英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

【漫画】実は二重整形は痛くなく簡単に可愛くできる話

公開日:2022年04月02日(土)

二重整形・目元のお悩み

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

 

鏡を見て、自分の一重に思い悩む患者

私の名前はカナ

絶賛、彼氏募集中のOLですが…

カナ
「はぁ…。この一重何とかならないかな…」
自分の一重瞼に悩んでます

カナ
「こうやってアイプチをしてても…。やっぱり素顔になると気になる。将来の彼氏にスッピンみられて受け入れてもらえるかも心配だし…」

 

※アイプをしながら思い悩むカナ

カナ
「手術で二重にしてみようかな…」

カナ
「なになに…」

カナ
「当院の施術では瞼を切る切開法が一般的で…」

カナ
(って、やっぱり切るんだ!痛そう!さすがに切るのは抵抗ある!)
「うん。メスを使わないで二重の手術が可能?しかも痛みも最小限に抑えられるって…。この口コミ本当かしら…。クリニックの名前は共立美容外科か…。」

 

私は気になって共立美容外科のHPを覗いていた

カナ
「なになに…。共立美容外科ではメスを使わない『切らない』二重手術を採用。手術痕も残らず、腫れずらい自然な仕上がり。所要時間も20分程度…。『痛みが少ないようにする治療』に配慮して麻酔も行っています!」

 

カナ
(ちょっと、怖いけど気になる…。診察してもらうだけなら、切らないし怖くないもんね。カウンセリングの診断なんて受けられるんだ。まずは、話だけでも聞いてみようかな)

 

私はそのままクリニックのカウンセリングをWEB予約した

 

カナ
(クリニックって無機質で怖いイメージあったけど…。建物の中も清潔で、優しそうな雰囲気だな)

受付
「いらっしゃいませ」

カナ
(受付の人も優しそう…)

 

受付が終わった後は問診票の記入

カナ
(待合室が個室って変わってるな。でも、記入する文字とか人に見られなくて安心。ちゃんとプライベートにも配慮してるんだ!)

 

二重のカウンセリング前に写真を撮ってもらう患者

そして、ドクターのカウンセリングを受けるための写真も撮る

カナ
(変に撮れてないといいんだけど。写真まで撮るなんて本当にしっかりしてるんだな)

 

そして私は、ドクターのカウンセリングを受けることに

医師
「なるほど、一重だと自信がないから二重にしたいと…」

カナ
「はい。でも、瞼を切るのが怖くて…」

医師
「大丈夫。当院ではメスを使わない『共立式P-PL挙筋法』を採用しています」

カナ
「それって、他の瞼の手術とどう違うんですか?」

医師
「わかりやすくご説明しますね」

 

医師
「二重の手術には、メスを使う切開法と二重のラインを糸で固定する埋没法があります。当院の共立式P-PL挙筋法はこの埋没法の一種なんです」

カナ
「え、他にも種類があるんですか?」

 

医師
「まず、埋没法は拳筋法と瞼板法の2種類があります。挙筋は瞼をあげる筋肉のことでこの挙筋を縫う方法を挙筋法というんです。これに対して瞼板法は瞼の軟骨に糸を通す方法。共立式P-PL挙筋法は技術の難しい挙筋法の一種になりますね」

 

カナ
「挙筋法と瞼板法だと何が違うんです?違いがわからないというか…。」

医師
「まず、麻酔の量が違ってきますね」

 

医師
「挙筋法だと柔らかい挙筋にだけ麻酔を注射すればいいので麻酔は少量ですみます。でも、瞼板法だと軟骨に糸を刺します。軟骨に注射はできないので、他の部位から麻酔を浸透させる必要があるんですよ。麻酔の量が多くなり術後、腫れやすくなってしまいます」

 

医師
「さらに瞼板法だと軟骨に思いっきり皮膚を寄せる必要があるため、太い糸を使う必要があるんです。そのため、それなりに痛みも伴うんですよ…」

カナ
「え、やっぱり、痛いんだ!」

 

医師
「でも、安心してください。挙筋法では柔らかい挙筋を縫い寄せるだけなので、細い糸が使えます。だから、瞼板法に比べ痛みもありません。特に当院の共立式P-PL挙筋法では、血管の手術に使われている極細の糸と針を使用してます。なので、痛みも普通の挙筋法に比べ少なくてすみますよ。よかった。痛くないんだ…」

 

カナ
「あの、手術はいつごろできますか?」

医師
「はい。このまま手術することも可能ですよ!」

カナ
「え、そんな早くできるんですか!?」

医師
「はい。お客様のご要望に合わせてカウンセリング当日の手術も可能です」

カナ
「あ、あの手術してみたいです!」

医師
「わかりました」

カナ
「まずは、手術後の瞼の形を決めてみましょう」

 

