英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

お腹・ウエスト・腰の脂肪吸引

お腹・ウエスト・腰の脂肪吸引 お腹・ウエスト・腰

熟練の医師が
美しいボディラインを実現

お腹・ウエストの脂肪吸引とは

お腹とウエストの脂肪吸引

お腹やウエスト、腰は面積が広いため、きれいに安全に脂肪を吸引するには熟練した技術が必要です。漠然と吸引するだけではなく、全体のバランスを考えながら行うことが重要なのです。共立美容外科では、経験豊富な医師が、安全に配慮しながら美しいボディラインに仕上げていきます

ネット(網目状)に吸引

特徴

ただ、吸引するだけでなく凸凹にならないように吸引

お腹やウエストは、患者様のニーズが最も多い部位

お腹やウエストの脂肪を吸引する場合、吸引する面積が広いので、1つの方向からでは脂肪を吸引することができないため、数ミリの穴を複数(2か所程度)お腹に空けて、その穴からネット状(網目状)にカニューレ(吸引棒)を交差させて脂肪を吸引します。
広範囲の面積の脂肪を吸引するため、凸凹にならないようにする技術が必要となる部位になります。

共立美容外科の「お腹・ウエスト・腰の脂肪吸引」

腰も一緒に吸引することもお勧めしています。

お腹周りを綺麗なラインにするためには、お腹の上部と腹部、そしてウエストだけでなく、腰の脂肪も一緒に吸引すると、お腹周りの綺麗なラインを形成することができます。
また、お腹の上部だけ、下部だけ、ウエストだけといったように、部分的に吸引することも可能です。

共立式KB脂肪吸引について

共立式KB脂肪吸引とは

共立美容外科では、独自で開発し特許も取得した脂肪吸引器具のKBシースと、53種類のカニューレ(脂肪を吸引する吸引棒)を使用する共立式KB脂肪吸引を行っています。 KBシースを使用することで、吸引後に傷跡がほとんど残りません。

詳しくお知りになりたい方は下記のボタンをクリックしてください。

日本美容外科学会専門医が動画で解説

ベイザーリポを使用した腹部の脂肪吸引の手術の流れを分院院長の遠山が実際に行った手術を基に解説しています。

この動画ではデザインや、吸引直後の傷口、内出血の状態をご確認いただけます。

通常は、脂肪を吸引すると、どうしても、体内でカニューレが組織を傷つけてしまい内出血が表れます。

また、吸引範囲が広いと内出血も広範囲にでてしまいますのでなるべく内出血が出ないように吸引しています。

ただ、この患者様の場合、ほどよく脂肪を吸引したので、内出血はほとんど見られませんでした。

※遠山分院院長は新宿本院でも診察しています

お腹の脂肪吸引の動画

手術当日から1週間

お腹の脂肪吸引の手術から1週間後までの動画です。


1週間から3週間

術後1週間から3週間後の動画です。


手術後約5週間

術後約5週間後の動画です。

※一連の動画はプロモーションを含みます。個人の感想になります。ご参考にしてください。仕上がりは個人差があります。クリックするとご覧いただけます。

手術の流れ

脂肪吸引の手術の流れをご紹介しています。

脂肪吸引の治療の流れをご紹介しています。

ご覧になりたい方は、下記「脂肪吸引の治療の流れはこちら」をクリックしてください。

症例写真

  • お腹

    (27歳接客業)

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

  • お腹

    (24歳OL)

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

  • お腹

    (29歳OL)

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

    • 施術前

      施術前

    • 術直後

      術直後

    主なリスク、副作用等
    1. ◆ 腫れや内出血が出る場合がありますが、10日間前後かけて徐々にひいていきます。
    2. ◆ 浅い層を不必要に吸引しすぎると凸凹することがあります。
    3. ◆ 2カ月程度かけて術後徐々に仕上がっていきます。
    4. ◆ つっぱりや硬さが2カ月程度かけて解消していきます。
    5. ◆ 症例は個人差があります。
    6. ◆ リスク・副作用に配慮して、丁寧に脂肪吸引の手術を行います。

腰の脂肪吸引

腰の脂肪吸引

ウエストとお尻の間が腰になります。腰の脂肪を吸引すると、お尻が小振りに見える効果も期待できます。

腰は、ウエストと一緒に吸引したり、お尻と一緒に吸引すると相性がよく、背中のシルエットを形成する相乗効果が期待できます。

料金表

脂肪吸引の料金表

お腹・ウエスト・腰の脂肪吸引の料金についてご紹介いたします。

※1回につき、手技料・システム代として別途77,000円かかります。ただし、モニターご希望の場合はかかりません。
※ベイザーで行う場合、別途55,000円かかります。
※各部位の脂肪量が極端に多い場合は、脂肪の吸引量が多くなるため、価格が上がる場合があります。

お腹

♦1部位

お腹(上腹部) ¥217,800
お腹(下腹部) ¥217,800
側腹部 ¥217,800

♦お腹セット

上腹部 + 下腹部 ¥392,040

♦お腹トータルセット

上腹部 + 下腹部 + 側腹部 ¥548,856

♦お腹 + 腰トータルセット

上腹部 + 下腹部 + 側腹部 + 腰 ¥679,536
お腹

※用語について
上腹部(じょうふくぶ)・・・へそより上のお腹です。
下腹部(かふくぶ)・・・へそよりしたのお腹です。
側腹部(そくふくぶ)・・・脇腹(わきばら)の事です。


背中・腰

♦1部位

背中 ¥217,800
腰部(ようぶ・こし) ¥217,800

※用語について
腰部(ようぶ)・・・腰(こし)です。

背中・腰

お腹の脂肪吸引の概要

手術時間 60分~90分
モニター制度 モニター様を募集しております。モニター様の場合、手技料・システム代の77,000円がかかりません。
ご予約フォームからもお問い合わせできます。「脂肪吸引のモニター募集」と記載し、お問い合わせください。
通院回数 5回(検査、手術、圧迫除去、1~3ヶ月検診)
回復までの期間 2~3ヶ月
カウンセリング当日の治療 部位、程度によって可
入院の必要性 なし
制限事項 術後1週間まで禁酒、禁スポーツ
※体をよく動かした方が、経過がよくなります。
仕事・外出 翌日よりほとんどのケース可能
その他特記事項 なし

料金に関する詳細が知りたい方

  • 上記料金は標準的な料金になります。
    1部位あたりの吸引する脂肪の量が多い場合は、料金が高くなる場合があります。
  • 術後のアフターフォローもしっかりしております。追加料金は一切かかりません。
    いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

また、第109回日本美容外科学会は2021年5月26日、27日を予定しています。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長と、野本俊一医師は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本脳神経外科学会が認定する脳神経外科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

また、日本美容医療協会理事で厚生労働省認定臨床研修指導医でもある日本医科大学付属病院の野本俊一が在籍しています。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科で受けられる脂肪吸引・痩身術

このページの監修・執筆医師

  • 医師 遠山 貴之(とおやま たかゆき)

    医師

    遠山 貴之(とおやま たかゆき)

    日本美容外科学会認定専門医
    麻酔科専門医

    • 略歴

      • 1997年
        順天堂大学 医学部卒
        1997年
        順天堂大学医学部付属病院 麻酔科入局
        2006年
        共立美容外科・歯科 入局
        2020年
        共立美容外科 上野御徒町院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      麻酔科専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

共立美容外科

共立美容外科|お腹やウエスト、腰の脂肪吸引のページをご覧の皆様へ

このページは2021年4月に最終確認をしています。
このページでは、お腹の脂肪吸引についてご確認頂けます。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に26院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。

f