英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

全身脱毛にかかる期間と必要な回数は?間隔はどのくらいがベスト?

公開日:2022年02月12日(土)
最終更新日:2022年11月22日(火)

医療脱毛
部位別全身脱毛の効果を実感できる回数の比較
ご予約

このコラムを読むのに必要な時間は約 16 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

ムダ毛の処理には終わりがなく、「いっそ全身脱毛をしたい」と考えたことのある人も多いかもしれません。
しかし、実際に全身脱毛をするとなると二の足を踏む人もいます。こうした人は、「どのくらい通えばよいか分からない」「何回くらい施術を受ける必要があるのか」と不安に思うようです。
本記事では全身脱毛にかかる期間・必要な回数、さらには次の脱毛までに空ける間隔について紹介します。
全身脱毛は1回で終わることはありませんが、それにはやむを得ない理由があります。全身脱毛の方法・原理を知り、納得した上で全身脱毛を行いましょう。

全身脱毛にかかる期間・回数は「どこで脱毛するか」で異なる

脱毛は、クリニックやエステサロンで施術してもらえます。全身脱毛についても対応してくれるところは多く存在しますが、期間・回数・料金についてよく比較してみましょう。サロンやクリニックを適当に選ぶと、脱毛にかかる期間が想定外に長くなる可能性があります。
全身脱毛にかかる期間・回数について、クリニックやサロンのケースを比較して見てみましょう。

1. 全身脱毛は1回では終わらない

クリニック・エステサロンに限らず、全身脱毛が1回で終わることはありません。全身脱毛は部分脱毛よりもはるかに時間がかかるため、年単位で通うことを覚悟しておいた方がよいでしょう。
脱毛のペースは個人の毛の生え方や脱毛方法によって異なりますが、1~2年は必要です。
例えば、結婚式のウエディングドレスを着るために全身脱毛をする花嫁は、挙式予定日の1年以上前から脱毛を始めるのがおすすめです。「このタイミングまでに全身脱毛を終えたい」という希望がある人は、予定日の1年以上前からクリニック・エステサロンで脱毛をスタートさせるとよいでしょう。

2. 【クリニック】全身脱毛にかかる期間と回数

 

全身脱毛を受けられる場所として、医療クリニックがあります。
・全身脱毛にかかる平均期間:1~2年
・全身脱毛に必要な回数:5~8回
クリニックでの脱毛は、「医療行為」に該当します。脱毛の施術にはパワーの強いレーザー光を使うため、脱毛も比較的スムーズです。「早く全身脱毛を終わらせたい」という人は、クリニックを選択した方がよいでしょう。
クリニックは医師のアフターケアが付いている上、薬も出してもらえます。脱毛の安心感も大きいといえますが、その分料金が高額なケースが少なくありません。
全身脱毛の場合、それなりにコストもかかるので、予算をしっかり組んで、計画的に利用しましょう。

共立美容外科の医療レーザー脱毛

3. 【エステサロン】全身脱毛にかかる期間と回数

スキンケアなどを行ってくれるエステサロンでも、全身脱毛のコースがあります。

・全身脱毛にかかる平均期間:1年半~2年半
・全身脱毛に必要な回数:12~18回

完璧を目指す場合は、24回くらいは見ておいた方がよいかもしれません。クリニックと比較して、エステサロンでの全身脱毛はかなり時間がかかると分かるでしょう。
エステサロンでの脱毛に時間がかかる原因はさまざま。中でも特に大きい理由は、エステサロンで使う機器の効果が比較的マイルドであるためです。
エステサロンには医師が在籍しておらず、クリニックと同レベルの強いレーザー光は使えません。全身脱毛には弱い光を照射することとなるため、脱毛が終わるまでの期間が長く・回数も多くなってしまうのです。

4. 全身脱毛で回数以外に注意したいポイント

エステサロンでの脱毛で覚えておきたいのが、「エステサロンでは永久脱毛効果が望めない」という点です。
エステサロンでのムダ毛処理は、厳密にいうと「減毛」です。毛根組織を破壊するような施術は医療分野に入るため、エステサロンでは受けられません。そのため、エステサロンで全身脱毛をしても、また生えてくる可能性があります。
施術を受ける際は「どのレベルまで脱毛したいのか」も考えた上で、サロンかクリニックかを決めましょう。

全身脱毛の間隔の決め方

全身脱毛をする場合、「脱毛して1週間後にまた脱毛」というわけにはいきません。全身脱毛に長い時間がかかるのは、脱毛後しばらくは「脱毛不可の期間」に入るためです。全身脱毛を行う際、1回の脱毛から次の脱毛まではどのくらいの間隔が望ましいのでしょうか。
全身脱毛の間隔の決め方について紹介します。

