英語 中国簡体 中国繁体 韓国語

Kyoritsu Biyo Scrap(KBS)

二の腕の脂肪吸引はいつから細くなる?完成までの経過を美容外科医が解説

公開日:2022年03月07日(月)
最終更新日:2022年03月14日(月)

脂肪吸引・痩身
二の腕の脂肪を確認する医師

このコラムを読むのに必要な時間は約 8 分です。
最後まで有意義なページになっていますので是非ご覧ください。

二の腕のタプタプしたたるみはダイエットをしても、なかなか痩せにくい部位の一つです。

そんな方には美容クリニックが行っている「二の腕の脂肪吸引」が選択肢になります。

二の腕の余分な脂肪細胞を除去すれば、痩せにくい二の腕もスッキリ細くなるのがメリットです。

脂肪吸引は手術した直後にすぐ細くなるイメージを持たれていますが、実際にはダウンタイムを経過した後に、徐々に細さを実感されるケースがほとんどです。

そこで今回は、二の腕の脂肪吸引をしてから実際に腕が細くなった!と効果を実感されるまでの経過について解説していきます。

ぜひ、手術を受ける前に経過を抑えておきましょう。

 

二の腕の脂肪吸引はいつから細くなる?

二の腕を見せる女性

結論から言えば、二の腕の脂肪吸引後に細くなったと実感できるのは、術後平均1ヶ月かかります。

効果が実感できるまでの期間は個人差がありますが、平均1ヶ月が目安です。

脂肪吸引した当日から3日間は痛みや腫れ、むくみなどの症状が最も強く出ますので、この最初の3日間は安静に過ごす必要があります。

術後すぐは、まだ細くなった実感はありません。

術後の痛みや腫れ、むくみは数日間かけて徐々に引いていきます。

大体2週間位かけて症状が回復してくると、今度は皮膚のひきつれや硬さを感じるようになります。

これは「拘縮(こうしゅく)」といい、脂肪吸引した部位が空洞になり、水が溜まる症状です。

回復する段階で皮膚と皮下組織が修復する際に起こる症状で、約1〜2ヶ月続きます。

二の腕が細くなったと実感できるのは、この拘縮の症状が出る頃です。

皮膚の表面がボコボコしたり、ひきつれや硬さを感じますが次第に落ち着き、痩身効果を実感できる方が多いです。

 

完成するまでの期間は平均3ヶ月

二の腕の脂肪吸引をした後、約1ヶ月すると細くなったのを実感できて、それからまた3ヶ月から6ヶ月かけて緩やかに細くなっていきます。術後、3ヶ月〜6ヶ月後に完成となります。

つまり、二の腕の脂肪吸引をした後、完成するまでの期間は平均3ヶ月間かかるということです。

人によって個人差がありますので、約6ヶ月かかる場合もあります。

二の腕の脂肪吸引は、手術で余分な脂肪細胞を吸引すれば、すぐに見た目が細くなるというイメージがあるかもしれませんが、実際はダウンタイムを経て、徐々に効果が出るものです。

術後、鏡を見て二の腕の太さが変わらずに「細くならなかった」と不安になる方もおられますが、最終形までには最低でも3ヶ月かかりますので、まずは1ヶ月くらい様子をみましょう。

手術部位の腫れや拘縮が治まらない場合は、皮膚が硬いところをマッサージすると柔らかくなり、ひきつれも治まっていくケースが多いです。

二の腕の脂肪吸引をすると、腕は痩せるけど皮膚がたるむのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、術後に脂肪吸引した部位の皮膚がたるむことはありません。

術後、3ヶ月〜6ヶ月かけて腕が引き締まったのを実感できるでしょう。

ただし、一度に多くの脂肪を吸引したり、圧迫が十分でない場合は、術後に皮膚がたるむ可能性があります。

脂肪吸引に失敗しないためにも、手術を受けるクリニックは経験と実績があるところを選び、医師は確かな技術があり、丁寧なアフターケアを実施しているかどうか確認しましょう。

 

二の腕の脂肪吸引の効果が出るまでの経過

二の腕の脂肪吸引をしている後にガードルをはめているところ

二の腕の脂肪吸引を受けても、術後すぐに腕が細くなるのではなく、ダウンタイムを経て、腫れが引いていき、完成形となるまでには平均3ヶ月から6ヶ月かかるとお伝えしました。

ここからは、二の腕の脂肪吸引の経過と気をつける点をあわせてみていきましょう。

※当院で二の腕の脂肪吸引を受けられた方の様子を元に作成しております。

経過の症状には吸引する脂肪の量や体質などにより、個人差がありますので、

予めご了承ください。

 

 

脂肪吸引術後、当日〜翌日

手術中は麻酔を使用して行いますので、痛みは感じません。静脈麻酔を使用した場合は、意識がない状態ですので、痛みの心配はないです。

手術後には麻酔が切れ始めますので、痛み止めの点滴を打ちます。手術が終わって、帰宅するまでには麻酔と痛み止めの薬の作用が切れますので、痛みが出てきます。

脂肪吸引した当日から翌日は最も痛みがでやすい期間になりますので、注意が必要です。痛みのピークは当日から約1週間続きます。

術後の痛みは「筋肉痛のような痛み」と表現されることが多いです。痛みの強さや症状は人によって個人差があり、突っ張ったような痛みを感じる方もいます。

 

