英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

脂肪溶解注射BNLS neo

BNLS neo(脂肪溶解注射) BNLS neo(脂肪溶解注射)

小顔&くびれ&美脚に

BNLS neo (脂肪溶解注射)

脂肪溶解注射「BNLS neo」とは

脂肪溶解注射「BNLS neo」とは

BNLS neo(ビーネヌエルエス ネオ)は脂肪溶解注射の一種です。

脂肪の気になる部分にBNLS neoを注入すると、その部分の脂肪が溶解されるので、部分的に痩せることができます。効果は個人差があります。

「BNLS neo」の主成分は植物由来

「BNLS neo」の主成分は植物由来

BNLS neo(ビーネヌエルエス ネオ)の主成分は植物由来になります。BNLS neoは脂肪溶解作用、リンパ循環作用、肌の引き締め作用があります。

また、注入部位に痛み、浮腫、熱感がほとんど発生しないように配慮されて製造されています。そのためダウンタイムの少ない施術方法です。

施術を受ける間隔も、1週間空けていただければ再度お受けいただくことが可能です。

このような方に向いています

このような方に向いています

  • 脂肪吸引まではしたくないけど、少しやせたい方
  • 脂肪の気になる個所を部分的に痩せたい方
  • 運動ではなく、注射で部分的に痩せたい方
  • 小顔になりたい方(顔の脂肪を減らしたい方)
  • 顎の脂肪が気になる方
  • 団子鼻が気になる方
  • ウエストの脂肪が気になる方
  • 二の腕の脂肪が気になる方
  • 背中の脂肪が気になる方
  • 太ももの脂肪が気になる方
  • ふくらはぎの脂肪が気になる方
  • 足首周りの脂肪が気になる方

顔を小さくしたい場合

顔を小さくしたい場合

脂肪吸引に比べて、直接脂肪を吸引するわけではないため効果は弱いですが、注射で済む治療のため、小顔にする治療にも使用されます。

顔に注入して顎回りなどの脂肪を溶かすことで小顔効果を狙います。

鼻をスッとさせたい場合

鼻をスッとさせたい場合

BNLS neoは鼻にも注入することができます。

鼻に注入することで、鼻に脂肪が多くついている団子鼻などを小さくすることができます。

顔の適応部位

顔の適応部位

BNLS neoを顔に注入する場合、下記の個所に注入することができます。

  1. ① 額(前額部):脂肪過多、脂肪注入後の修正
  2. ② 上まぶた(上眼瞼)の脂肪
  3. ③ 鼻の脂肪:鼻の輪郭をシャープにする
  4. ④ 小鼻(鼻翼部)
  5. ⑤ こめかみ
  6. ⑥ 頬骨部
  7. ⑦ 頬(ほうれい線のあたり)
  8. ⑧ 下頬部
  9. ⑨ 側頬部
  10. ⑩ 唾液腺肥大
  11. ⑪ 顎下部(オトガイ下部)

体の脂肪を溶かしたい場合

体の脂肪を溶かしたい場合

BNLS neoは体に注入することもできます。

おなか周りや、二の腕、背中、太もも、ふくらはぎ、足首など、気になる個所に注入することで脂肪を溶かし、部分痩せを狙います。

体の適応部位

体の適応部位

BNLS neoを体に注入する場合、下記の個所に注入することができます。

  1. ① 二の腕
  2. ② おなか周り
  3. ③ 背中
  4. ④ 太もも
  5. ⑤ ふくらはぎ
  6. ⑥ 足首

腫れが少ないように配慮されています

腫れが少ないように配慮されています

今までの脂肪溶解注射の主成分はフォスファチジルコリンでした。

通常、フォスファチジルコリンや他の脂肪分解溶液では注入部位にむくみが2日〜4日間程度生じたり、熱感が生じたりしていましたが、BNLS neoは植物由来の成分のブレンドなので、注入後のむくみや熱感が出る事はありません。

