発表内容|第107回日本美容外科学会

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通

第107回日本美容外科学会共立美容外科の医師の発表内容

発表内容

第107回日本美容外科学会
発表内容

第107回日本美容外科学会学会長 久次米 秋人

第107回日本美容外科学会学会長 久次米 秋人

第107回日本美容外科学会学会長を、当院のCEO兼総括院長の久次米 秋人が務めました。当日は、日本国内外から総勢800名以上の医師が来場し、相互に美容医療の発展に寄与しました。

共立美容外科からも複数人の医師が参加をし、発表も行いました。

このページでは、共立美容外科の医師の発表内容をご紹介します。

浪川 浩明 共立美容外科グループ副院長

浪川 浩明 共立美容外科グループ副院長

◆プログラム名「シンポジウム:私の行う顔面骨形成術」
◆題名「下顎骨削りの手術立案段階でIdeal osteotomy lineが下歯槽神経走行と重なる場合の実践上の工夫」

共立美容外科グループ副院長の浪川医師はエラ削りや頬骨削りなどの輪郭を形成する手術「骨切り(こつきり)」のシンポジウムにシンポジストとして登壇しました。

シンポジウムでは、「下顎骨削りの手術立案段階でIdeal osteotomy lineが下歯槽神経走行と重なる場合の実践上の工夫」という題名で、下顎(したあご)の骨を削る場合に工夫するポイントについて、実際の手術動画を使用しながら発表しました。

浪川 浩明 共立美容外科グループ副院長

下顎を削る場合、神経が露出する限界まで、下顎を削る方法がありますが、その場合、時間がかかってしまいます。今回のシンポジウムでは、下顎体(かがくたい)の裏側からも神経管を挟み込む様に工夫して下顎を削ることで、より短時間でより安全により正確な下顎の骨削り術の方法について解説しました。

亀井 眞 宇都宮院院長

亀井 眞 宇都宮院院長

◆プログラム名「シンポジウム:痩身治療 脂肪吸引から非侵襲治療まで」

宇都宮院の院長の亀井医師が、痩身治療や脂肪吸引についてのシンポジウム「痩身治療 脂肪吸引から非侵襲治療まで」の座長を務めました。

玉田 洋 高松院院長

玉田 洋 高松院院長

◆プログラム名「一般演題」
◆題名「重瞼ライン作成が比較的難しいと思われる症例についての考察」

高松院の玉田院長は一般演題で、二重整形の際に二重の瞼のラインの作成が難しい症例の対策について「重瞼ライン作成が比較的難しいと思われる症例についての考察」という題名で発表いたしました。

玉田 洋 高松院院長

発表内では二重の瞼のラインを作成する難しい症例を実際に紹介し、どのように患者様の希望通りの二重のラインにするのか、発表しました。

辻野 一郎 池袋院院長

辻野 一郎 池袋院院長

◆プログラム名「ランチョンセミナー」
◆題名「トータルフェイシャルトリートメントから考える層別治療の有効性」

池袋院の院長の辻野一郎医師が、ボリューマXCやボリフトXCについてのセミナーにおいて、座長を務めました。

野本 俊一

野本 俊一

◆プログラム名「シンポジウム:美容外科初回手術のタブー 〜unfavorable resultへのrecovery shot から学ぶ〜」
◆題名「フィラー注入後遺症に対する診断と治療」

共立美容外科 野本医師は、シンポジウムに登壇し、「フィラー注入後遺症に対する診断と治療」という題名で、ヒアルロン酸を注入したあとの後遺症に対しての治療について発表しました。

シンポジウム内では、実際の症例を紹介しながら一つ一つ治療方法を解説しました。

野本 俊一

胸のヒアルロン酸を使用した乳房増大術の後遺症の症例や、顔のシワ取り治療の後遺症の症例などを紹介しました。

また、ヒアルロン酸注入後に後遺症がでないよう、予防のための正確な解剖知識やヒアルロン酸の注入手技についても発表しました。

川上 勉 神戸三宮院院長

川上 勉 神戸三宮院院長

◆プログラム名「一般演題」
◆題名「美容外科における声門上器具を用いた手術麻酔について」

川上医師は、厚生労働省認定の麻酔科標榜医(ひょうぼうい)資格を有しているので、美容外科で行う全身麻酔の麻酔について「美容外科における声門上器具を用いた手術麻酔について」という題名で発表しました。

美容外科手術は、体の表面の手術が多いので、そのほとんどを局所麻酔で行っていますが、あご削りやエラ削りなどの輪郭の骨を切る手術や、胸にシリコンバッグを入れる手術、太ももや腹部の脂肪吸引の手術、フェイスリフトの手術などは全身麻酔で行います。

全身麻酔の手術は管理に技術が必要ですが、手術を受ける患者さんにとっては術中の痛みを感じることがないので精神的・体力的な負担を減らすことができます。

共立美容外科の全身麻酔は、主に声門上器具を使用して行っています。学会では、安全面に配慮して行う全身麻酔の方法について解説しました。

望月 香奈

望月 香奈

◆プログラム名「一般演題」
◆題名「Tear Troughや口唇縁および口唇volumeに対する長期持続型ヒアルロン酸の使用経験について」

望月医師は、一般演題で、「 Tear Troughや口唇縁および口唇volumeに対する長期持続型ヒアルロン酸の使用経験について」涙袋や唇に対してのヒアルロン酸の注入方法や症例について発表しました。

望月 香奈

ヒアルロン酸は効果の持続性と問題がありましたが、バイクロスという製法で作られた長期持続型のヒアルロン酸は、以前のヒアルロン酸に比べて効果が持続する傾向があります。

効果の長いヒアルロン酸をより美しく、安全に注入するための注入方法と効果について発表しました。


望月 香奈

◆プログラム名「ランチョンセミナー」
◆題名「当院におけるミラドライ治療の経験」

望月医師は、一般演題の他に、ランチョンセミナーにおいて、「当院におけるミラドライ治療の経験」という題名で、ワキ汗の治療に使用する医療機器のミラドライについて発表しました。

望月 香奈

ミラドライはマイクロ波を使用した腋窩(えきか)多汗症治療器で、原発性腋窩多汗症に対して、国内唯一の厚生労働省承認機です。

当院では 2012年にミラドライを導入し、多数の患者様に施術を行なって参りました。今回、当院でのミラドライの治療経験と、より効果的に苦痛を少なく照射するコツを発表させて頂きました。

共立美容外科

第107回日本美容外科学会の発表内容のページをご覧の皆様へ

このページでは、第107回日本美容外科学会の共立美容外科の医師の発表内容をご確認頂けます。第107回日本美容外科学会は共立美容外科のCEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。共立美容外科の医師は座長やシンポジスト、発表者として、輪郭形成術、二重の整形、美容整形の修正手術、多汗症治療、シワ治療のヒアルロン酸注入、脂肪吸引・痩身などのプログラムに登壇しました。