第3世代超音波脂肪吸引システム:ベイザーリポ

日本美容外科医師会認定医院

美容外科 歯科 美容皮膚科

診療時間・年中無休10:00〜19:00

0120-500-340
全国24院共通
menu

脂肪吸引・痩身第3世代超音波脂肪吸引システム:ベイザーリポ

アメリカから上陸。より安全性を追求した第3世代超音波脂肪吸引ベイザーリポ アメリカから上陸。より安全性を追求した第3世代超音波脂肪吸引ベイザーリポ

アメリカから上陸

より安全性を追求した
第3世代超音波脂肪吸引
ベイザーリポ

ベイザーリポ:第3世代超音波脂肪吸引システムとは?

ベイザーリポとは?

ベイザーは脂肪細胞に特異的に反応する特殊な高周波を用いる事で脂肪細胞を遊離させて除去する、新しい脂肪吸引システムです。アメリカではすでに650台の導入実績があります。

ベイザーリポの特徴

特徴1

痛み・腫れが少なく、ダウンタイムが短い

痛み・腫れが少なく、ダウンタイムが短い

ベイザーリポ(VASER Lipo)は、振動エネルギーのVASER波により、周囲の組織にダメージを与えずに、脂肪組織だけを遊離させることができる、第3世代超音波脂肪吸引システムです。

そして、遊離した脂肪細胞を刃のないカニューレ(吸引棒)で優しく吸引します。そのため、従来の脂肪吸引に比べて、術後の内出血や腫れ、痛みを大幅に抑えることができ、ダウンタイムも短く、翌日から日常生活程度の動きやデスクワークが可能です。

特徴2

大量の脂肪を吸引できます(90%もの脂肪除去が可能)

大量の脂肪を吸引

ベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0)を使用したベイザー脂肪吸引は、従来の脂肪吸引より体への負担が軽く効率的に脂肪を吸引できるので、大量の脂肪(最大90%)を吸引する事ができます。

例えば、従来の脂肪吸引では困難だった皮膚直下の浅い部分の脂肪層や、硬くなって線維質化した脂肪(背中などの脂肪)も柔らかくして遊離させる事ができるので、根こそぎ吸引する事が可能です。

特徴3

痩せ型の方でも吸引可能

痩せ型の方でも吸引可能

脂肪層は脂肪細胞の大きさや質が異なる3つの層(「浅い層」、「中間層」、「深い層」)に分かれます。従来の脂肪吸引では浅い層の脂肪吸引には高度な技術が求められるため、痩せ型の方は脂肪吸引が難しいとされてきました。痩せ型の人に無理に行うと皮膚にダメージが加わり、仕上がりが美しくなくなっていました。

しかしベイザーリポは、浅い層へアプローチできる機能があるため、痩せ型の人でも綺麗なボディデザインをしながら脂肪吸引ができます。

特徴4

手術時間が短くてすみ、患者さまの負担も軽く

手術時間が短くてすみ、患者さまの負担も軽く

ベイザーリポは効率的に脂肪を吸引できるため、手術時間も短時間で済みます。そのため従来の脂肪吸引に比べて患者様の負担も少ないです。

特徴5

皮膚のタイトニング(引き締め)効果

皮膚のタイトニング(引き締め)効果

ベイザーリポは、皮下の線維組織の構造を傷つけずに脂肪を吸引できます。そのため線維組織がしっかり収縮する事ができるため、術後、皮膚が綺麗に引き締まるので、たるみや凸凹を避ける事ができます。

特徴6

過去に受けた手術の修正にも最適

過去に受けた手術の修正にも最適

他院で脂肪吸引を行って、満足のいく仕上がりにならなかった場合も、ベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0)を使用する事で、ボディデザインをしながら症状に合わせて修正できます。

出血が少なく、高い安全性

ベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0)は、第3世代超音波脂肪吸引機器です。脂肪組織を取り巻く血管や繊維、神経などの組織を傷つける事無く脂肪を吸引する事ができるので、従来の方法に比べて出血が少ないのが特徴です。

