共立美容外科の涙袋のヒアルロン酸の施術(涙袋の美容整形)

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通

涙袋のヒアルロン酸注入

涙袋のヒアルロン酸注入

涙袋のヒアルロン酸
注入

涙袋にヒアルロン酸を注入する美容整形について

涙袋のヒアルロン酸注入について

ヒアルロン酸を涙袋に注入することで涙袋の形を形成することができます。

ヒアルロン酸は、ヒアルロン酸の分子の架橋により、柔らかいものから、硬いものまで様々な種類のものがあります。固いヒアルロン酸は、鼻や顎など表情によりあまり動かない部位に注入します。

涙袋は体の中でも柔らかい組織です。そのため固いヒアルロン酸を注入すると、柔らかい組織の中で固いヒアルロン酸が目立ってしまい凸凹になってしまうリスクがあります。

涙袋のヒアルロン酸注入について

そのため、共立美容外科では、涙袋には柔らかいヒアルロン酸を注入しています。柔らかいヒアルロン酸を注入する事で、目周りの動きに逆らわず自然な涙袋になるように施術をおこなっています。

このような点に配慮して涙袋のヒアルロン酸の施術を行っています

自然な仕上がりになるように

自然な仕上がりになるように

涙袋にヒアルロン酸を注入しすぎると、注入箇所が異常に盛り上がってしまい不自然になってしまう場合があります。

共立美容外科では、涙袋にヒアルロン酸を注入し過ぎるのではなく、顔全体のバランスを考えて適度な量を涙袋に注入しています。ただし、患者様のご要望に応じてヒアルロン酸の注入量を調整しています。

施術前の丁寧なデザイン

施術前の丁寧なデザイン

どの位置にどのくらい注入すればよいかを、注入する医師自身が、施術前に直接デザインします。デザインを事前にしっかり行うかどうかで仕上がりに大きく差がつくと考えています。

涙袋を目立たせたいのか、涙袋を自然な感じにしたいのか、施術前に医師にお伝えください。患者様のご要望をもとに涙袋をデザインしていきます。

涙袋のヒアルロン酸注入はこのような方に向いています

涙袋のヒアルロン酸注入はこのような方に向いています
  • 涙袋を自然な仕上がりにしたい方
  • 涙袋を強調したい方
  • 目元にこだわりがある方

メイクと涙袋のヒアルロン酸

メイクと涙袋のヒアルロン酸

涙袋にヒアルロン酸を入れると、目の下の縁にハイライトのあるメイクがしやすくなる傾向があります。

また、ヒアルロン酸を入れたことにより涙袋の皮膚が盛り上がるので、アイシャドウが塗りやすくなります。

ヒアルロン酸での涙袋の形成方法

ヒアルロン酸での涙袋の形成方法

涙袋にヒアルロン酸を注入する場合、両側の涙袋に左右差がなるべく出ないように注入します。ただし、仕上がりには個人差があります。

ヒアルロン酸での涙袋の形成方法

両目の外側から細い注射針を刺して涙袋に注入します。

ヒアルロン酸での涙袋の形成方法

片側0.1mlから1.0mlを目安に表皮から真皮間の浅い層にヒアルロン酸を注入します。ほとんどの場合、片側0.5ml以下のヒアルロン酸を注入します。

片側に1.0ml以上入れてしまうと目立った涙袋になってしまいます。

共立美容外科で使用するヒアルロン酸について

共立美容外科では、涙袋にヒアルロン酸を注入後、涙袋の動きに合わせて自然にヒアルロン酸も動くように、柔らかく滑らかなヒアルロン酸を使用しています。

涙袋に注入するヒアルロン酸は「レスチレン リド/ Retylane Lid」と「ヴォルベラ(ボルベラ)/VOLBELLA XC」の2種類よりお選びいただけます。

柔らかく滑らかなヒアルロン酸

柔らかく滑らかなヒアルロン酸

この画像は、涙袋に使用するヒアルロン酸を注射器から押し出した画像になります。

共立美容外科で涙袋の美容整形で使用するヒアルロン酸は柔らかい素材なので、注射器を軽く押すだけで、ヒアルロン酸が出てきます。

この画像から、ヒアルロン酸が柔らかいだけでなく、滑らかに押し出されているため、滑らかな性質もある事がわかります。

この画像は、顕微鏡で、涙袋に使用するヒアルロン酸を見た画像です。

涙袋に注入するヒアルロン酸は、ただ柔らかいだけではなく、滑らかな性質も持っているため、ヒアルロン酸を注射器から出した後、またヒアルロン酸に注射針を刺しても、ヒアルロン酸が崩れていないことがわかります。

共立美容外科で使用するヒアルロン酸について

共立美容外科で使用するヒアルロン酸について

共立美容外科では、涙袋にヒアルロン酸を注入する美容整形の施術に、

・Restylane Lid(レスチレン リド)
・VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XC

の2つの種類より、ご希望のヒアルロン酸をお選びいただき注入できます。

Restylane Lid(レスチレン リド)のご紹介

Restylane Lid(レスチレン リド)

レスチレン リドはガルデラマ社から販売されている、柔らかいヒアルロン酸の一種です。レスチレン®は、大豆の細菌発酵によって作られた発酵ヒアルロン酸を原料としています。