※注入時に注入剤をいれたために起きる膨らみは起こりますが、1〜2時間程度でなくなります。
※個人差があります。

脂肪の減少を2〜3日で確認できるよう作られています

脂肪の減少を2〜3日で確認できるよう作られています

BNLS neoの場合、個人差はありますが、2〜3日で脂肪の減少を確認できるように作られています。

デオキシコール酸配合

デオキシコール酸配合

デオキシコール酸は、日本の厚生労働省にあたる、米食品医薬品局(FDA)から、脂肪の減少に効果がある成分だと認められた成分です。デオキシコール酸は、胆汁酸の一種で、注射により脂肪細胞に入ると脂肪細胞の細胞膜を破壊し、脂肪が減少させます。

BNLS neoは、従来のBNLSにデオキシコール酸をプラスした製品です。

血管や神経を傷つけないように注入

血管や神経を傷つけないように注入

顔には、多くの血管や神経が通っています。そのためBNLS neoを注入する際は、細心の注意を払い、顔の血管や神経にダメージを与えないように施術を行っています。

痛くないように配慮

痛くないように配慮

当院は医師に、解剖学を学ぶように義務付けています。BNLS neoを注入する際は、顔や体の血管や神経にダメージを与えないように丁寧に注入しています。

院内での勉強会

院内での勉強会

当院では定期的に美容医療の勉強会を行っています。

総院長をはじめとし、BNLS neoについても医師、看護師だけでなく、受付スタッフも含め、勉強会を行っています。

開発者のDr. Yoon Seoungの表敬訪問

開発者のDr. Yoon Seoungの表敬訪問

BNLS neoは韓国で開発され製造されました。

BNLS neoの開発者のDr. Yoon Seoungが当院に表敬訪問に訪れ、BNLS neoの注入方法のディスカッションを行ったり、 Dr. Yoon Seoungが考える効果的であろう注入方法の直接指導を受けています。

BNLS neoを注入する針について

2種類から選べる注射針

2種類から選べる注射針

BNLS neoを注入する針は
・マイクロカニューレ(Micro cannula)
・固い注射針(Needle)
の2種類からお選びいただくことができます。

マイクロカニューレは、内出血しづらいように設計されている針です。
・柔らかい
・針先が丸い
・針穴が横についている
といったような特徴があります。

※マイクロカニューレはオプションメニューでプラス¥3,000になります。

柔らかく先が丸い注射針「マイクロカニューレ」について

マイクロカニューレ

BNLS neoを注入する場合、極細の細い針を使用する場合もありますが、当院では患者様のご希望によって、先が丸くなっていて、針が柔らかい「マイクロカニューレ(Micro cannula)」を使用してBNLS neoを注入することができます。

マイクロカニューレは長さや太さの形状の違いにより、3種類ご用意させていただいています。BNLS neoの種類や、一人一人の鼻の形やご希望に沿って使い分けをし使用しています。

また、マイクロカニューレは、内出血のリスクに配慮して作られています。

内出血のリスクを減らしやすい理由

理由その1

柔らかい素材

柔らかい素材

マイクロカニューレは柔らかいので、力を軽く加えただけで、カーブ状に曲がります。

柔らかい針にすることで、毛細血管を傷つけづらくなり、個人差はありますが、内出血のリスクを減らすことができます。

理由その2

針先が丸くなっている

針先が丸くなっている

マイクロカニューレの先の部分は丸くなっています。

針先がとがっていると、毛細血管を多く突き刺さるリスクがありますが、マイクロカニューレは針先がとがっていないため、毛細血管を傷つけづらくなり、個人差はありますが、内出血のリスクを減らすことができます。

先がとがっていないので、軽く指でマイクロカニューレの先端を押しても、刺さることはありません。

顕微鏡から見るマイクロカニューレ

マイクロカニューレ

マイクロカニューレは、痛みに配慮されているため、細い注入針でできています。非常に細くて、肉眼ではわかりづらいため、顕微鏡で撮影した画像を使用して、マイクロカニューレを解説します。

