耳の後ろから通します。

  • Step27 耳の圧迫固定

    耳の圧迫固定
    • 医師

      そしてガーゼを耳の後ろと前に置き、医療用の細い糸で止めます。

  • Step28 耳の圧迫固定の状態

    耳の圧迫固定の状態
    • 医師

      軟膏がついているガーゼを耳の前と後ろに固定した状態です。手術から5日程経ちましたら、抜糸の際にこのガーゼと糸も取り外します。

  • Step29 鼻への麻酔

    鼻への麻酔
    • 医師

      耳から軟骨を採取する作業が終わったら、次に鼻にプロテーゼと軟骨を挿入する作業に入ります。
      最初に極細の針でゆっくりと優しく麻酔を鼻に注入します。

  • Step30 麻酔液をいき渡らせる

    麻酔液をいき渡らせる
    • 医師

      麻酔が鼻にいき渡るように、優しく馴染ませます。

  • Step31 鼻の中をカット

    鼻の中をカット
    • 医師

      傷跡が他人から分からないようにするために、プロテーゼや耳から採取した軟骨は、鼻の中から挿入しますので、鼻の中をメスを使用して丁寧にカットします。

  • Step32 カットした部分を広げる

    カットした部分を広げる
    • 医師

      メーヨー剪刀 (はさみ)という医療器具を使い、プロテーゼや耳から採取した軟骨が鼻に入るように、メスでカットした部分を少しずつ広げます。

  • Step33 鼻の中を剥離(はくり)

    鼻の中を剥離(はくり)
    • 医師

      ラスパという医療器具を使いながら、さらにプロテーゼや耳から採取した軟骨が入りやすくなるように、鼻の中の組織を剥離(はくり)します。
      剥離した際に、血が鼻の中にたまらないように、しっかり血を吸引しながら剥離します。

  • Step34 医師によるプロテーゼの製作

    医師によるプロテーゼの製作
    • 医師

      患者様の鼻の状態と、希望の鼻の高さや形になるように、プロテーゼを製作します。

  • Step35 採取した耳介軟骨の調整

    採取した耳介軟骨の調整
    • 医師

      耳から採取した軟骨を、患者様の鼻先の状態に合わせて丁寧に形を整えます。

  • Step36 鼻の中のスペースの確保

    鼻の中のスペースの確保
    • 医師

      筋鉤(きんこう)と呼ばれる医療器具を使用し、鼻の中のスペースを広く確保します。

  • Step37 プロテーゼの挿入

    プロテーゼの挿入
    • 医師

      鼻にプロテーゼを優しくゆっくりと、適切な深さに挿入します。

  • Step38 耳介軟骨の挿入

    耳介軟骨の挿入
    • 医師

      鼻筋にプロテーゼを挿入したら、次に耳から採取した軟骨を鼻先に挿入します。

  • Step39 鼻の微調整

    鼻の微調整
    • 医師

      プロテーゼと耳介軟骨を挿入したら、顔全体のバランスを考えながら鼻の形や高さを微調整します。

  • Step40 鼻のテーピング

    鼻のテーピング
    • 医師

      プロテーゼと耳介軟骨がずれないように、鼻にテーピングを貼って固定します。テーピングが鼻をしっかり支えられるように、テーピングを丁寧に貼ります。

  • Step41 手術直後の状態

    手術直後の状態
    • 医師

      手術はこのような状態で終了です。テーピングは5日程度していただくので、その間、外出する際はマスクを着用してテーピングが目立たないようにすると外出しやすいと思います。

  • Step42 抜糸の日のご予約

    抜糸の日のご予約
    • 医師

      手術が終わりましたら、抜糸(ばっし)の日を予約していただきます。抜糸の日は、手術が経過してからおよそ5日後になります。

  • Step43 抜糸当日

    抜糸当日
    • 医師

      抜糸当日です。手術を受けられてから5日程度経ちましたら、抜糸(縫った糸を取る施術)と耳を圧迫していたガーゼを取りにお越しいただきます。

  • Step44 抜糸

    抜糸
    • 医師

      抜糸は麻酔をせずに、糸を抜くだけの施術になりますので、当日はリラックスしてお越しください。

  • Step45 お疲れさまでした

    • 医師

      お疲れさまでした。手術後なにかご不安な点がございましたら、お気軽にご連絡くださいね。

耳介軟骨移植の概要

料金 耳介軟骨移植手術 ¥378,000
耳介軟骨移植手術とI字プロテーゼの併用 ¥680,400
耳介軟骨移植手術とL字プロテーゼの併用 ¥756,000
手術時間 1時間程度
入院の必要性 なし
その他特記事項 なし

第107回日本美容外科学会 学会長就任

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国23院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科のおもてなし

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2017」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、氷見 祐二医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師などによって監修されています。

その他の鼻の施術

共立美容外科

共立美容外科|耳介軟骨移植のページをご覧の皆様へ

このページでは、耳介軟骨移植による鼻尖形成についてご確認頂けます。耳介軟骨移植は、鼻を高くする施術に向いています。共立美容外科の鼻の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、クオリティの高い、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。当院の鼻の美容整形は、団子鼻のような丸い鼻先を治す手術以外に、小鼻や鼻筋、鼻尖(鼻先)などあらゆる鼻のお悩みに対応しています。また、鼻の美容整形メニューとしては、ヒアルロン酸の注入をはじめ、糸で鼻先を高くするプチスレッド・ノーズアップや、医師が一人一人に合わせて製作するI字プロテーゼやL字プロテーゼの挿入、そして、段鼻や鷲鼻をスッとさせる鼻骨の骨削り手術や、大鼻翼軟骨をカットして鼻先を高くする鼻尖縮小手術や小鼻(鼻翼)を小さくする鼻翼縮小手術など、あらゆる鼻の美容整形手術を行っています。ダウンタイムや料金などは医師によるカウンセリングでご説明させていただいています。

【夜間もお電話受付中(23時まで)】
新宿、銀座、渋谷、立川、千葉、横浜のみ

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国23院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340