英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

FUSICA CREAM

FUSICA CREAM

自己再生の加速を促す

最終更新日 2021年6月17日

  • 記事:監修医師
    日本美容外科学会専門医
    遠山 貴之

  • 監修の遠山医師

FUSICA CREAMとは

「美容以上、医療レベル。」を目指して、共立美容外科の関連事業としてスタートしたブランド“KUJIME”が開発した世界特許成分配合の次世代幹細胞クリームです。

2021年現在、再生医療を通して多種疾患に効能が見込める治療法や薬品、商材の実用化が目指されております。

FUSICA CREAM(フシカクリーム)は、その最新の再生医療技術と、共立美容外科の医師の経験と医療技術を複合し生まれた商材です。

陳列されているFUSICA CREAM

ヒトには、怪我をした際に、傷を治す自己再生という機能が備わっています。
その自己再生を「再生因子」が加速させるのです。

FUSICA CREAMでは、再生因子が潤沢に含まれており、お肌のトラブルに対して再生を積極的に促します。

症例写真

症例写真1

FUSICA CREAM使用の症例写真 目元ケース1

目元のシワがハリが出て薄くなっています。

  • 効果には個人差があります。
  • 光の加減で薄く見えている場合もあります。

症例写真2

FUSICA CREAM使用の症例写真 目元ケース2

目元のシワがハリが出て薄くなっています。

  • 効果には個人差があります。
  • 光の加減で薄く見えている場合もあります。

国際特許「不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液」

「歯髄(しずい)」から幹細胞を抽出するイメージ図

一般的に幹細胞はヒトの体の中から主に脂肪や胎盤、臍帯血、歯髄などから抽出します。

FUSICA CREAMは、その中でも個体差が少なく感染に強い「歯髄(しずい)」から幹細胞を抽出しています。

また、歯髄の中でも高機能なエリート幹細胞を培養し使用しています。

この培養液は、国際特許において、独占販売している原料「不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液」を使用しています。

そして、この「幹細胞」培養液が、信号を発し再生を加速化するよう導きます。

FUSICA CREAMのポイント

フシカクリームとそのポイントの箇条書き

200種類以上の成長因子

FUSICA CREAMには、成長因子が200種類以上含まれています。

成長因子の1つ、「EGF」はノーベル賞を受賞した成分です。

肌の新陳代謝を活発にして、肌のターンオーバーを正常化しキメが整う事が期待できます。

コエンザイムQ

抗酸化力が高いコエンザイムQを含有しています。
コエンザイムQを体の中に浸透させるため、髪の毛の約1/1000のサイズまでリポソーム化しています。

リポソーム化とは、丸くて小さい多層構造上のカプセルに有効成分を閉じ込める技術です。

11種類の保湿成分

11種類の保湿成分を配合しています。
そのため、適度に潤う肌質を実感いただけると思います。
テクスチャーはとてもなめらかで浸透が早い処方に組みあげました。

保湿にこだわるFUSICA CREAMは、セラミドもリポソーム化し、潤いを肌に届けます。
セラミドは、潤いある肌質にするために欠かせない成分です。

肌のハリの修復を目指す

実際にこのFUSICA CREAMをご使用いただいている方から、一番お喜びの声をいただいている内容は、「肌のハリの修復作用」です。

200種類以上の成長因子が細胞レベルに働きかけるので、その多種多様な因子がもたらす作用が、肌の修復作用を構成します。

医療レベルのクリーム

スパチュラでFUSICA CREAMをすくう図

製造過程の透明性

製造段階での透明性や安全性について、ご安心いただける幹細胞コスメを販売しています。

幹細胞を提供するドナーに対して、エイズや肝炎、ウィルス、細菌などに感染していないかを専門機関で厳密に調査しています。

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液は、一定の厳しい条件をクリアした健康なドナーの歯髄を採取して、その中から幹細胞を培養して抽出しています。

また、製造過程のトレーサビリティーを義務化することで、透明性を図っています。

安全性

不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液の各工程は医師が監修しています。

医薬品レベルの安全検査を実地し、製造過程においては、繰り返しウィルスや殺菌感染のスクリーニングテストを行っております。また、最終工程ですべての製品で無菌検査を行い、厳しい検査に合格したもののみ「FUSICA CREAM」として、お客様の手元にお届けしています。

FUSICA CREAMを手に塗布している様子

保湿力

FUSICA CREAMは保湿にも重点を置いています。

保湿力を高めようとすると、その分、使用量が増えてしまい、肌のべたつきや付け心地が悪くなってしまうデメリットがありました。

そのため、製品のテスト段階から、医師が監修し、油分の配合を何度も調整し、幅広い世代にテスト調査を行いました。

その結果、少量でもよくのび、付け心地もよく、保湿力も一定数以上保てるクリームを開発しました。

FUSICA CREAMは使用すればするほど、200種類以上の成長因子が体内のレセプターに働きかけ、肌の修復に導くよう作られています。(効果には個人差があります。)