ベイザー脂肪吸引は出血量が少なく済むため、従来の脂肪吸引より多くの脂肪を吸引する事ができます。

ベイザーリポの仕組み

ベイザーリポの仕組み

ベイザーリポの仕組みを図で解説します。

この図は、真皮、脂肪層、筋肉層の断面図になります。

1. 麻酔液を皮下組織に満たします

麻酔液を皮下組織に満たします

麻酔液を皮下組織に注入すると、脂肪細胞の周囲にエアーが発生します。

2. ベイザー波で脂肪のみを乳化させ遊離させます

ベイザー波で脂肪のみを乳化させ遊離させます

ベイザー波はこの脂肪細胞を振動を使って振り落す事ができます。

振り落された脂肪細胞は遊離しているため、少ない力で吸引できます。そのため他の組織を従来の脂肪吸引より傷つけずに脂肪細胞を吸引できます。

ベイザー波は、脂肪細胞のみを振動させます

ベイザー波の36,000ヘルツという振動数は、脂肪細胞のみを振動させることができます。この振動により脂肪細胞の結合が外されます。

この時、老いた細胞は破壊され乳化しますが、若く活性のある脂肪細胞は壁が強いため破壊されずに脂肪組織を保ったまま遊離します。

ベイザー波をわかりやすく解説

ベイザー波をわかりやすく解説

ベイザー波の説明はわかりづらいので、「筋子(すじこ)」と「イクラ」に例えて、共立美容外科の医師の磯野智崇がご説明します。

鮭の卵は筋子ですが、筋子は一つ一つの卵がくっついていて、もし、その筋子をストローで吸引しようとすると、卵同士がまとまっているので、吸引しづらいです。

ベイザー波をわかりやすく解説

しかしながら、イクラの場合は、卵が隣同士くっついておらず、バラバラなので、ストローで吸引しようとすると吸引しやすいです。

脂肪細胞も同じようにまとまっていると吸引しづらいので、ベイザー波を使って脂肪細胞をバラバラにすることで、吸引しやすくすることができます。

3. 効率的に脂肪を根こそぎ吸引します

効率的に脂肪を根こそぎ吸引します

刃のないカニューレ(吸引棒)で、剥離され、乳化した脂肪を優しく効率的に根こそぎ吸引します。

カニューレの直径は2.4〜4.6mmで綺麗な対流を作り、スムーズな吸引を可能としています。ベイザーリポで吸引した脂肪細胞は、良質な脂肪細胞のため、コンデンスリッチファット(CRF)注入法による豊胸術で胸に注入しバストアップできます。

4. 皮膚が引き締まります

皮膚が引き締まります

線維組織を傷つけずに脂肪細胞のみを吸引するため、傷ついていない線維組織がゴムのように収縮し、皮膚が引き締まります。

牛の脂でベイザー波を実験

牛の脂でベイザー波を実験

人間の脂肪とは異なってしまいますが、同じ動物性の脂の牛の脂を使って、ベイザー波を実験しながら解説します。
(解説:共立美容外科 磯野智崇)

牛の脂でベイザー波を実験

まずは、牛の脂と水を容器に入れます。

牛の脂でベイザー波を実験

ベイザー波を容器に入れます。容器に入れるとベイザー波(超音波)により、脂肪細胞が振り落とされるので、だんだん牛の脂が液体のように柔らかく溶けているようになっていきます。

牛の脂でベイザー波を実験

この画像から、脂肪の脂がだんだん液体のように柔らかくなっていくことがわかります。脂肪が柔らかくなるため、脂肪を吸引しやすくなります。

豊胸術への転用も可能

豊胸術への転用も可能

ベイザーリポは、吸引する脂肪細胞及び幹細胞をも傷つけずに吸引できます。そのため、ベイザーリポによって吸引した脂肪細胞はコンデンスリッチ豊胸により、自分の胸に注入してバストアップする事ができます。脂肪を吸引し、バストアップもできるため一石二鳥の施術です。

ベイザーリポはこのような方におススメ

  • 他院の脂肪吸引の修正を希望される方
  • 同じ部位を2回受ける方
  • コンデンスリッチ豊胸を受ける方
  • 痩せている方
  • より多くの脂肪を吸引したい方

