英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

二重の美容整形二重切開法の総合ページ

二重切開法 二重切開法

切る二重の美容整形

まぶた、ミニ切開、目頭、目尻

切らない二重整形と切る二重整形

まぶた・ミニ切開とは

二重の整形は大きく分けて、皮膚を切らないで行う「切らない二重の整形」と、皮膚を切って行う「切る二重の整形」の2種類に分けられます。

切らない二重の整形は、メスを使わず、糸と針だけで行う埋没法(まいぼつほう)や挙筋法(きょきんほう)があります。

共立美容外科では、切らない二重の整形は、腫れづらく、痛みもすくなく、糸が取れづらい「共立式二重埋没P-PL挙筋法」を行っています。

切らない二重の整形「共立式二重埋没P-PL挙筋法」の詳細を見る

一方、切る二重の整形は、まぶたや、目頭、目尻を切開して、二重を形成する手術になります。

切らない方法は、糸と針で二重を形成するので、糸をはずせば簡単に修正できますが、切る方法は、修正が難しいのが特徴です。そのため、技術力を要する手術です。

腫れや痛みに配慮しています。

腫れや痛みに配慮しています

当院では、二重の切開手術を行う際、麻酔にこだわり、痛くないように配慮しています。
また、術式にもこだわり、腫れないように配慮して手術を行っています。
患者様ファーストで取り組んでいます。

二重の切開手術の種類

全切開とミニ切開の違い

切る二重の整形は、目の切開する部位により、名前が違います。

全切開・ミニ切開

全切開とミニ切開の違い

まぶたを切開して、二重を作ります。まぶたに糸を数点だけ留めて二重を作る、切らない二重の整形(埋没法や挙筋法)とは違い、皮膚を切開して縫い合わせて二重を形成するので、糸が取れる心配はなく、その意味で半永久的な二重を作る事ができます。

二重を作ると同時に、まぶたの脂肪やタルミも取ることができるので、ぱっちりとした大きい目にすることができます。

■全切開・ミニ切開の解説動画

二重の全切開を、実際に行った手術を基に、磯野医師が動画で解説しています。

切開幅や、脂肪の除去などの実際の手術方法や手術後の傷跡や内出血、腫れなどのダウンタイム、経過の状態がご確認いただけます。

■男性の二重の全切開の手術の流れ

男性の二重の全切開の手術の流れと、手術直後の腫れや内出血、傷跡の状態を動画でご確認いただけます。

二重の全切開のデメリットとしては、腫れや内出血などのダウンタイムが生じますが、ダウンタイムに配慮して手術を行うことで極力、腫れや内出血を抑えることが可能です。

この動画の方は手術後ほとんど腫れや内出血がありませんでした。

目頭切開

目頭切開

目頭を丁寧に切開する二重の手術方法です。目を大きな印象にすることができます。また、目と目の距離が離れている場合、理想的な距離に近づけられます。
共立美容外科では主にZ型形成やW型形成を採用しています。

目尻切開・タレ目形成

目尻切開

目を横方向に拡大する施術方法です。目尻切開は横方向に広がる分だけ、縦方向は狭くなってしまいます。そのため、細長い印象の目つきになります。

切れ長の目元を希望される方に向いている施術方法です。また、タレ目や、つり目を形成したり、修正、改善する事ができます。

また、下まぶたを併せて切開することで、グラマラスラインを形成し、大きなタレ目にすることもできます。

共立美容外科の二重の切開のポイント

共立美容外科の二重まぶたの切開のポイント
特徴1

解剖学を熟知

特徴2

精密なデザイン

特徴3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

特徴4

内出血と腫れに配慮

特徴5

複数人の医療スタッフを配置

特徴1

解剖学を熟知

解剖学を熟知

目の周りには傷をつけてはいけない大事な血管や神経細胞が沢山あります。二重の切開手術する際は、それらの組織を傷つけないようにするために解剖学を熟知し丁寧に手術しています。

出血を抑えるために、止血ができる医療機器も使用しています。

特徴2

精密なデザイン

精密なデザイン

デザインをしっかりするかしないかで仕上がりに大きな差が出ます。そのため、共立美容外科では、患者様のご希望に沿った仕上がりにするために、カウンセリング室や手術室で、何度も患者様と打ち合わせをし、二重のラインなどのデザインを決定します。

デザインをする際は、定規を使用するなどミリ単位でデザインを調整しています。

特徴3

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

完全滅菌された、こだわりのある医療機器

二重の切開手術を行う場合の医療器具は多岐にわたります。ピンセット1つとっても何種類ものピンセットを細かく使用しています。

共立美容外科では一つ一つこだわりを持った医療器具を使用しています。また、完全滅菌された清潔な医療器具を使用しています。

特徴4

内出血と腫れに配慮

血を止める医療機器

内出血や腫れを抑えるために、血を止める医療機器を使用して細かく細部にわたって止血を行っています。

まぶたの切開の手術をする場合、皮膚を切るために血が出てしまいます。血が出過ぎてしまうと内出血や腫れな弊害をおこしてしまうので、内出血や腫れを防ぐために血を止める専用の医療機器を使用し、手術を行っています。