朝も夜もご使用いただけるよう、少量でもよく伸びるように製造しました。

朝と夜の1日2回、しっかりとお肌に塗っていただき、「美容以上」「医療レベル」を目指すFUSICA CREAMをご体感いただけばと思います。

少量でも伸びる、保湿感抜群のFUSICA CREAMの質感を動画でご確認いただけます。

国内で製造されています

国内で製造されているFUSICA CREAM

KUJIMEにおける独自調査によると、幹細胞化粧品は韓国製が圧倒的に多いです。

その中で、FUSICA CREAMは、ジャパンメイドにこだわり、国内での製造を徹底しております。

一大ブームを巻き起こしたヒト幹細胞ですが、そのほとんどが脂肪幹細胞、つまり脂肪吸引等で抽出し廃棄されています。

一方、FUSICA CREAMでは、ヒト乳歯歯髄幹細胞から抽出された培養上清液を使用しております。
当然、製造段階では、遺伝子やウイルスなどの検査を医療機関を通じて実施しています。

FUSICA CREAMの培養上清液は、クローン細胞のように同じ再生因子を無限に培養できる技術(不死化(フシカ))を採用しております。(この技術は、国際特許を取得。特許文献や査読論文で公開されております。)

幹細胞研究の実用化を通して、再生医療でも注目を集めており、理想的な細胞ソースと考えられています。

動画でご紹介

実際の工場での製造過程を動画でご紹介しています。

このような方に向いています

FUSICA CREAMとハッシュタグ付きキーワード
  • ■悩み
  • たるみ
  • しみ
  • しわ
  • ニキビ
  • ニキビ跡
  • 毛穴
  • 乾燥
  • 加齢
  • ■部位
  • ひたい
  • 目尻
  • 法令線
  • ほほ
  • フェイスライン
  • 首元
  • ■メインターゲット
  • 40-60代
  • 世界初の技術・国際特許取得

    細胞増殖と均質成分の比較グラフ

    無継代培養を可能にしたKUJIME不死化幹細胞(フシカ幹細胞)は「均質」な成分を大量発現させます。

    無継代とは、理論上半永久的という意味です。
    2021年現在7年間増殖中です。

    そしてこの「均質」という言葉がポイントです。

    一般的な幹細胞の培養(プライマリー細胞)の場合、バッチごとに成分がバラバラになってしまうことが多く、細胞を交換する度に発現する成分が異なってしまう。

    一方、 KUJIME不死化幹細胞の場合、この図のようの細胞成分が均質になっています。
    KUJIME不死化幹細胞は国際特許を取得している細胞を不死化する「世界初の技術」で製造されています。

    • このグラフの図は実際のデータをもとに、トレースして作成しています。

    KUJIME不死化幹細胞の価値は「世界で唯一の均一化できる生物製剤」として、世界初の規格化できる再生因子として医薬品承認を目指しています。

    体内の幹細胞の数と年齢

    年齢別 体内の幹細胞数のグラフ

    幹細胞は誰しもが体内に持っているものですが、年齢とともに日々減少しています。

    歯周病や生活習慣病など加齢に伴う病は、幹細胞の量の減少も原因の一つです。

    若い時は回復力が早いと感じていたのは幹細胞の量や質のおかげす。
    10代になると新生児の10分の1になり、50代になる40分の1にまで減少してしまいます。

    また、幹細胞は数だけでなく、質の面でも年齢とともに衰えてきます。

    FUSICA CREAMは、法的な条件をクリアし、幹細胞研究を専門とする企業の厳しいテストにクリアした質の高い乳幼児の幹細胞を使用しています。

    グラフ出典:Arnold I. Caplan「Adult mesenchymal stem cells for tissue engineering versus regenerative medicine」『Journal of cellular physiology』2007.7

    乳歯歯髄幹細胞

    骨髄幹細胞と乳歯歯髄幹細胞因子の比較

    FUSICA CREAMは乳歯の歯髄から幹細胞を採取しています。

    幹細胞は、脂肪や骨髄、永久歯、乳歯などから採取できますが、それぞれ含有する質が異なります。

    このグラフは骨髄幹細胞と乳歯歯髄幹細胞の共通する39種類の因子の比較です。

    ほとんどの因子でFUSICA CREAMで使用されている乳歯歯髄幹細胞が骨髄幹細胞より上回っていることがわかります。

    データ提供:株式会社 サイセイ
    参考資料: Kohki Matsubara,Yoshihiro Matsushita,Sakai Kiyoshi,Fumiya Kano,Megumi Kondo,Mariko Noda,Noboru Hashimoto,Shiro Imagama,Naoki Ishiguro,Akio
    Suzumura,Minoru Ueda,Koichi Furukawa,Akihito Yamamoto「Secreted Ectodomain of Sialic Acid-Binding Ig-Like Lectin-9 and Monocyte Chemoattractant Protein-1 Promote Recovery after Rat Spinal Cord Injury by Altering Macrophage Polarity」『Article in The Journal of Neuroscience』2015.2