医師
「こんな感じでどうですか?」

カナ
「え、こんなに幅がとれるんですか?」

医師
「はい。幅の調整も可能ですよ」

 

※平行型と末広型の解説をする医師

医師
「二重の瞼のラインは、平行型(へいこうがた)と末広型(すえひろがた)の2つに別れます。目の輪郭の上の部分のラインと瞼の折り目のラインが平行になっているラインのことを平行型。目頭から目尻に広がっていくラインのことを末広方と呼びますね。目が大きく見えるのは平行型だといわれています」

カナ
「なるほど、そんな違いがあるんですね」

 

話し合いの結果、私は平行型の二重にすることを希望。
二重の幅も先生と話し合いきちんと決めた。

カナ
(ひゃー手術は緊張するよ…。あれ、違和感はあるけど…。思ったほど、痛くない?え、これ本当に手術してるの?)

 

看護師
「はい。終わりましたよ。お疲れ様です。」

カナ
「え、もう終わりですか?」

看護師
「はい。10分ほどで終わりました。術後のお顔を見てみますか?」

じゃーん!

カナ
「え、これが私!?すっごくかわいい!」

 

カナ
「すごい簡単に手術ができるんですね」

看護師
「当院では痛くない施術が可能ですので、5歳ほどのお客様でもご利用できるんです」

カナ
「え、5歳!?」

看護師
「共立式P-PL挙筋法は逆さまつ毛に悩むお子様にもおすすめなんですよ」

看護師
「逆さまつ毛が酷くて、眼球が炎症を起こす子も中にはいますから」

 

医師
「お子様の逆さまつ毛以外では、眼瞼下垂の治療にも共立式P-PL挙筋法は役立ちますよ」

カナ
「?」

看護師
「老化などにより瞼の筋肉が機能しなくなって、目がしっかり開かない症状のことです」

医師
「悪化すると偏頭痛や仕事の作業効率が悪くなったりと、日常にも影響が出てくるんです。それを、手術によって改善することができるんですよ」

 

カナ
「なるほどー」

 

カナ
(美容だけじゃなくて、実際の治療にも使われてるのか。すっごく人の役に立ってるんだ。創立30年以上の実績を持ってるクリニックの実力って凄いな…。それに…。こんなに可愛くなれて治療にもつながるのなら…。やってみる価値はあるわよね!)

 

さらに…

二重になったことで、私の周囲にも変化が!

 

同僚
「あれ、カナちょっと雰囲気変わった?」

カナ
「え、そうかな?」

同僚
「うん。前より目元がぱっちりしてて、可愛くなったよ!」

 

カナ
(凄い!そんなこと言われたの初めて!)

同僚に褒められ、自信を持った私は合コンに挑むことに!

 

カナ
「カナです!よろしくお願いします!」

男性
「へえ、カナちゃんていうんだ!」

ユウタ
「すげえ可愛い!」

 

カナ
「え、そ、そうですか!」

男性
「目元がぱっちりしてて、すっごく明るい印象っていうか…」

ユウタ
「なんかキレイな目に惹きつけられるよな!」

 

そして合コンが終わった後――

 

ユウタ
「カナちゃん。良かったら、2人きりで飲み直さない?」

カナ
「え、いいんですか?」

 

なんと、合コンで気になっていた男性から直接アプローチが!

 

今はその彼とお付き合いをさせてもらっています

カナ
「ユウタさん」

ユウタ
「カナちゃん。今日もかわいいね…」

もう、毎日が幸せです!

 

カナ
「整形って怖いイメージがあるけど、そんなことありません。共立美容外科の共立式P-PL挙筋法はメスを使わない二重手術。痛みも少なくて、術後の腫れも少なくてすみますよ。さらに30年以上の実績を誇るクリニックだから安心して来院できます!」

 

カナ
「WEBからの予約カウンセリングで都合のいい日に来店も可能!細やかなカウンセリングを受けることができます二重手術でお悩みの方はぜひとも共立美容外科をご利用ください!」

 

Youtube版

Youtubeでも公開しています。

また共立美容外科では共立式P-PL挙筋法をはじめ、二重切開法やシェイプ法など、様々な二重治療のメニューをご用意しています。

共立式P-PL挙筋法の料金や手術方法について、詳しくはこちらから。

 

二重整形のバナー

▼共立美容外科の人気の二重整形についての料金や手術方法の詳細はこちら

 

 

カウンセリング予約のボタン

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

このページの監修・執筆医師

  • 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444