1. 全身脱毛が初めての人は2カ月が平均

脱毛未経験の人は、毛根や周辺組織が活発に活動しています。毛が生えるペースに乱れが見られにくく、1回の脱毛から次の脱毛までは平均で2カ月ほど空けることが多いようです。
一般的に、脱毛は最初の1回で多くの毛を処理できるといわれます。未処理の毛根が多い分、満足のいく効果を得やすいでしょう。
ただし、次の脱毛までの期間の設定は、クリニックやエステサロンの方針によって異なります。初めて脱毛を経験する人でも、プロの目から見て「毛が生えにくい」と判断された場合は、2カ月以上ペースを空けるよう勧められることもあります。

2. 徐々に間隔を空けてもよい

これまでに脱毛をしたことがある人は、脱毛ごとの間隔が2カ月だと、処理できる毛が生えそろわない可能性があります。それぞれの発毛のサイクルに合わせて、2カ月半おき、3カ月おきなどにするケースが多いようです。
脱毛中は、あるタイミングで「毛が生えにくくなったな」と実感できるようになります。この場合はクリニック・エステサロンに相談して、施術の間隔を延ばしてもらうのがおすすめです。
実際のところ、毛の生える期間は個々の体質によって違う上、体調やメンタルの状態も影響します。脱毛の間隔について心配になったら、クリニック・エステサロンに早めに相談しましょう。

3. デリケートゾーンの脱毛は生理周期も考えよう

VIO脱毛をする場合は、生理のタイミングも考えなければなりません。予約日が生理期間中に当たってしまう場合は、なるべく早急に予約日を変更してもらいましょう。
また、この他の部位の脱毛についても、なるべく生理期間中は避けるのがベター。人によっては生理の症状が重く、脱毛のダメージが大きく感じられることもあります。肌の状態もいつもと違うため、普段の状態ならば何ともない施術でも、痛みを感じたり赤くなったりするかもしれません。
生理周期が正しい人は、「生理になるかも」と思われる期間は避けた上で、脱毛の間隔を決めましょう。

全身脱毛の効果を実感できる回数

毛は全身に生えますが、部位によって太さ・濃さは違います。そのため、全身脱毛では、施術場所によって「きれいになった」と実感できる回数が異なります。施術場所別に見ていきましょう。

1. 脇

一般に、脇に生える毛は太く濃いため、脱毛の効果を実感しやすいといわれます。1回施術を受けただけでも、「たくさん抜けた」と思う程度には処理できるでしょう。
脇脱毛の効果については、レーザー脱毛を行うクリニックと光脱毛のエステサロンでは、実感できる回数が異なります。
実感できるまでが早いのは、やはりクリニック。人にもよりますが、3回目の脱毛くらいから効果を実感できるといわれます。5回目くらいになると、「きれいになってきた」と思えるでしょう。
一方、エステサロンの場合は、4~6回目くらいから効果を実感できるといわれます。「きれいになった」と思えるのは、6回目くらいからが多いようです。

2. 顔

顔はうぶ毛の脱毛となり、濃い人・薄い人の差が比較的大きい部位です。もともと毛が濃い人は脱毛による効果を実感しやすくなりますが、毛が薄い人は効果を実感するまでに時間がかかるでしょう。
「このくらいで効果が分かる」と断言しづらいといえますが、医療脱毛で「毛が少なくなったな」と感じるのは3回目くらい、「ほとんどなくなってきたな」と実感するのは5~8回目くらいでしょう。
一方、エステ脱毛の方はもう少し感じ方にバラつきがあり、一概にいえません。多くの場合、6~12回くらいで「きれいになった」と実感できるようです。
顔脱毛で顔のうぶ毛がなくなると、肌が明るくなったり毛穴が小さくなったりといったメリットがあります。「脱毛しても、見た目はそんなに変わらないな」と思っても、メイクやスキンケアの際、肌のコンディションが良くなっていることに気付くはずです。

3. 背中

背中は自分では見えない部位ですが、うぶ毛が目立つケースがあります。毛が細く薄いため脱毛しにくいこと、範囲が広いことなどから、効果を実感するのにはやや時間がかかるでしょう。
クリニックで脱毛した場合は、平均5~8回くらいの脱毛で背中がきれいになってきます。中には、「背中の空いた服を着てみようかな」と積極的な気持ちになれる人もいます。一方、エステサロンで脱毛した場合は、平均12~18回ほどで効果を実感できるようになってくるでしょう。
なお、「背中」の範囲はあいまいですが、一般的には「首のつけ根から腰骨まで」とするケースが多いようです。クリニックやエステサロンによって考え方は異なるので、背中の脱毛を検討している場合は、「具体的にどこまで施術してもらえますか」と尋ねましょう。