    肌のハリと引き締め

    皮膚内のコラーゲン増加のデータとイメージ

    不死化幹細胞を1カ月使った場合と使わなかった場合の、エコー測定器による使用部位の皮膚内のコラーゲン量の調査のデータです。

    緑色の多さがコラーゲンの多さを表しています。

    • (女性はイメージです。実際のデータを引用し、画像制作しています。)

    使用している場合は、使用していない場合に比べて、約4倍ほどコラーゲンの量が多いです。
    また、皮膚の厚さも、使用していない方は2568umに対して、使用している方は、1330umと薄くなっており、皮膚が引き締まっていることがわかります。

    つまり、効果には個人差がありますが、同様の効果が出た場合、肌のハリと引き締めを同時に実感できます。

    使用方法

    使用方法

    FUSICA CREAMの塗り方をご紹介します。

    朝と夜にお使いのスキンケアアイテムの最後にプラスしてご使用ください。
    (説明医師:久次米 秋人)

    使用方法を見る

    動画でご紹介

    フシカクリームの使用方法を動画でもご紹介しています。

    座談会

    共立美容外科のスタッフ

    参加者

    共立美容外科の看護師、歯科衛生士のスタッフが使用感の座談会を行いました。

    • こちらに記載する内容は個人の感想です。

    左から安藤さん、坂本さん、津田さん、岡野さん。

    参加者

    共立美容外科の看護師、歯科衛生士のスタッフが使用感の座談会を行いました。

    • こちらに記載する内容は個人の感想です。

    左から安藤さん、坂本さん、津田さん、岡野さん。

    安藤さん
    坂本さん
    津田さん
    岡野さん
    クリームを見ながら座談会するスタッフ
      • 安藤

        いろいろな所から美容クリームって出てるけど実際どうなのかな。
        みんなはいくらくらいの美容クリーム使ってる?

      • 坂本

        私はドクターズコスメばかり使ってるよ。あとクリニックでしか売っていない化粧品。例えば、エンビロンとかMTとか。

      • 津田

        私は前から使っている商品を変えたくないから、百貨店で売っている美容クリームが多いかな。学生の時から使っている商品の延長っている感じで、だんだん値段が上がっていってブランドもハイブランドになっている感じで。

      • 岡野

        私はあまりこだわりがなくて。お母さんが使っているものを一緒に使っているよ。

      • 安藤

        お母さんと仲良くていいね。ちなみに私は、百貨店のコスメ売り場を回るのが好きだからいろいろ試してるよ。

      • 一同

        知ってる。知ってる(笑)

      • 安藤

        ただ、幹細胞を使用した美容クリームって使ったことないからどんなのか楽しみで。
        実際2日間使ってみたんだけどすごい良かったよ。

      • 坂本

        私も使ってみてまだ2日間だけどすでにいい感じ。夜しか使っていないんだけど、寝起きが肌の調子がいいのがわかったよ。

      • 安藤

        それに、ニキビの赤みがよくなった感じがする。ピーリングとかやっていないし、ニキビ痕には何もしていないのでよくなった原因はFUSICA CREAMしかないだろうと思った。

      • 津田

        1日、2日で効果が実感できるっていいね。なんかいつもと違うっていうか。美容クリーム変えて良かったって思える。
        シミだけでなく、毛穴にいいんじゃないかなと思った。

      • 岡野

        私の場合は、ハリがすごい出たよ。
        保湿がすごいので、冬とかよさそうだね。
        見た目的に乳液に近いかなと思ったけど、全然違った。

      パッケージを見るスタッフ
      • 安藤

        なんか、パッケージがかわいい。プレゼントにもらったら嬉しいし、渡しても喜ばれるかも。

      • 津田

        成分は何を使っているんだろう。不死化ヒト乳歯歯髄幹細胞培養上清液(保湿成分)だって。

      • 岡野

        なんか難しそう。

      • 安藤

        FUSICA CREAMに入っている幹細胞順化培養上清液は、肌の再生に欠かせない再生因子が豊富に含まれるエリート幹細胞を培養して作られてるんだって。
        再生因子がお肌の再生の加速を促してくれるから、画期的な美容クリームだと思うよ。私的には。

