英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

ヒアルロン酸を注入して涙袋を形成

涙袋のヒアルロン酸注入

種類やダウンタイム、症例写真など
1回30分程度で終了

種類やダウンタイム
症例写真など
1回30分程度で終了

涙袋の形成を行う美容整形について

ヒアルロン酸を涙袋に注入している様子

ヒアルロン酸を注入することで、涙袋を大きく形成することが可能です。

涙袋がしっかり出ていると、かわいらしい印象になります。メスを使用しないため、手軽に行えることもこの美容整形の特徴の一つです。

涙袋にヒアルロン酸を注入した直後

笑ったり、人と話したりすると、目の周りの組織はよく動きます。そのため、涙袋に硬いヒアルロン酸を注入すると、注入部位だけ動かずに不自然な表情になってしまいます。そのため、涙袋には柔らかいヒアルロン酸を注入します。

このような点に配慮して施術を行っています

眼輪筋と涙袋

自然な仕上がりになるように

目の周りには、眼輪筋(がんりんきん)という筋肉があります。笑顔になると、この眼輪筋が膨らみ、涙袋が強調されますが、ヒアルロン酸を注入する場合、眼輪筋が膨らんでいる状態の時も計算して自然な仕上がりになるように配慮して注入します。

施術前のデザイン

手術前のデザイン

施術前に涙袋にマーキングして、どの位置にどの程度の量のヒアルロン酸を注入するか、デザインすることが涙袋を形成する上で大切になります。

マーカーでデザインする箇所

このように注入箇所をマーカーでデザインします。

この方の場合、片側6か所マーキングしています。

このような方に向いています

このような方に向いています
  • 涙袋を自然な仕上がりにしたい方
  • 涙袋を強調したい方
  • 目元にこだわりがある方

メイクについて

メイクについて

涙袋を形成することで、目の下の縁にハイライトのあるメイクがしやすくなる傾向があります。

また、涙袋の皮膚が盛り上がるので、アイシャドウが塗りやすくなります。
メイクは施術当日より可能です。

涙袋の形成方法

ヒアルロン酸での涙袋の形成方法

涙袋にヒアルロン酸を注入する場合、両側に左右差がなるべく出ないように注入します。ただし、仕上がりには個人差があります。

涙袋の形成方法

両目の外側から細い注射針を刺して涙袋に注入します。

涙袋の形成方法

片側0.1mlから1.0mlを目安に表皮から真皮間の浅い層にヒアルロン酸を注入します。ほとんどの場合、片側0.5ml以下のヒアルロン酸を注入します。

片側に1.0ml以上入れてしまうと目立った涙袋になってしまいます。

共立美容外科で使用するヒアルロン酸について

共立美容外科で使用するヒアルロン酸について

共立美容外科では、涙袋の施術に、

・Restylane Lid(レスチレン リド)
・VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XC

の2つの種類より、ご希望のものをお選びいただき注入できます。

Restylane Lid(レスチレン リド)のご紹介

Restylane Lid(レスチレン リド)

レスチレン リドはガルデラマ社から販売されている、柔らかいヒアルロン酸の一種です。レスチレン®は、大豆の細菌発酵によって作られた発酵ヒアルロン酸を原料としています。

NASHA(ナーシャ)テクノロジー

レスチレン リドはNASHA(ナーシャ)テクノロジーという方法で製造されています。

分子と分子をつなぐ方法を架橋(かきょう)と言います。NASHA(ナーシャ)テクノロジーは、天然の架橋を維持しつつ、絡み合うように結合された天然のヒアルロン酸の構造を生かし、ゲルの硬度を高めています。

約6ヶ月程度の持続

レスチレン リドは約6ヶ月程度持続するように作られています。

VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XCのご紹介

VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XCのご紹介

VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XCは、アラガン社が製造販売するヒアルロン酸です。高濃度で、柔らかく滑らかな点が特徴です。

涙袋に注入した直後から組織になじむので、涙袋を形成する美容整形に使用しやすいものです。

ヒアルロン酸を注入する針について

注入する針

ヒアルロン酸を注入する針は、痛みに配慮するために、細い注射針を使用しています。

使い捨ての物を使用

使い捨ての注入針

涙袋に注入するヒアルロン酸や注入針はお一人お一人使い捨てになっています。

事前の消毒

事前の消毒

衛生面に配慮する為に、注入箇所は消毒しています。

麻酔テープ

麻酔テープ

痛みを緩和する為に、事前に麻酔テープを目の下に貼ります。
5分から10分程度お待ちいただきます。

症例と施術の流れ

実際に涙袋にヒアルロン酸を注入している様子と症例を動画でご紹介しています。

執刀医:Dr.児玉

執刀医 Dr.児玉から

執刀医 Dr.児玉

涙袋にヒアルロン酸を注入するとかわいらしい目元にすることができます。
ヒアルロン酸と一言でいっても色々な種類があります。

目の周りは笑ったり、瞬きをしたり、動きが多い個所なので、不自然にならないように柔らかいヒアルロン酸を注入しています。

当院では主に柔らかく長持ちをするアラガン社のジュビダームビスタ ボルベラを使用しています。

たるみやシワを伸ばすために、骨格の上に注入するヒアルロン酸や、鼻や顎を形成するヒアルロン酸はボリューマを代表として硬いヒアルロン酸が多いですが、涙袋に注入するヒアルロン酸は、ボルベラをはじめとし、柔らかいヒアルロン酸を注入することをお勧めしています。

