シワ・たるみ

たるみ、小顔の美容整形
糸リフト、ヒアルロン酸、ハイフ

たるみ、小顔の美容整形
糸リフト、ヒアルロン酸
ハイフ

30代から60代にかけての「たるみ」の原因

30代

30代

30代になるとだんだん、たるみを気にされる方が増えてきます。

その原因としては、骨吸収(こつきゅうしゅう)、筋萎縮(きんいしゅく)、脂肪再分布(しぼうさいぶんぷ)、脂肪減少が上げられます。

骨吸収とは、骨からカルシウムが放出され古くなった骨が分解されて減少する事を言います。

通常、骨は新陳代謝をするため、分解されても新しい骨が形成されますが、老化が原因で新しい骨が形成されない場合、骨の量が少なくなり顔の脂肪を支えられなくなります。

また、筋萎縮とはその名の通り、筋肉が痩せる事を言います。
表情をあまり使わないと、顔の表情筋が衰えてきます。
筋肉が衰えると、骨吸収と同じように顔の脂肪を支えられなくなり、脂肪が下に落ちてたるみになってしまいます。

つまりたるみの原因は、骨や筋肉が衰え顔の脂肪を支えられなくなり、顔の脂肪が下に再分布するためにおこるということです。

脂肪が下の位置に落ちると、頬にあった脂肪が下に行くので、頬部分の脂肪が減少してしまい、頬がこけてしまう現象が起こります。

40代

40代

40代になると、骨吸収と筋萎縮がすすみ、ますます脂肪が下に落ちてきてたるみが進行します。

この年代になると法令線の深いシワが気になる方が増えてきます。

またコラーゲンも失われるので肌のハリが気になる方が増えます。

50代

50代

50代になると、たるみがますます進行し、顔全体のたるみが、口回りに集まってくるので、フェイスラインが垂れてきます。

口回りに集中したたるみは、ブルドックラインやマリオネットラインを形成してしまいます。

60代

60代

60代になると、フェイスラインと同時に、首のたるみも目立ち始めるので、フェイスラインがあいまいになってしまいます。

たるみを持ち上げる

たるみを持ち上げる

そのため、たるみの原因となる下の方に再分布した脂肪を糸リフト等を使用し上に持ち上げることで、たるみを目だなくさせることができます。

また、フェイスラインにやや平行に挿入することで、50代60代の方の悩みで多いあいまいになってしまったフェイスラインをはっきりさせることができ、若々しい印象を作ることが可能です。

たるみ治療のお勧めは「糸リフト」

たるみは、脂肪の下垂が大きな原因

脂肪の下垂が大きな原因

骨吸収や筋委縮、コラーゲンの減少などで脂肪が重力に負けて下に落ちてしまうと顔全体が下の方に落ちるので、悲しい印象や疲れている印象、寂しい印象になってしまいます。

脂肪が集まり目立ち始める個所は、顔の下の方にある、法令線や口回りになります。

たるみ治療には、ヒアルロン酸で法令線などの凹みを埋める方法や、スーパーハイフプロのように美容マシンを使用してSMAS層をエネルギーで収縮する方法、そして糸でたるみを持ち上げる方法があります。

ヒアルロン酸を注入するだけでは解決できない!?

ヒアルロン酸を注入するだけでは解決できない!?

たるみの原因は、脂肪の下垂のため、法令線にヒアルロン酸を注入して、凹みを盛り上げるだけでは、たるみの根本解決にはなりません。

そもそも法令線が気になるのは、メーラーファット(Malar Fat Pad)と呼ばれる脂肪塊が下に下がってしまっているためです。

スーパーハイフプロ施術の様子

また、スーパーハイフプロのように美容マシンを使用してSMAS層をエネルギーで収縮する方法は、皮膚を切らずに、そして皮膚に穴を空ける事すらしないで、たるみ治療ができるので、傷つけたくなく施術を行いたい方には向いている治療方法ですが、効果が出るのは1か月後になってしまいます。