ベイザー脂肪吸引のクリニック選びのポイント

ベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0)を使用した脂肪吸引は、安全性や、時間を短縮できるなど多くのメリットがあります。しかし、ベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0)はあくまで脂肪吸引の施術にメリットをもたらす器械でしかありません。

ベイザー脂肪吸引の仕上がりは最終的には医師の技術により大きく左右されます。医師の技術がなければ、いくらベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0)を使用したからと言って理想的な脂肪吸引を行う事ができません。

ベイザーリポ2.0(VASER Lipo 2.0)を使用した脂肪吸引を受ける際のクリニック選びのポイントは、脂肪吸引の技術と豊富な実績があるクリニックを選ばれることをお勧めします。当院は美容外科学会認定医多数が多数在籍しています。

比較表

※表は左右にスライドしてご覧いただけます。

脂肪融解注射 スマートリポ ボディジェット 通常の脂肪吸引 KB脂肪吸引 ベイザーリポ
原理 薬液で溶かし吸収を待つ レーザーで脂肪を溶解させる 水圧で脂肪細胞を遊離させる 吸引し、脂肪塊を引きちぎる 共立独自の方法で脂肪を吸引 超音波で脂肪細胞を遊離させる
脂肪除去率 ×
仕上がり ×
吸引管が太すぎる。
最小で直径5mm
傷跡 1mm 1〜2mm 6〜8mm 3〜4mm 2〜3mm 3〜4mm
内出血 × ×××
痛み × ××
日常生活
の制限
× ××
たるみの改善   ××
顔の施術 × ×××
傷大きい
××
たるみの改善が著明

たるみの改善が著明
脂肪吸引の修正再手術時 × ××
繊維成分が多いと脂肪除去率が極端に低下

繊維分が多くとも除去可能
治療回数 5回以上 1回 1回 1回 1回 1回

ベイザーリポ 適応範囲

ベイザーリポ 適応範囲
  • 二の腕
  • 腹部
  • 背中
  • 太もも
  • ふくらはぎ

ベイザーリポの流れ

ベイザーリポの流れ

ベイザーリポの流れを部位別にご紹介します。

  • 紹介する流れは、一例になります。医師の判断により変わる場合がありますのでご了承ください。

腹部のベイザーリポの流れ

腹部のベイザーリポの流れ

腹部のベイザーリポの流れをご紹介します。

背中のベイザーリポの流れ

背中のベイザーリポの流れ

背中のベイザーリポの流れをご紹介します。

二の腕のベイザーリポの流れ

二の腕のベイザーリポの流れ

二の腕のベイザーリポの流れをご紹介します。

太もものベイザーリポの流れ

太もものベイザーリポの流れ

太もものベイザーリポの流れをご紹介します。

ふくらはぎのベイザーリポの流れ

ふくらはぎのベイザーリポの流れ

ふくらはぎのベイザーリポの流れをご紹介します。

ベイザーリポの概要

手術料金 腹部(上部+下部+右側腹部 +左側腹部) ¥864,000
背中(上部のみ)  ¥540,000
背中(上部+下部) ¥702,000
二の腕(右腕+左腕) ¥626,400
太もも(右太もも+左太もも) ¥864,000
ふくらはぎ(右ふくらはぎ+左ふくらはぎ) ¥626,400
手術時間 30分〜90分
通院回数(目安) 6回(検査、手術、圧迫除去、1、2、3ヶ月検診)
回復までの期間 2〜3ヶ月
カウンセリング当日の治療 部位、程度によって可
入院の必要性 ほとんどなし(大量吸引や全身麻酔の場合、時として必要)
制限事項 術後2週間まで禁酒、禁スポーツ
仕事・外出 翌日よりほとんどのケース可
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 表示料金は全て税込みの金額です。
  • 表示料金は目安の金額となります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

第107回日本美容外科学会 学会長就任

第107回日本美容外科学会 学会長就任

2019年4月に行われる第107回日本美容外科学会 学会長に、共立美容外科・歯科CEO兼総括院長の久次米秋人が就任いたしました。

日本美容外科学会を通じて、緊密な対話と様々な交流を経て、当学会が一丸となって日本の美容医療の発展に努めてまいります。

駅近で便利!院内も落ち着いて過ごせます。

清潔感のある内装

全国24院どの院も駅からすぐ近くにあり便利です。院内もプライバシーに配慮した、清潔感のある内装になっています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医