      • 津田

        再生医療は、美容医療でも流行っているもんね。成長因子で肌の再生を促すなら、ダーマペンとかと一緒のイメージみたいなもんかぁ。

      • 岡野

        ここにMADE IN JAPANって書いてある。

      • 坂本

        国産なのうれしいよね。

      • 安藤

        ちゃんとした工場で作られてるんだって。製造には医師も監修してるみたいだよ。

      クリームの香りを試すスタッフ
      • 坂本

        匂いは気にならないね。

      • 安藤

        そうだね。

      • 岡野

        匂いがしないのは嬉しい。匂いがきついと私酔っちゃうから。

      スパチュラを手に持つスタッフ
      • 津田

        スパチュラも入っているから、衛生面に配慮しながら使えるからいいね。

      • 岡野

        たしかに。考えて作られてるね。

      • 安藤

        私は、自宅の洗面台のオシャレ感を大事にするから、このFUSICA CREAMは見た目がおしゃれだから結構うれしいかも。ハイブランド感あるもん。

      クリームを手に伸ばすスタッフ
      • 安藤

        結構伸びるよね。

      • 津田

        クリームは延びない商品が多いけど、FUSICA CREAMは結構、伸びるね。

      • 坂本

        そうそう。少量でもすごい伸びるから夜だけ使ったら2ヶ月くらいは持つんじゃないかな。
        コスパはいいね。

      • 安藤

        でも、効果を出すなら朝晩使った方がいいらしいよ。
        うちの先生も朝晩使ってるっていってたから間違いない。

      • 坂本

        確かに。でもさ、結構しっとりしているから、普通に朝仕事行くときとか、朝時間ないときは、塗るのきついかも。朝は、下地とか塗るのがあるので、朝使うと重いかも。

      • 安藤

        私も、しっとり感がすごいから夜だけでいいかなって思ったけど、朝ブースターして、FUSICA CREAM塗ってその直後に、化粧したけど全然いけたよ。時間を置かなくても大丈夫。

        いい成分が入っているんだし、絶対朝晩使った方がいいと思うよ。私すごく調子いいよ。
        オイリー肌じゃないからよかったのかも。

      • 坂本

        そうなんだ。じゃあ朝も使ってみよう。

      • 津田

        私も朝使ったけど、その後すぐに化粧したけど大丈夫だったよ。

      • 岡野

        そうなんだ。化粧の前にはFUSICA CREAMは保湿が強いので夜だけでいいかなって思ってたけど、朝も使ってみようかな。お母さんにも勧めなきゃ。

      クリームを手首に伸ばすスタッフ
      • 岡野

        どんな感じで塗ってる?

      • 坂本

        私は、夜だけで充分だと思ったから、お風呂上がりのスキンケアで使ったよ。いつものスキンケアにプラスワンって感じで。

      • 安藤

        顔全体になじませて使ったよ。

      クリームを手に持つスタッフ一同
      • 坂本

        メインターゲットを40代~60代にして作られてるみたいだけど、20代の私たちが使っても効果が実感できたってことだね。

      • 岡野

        お母さんに買ってあげよっと。手軽だしおすすめ。

      • 津田

        私は美容クリームこっちに乗り換えよっと。

      • 安藤

        私もサンプルでいろいろな会社のもの使ったけど、これはその中で、かなり良いってマイ評価。

      • 岡野

        星をつけるとしたら何点?

      • 安藤

        5点満点中6点かな(笑)

      • 一同

        なにそれ(笑)

      • 坂本

        じゃあみんな大満足ってことだね。

      • 一同

        そうだね。

    共立美容外科のスタッフも愛用

    FUSICA CREAMを持って並ぶ、共立美容外科スタッフ

    美容医療にこだわりがある美容外科の看護師スタッフ。

    いろいろなドクターズコスメやハイブランドのコスメがあるなかで、共立美容外科の多くのスタッフは基礎化粧品としてFUSICA CREAMを使用しています。

    FUSICA CREAMのご購入はこちら

    このページの監修医師

    • 副総括院長就任 遠山 貴之(とおやま たかゆき)

      副総括院長就任

      遠山 貴之(とおやま たかゆき)

      日本美容外科学会認定専門医
      麻酔科専門医

      • 略歴

        • 1997年
          順天堂大学 医学部卒
          1997年
          順天堂大学医学部付属病院 麻酔科入局
          2006年
          共立美容外科・歯科 入局
          2020年
          共立美容外科 上野御徒町院院長就任
          2020年
          共立美容グループ 副総括院長就任
      • 主な加盟団体

        日本美容外科学会会員
        日本美容外科学会認定専門医
        麻酔科専門医

    共立美容外科

    共立美容外科・歯科|FUSICA CREAMのページをご覧の皆様へ

    このページは2021年6月に最終確認をしています。
    FUSICA CREAM(フシカクリーム)は、最新の再生医療技術と、共立美容外科の医師の経験と医療技術を複合し生まれた商材です。再生因子が潤沢に含まれており、お肌のトラブルに対して再生を積極的に促します。