すぐに効果を出したいなら糸リフトがおススメ

すぐに効果を出したいなら糸リフトがおススメ

そのため当院では、すぐに効果を感じたい患者様で、皮膚を切らずにたるみの根本解決をしたい方に対しては、糸リフトで下がった脂肪を上に移動させる治療方法をご提案しています。

糸リフトと聞くと、皮下に糸を挿入するので痛みが気になる方もいらっしゃると思いますが、実際は手術中は局所麻酔が効いているので痛みはほとんど感じません。

術後の痛みも1週間違和感がある程度で、痛み止めを飲めば収まる程度の痛みなので、生活に困ることはありません。

また、糸リフトの多くは溶ける糸を使用しているため、異物が永遠に入る不安もないため、当院のエイジングケア治療の中で大変人気の治療になります。

美容クリニックの初心者の方に多いたるみのお悩み

美容クリニックの初心者の方に多いお悩み

日本人は法令線を非常に気にする民族です。

初めてエイジングケアを気にされてクリニックに訪問される方のほとんどは、法令線を気にされていらっしゃいます。

その患者様に法令線が気になるので、じゃあ、ヒアルロン酸を注入しておしまい。
となると、それで終わってしまいます。
根本的な法令線治療の解決にはなりません。

法令線が気になる場合、ヒアルロン酸を注入して盛り上げて終わるのではなく、法令線の上の皮膚が下垂しているのでそこを持ち上げる。
根本的な解決として、糸で脂肪を上に持ち上げて、法令線の悩みを解決しましょう。

糸リフトは、法令線の他に、ミッドチークライン(ゴルゴライン)やフェイスラインのたるみ、マリオネットライン(口回りのたるみ)にも効果的です。

糸リフトの症例

糸リフトの症例

この画像は片側のみ糸を挿入した時点の手術中の症例になります。

挿入する個所はこのようにこめかみ付近に3か所になります。

糸を挿入した方のみフェイスラインが上がり、法令線も解消されている事がわかります。

正面(法令線が解消し、目元も上がる)

正面(法令線が解消し、目元も上がる)

正面から見ても、法令線がなくなり、フェイスラインが上がっている事がわかります。

ミッドチークラインを上げるので、目元も上がっています。
目周りが上に上がると若々しい印象になります。

糸リフト総合ページ

糸リフト総合ページ

糸リフトの詳しい情報は、「糸リフト総合ページ」をご覧ください。

下記内容をご確認いただけます。

  • ・手術方法
  • ・値段
  • ・種類
  • ・ダウンタイム
  • ・副作用
  • ・症例
  • ・動画
    • 下記バナーをクリックするとご覧いただけます。

    たるみを防ぐために必要なコラーゲンを減少させる要因

    たるみとは

    皮膚には、外敵から身を守るための「頑丈」で「しなやか」な補強構造があります。

    この補強材が「コラーゲン」です。

    皮膚にはコラーゲンを生み出す細胞がありますが、この細胞の活動が加齢とともに減少し、皮膚内のコラーゲンが少なくなり、皮下組織にある脂肪を引っ張る力が重力に負けてしまい、皮膚がたるんでしまいます。