4. 足・腕

足や腕は、普段からムダ毛処理で煩わしく感じる部位です。毛も目立ちやすいため、少ない施術回数で効果を実感できます。その人の毛の濃さ・太さにもよりますが、クリニックで施術を受けた場合は1~3回くらい、エステ脱毛でも3~5回くらいで何らかの効果を実感できるでしょう。
ただし、つるつるぴかぴかにしたい場合は、もう少し回数が必要です。クリニックの脱毛なら5~8回、エステ脱毛なら12回程度通うと、自己処理から解放されます。

5. デリケートゾーン

デリケートなVIOは毛が太く濃い傾向にあります。脱毛の効果を実感しやすい部位ですが、最初のうちは脱毛後に太く濃い毛が生えてくることもあるでしょう。
効果の感じ方はその人の毛量と毛の太さにもよります。クリニックで脱毛を受けた場合は3回くらい施術を受けると、太い毛が生えにくくなったのを実感できることが多いようです。一方、エステ脱毛の場合は、6回目くらいから効果を実感しやすくなります。毛が太く濃い自覚がある人は、「プラス2回」くらい多めに見積もるとよいかもしれません。
また、VIO脱毛は「最終的にどのような形にするのか」によって施術のゴールが異なります。完全に脱毛してしまう「ハイジニーナ」を目指すなら、クリニックでの脱毛でも8~10回以上、エステサロンの場合は12~18回くらいかかると思っておきましょう。
クリニックで施術を受けた場合は1度脱毛すると、元の状態には戻せません。「整える程度にする」のか「完全になくす」のか、慎重に検討しましょう。

全身脱毛に時間がかかるのは「毛周期」があるため

全身脱毛に時間がかかるわけ

脱毛は毛根の組織を狙ってレーザーや光を当てるため、毛が生えてこないことには、脱毛できません。脱毛プランは毛周期に合わせて組まれるのが一般的で、毛周期が順調な人ほど脱毛も早く進むでしょう。
脱毛をなるべく早く終わらせたい場合は毛周期について知り、自身の毛周期について考えを巡らせてみてください。毛周期の概要について紹介します。

1. 毛周期とは毛の生えるサイクルのこと

人間の毛は、以下の5つのフェーズをたどって生えたり抜けたりします。

・成長初期
・成長期
・成長後期
・退行期
・休止期

このうち、成長初期から成長後期までは毛が生えて、成長してくる時期です。毛根もしっかりしていて、引っ張っても簡単には抜けません。
やがて退行期になると、毛が抜けやすい時期に突入します。毛には勢いがなくなって、引っ張れば簡単に抜けることもあるでしょう。
最終段階である休止期は、毛の栄養がなくなって抜け落ちる時期です。放置していても、毛は勝手に抜けます。毛根の組織は、すでに次の毛を生やすための準備を始めています。

2. 脱毛の施術は「成長期」に行う

クリニックでもエステサロンでも、脱毛の施術は成長期になるタイミングを待って行われます。1度施術をしてしまったら、その毛周期での施術はできません。施術を受ける人の毛終期が一周するまでは脱毛はお休みです。
毛周期は個人差があり、また部位によって異なる上、体調にも影響を受けることが少なくありません。「いつから成長期に入る」と厳密に言うことはできませんが、早い人なら3カ月、遅い人なら6カ月くらいかけて毛が生え替わってくるでしょう。

成長期に全身脱毛をすべき理由

全身脱毛で数カ月空けながら脱毛を進めていくのは、毛周期が成長期に入るのを待つためです。しかしなぜ、脱毛は成長期にしか行えないのでしょうか?成長期に脱毛をする理由について紹介します。

1. 色素が濃く脱毛効果を得やすいため

まず大きな理由として挙げられるのが、成長期の毛は黒々としてメラニンを多く含んでいる点です。
クリニックでもエステサロンでも、脱毛の際はメラニン色素を狙い撃ちして毛の生える土台にダメージを与えます。しっかりと毛にダメージを与えるためにはメラニン色素が濃い方が有利で、退行期や休止期では意味がありません。メラニン色素を多く含む成長期を狙ってレーザーや光を照射した方が、脱毛効果を得やすくなるのです。