当院には、様々な科目の専門医が在籍しています。

例えば、
日本形成外科学会が認定する形成外科専門医
日本外科学会が認定する外科専門医
日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医
日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医
日本救急医学会が認定する救急専門医
です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

医学博士も在籍

医学博士

当院には、医学博士も在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

また、2019年に行われる第107回日本美容外科学会の学会長に久次米総括院長が就任することが決まりました。

救急科専門医在籍。安全面に配慮。

救急科専門医

当院には、クリニック全体で、安全面に徹底的に配慮しています。医療従事者以外のスタッフも含む全スタッフが参加する安全講習会を定期的に行っています。

また、日本救急医学会が認定する救急科専門医の児玉医師も在籍しています。感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

日本美容外科医師会認定の医院です

日本美容外科医師会認定医院

共立美容外科は、日本美容外科医師会が認定した医療機関です。厳しい基準を満たし、認定されています。

私たちの”おもてなし”が表彰されました

共立美容外科のおもてなし

共立美容外科は接遇サービスにも力を入れています。ご来院された方に対して、スタッフ一同、心を込めてご対応しています。

その努力が実を結び、先日、アラガン・ジャパン株式会社が主催する「Allergan Campaign Award 2018」において、「SATISFACTION AWARD」部門の優秀賞を受賞しました。

表彰トロフィーは渋谷院に飾ってあります。

早稲田大学で接遇サービスの授業を行っています

早稲田大学での接遇サービスの授業

共立美容外科は早稲田大学と提携講座を開設しています。久次米総括院長が、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフも在籍し、スタッフの人材育成に努めています。

早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

このページの内容は医師によって監修されています

医師による監修

このページは、医療的な内容が含まれ、専門性を有するページとなっています。そのため、医師免許を持った共立美容外科の医師陣が監修し製作しています。

例えば、日本美容外科学会(JSAS)理事で専門医の久次米 秋人総院長をはじめとし、日本美容外科学会(JSAS)の専門医の久次米 秋人医師、磯野 智崇医師、浪川 浩明医師、玉田 洋医師、日本麻酔科学会の麻酔科専門医の遠山 貴之医師、日本形成外科学会の形成外科専門医の辻野 一郎医師、中川 由美子医師、望月 香奈医師、日本外科学会の専門医の児玉 肇医師などによって監修されています。

その他の脂肪吸引・痩身術

共立美容外科

共立美容外科|ベイザーリポのページをご覧の皆様へ

このページでは、第3世代超音波脂肪吸引システムのベイザーリポによる脂肪吸引についてご確認頂けます。ベイザーリポ(VASER Lipo)は、振動エネルギーのVASER波により、周囲の組織にダメージを与えずに、脂肪組織だけを遊離させることができる、第3世代超音波脂肪吸引システムです。
ベイザーリポは脂肪吸引の手術をする際に使用される美容マシンです。脂肪吸引の手術後の内出血や腫れに配慮するためにベイザーリポを使用します。しかしながら、ベイザーリポはあくまで美容医療用の医療機械に過ぎないため、手術後の仕上がりは医師の技術により左右される事のほうが大きいです。そのためベイザーリポを使用したからと言って「仕上がりがきれいになる」や「安全だ」などとは言えません。ベイザーリポは医師の脂肪吸引技術の補助的な役割にすぎません。
脂肪吸引をお受けになる場合、ベイザーリポを使用するかどうかでクリニックを選ぶのではなく、医師の技術でクリニック選びをするほうがよいと思います。共立美容外科のベイザーリポを使用した脂肪吸引では、術後の内出血や腫れ、痛みに配慮することができ、個人差はありますが、ダウンタイムも短く、翌日から日常生活程度の動きやデスクワークが可能です。ベイザーリポを使用した脂肪吸引は大量の脂肪を吸引できる一方で、痩せ型の方でも吸引できるのが特徴です。

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国24院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340