涙袋に注入する場合、細い針で注入しますが、まれに腫れや内出血が出てしまう場合があります。

その場合は、メイクは当日より可能なので、ファンデーションなどでかくすことで、ダウンタイムをカバーすることができます。

涙袋に注入する患者様の希望としては大きく下記の3つに分かれます。

1.激しくはっきりわかるように
2.自然な感じで。
3.控えめに

今回の患者様は控えめがご希望だったので、激しく注入せずに控えめに注入しました。
涙袋にヒアルロン酸を注入する場合片側0.1ccから0.5cc程度注入します。

ボルベラは注入後、約12か月持続します。
注入直後の状態をキープするためには、半年から1年に1回程度注入することがお勧めですよ。

主なリスク、副作用等
  1. ◆ 注入時の痛み。事前に麻酔テープを貼ることで緩和できます。また、細い針で優しく注入することで緩和することができます。
  2. ◆ 注入部位が2,3日内出血を起こす場合があります。
  3. ◆ まれに注入部位が腫れる場合がありますが、ほとんどありません。
  4. ◆ 注入後不自然になった場合、ヒアルロニダーゼで注入したヒアルロン酸を溶かすことが可能です。
  5. ◆ 効果の出方には個人差があります。

注入後のダウンタイムについて

注入前

注入前の様子

ヒアルロン酸を注入前の目の下の状態です。

注入1分後

注入1分後の様子

涙袋を形成する為にヒアルロン酸を注入する場合、ダウンタイムとして、注入箇所の内出血が考えられます。

細い針で注入する為に、内出血は起こりづらいですが、体質や注入箇所により、2,3日内出血を起こす場合があります。

この症例画像は注入1分後の状態です。
この方の場合、右目に若干注入部位が内出血していますが、左目は内出血していません。

また、注入量や注入箇所を微調整することで、この症例のように左右差がでないようにすることが可能です。

注入3日後

注入3日後の様子

3日後です。
内出血はなくなっています。

メイクをしている状態なので内出血痕は他人からはまったくわかりません。

片側0.5cc注入しています。

ヒアルロン酸を溶かす

麻酔テープ

ヒアルロニダーゼを使用することで注入後のヒアルロン酸を溶かすことが可能です。

左右差が気になる場合や、量を減らしたい場合などご希望に応じて修正することが可能です。

アラガンビューティーアワードを3年連続で受賞

アラガンビューティーアワード2019

涙袋にヒアルロン酸を注入する場合、持続力が高く、注入後、形を作りやすい、アラガンジャパン社から販売されているボルベラXCを注入することが多いです。

そのアラガン・ジャパンより、アラガンビューティーアワード2019を受賞しました。

アラガンビューティーアワード受賞

アラガンビューティーアワードは2017,2018年にも受賞しており、3年連続の受賞となりました。

接遇サービスや技術面をご評価いただきました。
大変うれしく思います。

涙袋のヒアルロン酸注入の料金と概要

手術料金 ◆Restylane Lid(レスチレン リド)
1回 ¥70,000
(6か月程度、持続されるように製造されています)

◆VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XC
1回 ¥95,000
(12〜18か月程度、持続されるように製造されています)
治療時間 約10分
通院回数 1回
回復までの期間 針穴、赤みは1日程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科で受けられる二重・目もとの美容整形の施術

このページの監修医師

  • 医師 児玉 肇(こだま はじめ)

    医師

    児玉 肇(こだま はじめ)

    日本抗加齢医学会 認定専門医
    日本外科学会 外科専門医
    日本救急医学会 救急科専門医
    日本麻酔科学会 麻酔科認定医

    • 略歴

      • 2004年
        東邦大学医学部卒業
        2004年
        東邦大学医療センター 大橋病院研修医
        2006年
        東邦大学医療センター 大橋病院外科入局
        2007年
        清智会記念病院救急部
        2010年
        東邦大学医療センター 大橋病院外科
        2014年
        共立美容外科 入職
        2015年
        共立美容外科 千葉院 開院
    • 主な加盟団体

      日本抗加齢医学会 認定専門医
      日本外科学会 外科専門医
      日本救急医学会 救急科専門医
      日本麻酔科学会 麻酔科認定医
      日本禁煙学会 認定指導医
      日本美容外科学会会員

共立美容外科

ヒアルロン酸を注入して涙袋を形成のページをご覧の皆様へ

このページは2020年11月に最終確認をしています。
このページでは、涙袋に使用するヒアルロン酸と注入方法やヒアルロン酸の種類、ダウンタイムについて解説しています。涙袋にヒアルロン酸を注入する場合、片側0.1ccから0.5cc程度注入します。医療行為のためダウンタイムや痛みなどの副作用があるため、施術を行う際は、事前に医師にカウンセリングでしっかりとデメリットをお聞きになることが大切です。仕上がりに不安の場合は、ヒアルロニダーゼなどの酵素でヒアルロン酸を溶かすことも可能です。