英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

コンデンスリッチ、豊胸セリューション、ピュアグラフトの値段の相場を美容外科医が解説

公開日:2022年03月03日(木)
最終更新日:2022年03月14日(月)

豊胸

このコラムを読むのに必要な時間は約 9 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

脂肪注入による豊胸手術にかかる費用の相場とは?

脂肪注入の費用の相場を説明する看護師

脂肪注入による豊胸手術はバッグ豊胸やヒアルロン酸注入豊胸に比べると手術費用の相場は高いとされています。

一方で、一度脂肪注入による豊胸手術を受けバストアップをした場合その効果は半永久的に継続されます。

バッグ豊胸は10年に一度バッグの取り換えが推奨されていますし、ヒアルロン酸注入は時間が経つにつれ体内に吸収されバストダウンしていきます。

そのため、脂肪注入による豊胸手術は生涯のトータルコストで考慮した場合にはかなりコスパの良い豊胸手術と言えますね。

ここからは、脂肪注入による豊胸手術にかかる費用の相場を手術の方法ごとにご紹介していきます。

脂肪注入による豊胸手術の方法として挙げられるのはピュアグラフト、コンデンスリッチ、セリューションの3種類です。

今回はこの3種類をメインに手術費用の相場をご紹介していきます。(※3つすべての手術を行うことができるクリニックが少ないため、今回は複数のクリニックの金額を比較)

いづれも独自調べになります。クリニック名は仮名になります。

 

【ピュアグラフト】

Aクリニック:380,000円~

Bクリニック:495,000円~

Cクリニック:530,000円~

 

ピュアグラフトの3クリニックの料金を比較してみると40~60万円となっています。

ピュアグラフトは、特殊なフィルターを使用して注入した脂肪内の不純物を取り除く方法です。

脂肪注入による豊胸手術の中ではかなり安価だと言われておりリスクの軽減も十分に考えられた方法であるため人気な手術方法のひとつとなっています。

 

ピュアグラフトのバナー

▼ピュアグラフトの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

【コンデンスリッチ】

Aクリニック:896,290円

Bクリニック:1,232,000円

Cクリニック:1,030,000円

 

コンデンスリッチは注入した脂肪を遠心分離機にかけることで脂肪内の不純物を取り除きます。

空気に触れさせることなく脂肪の加工ができること、最新の遠心分離機の力により精密に不純物を取り除くことができるため、リスクを最大限に減らすことができます。

そのため、ピュアグラフトに比べると、費用の相場も高額になっています。

相場金額は90~140万円程度です。

金額は高額ですが、定着率の高さを考慮するとコスパが良いとされており、こちらも人気の手術方法のひとつです。

 

コンデンスリッチ豊胸のバナー

▼コンデンスリッチ豊胸手術の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

【セリューション】

Aクリニック:1,446,290円

Bクリニック:1,555,000円

Cクリニック:1,800,000円

 

セリューションでの相場金額は150~200万円とされています。

セリューションは、脂肪吸引した脂肪細胞内から脂肪幹細胞だけを取り出し、脂肪とともに胸に注入することで定着率を最大限に発揮させるという豊胸方法です。

脂肪注入による豊胸手術の中では最先端の医療技術が使われており、かなり高額な豊胸手術となっています。

高額なだけでなく、採取する脂肪が多く必要であること、手術時間が長いこと、などの理由からあまり推奨していないクリニックもあります。

 

 

脂肪注入による豊胸手術の費用内訳はクリニックによって異なる。

脂肪注入の豊胸の見積を提示する受付スタッフ

先ほど、各クリニックの料金を比較し3つの豊胸手術の費用の相場をみていきました。

しかし、この手術費用には意外な落とし穴があります。

「手術費用の内訳項目は各クリニックによって異なる」ということです。

例えば、A社の見積には術後の保証がついていない。B社の見積には診察代が入っていない

というように同じピュアグラフトの脂肪注入豊胸でも中身のメニューが異なっていることがあります。

そのため、表面上の手術金額はかなり安価に設定されているがレントゲン費用・診察費用など絶対に必要な項目を足していくと初めの倍以上の金額になっている。?なんてケースもあるようです。