    たるみを防ぐために必要なコラーゲンを減少させる要因

    コラーゲンが減少すると、脂肪を支えきれなくなり、脂肪が下垂し、たるみができてしまいます。 コラーゲンが減少してしまう要因をご紹介します。

    紫外線

    紫外線

    紫外線は体内に活性酸素を発生させます。活性酸素はコラーゲンに非常に強いダメージを与えるため、繊維にほころびを生じさせてしまいます。

    加齢

    加齢

    コラーゲンを作る能力は、加齢により落ちる一方になります。

    体内のコラーゲン減少イメージ

    体内のコラーゲン減少イメージ

    コラーゲンを作る細胞の活動のピークは、10代後半と非常に早いです。

    コラーゲンの量を増やしてもたるみは解消されません

    コラーゲンの量を増やしてもたるみは解消されません

    コラーゲンの減少がたるみの原因だからといって、コラーゲンやヒアルロン酸を注入して量を増やしても、たるみは根本的に解消されません。

    たるみの大きな原因は、脂肪の下垂になります。
    そのため下に落ちた脂肪を糸リフトなどで、上に持ち上げないと、たるみを根本的に解消する事はできません。

    たるみを解消するには…

    たるみを解消するには…

    たるみは、重力と反対方向に、糸リフトなどで顔の脂肪を引き上げる事で、解消することができます。

    また、ただ「たるみ」を解消するだけでなく、さらに若々しい印象するならヒアルロン酸と組み合わせる施術をお勧めしています。

    ヒアルロン酸を頬の高い部分やこめかみに注入することで、目元が高くなり若々しい印象を与えることができます。

    化粧品でたるみがなかなか改善しない理由

    化粧品でたるみがなかなか改善しない理由

    たるみは、化粧品などではなかなか引き上げる事ができません。

    それは化粧品は、厚生労働省で定められた成分でしか作る事ができないため、たるみを引き上げる力が外科的な力と比べ微力である一方、人間は日々歳をとるため、たるみが進むスピードに化粧品が逆らえないためです。

    そのため、クリニックでたるみに対する治療をしないと、なかなかたるみを改善する事はできません。

    選べる様々な共立美容外科のたるみ治療

    たるみ治療には「切らない手術・施術」とメスを使って皮膚を切除する「切る手術」に分けられます。

    切らない手術は、
    1.糸リフト
    2.ヒアルロン酸
    3.HIFU(ハイフ)美容マシン

    そして切る手術は
    4.フェイスリフト手術
    になります。

    私たちのクリニックで一番人気のたるみ治療は、溶ける糸を使用する糸リフト手術になります。

    選べる様々な共立美容外科のたるみ治療

    糸リフトの症例

    こちらは糸リフトを片側5本ずつ挿入した症例です。
    左が手術前、右が手術後5日後になります。
    法令線が目立たなくなっている事がわかります。

    また、頬全体が上に上がっているので、小顔になっています。
    フェイスラインも小さくまとまっています。

    糸リフトの症例
    主なリスク、副作用等
  • ◆ 手術中の痛みは、麻酔の注射時にちくっとします。
    術中は、麻酔が効いているので糸を挿入した際にグイっと挿入される感覚があります。
  • ◆ 手術後の痛みは1週間程度挿入部位が痛む場合がありますが、生活に困る程度の痛みではありません。
    痛み止めで治めることが可能です。
  • ◆ 糸を挿入することで皮膚にツッパリ感が生じます。
    術後はツッパリ感があります。
    皮膚を引き締め、コラーゲンを生成する為に、むしろツッパリ感があるということは効果が感じられているということになります。2,3週間以降は皮膚のハリが感じられます。
    顔が引っ張られる感覚があっても過度なマッサージは避けて下さい。
    不快に思うツッパリ感は1週間程度でなくなります。
  • ◆ 腫れが出る場合もあります。
    腫れが出る場合は1週間程度むくみのような状態が続きます。腫れは麻酔の注入量に左右される傾向があります。
  • ◆ 内出血や傷跡が挿入部位に手術後発生しますが、1週間程度で消えてなくなります。
    こめかみ付近にできるので髪の毛で隠せるので気になる方はほとんどいらっしゃいません。
  • ◆ 挿入部位に糸のライン上に凹みが生じる場合がありますが、1週間程度で消えてなくなります。
    糸リフトの糸は細い糸なので、凹凸することが数か月続くことはほぼありません。
  • ◆ 化粧は翌日から可能です。
  • ◆ 1週間は熱いお湯でのシャワーやサウナを避けて下さい。
  • ◆ 糸挿入時には、専用針を使用しますので金属アレルギーがある方は医師にお申し出下さい。
  • ◆ アスピリン、オメガ-3、銀杏葉抽出物、ビタミンEなどを投薬している方の場合、施術の1週間前に中断していただく事で、内出血の発生が軽減される傾向にあります。
  • ◆ まれに感染症が発生する報告がありますが、当院ではまだ1件も起きていません。
    感染症が発生する主な理由として、糸を挿入した際に髪の毛が入ってしまう事があげられます。
    手術中、髪の毛が入らないように気を付けることで防ぐことが可能です。
    また、注射針は使い捨て物のを使用しています。
  • ◆ ダブロやウルセラ、スーパーハイフプロなどのHIFU(高密度焦点式超音波)を使用したたるみ治療と併用することは可能ですが、糸リフトを挿入してから1~2週間程度間隔を空けていただきます。
    同日の施術は推奨しておりません。
  • ◆ 当日は、飲酒を控えてください。
    翌日から飲酒可能ですが、内出血がある場合は悪化させてしまうので、内出血が引くまで飲酒は控えてください。
  • ◆ 効果や副作用の出方には個人差があります。
  • 糸リフトでたるみを引き上げる