特徴5

複数人の医療スタッフを配置

安全への配慮

安全に配慮するために、複数の医療スタッフを配置し、清潔な環境で丁寧に手術をしています。

人気施術ランキング

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

最新の日本美容外科学会 学会長としてのご報告

2019年4月に行われた、第107回日本美容外科学会で共立美容外科・歯科の理事長の久次米秋人が務めました。

2020年は日本美容外科学会が中止となりましたので、2021年時点で最新の美容外科学会になります。

当学会では、2日間にわたり、特別講演やシンポジウムなど30ものプログラムを通して、国内外から参加した登壇者と参加者とが一丸となり、美容医療の発展に寄与しました。

当院としても、移り変わる社会からの美容医療への要求に対して、お応えできるよう日々研鑽(けんさん)を積んでまいります。

学会の様子についてはこちらをご覧ください。

内閣府認定 日本美容医療協会

日本美容医療協会(JAAM)

日本美容医療協会(JAAM)は、内閣府から認定された美容分野の公益社団法人です。

「すべての人に美しくなってほしい」ことを目的としています。
当院の久次米秋人理事長は日本美容医療協会の理事として、皆さまと専門医をつなぐ架け橋になるよう努めています。

当協会は美容分野で唯一、内閣府より公益社団法人の認定を受けています。

様々な科目の専門医が在籍

様々な科目の専門医が在籍

当院には、様々な科目の専門医が在籍し、当サイトも執筆、監修しています。

例えば、日本形成外科学会が認定する形成外科専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本麻酔科学会が認定する麻酔科専門医、日本抗加齢医学会が認定する専門医、日本外科学会が認定する外科専門医、日本救急医学会が認定する救急専門医、日本旅行医学会が認定する認定医、日本禁煙学会が認定する認定指導医です。

様々な科目の専門医や出身者による総合的な医療の上に成り立っているのが、共立美容外科なのです。

定期的な研修や勉強会を開催し、IMCAS(世界皮膚老化会議)などの参加を通じて、医療技術の向上に努めています。学術研究についてはこちらをご覧ください。

医学博士も在籍

医学博士も在籍

当院には、医学博士の新妻 克宜医師が在籍しています。

学会発表などアカデミックな視点からも、美容医療の向上に努めています。

そして、全ての医師が解剖学を学んでいます。

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

救急科専門医と麻酔科専門医が在籍

日本救急医学会が認定する救急科専門医で麻酔科認定医のの児玉肇医師や救急科専門医で麻酔科専門医の岡田大輔医師が在籍しています。

感染症予防など「未然に防ぐこと」に対して積極的に取り組んでいます。

さらに、ヒヤリ・ハット事例を、収集、分析し「何かあった時の対応」に対しても取り組んでいます。

その他、各専門医の情報については、こちらをご覧ください。

早稲田大学の経営管理研究科と提携

早稲田大学の経営管理研究科と提携

共立美容外科は早稲田大学の経営管理研究科と2017年から2021年現在まで、提携講座を開設しています。

当院のスタッフが、接遇サービスや、おもてなし、どのようなクリニックが選んでいただけるかといった講義を行っております。

また、「真っ当な医療を患者様に丁寧に届ける」という企業理念を崩さないことが大切であるという話もしています。

この理念は、クリニックとして開院以来30年間一貫しています。

当院のサービス向上部門には、早稲田大学大学院のMBAや博士課程のスタッフが複数名在籍し、スタッフの人材育成に努めています。
早稲田大学との提携講座を通じ、患者様にご満足いただけるような接遇サービスの向上に日々、努めています。

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」認定医療機関

「日本美容外科医師会」は、美容外科医が中心となり、美容医学の推進と美容医療の質向上を目的として結成された特定非営利活動法人です。

所属するには、以下の条件を満たしていなければなりません。

院長は医師会の会員であること
共済会に加入して三年以上であること
過去に重大事故(後遺障害3級以上)をおこしていないこと

さらに、以下の審査項目があり、これらも認定への大切なポイントとなります。

美容外科110番でのクレーム状況
美容外科への貢献度
医師としての倫理感
手数料、更新料の支払状況

これらの審査基準を満たして日本美容医師会に所属しているということは、クリニック選びの重要な指針となるはずです。

また、当院の久次米秋人理事長は、日本美容外科医師会の理事として美容医療を通じて医学の進歩と社会の福利に貢献するよう努めています。

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

新型コロナウイルス感染症に対する院内の取り組み

厚生労働省対策本部の新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の見解(令和2年3月9日及び3月19日公表)を受けて、院内の備品、施設の消毒管理、外気の取り入れ(換気)、全てのスタッフの体調管理等を行っています。

詳しくは、下記ページをご覧ください。

共立美容外科で受けられる二重・目もとの美容整形の施術

このページの監修・執筆医師

  • 医師 磯野 智崇(いその ともたか)

    医師

    磯野 智崇(いその ともたか)

    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学 形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院 整形・形成外科入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

共立美容外科

共立美容外科|二重切開法のページをご覧の皆様へ

このページは2021年10月に最終確認をしています。
このページでは、二重切開法の種類についてご確認頂けます。共立美容外科の美容整形は、一人一人大切にコミュニケーションをとりながら、医師や看護師が一人一人思いやりを持って、患者さまの立場に立った美容外科手術を行うことを信念としています。脂肪吸引や豊胸、脱毛、歯科など、1989年に開院し、約30年に渡り美容医療を提供させていただいてきた、全国に26院ある、美容整形クリニックです。美容外科とはドクターひとりで行うものではありません。私たちとあなたとが信頼関係を築き二人三脚で行うもの。充分にコミュニケーションをとり、美容整形を通してあなたの夢に近づけていきます。