2. 毛根にダメージを与えられるため

成長期にレーザーや光を照射すれば、毛の根が深い状態で施術できます。毛根にもしっかりとダメージが行き届き、高い脱毛効果が期待できるのです。
ただし、より高い脱毛効果を狙うなら、成長期前期よりも後期のタイミングを狙いましょう。前期は、毛が毛穴から顔を出したばかりの状態。毛は成長とともに根を深くしていくため、強いダメージを与えるなら毛がしっかり伸びきった成長後期の方がよいのです。

毛周期のリズムを乱さないよう気を付けたいポイント

脱毛をスムーズかつきれいに完了させるには、毛周期のリズムを整えることが必要です。脱毛期間中は体調管理・メンタル管理にも気を遣い、適切な周期で毛が生えてくるようにしましょう。脱毛の期間中の過ごし方について気を付けたいポイントを紹介します。

1. ストレス

仕事やプライベートでストレスを感じることが多いと、毛周期に悪影響を及ぼすといわれます。
ストレスを感じると交感神経が優位になって、体は常に興奮状態となります。血流が悪くなって血行不良や冷えを生じやすくなり、体の各器官に十分な血液や栄養を届けられません。
毛の養分も不足しがちとなり、毛周期のサイクルが乱れることがあるのです。

2. 睡眠不足・喫煙

睡眠不足や喫煙は、体調を著しく悪化させる恐れがあります。体内に栄養・酸素・血液が十分に回らなくなり、毛の生えそろうのが遅くなってしまうかもしれません。
また、睡眠不足だったり喫煙を続けていたりすると、肌のコンディションが低下する恐れがあります。脱毛の施術をした場合ダメージが大きくなる可能性があるため、好ましくありません。
脱毛期間中は睡眠をきちんと取ること・なるべく喫煙の本数を減らすことを心掛けましょう。

3. 食生活

食事は、体作りの基礎となるものです。ダイエットをし過ぎたり栄養が偏ったりすると、健康な体を維持できません。毛周期のサイクルも狂いやすく、毛の生え方が変化することが予想されます。
食生活を整えれば毛周期が整うだけではなく、肌そのものの見た目もよくなります。脱毛後の肌がより一層きれいに見えるよう、肌のコンディションを整える努力も併せて行いましょう。

全身脱毛期間中に避けるべきNG行為

全身脱毛を予定どおり完了させるには、イレギュラーな事態で遅れを発生させないことが必要です。無意識にしてしまった行動により「今回は施術できません」と言われてしまう可能性があります。全身脱毛期間中は、クリニック・エステサロンの指示にきちんと従いましょう。
脱毛中に避けるべき行為について紹介します。

1. 毛抜き・ワックスでの自己処理

脱毛の施術を受けている間は、毛抜き・ワックスなどでの自己処理は控えましょう。脱毛の施術を受ける前日は、特に避けなければなりません。万が一自己処理してしまうと、脱毛の施術が「1回休み」になって、脱毛計画が遅れてしまいます。
毛抜きやワックスでの自己処理が望ましくないのは、毛根から毛を引き抜くこととなってしまうためです。クリニック・エステサロンで使うレーザーや光は、毛根部分のメラニン色素を狙って照射されます。毛根に毛が残っていない場合、レーザーや光を当てても、ムダ打ちになってしまうのです。
脱毛期間中の自己処理は、肌当たりの優しいシェーバーが基本です。カミソリを使っても問題はありませんが、カミソリは表皮を削ってしまう可能性があります。肌へのダメージが少ないものを選び、肌コンディションをよい状態でキープしましょう。

2. 日焼け

脱毛の施術を受ける前に日焼けをしてしまうと、多くのケースで「できません」と言われます。脱毛期間中は日焼け止めの塗布を徹底するのはもちろん、脱毛部位を日に当てないように注意しましょう。
脱毛の施術では、メラニン色素に反応するレーザーや光を使うことがほとんどです。このとき肌が日焼けしていると、レーザーや光が肌のメラニン色素に反応する可能性があります。施術後に肌が受けるダメージは大きく、やけどのようになることもあるでしょう。
春夏は紫外線が強く、外を歩くだけでも日焼けすることがあります。「うっかり日焼け」を防ぐためにも、季節・時間に関係なく紫外線対策をするクセをつけましょう。

3. 施術直前の日焼け止め・制汗剤

肌の紫外線対策が必要とはいっても、施術直前に日焼け止めを塗布するのは好ましくありません。毛穴に日焼け止めが入り込み、脱毛の効果を弱らせる可能性があります。
また、汗をかく季節は、日常的に制汗剤を使用している人もいるでしょう。脇の脱毛をする場合は、制汗剤もおすすめできません。日焼け止めと同様に、制汗剤が毛穴に入り込み、脱毛前に塗布するジェルが浸透しにくくなってしまいます。
脱毛の施術を受けるときは、該当部位には何も付けていない状態にしておきましょう。

