英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

乳頭縮小は保険適用になる?気になる費用や低価格な施術のリスクを解説!

公開日:2022年07月22日(金)

豊胸
乳頭縮小に悩みがある女性

このコラムを読むのに必要な時間は約 7 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

さまざまな要因で誰にでも起こりうる乳頭の形や大きさの変化。

乳頭の悩みはデリケートな問題であり、他者に相談するのは憚られる方が多いです。

また、一度変化してしまった乳頭は自己努力での改善が難しいことも悩みが深まる原因となっています。

また男性の方は、Tシャツに乳頭がこすれることで痛みや変形が出現することもあり、早急な対策が必要な場合も少なくありません。そうした乳頭の悩みがある方に人気の施術が「乳頭縮小術」です。

乳頭縮小術は、乳頭の組織を一部切除し形を整えることで、見た目を改善することができる施術です。

周囲にバレることなく見た目を改善できる点で大変喜ばれている施術ですが、美容医療となると費用を気にされる方がほとんどで、価格重視で施術するクリニックや医師を選ばれる方が増えています。

今回は、乳頭縮小術の費用や低価格な施術を選ぶリスクについて解説します。

 

乳頭縮小術とは?3種類の施術をご紹介!

施術について解説している看護師

乳頭縮小術は主に3種類の手術方法があります。

医師と相談しながら、希望や目的に合わせて選択していきましょう。

授乳中の方や今後授乳が必要となる可能性のある方は、乳管温存法を選択される方がほとんどです。

ここでは、3種類の施術の概要を詳しくご紹介します。

 

全体的に小さくする

全体を小さくする施術では、ケーキのように組織を切除し縫合する方法や、先端を切除して上に縫合する方法等があります。

乳頭の大きさが気になる方におすすめの施術です。

乳輪とのバランスも整えることができる施術です。

 

乳管を温存せず乳頭を短くする

乳管の機能を残さずに乳頭を短くする場合は、先端を切除することで乳頭を短くする方法と、乳頭の根本を切除し低くする方法の2種類があります。

乳管を切除することで不自由が発生することはありませんが、授乳の可能性がある女性の方は乳管温存法を選択しましょう。

男性の方にはおすすめの施術です。

 

乳管を温存して乳頭を短くする(乳管温存法)

授乳中の方や今後妊娠する可能性のある方には乳管温存法がおすすめです。

乳管は触ることなく周囲を切除することで乳頭を低くする方法です。

乳管温存法は専門的な技術が必要な施術であり、実績や経験のある医師に施術を依頼すると良いでしょう。

 

乳頭縮小術は保険適用?その理由は?

乳頭の大きさや形は、それ自体が人体に悪影響を与えるわけではありません。

そのため、見た目が気になるなど、形成的な問題で手術をする場合、現時点では自費診療という扱いになってしまいます。

ただし、乳頭の問題で授乳に影響がある場合は一部保険適用になることがあるため、医師に相談してみましょう。

 

乳頭縮小術の相場価格は?

乳頭縮小術の相場価格は両側の施術だと約30〜50万円と美容施術の中でも高額です。

麻酔が必要な手術であることや、専門的な知識が必要なことなどが高額となる主な理由です。

特に乳管温存法は高い技術力が必要となるため、他の施術と比べるとやや高めに設定しているクリニックもあります。

相場価格より高いあるいは低いクリニックもあるため、複数のクリニックでカウンセリングを受けた上でクリニックを選択するようにしましょう。

 

低価格な施術のクリニックを選ぶリスクとは?

リスクについて説明している女性

乳頭縮小術は、施術可能な美容クリニックが増え、どこにいても気軽に受けることができます。

しかし、価格だけでクリニックを選択してしまうと、失敗やトラブルが発生するリスクが高まることをご存知でしょうか?

ここでは、低価格な施術を提供しているクリニックを選ぶリスクについて解説します。

 

アフターフォローが不十分

低価格な施術のクリニックでは、アフターフォローについて言及されていない場合や、すぐに連絡が取れない、受診に費用がかかるなどアフターフォローが不十分なことがあります。

他院での出術後に不安になり、問い合わせたものの対応してもらえず当院にセカンドオピニオンに来られる方も少なくありません。

低価格の理由は、アフターフォローに力を入れておらず、悪く言えば「施術して終わり」と考えているためとも考えられます。

アフターフォローの大切さは、優秀な美容外科医であればしっかり認識していますし、ましてや術後の経過は継続して見る必要があると考えています。

カウンセリング時にどんなアフターフォローがあるのか確認してみましょう。

 

未熟な医師が担当することが多い

低価格な施術では、経験が浅く未熟な医師が対応することが多いです。

そういった医師の施術では失敗のリスクが付いて回ります。

乳頭縮小術は、組織を切除してしまうことから、修正が難しく、施術自体を後悔してしまう方もいます。

医師の経歴や実績をしっかり確認して施術に望む必要があります。

 

