英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

へそピアスの穴あけ

へそピアスの穴あけ へそピアスの穴あけ

トラブルが起きにくい、
バランスの良い
一人一人の
へその形に合ったデザイン

へそピアスの穴あけ

へそピアス

へそピアスは医療行為ですので、美容外科や皮膚科などの医療機関で行うのが適切です。腹部の周辺は着衣の締め付けや日常の運動によって、トラブルが起きやすい場所になっています。

市販のピアス用器具を使って自分で穴をあけると、方向が上手く定まらず、斜めに開いてしまったりすると、見た目ももちろん、ピアスの穴が傷つき肉芽(タコ)ができたり、炎症がおきたりしてしまいます。

へそピアスやボディピアスは血管や神経を傷つけてしまう可能性もあるので、美容クリニックで施術することをおすすめします。

共立美容外科のへそピアスの穴あけ

ポイント1

医療用のニードルで穴あけ

医療用のニードルで穴をあけます。
市販のピアッサーやボディショップであけてしまいますと、カーブの穴を上手く空けられない為皮膚に負担をかけてしまいます。きちんとピアスに合った穴をあけます。

ポイント2

経験豊富なドクターによる、トラブルを防ぐデザイン

経験豊富なドクターによる施術のため、化膿や炎症などのトラブルを防ぎます。
また、患者さまのへその形に合った、きちんとしたバランスのよいデザインを考案いたします。

ポイント3

消毒をします

穴を空ける前後に、消毒をします。衛生に配慮したへそピアスの穴空けの施術を行っています。

理想的なへそピアスの穴あけ

ポイント1

上下まっすぐで、位置が的確

ピアスの穴の上下がまっすぐ

ピアスの穴の上下がまっすぐになるように、穴を空けます。 自分で空けたり、ピアスショップで空けてしまうと、斜めに穴が空いていることが多く見受けられます。余計な圧力がお腹に加わり、負担が大きいです。

見た目も良い、まっすぐな穴をあけることが大事です。

ポイント2

カーブしたピアスを使う

へそ用ピアス。

へそ用ピアスはなだらかなカーブをした形をしています。まっすぐなピアスは、お腹にフィットせず、動く度に痛みを感じやすく、タコなどの炎症を起こしてしまいます。カーブに沿った適切な穴を空けることが大切です。

ポイント3

十分の深さ、穴の形がカーブ状であること

へそピアスの形に穴をあけ、穴の間隔が十分にある状態。皮膚に負担がかかりにくい。

穴の間隔が十分でなく、深さが足りないと負担がかかり、皮膚が薄くなりやすい。

ボディピアスは、十分なホールの間隔と深さが必要です。 ホールの間隔がなかったり、まっすぐな穴だと皮膚に非常に負担がかってしまいます。皮膚がうすくなり、破ける原因になります。

ポイント4

ピアスの長さと、穴の間隔がおへその形に合っている

ピアスホールの間隔は8ミリが平均とわれています。

仕上がりの平均的な穴の間隔は8mmといわれています。 患者さまのおへその状態に合わせて、トラブルのないピアスの穴あけのデザインをします。

へそピアスの穴あけの流れ

  • Step1 美容の専門医によるカウンセリング

    ヘソピアスカウンセリング
    • 医師

      美容の専門医が直接丁寧にカウンセリングを行います。お悩みをお伺いし、治療内容を説明します。無理に施術を勧める事はありません。 ご希望を元に穴の位置をご提案し、穴あけの方法やアフターケアなどを詳しくご説明します。

  • Step2 デザイン

    デザイン
    • 医師

      的確に上下まっすぐに穴をあける為にマーキングします。 ピアスが歪まないように、ホールの位置のバランスを考慮してデザインします。

  • Step3 消毒

    ピアスの消毒
    • 医師

      消毒します。

  • Step4 局所麻酔

    局所麻酔
    • 医師

      極細の針を使って局所麻酔をします。極細の麻酔針の為、麻酔もほとんど痛くありません。

  • Step5 穴あけ

    穴あけ
    • 医師

      へそに医療用ニードルでピアスの穴をあけます。

  • Step6 へそピアスを穴に装着

    へそピアスを穴に装着
    • 医師

      あけた穴にへそピアスを通します。

  • Step7 軟膏剤をぬります(消毒)

    軟膏剤
    • 医師

      ピアスの穴に軟膏剤をぬります。上下にピアスを動かし、中に軟膏剤を入れます。余った軟膏剤は拭きとります。

  • Step8 へそピアス完成

    へそピアスの完成
    • 医師

      へそピアスの完成です。まっすぐに穴があいており、ピアスの穴あけの間隔がちょうど良い状態です。

丁寧なデザインと穴あけ

丁寧なデザインと穴あけ

共立美容外科では、美容の専門医が、患者さまのへその形にあったピアスの穴あけをします。アフターケアも万全で、ピアスのトラブルを防ぎます。

ピアスの穴あけの概要

料金 ■へそピアス
¥33,000(局所麻酔代込み 軟膏代込み)
※ピアスはご持参頂きます。
通院回数 1回
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は目安の金額となります。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

ピアスの穴あけページはこちら

このページの監修・執筆医師

  • 医師 浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    医師

    浪川 浩明(なみかわ ひろあき)

    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1991年
        帝京大学医学部医学科 卒業
        1991年
        東京厚生年金病院 形成外科入局
        2006年
        共立美容外科・歯科 入局
        2009年
        共立美容外科・歯科 新宿本院院長就任
        2009年
        共立美容グループ 副院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本形成外科学会会員
      日本顎顔面外科学会会員
      日本手の外科学会会員
      日本マイクロサージャリー学会会員
      日本職業・災害医学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。