全身脱毛を早く終わらせるコツ

全身脱毛はどうしても年単位の時間がかかります。「少しでも早く終わらせたい」と考える場合は、普段のスキンケアを徹底することはもちろん、施術を受けるクリニック・エステサロンの選択から慎重に行いましょう。
全身脱毛を早く終わらせたい人が抑えておくべきポイントを紹介します。

1. 肌を健康に保つ

脱毛は肌に光やレーザーを照射するため、肌がダメージを受けやすくなります。スムーズに脱毛プランが進むよう、スキンケアを徹底することが必要です。
肌のダメージが進行すると、クリニック・エステサロンから施術ストップを提案される恐れがあります。肌トラブルが回復するまで施術が延期されれば、全身脱毛が終わるまでにより長い時間がかかってしまうでしょう。
また、脱毛後の肌は、極度に乾燥した状態となります。保湿を怠ると乾燥肌となり、皮膚の弾力が失われやすくなります。皮膚が硬いと施術の際に毛が抜けにくくなり、脱毛完了までが遅くなるかもしれません。
脱毛期間中は、日焼けを避けるのはもちろん、保湿もしっかりと行って健康な肌をキープしましょう。

2. 予約が取りやすいクリニック・エステサロンを選ぶ

人気の高いクリニックやエステサロンの場合、希望日に予約を取れない事態が頻発します。脱毛に適した「成長期」を逃すと、脱毛がなかなか進みません。全身脱毛をすると決めた場合は、「予約の取りやすさ」にも注目しましょう。
一般に、土曜日は予約が取りづらい傾向にあります。日曜祝日も対応しているクリニック・エステサロンを探すのも一つの手です。
ただし、「いつでも好きなときに予約が取れる」というクリニック・エステサロンは、施術や料金などで避けるべき理由があるのかもしれません。事前に見学に行ったり口コミをチェックしたりして、総合的な判断を行いましょう。

共立美容外科でカウンセリング予約する

3. 永久脱毛効果がある施術方法を選ぶ

先述のとおり、エステサロンでの脱毛は厳密にいうと「減毛」「制毛」です。永久的な脱毛効果はなく、時間がたてばまた毛が生えてきます。施術を受ける前に「永久脱毛を望む」「美容脱毛でよい」など、希望する脱毛効果を明確にしておきましょう。
永久脱毛を望むのにエステサロンに通ってしまうと、全身脱毛の施術が終わってもメンテナンスが必要です。
「脱毛の終わり」を実感しにくく、「いつまでたっても終わらない……」と嘆くこととなるでしょう。「脱毛が終わった」という実感を得たいなら、クリニックでの脱毛がおすすめです。

全身脱毛は長い目で期間・回数を考えよう

全身脱毛をする場合は、クリニックでもサロンでも1年以上通う必要があります。肌のコンディション・体調次第ではさらに長引くこともあるため、焦らずに余裕を持って計画を立てましょう。
なるべく全身脱毛を早く終わらせたい場合は、紫外線対策・保湿を徹底したり生活習慣を整えたりすることが必要です。1回の脱毛で最大限の効果を得られるよう、肌の状態を常に良好に保ちましょう。
全身脱毛が終われば、肌は一皮剥けたようにきれいに見えます。「結婚式に備えたい」「薄着になる前にきれいにしたい」などの希望がある人は、早めにサロン・クリニックの検討を始めましょう。

 

脱毛のバナー

▼共立美容外科の人気の医療脱毛についての詳細はこちら

 

 

鼻のメニューへのバナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

このページの監修・執筆医師

  • 久次米 秋人(くじめ あきひと)

    久次米 秋人(くじめ あきひと)

    日本美容外科医師会理事
    日本美容外科学会認定専門医

    • 略歴

      • 1983年
        金沢医科大学医学部 卒業
        1983年
        高知医科大整形外科入局
        1989年
        東京本院(品川)開院
        2002年
        本院を新宿に移転
        2013年
        銀座院院長就任
        2018年
        第107回日本美容外科学会 学会長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科医師会理事
      日本形成外科学会会員
      日本美容外科学会会員
      日本美容外科学会認定専門医
      日本脱毛学会会員
      北米脂肪吸引形成外科学会会員
      日本坑加齢美容医療学会会員

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444