カウンセリングを他の医療スタッフが行っている

低価格な施術をうたっているクリニックに多いのが、医師ではないスタッフによるカウンセリングです。

医師は執刀時に始めて患者様と対面するといったクリニックもあるんだとか。

カウンセリングは患者様の希望を聞き、検査の説明を行う場ですが、同時に患者様が納得できるように十分な説明や質問への回答を行う場でもあります。

医師以外のスタッフのカウンセリングでは、質問事項にしっかり返答できているのか不透明ですし、なにより医師とスタッフの間で情報伝達ミスがあった際に重大なトラブルに繋がりかねません。

カウンセリングシートなどを活用しているクリニックもありますが、やはり医師と面談することで安心感や信頼性が生まれるのではないかと感じます。

 

機材や施設のメンテナンスが不十分

美容クリニックの機材は、本体価格も高額ですが、定期的なメンテナンスでも費用が掛かってきます。

また、清潔なクリニックを持続させるために清掃代やメンテナンス代なども必要です。

施術に使う衣料資材は特殊なものも多いため、使い捨ての資材であっても高価格な物品がほとんどです。

低価格な施術が多いクリニックでは、こうしたメンテナンスや施設維持費を捻出できない可能性があります。

さらに、使い捨て資材の使いまわしなどを行っている可能性も否定できません。

スタッフへの教育や医師の研修費などを削っている場合はスタッフの質も必然的に低下してしまい、施術に影響が出てしまう可能性があります。

 

乳頭縮小術におすすめのクリニックの特徴4選

クリニックは慎重に選ぶべき…わかってはいるものの、どういう特徴のクリニックを選ぶべきなのか悩むことも多いですよね。

ここでは、おすすめのクリニックの特徴について解説します。

 

実績があり、研究も積極的に行っている

医師の経歴やクリニックの実績をあらかじめホームページなどで確認しておきましょう。

実績が不十分なクリニックは、知識や技術が乏しく、失敗のリスクが高くなります。

医師の経歴では、学会員かどうかまで記載しているクリニックもあり、情報をいち早くキャッチできる環境が整っているかまで把握することができます。

また、研究が盛んにおこなわれているクリニックでは、より良い施術方法を取り入れていることが多いため、カウンセリングでは研究実績も聞いてみると良いでしょう。

 

カウンセリングが丁寧で納得するまで行う

カウンセリングは美容医療にとって最重要と言っても過言ではありません。

患者様と医師の認識のズレはトラブルの原因になるためです。

そのためカウンセリングでは、患者様が治療方針に納得されるまで説明し、同意を得る必要があります。

特にカウンセリングを重視しているクリニックでは、デメリットや不安点を深掘りしながら説明している傾向にあります。

 

さまざまな手術方法を取り入れている

上記の3種類の施術をすべて網羅しているクリニックでの施術がおすすめです。

多くの選択肢があることで、自身に最もあった施術を選択することができます。

乳頭陥没への施術やバストアップに関する施術なども取り扱っているクリニックであれば、乳頭や乳房への知見も豊富であるため検討してみましょう。

 

女性医師も男性医師も在籍している

乳頭の悩みはデリケートな問題であり、医師であっても異性に施術してもらうのはためらわれる患者様もいらっしゃいます。

男性医師も女性医師も在籍しているクリニックであれば、安心して相談することができますね。

 

乳頭縮小術は信頼できるクリニックに任せよう!

安心のクリニックを紹介する看護師

乳頭縮小術は自費診療となるため、どうしても高額な費用がかかってしまいます。

しかし、効果が半永久的に続くことや、コンプレックスの解消から自信が付く点等を考慮すると、高いから受けないと考えてしまうのは少しもったいないです。

今深く悩まれている方には、モニター制度や美容ローンを活用する方法もあります。

乳頭の悩みを抱える方は、一度クリニックのカウンセリングを受けてみましょう。

 

乳房の悩み バナー

▼共立美容外科で人気の乳房の悩みの料金や方法についてはコチラ

 

カウンセリングの予約バナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 古賀 はる香(こが はるか)

    古賀 はる香(こが はるか)

    日本形成外科学会専門医

    • 略歴

      • 2012年
        東京女子医科大学医学部医学科 卒業
        2012年
        平塚共済病院 入職
        2013年
        東京医科歯科大学医学部付属病院 入職
        2014年
        東京医科歯科大学医学部付属病院・形成美容外科 入局
        2021年
        共立美容外科 入職
    • 主な加盟団体

      日本形成外科学会
      日本美容皮膚科学会
      日本手外科学会
      日本マイクロサージェリー学会

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444