    医療用の美容の糸を皮下に挿入して、たるみを引き上げます。
    傷跡が目立たないようにこめかみ付近に数mmの穴をあけて、そこから医療用の美容の糸を挿入します。

    糸リフトでたるみ(皮膚)を上に持ち上げると同時に、糸の周りにコラーゲンが生成されるため、肌にハリが生まれます。

    糸リフトは溶ける糸と溶けない糸があります。医師とご相談の上、お好きな糸を挿入することができます。
    当院ではほとんどの場合、溶ける糸を使用しています。

    "注射"でたるみを引き上げる

    注射により、たるみを引き上げます。硬いヒアルロン酸をこめかみなどに注入することで、ヒアルロン酸が支柱の役割を果たし、皮膚を引き延ばしてたるみを引き上げます。
    ※効果は個人差があります。

    注射でたるみを引き上げる

    代表的な注射のメニュー

    "美容医療マシン"でたるみを引き上げる

    美容医療マシンにより、たるみを引き上げます。美容医療マシンは皮膚を切らずに、外部から高密度の焦点式の超音波(HIFU)を当てることで、たるみを引き上げます。

    顔の部位により、皮膚表面から4.5mm、3.0mm、1.5mmの深さの層にHIFUを当てて、たるみを引き締めます。

    皮膚を切らないため、ダウンタイムが少ない治療なので同窓会の前や久しぶりに知人に会う前に、お受けいただくことができます。
    ※効果は個人差があります。

    美容医療マシンでたるみを引き上げる

    代表的な美容医療マシン

    "フェイスリフト手術"でたるみを引き上げる

    たるみを解消するために、皮膚を切除し、たるみを改善しようとする手術です。皮膚を切開し、たるみの原因である余分な皮膚を除去し、皮膚・筋肉の層(SMAS層)を上に引っ張り上げます。

    目立たない所を切開するのはもちろん、傷跡はやがて目立たなくなりますので、周りの方からフェイスリフト手術を行った事はわからなくなります。

    フェイスリフト手術でたるみを引き上げる

    フェイスリフト手術

    人気施術ランキング

    たるみ・小顔の施術一覧から探す

    このページの監修医師

    • CEO兼総括院長 久次米 秋人(くじめ あきひと)

      CEO兼総括院長

      久次米 秋人(くじめ あきひと)

      日本美容外科医師会理事
      日本美容外科学会認定専門医

      • 略歴

        • 1983年
          金沢医科大学医学部 卒業
          1983年
          高知医科大整形外科入局
          1989年
          東京本院(品川)開院
          2002年
          本院を新宿に移転
          2013年
          銀座院院長就任
          2018年
          第107回日本美容外科学会 学会長就任
      • 主な加盟団体

        日本美容外科医師会理事
        日本形成外科学会会員
        日本美容外科学会会員
        日本美容外科学会認定専門医
        日本脱毛学会会員
        北米脂肪吸引形成外科学会会員
        日本坑加齢美容医療学会会員

    共立美容外科

    たるみのページをご覧の皆様へ

    このページで美容整形クリニックで行われるたるみ治療の方法や種類について解説しています。たるみは、脂肪の下垂が原因で発生することが大きな要因となります。たるみを治療する方法は、ヒアルロン酸、HIFU、糸リフト、フェイスリフトといった施術が主にあります。それぞれダウンタイムが異なりますので、施術前に医師がメリットデメリットをお伝えし施術をご提案しています。