特徴1

細い注入針

細い注入針

「つまようじ」と、「マイクロカニューレ(Micro Cannula)」と、「固い注射針(通常のBNLS neoの注入用)」を顕微鏡でのぞいた画像です。

マイクロカニューレや固い注射針は、つまようじを横に並べて比べてみても、非常に細い注入針になっています。注射針を細くすることで、痛みに配慮しています。

特徴2

針の穴が横についている

針の穴が横についている

マイクロカニューレの針穴を顕微鏡で見た画像です。

マイクロカニューレの針穴は横についています。針穴が横についているため、BNLS neo(注入剤)の方向をコントロールして注入することができます。

特徴3

針が曲がる

針が曲がる

マイクロカニューレは柔らかい針なので、医師が思うようにコントロールしやすいです。

また、針穴が横についているため、マイクロカニューレを回すことで360度、注入したい方向にBNLS neoを注入することができます。そのため、注入後の仕上がりを、医師のイメージに近づけることができます。

新妻医師よりBNLS neoについて

新妻医師よりBNLS neoについて

BNLS neoは注射で行う痩身治療です。数十分で終わるので、仕事帰りにもできます。

運動などで体を絞っても、集中的に部分痩せしたい箇所があれば、注入すると脂肪を溶かすことができますよ。もちろん効果には個人差があります。

BNLS neoを注射することは医療行為ですので、メリットもあればデメリットもあるため、当院では、施術前のカウンセリングを医師が直接行っていますよ。ご不安な点は、カウンセリング時に医師にご相談くださいね。

BNLS neoの治療の流れ

BNLS neoの治療の流れ

BNLS neoの治療の流れをご紹介しています。

ご覧になりたい方は、下記「BNLS neoの治療の流れはこちら」をクリックしてください。

BNLS neo(脂肪融解注射)の概要

手術料金 1本 ¥15,000
手術時間 約10分
通院回数 その都度
回復までの期間 ダウンタイムなし
カウンセリング当日の治療
入院の必要性 なし
制限事項 なし
仕事・外出
その他特記事項 なし

    料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税抜きの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科で受けられる脂肪吸引・痩身術

このページの監修・執筆医師

  • 医師/医学博士 新妻 克宜(にいつま かつのり)

    医師/医学博士

    新妻 克宜(にいつま かつのり)

    日本形成外科学会専門医
    医学博士
    VST認定医
    ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
    ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
    ボトックスビスタ®認定医

    • 略歴

      • 2000年
        奈良県立医科大学医学部卒業
        奈良県立医科大学附属病院皮膚科・形成外科 入職
        2003年
        奈良県立医科大学大学院(皮膚科学) 入学
        2006年
        大阪市立総合医療センター 形成外科
        2007年
        奈良県立医科大学大学院 医学博士取得
        2008年
        奈良県立医科大学皮膚科・形成外科助教
        奈良県医師会学術奨励賞授賞
        2010年
        飯田皮膚科(奈良市)副院長
        2013年
        美容外科クリニック入職
        2016年
        美容外科クリニック入職
        共立美容外科 入職
        共立美容外科 横浜院院長就任
    • 主な加盟団体

      医学博士(皮膚科学)
      AEAJ認定 アロマセラピスト
      日本形成外科学会専門医
      日本美容外科学会
      日本皮膚科学会
      VST認定医
      ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
      ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医
      ボトックスビスタ®認定医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

共立美容外科

共立美容外科・歯科|BNLS neo(脂肪溶解注射)のページをご覧の皆様へ

このページは2021年2月に最終確認をしています。
このページでは、脂肪溶解注射の注射の一種である「BNLS neo」の効果や料金についてご覧いただけます。BNLS neoは韓国製の脂肪溶解注射です。植物由来の成分が主成分となっています。顎や鼻などの脂肪を溶かして、小顔やすっきりとした鼻にするだけでなく、体に注入することもできます。脂肪が気になる部分に注入して部分痩せを狙う治療になります。脂肪を直接吸引するのではないため、効果は脂肪吸引より劣る傾向にあります。脂肪を落とすためには、ただBNLS neoなどの脂肪溶解注射をするのではなく、日々の生活習慣の見直しが大切な場合があります。無理なダイエットは却って体に悪い場合があります。
痩せたいお悩みがある方で、当院にお越しになられる場合、BNLSneoを使用した脂肪溶解注射の施術だけでなく、日々の生活習慣などを医師とご相談いただき、理想の体に近づいていただければと思います。また、効果には個人差があることもご了承いただければと思います。