相場の金額に対して高すぎるクリニックは、技術以上の金額を要求されているかも?と注意しがちですが、実は安すぎる料金設定も疑いの目が必要なんです。

カウンセリングに行った際には、金額に対しての内訳を早い段階で確認し、本当に必要な手術費用が全てはいっているかトータルコストで値段を比較するようにしましょう。

豊胸手術では「安かれ悪かれ」は後悔のもととなるので要注意ですよ。

 

 

脂肪注入による豊胸手術の費用は「脂肪の加工」と「注入技術」で決まる。

脂肪注入の方法を説明する医師

バッグ豊胸やヒアルロン酸注入豊胸はバッグのサイズが大きければ大きい程、注入量が多ければ多いほど価格が高くなります。

それは、脂肪注入による豊胸手術でも変わりません。

ですが、脂肪注入による豊胸のバストアップ効果は、注入量ではなく定着率によって決まるため脂肪を入れすぎることは逆効果に繋がってしまいます。

そのため脂肪注入による豊胸手術には「脂肪の加工」と「注入技術」にお金を払っているというのが正しい考え方です。

「脂肪の加工」のためにより良い機械、最新の医療技術を使えばその分だけ高い金額を払う必要があります。

脂肪の加工方法はご説明したとおり様々な方法がありますが、そのどれもメリット・デメリットがあります。

そのため高いから良い、安いから良いという判断ではなく、自身の理想に合わせた方法を選ぶ必要があります。

そこに付加価値として上乗せされるのが「注入技術」です。簡単にいうとこちらは執刀医の経験・技術の差ということになります。

実はこの注入技術で脂肪の定着率に大きな影響を与えます。そのため実力のある医師を集めるなど技術にこだわりのあるクリニックは少し高額になってしまうというケースもあります。

 

 

豊胸手術の費用は、この様な点に要注意。

豊胸手術の費用の注意点を説明する看護師

Q1.不要なオプションなどによる値上げがないかどうか

説明したとおり、表面上の金額を安くするために手術で必ず必要な費用が入っていない…とういようなケースもあれば、医師の判断でたくさんのオプションがついていていつのまにか金額が跳ね上がっている。?というような不当な価格の提示をするクリニックもあるんです。こんな場合には要注意です。

早い段階で金額面の内訳を確認し、不明点はその場で解決しておくようにしましょう。

最近では少なくなっているとはいえ、美容整形は高額なイメージが強く不当な請求をされてしまったという患者さんが後を絶ちません。

カウンセリングでは、胸に対しての理想を伝えることも大切ですが、予算面でのすり合わせをしっかりと行い、親身にアドバイスをしてくれるクリニックかどうかということも良いクリニック選びのひとつかもしれませんね。

手術費用に基本的なものかどうかを見極める必要がありますが、なかなか素人には難しいというのも事実です。

そうならないためにも、複数社のカウンセリングを受け、自身が提示された金額が相場にあっているのかを確かめる必要があります。

大切な体にかかわる手術です。慎重に見極めましょう。

 

Q2.術後のケア用品や保証がついているかどうか

はじめての豊胸手術で見落としやすいのがこの術後のケアや保証面です。

豊胸手術は手術が終われば終了というようなものではなく、術後のケアが必須です。

脂肪吸引をした部分は術後固定が必要となり、胸も安定するまではワイヤー入りのブラは避けなければいけません。

そのため、ケア用の下着などが必要となります。

術後のケアをしっかりとしていなければダウンタイムが長引く、痛みが悪化する、胸の定着率が悪くなるなど様々なデメリットがあります。

良心的なクリニックであれば、ガードルや補正下着も含めた値段になっている、もしくはカウンセリング時に価格の説明などがされることでしょう。

術後の保証も同じように初めのうちにしっかりと説明を受けておきましょう。豊胸手術の後はどんな些細なことでも心配になってしまいます。

保証が整って入れば安心して、手術を任せることもできますよね。

価格確認時には手術のことだけでなく、術後のケアまで考慮して決定する必要があります。

 

 

安い値段で豊胸手術を受けられる方法はあるの?