NASHA(ナーシャ)テクノロジー

レスチレン リドはNASHA(ナーシャ)テクノロジーという方法で製造されています。

分子と分子をつなぐ方法を架橋(かきょう)と言います。NASHA(ナーシャ)テクノロジーは、天然の架橋を維持しつつ、絡み合うように結合された天然のヒアルロン酸の構造を生かし、ゲルの硬度を高めています。

VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XCのご紹介

VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XCのご紹介

VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XCは、アラガン社が製造販売するヒアルロン酸です。高濃度のヒアルロン酸で、柔らかく滑らかな点が特徴です。

涙袋に注入した直後から涙袋の組織になじむので、ヒアルロン酸で涙袋を形成する美容整形に使用しやすいヒアルロン酸です。

涙袋の形をキープしやすいヒアルロン酸

涙袋の形をキープしやすいヒアルロン酸

ボルベラ XCは、VYCROSS®(バイクロス)という技術により作られたヒアルロン酸です。

VYCROSS®は、製造販売しているアラガン社が行っている、高分子量のヒアルロン酸と低分子量のヒアルロン酸を混ぜて架橋(かきょう)して、ヒアルロン酸の構造を密にする製造方法です。 構造が密だと、水分を吸収しづらいため、ヒアルロン酸が膨潤しづらく、注入直後の形をキープしやすくなっています。

ボルベラ XCの持続期間

ボルベラの持続期間

ボルベラ XCは、約12ヶ月から約18ヶ月程度持続するように作られています。

ヒアルロン酸を注入する針について

ヒアルロン酸を注入する針

涙袋にヒアルロン酸を注入する針は、痛みに配慮するために、細い注射針を使用しています。

使い捨ての注射針

使い捨ての注射針

ヒアルロン酸を涙袋に注入する場合、衛生面に配慮し、感染予防をするために注射針は1回1回使い捨てのものを使用しています。

2種類から選べる注射針

ヒアルロン酸を注入する針について

ヒアルロン酸を注入する針は
・マイクロカニューレ(Micro cannula)
・固い注射針(Needle)
の2種類からお選びいただくことができます。

マイクロカニューレは、内出血しづらいように設計されている針です。
・柔らかい
・針先が丸い
・針穴が横についている
といったような特徴があります。

針の穴が横についている

ヒアルロン酸を注入する針について

マイクロカニューレの針穴を顕微鏡で見た画像です。

マイクロカニューレの針穴は横についています。針穴が横についているため、ヒアルロン酸(注入剤)の方向をコントロールして注入することができます。

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

他院の修正、セカンドオピニオンも対応

共立美容外科には、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医(辻野医師や、中川医師、望月医師など)や、日本外科学会が認定する外科専門医(児玉医師や宮田医師など)が在籍しており、他院でされた涙袋の美容整形の修正や、セカンドオピニオンにも対応しています。

どの医師も、患者様と優しく気持ちよくコミュニケーションをお取りすることを心がけています。

クレジットカードや、医療ローンもご利用いただけます。

クレジットカード

カードや分割払いが可能です。

※取り扱いカードは、VISA、マスター、 JCB、アメックス、DC、ダイナースです。
※クリニックによって取り扱いカードが異なる場合がございます。
※手数料は不要です。

医療ローン

医療ローンもご利用いただけます(月々のお支払い5,000円〜)

※審査があります。
※医療ローン会社に手数料を払う必要があります。
※利用可能なローンは、ジャックス、オリコ、アプラス、フレックスです。
※手数料は不要です。

涙袋のヒアルロン酸注入の料金と概要

手術料金 ◆Restylane Lid(レスチレン リド)
1回 ¥75,600
(6か月程度、持続されるように製造されています)

◆VOLBELLA(ヴォルベラ/ボルベラ) XC
1回 ¥102,600
(12〜18か月程度、持続されるように製造されています)
治療時間 約10分
通院回数 1回
回復までの期間 針穴、赤みは1日程度
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

日本美容外科学会 学会長としてのご報告

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が務めました。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

その他の共立美容外科の取り組み

共立美容外科の取り組み

共立美容外科では、患者様が通いやすいような各院の立地選びから、リラックスして院内で過ごしていただくための環境作りを始めとして、患者様にご満足いただけるようなサービスや、技術の向上に力を入れております。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、辻 奈央医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、新妻 克宜医師、野本 俊一医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、外崎 麻里医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師、宮田 洋佑医師、島田 茂孝医師、日本脳神経外科学会専門医の帯包 雄次郎医師などによって監修されています。

共立美容外科で受けられる二重・目もとの美容整形の施術

共立美容外科

共立美容外科|涙袋のヒアルロン酸注入の美容整形についてのページをご覧の皆様へ

このページでは、アラガン・ジャパン社が製造販売しているボルベラ(VOLBELLA) XCというヒアルロン酸の涙袋への注入方法についてご確認いただけます。ボルベラは、VYCROSS®(バイクロス)という技術により作られたヒアルロン酸です。主に唇や涙袋の形成に使用されます。ボルベラXCのXCは、Extra Comfort『更なる快適』の略です。痛みに配慮し、快適に注入できるよう、ボルベラ XCのヒアルロン酸の中に麻酔液が入っています。共立美容外科で使用しているボルベラ(VOLBELLA) XCは、アラガン・ジャパン社より品質管理をされて送られてきます。