安価で受けられる方法はいくつかありますが、その中でも最も安心で簡単なのが「モニターで手術を受ける」という方法です。

それぞれのクリニック価格表の欄に「モニター価格」と表記されているものをみたことがありませんか?一般的には約2~4割ほどの値引きがされており、かなりお得に豊胸手術を受けることができます。

ではモニターと言われると実験みたいで怖い…という方もいますよね?

モニターで応募し、手術を受ける際でも手術内容は一切変わりません。主に、手術を受ける前、受けた後の胸のビフォーアフター写真の提供、術後の経過写真の提供、アンケートへの協力など求められます。

顔出しや名前の公開などはないことがほとんどで、個人情報が出ることはありません。

そのため「モニター価格で手術を受けたい。」と思っている方は意外と多いんです。

普通の手術を安価に受けられるため、モニター応募はおすすめです♡

少しでも気になった。という方はぜひクリニックに問い合わせてみてくださいね。

 

共立美容外科ではコンデンスリッチが人気

共立美容外科の前に立つ患者

ここまで、ピュアグラフト・コンデンスリッチ・セリューションと3つの脂肪注入による豊胸手術の価格の相場をご紹介しました。

でも、その中でもどれがいいのか分からない…という方も多いですよね?

価格だけで言うと「ピュアグラフト」がいいの?と思いがちですが、実は共立美容外科では「コンデンスリッチ豊胸」をおすすめしています。

その理由としては、価格に対してのメリットが大きいという点です。

もちろん価格が最も安価なのはピュアグラフトでの手術なのですが、ピュアグラフトはフィルターで不純物を取り除くためピュアグラフトと比較すると純度が落ちてしまいます。

そのため、術後の胸に大きなしこりができる、定着率が下がってしまうなどのリスクが高まります。

それに比べて「コンデンスリッチ豊胸」は遠心分離機で不純物を取り除くためリスクを下げながら、定着率はアップさせることができるのです。

またコンデンスリッチ豊胸はセリューションのように長時間の手術も大量の脂肪摂取も必要がなく体への負担もなく、3つの中では最もコスパが良く安心な手術方法と言えます。

 

 

まとめ

脂肪注入の豊胸手術を笑顔で説明する看護師

【脂肪注入による豊胸手術の費用相場】(方法別)

・ピュアグラフト:40~60万円

・コンデンスリッチ:90~140万円

・セリューション:150~200万円

 

同じ脂肪注入豊胸でもかなり金額の差が開いているのが分かります。最新機器や技術を使用した場合、価格があがってしまうのはやむをえません。

しかし、その分手術の性能はあがりメリットもあります。

それぞれのメリット・デメリットを把握し、適切な価格を見極めたうえでクリニックを選ぶことが重要となりますよ。

 

豊胸手術のバナー

▼豊胸手術についての料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

ピュアグラフトのバナー

▼ピュアグラフトの料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

コンデンスリッチ豊胸のバナー

▼コンデンスリッチ豊胸手術の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

カウンセリング予約のボタン

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 川上勉(かわかみ つとむ)

    川上勉(かわかみ つとむ)

    • 略歴

      • 1999年
        田辺製薬株式会社入社
        2008年
        大分大学医学部医学科 卒業
        2008年
        八戸市立市民病院 入職
        2012年
        日本鋼管病院整形外科 入職
        2015年
        共立美容外科 入職
        2018年
        共立美容外科 神戸三宮院院長就任
        2021年
        共立美容外科 上野御徒町院院長就任

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444