▽脂肪吸引術後、当日〜翌日の過ごし方

クリニックでは痛み止めの内服液が出されますので服用して頂き、手術日から翌日はご自宅で安静に過ごすように心がけて、無理な行動は控えるようにしてください。

例えば、買い物で重い袋を持ったり、力仕事や細かい手作業が必要なお仕事は思うように動かない可能性がありますので、術後3日間はご自宅で安静にされることをおすすめします。

術後、翌日からむくみや赤黒い内出血が起こる方もいますが、この場合も日数を経過するごとに引いていき、2〜3週間過ぎた頃には落ち着いていくでしょう。

手術部位には圧迫固定を行いますので、内出血が起きても長袖を着れば、周りから見えてしまうことはありません。

内出血は黄色っぽく変化して、徐々に消えていきます。

術後3日間は普段どおりの食事で問題ありませんが、飲酒は7日後に抜糸するまで控えるようにしてください。

手術の翌日からシャワーはOKですが、浴槽への入浴は抜糸の翌日からになります。

 

脂肪吸引術後、1週間〜2週間

脂肪吸引後、1週間過ぎた頃には二の腕のむくみを感じるようになります。

むくみのピークは1週間から2週間続き、人によっては3ヶ月くらい長期間続くケースもあります。

脂肪吸引をすると、元々脂肪があったところが空洞になるので、その部分を埋めるように麻酔液や浸出液などの水分が溜まってしまうことがあります。

しっかりと脂肪を吸引した時に起こりますので、心配される症状ではありません。

見た目が余計にぷにぷにしたようになりますが、2〜3週間経過すると症状は落ち着きます。

また、術後1〜2週間後に、手術部位の皮膚が突っ張ったように硬くなる「瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)」が起こります。

これは回復する段階で起こるので心配ではありません。

日常の動作では、服を着る時に腕を上げにくくなったり、シャンプーする際に腕を上げにくいと感じることがあります。

この症状も1ヶ月から2ヶ月くらい続きます。

 

▽脂肪吸引術後、1週間〜2週間の過ごし方

術後、1週間から2週間は痛みは治まっていますが、皮膚の硬さが気になりますが、この症状は次第に改善される正常な経過ですので、心配されずに無理なくお過ごしください。

皮膚の突っ張り感やむくみはマッサージや適度にストレッチを行い、血行をよくすることで早期の回復が見込めます。

1週間後に抜糸が済んだら入浴が可能です。飲酒もできるようになりますが、飲みすぎると手術部位がむくみますので注意しましょう。

3週間後くらいに痛みや内出血、突っ張り感がなくなってきたら、ウォーキングなど軽い運動を無理のない範囲で行って頂けます。

 

脂肪吸引術後、1ヶ月

手術後、1ヶ月経つと「腕が細くなった!」と初めて実感できるでしょう。

多くの方は術後1ヶ月で痩身効果を実感されています。細くなったと実感できるまでの期間は平均1ヶ月です。

術後、1ヶ月経って二の腕を揉むとしびれるような感覚が残っている場合も、3ヶ月から6ヶ月くらいかけて徐々に改善されます。

多くの場合、術後1ヶ月になると、ダウンタイムが落ち着いていきますので、次第に二の腕痩せの効果が現れていきます。

最初は急激に細くなり、2ヶ月後からさらに細くなっていきます。

 

▽脂肪吸引術後、1ヶ月の過ごし方

だいぶダウンタイムの症状が治まってきて、通常通りの動作ができるようになります。

二の腕痩せ効果も実感し始めて、完成形に近づいていきます。

皮膚の硬さが気になる方は、お風呂上がりの温かいカラダの時にマッサージをして血行を促進させると効果的です。

 

脂肪吸引術後、3ヶ月〜6ヶ月

手術後、3ヶ月経った頃は腕や肩周りの違和感がほとんどなく、ダウンタイムの症状は改善されています。

早い方は3ヶ月で完成形となり、二の腕が細くなった!と感じるでしょう。

人によっては3ヶ月から6ヶ月くらいかけて、徐々に細くなっていくケースもあります。

手術部位に赤みの傷が残るケースもありますが、3ヶ月から1年で徐々に消えていくでしょう。

 

▽脂肪吸引術後、3ヶ月〜6ヶ月の過ごし方

クリニックへ月1回の定期検診へ行き、担当医に状態をチェックしてもらいます。

完成した後も継続的にマッサージをすると柔らかいお肌をキープできます。

リバウンドの可能性は少ないですが、健康的な食生活と適度な運動を心がけて、スラッとした二の腕をずっと維持していきましょう。

 

二の腕の脂肪吸引はこんな方におすすめです

二の腕の脂肪を吸引いているところ

二の腕の脂肪吸引はこんな方におすすめの手術です。

 

  • 二の腕がタプタプでなんとかしたい方
  • 二の腕をほっそり痩せたい方
  • 二の腕の脂肪が外に張り出して気になる方
  • ダイエットしても二の腕の脂肪が落ちずにお困りの方
  • ダイエットは続かない、リバウンドしてしまう方
  • 短期間でしっかり二の腕を細くしたい方

 

二の腕の脂肪吸引は、一回の手術でしっかりと痩身効果が現れる手術です。ダウンタイムは比較的軽く、日帰りで可能ですので、はじめて脂肪吸引される方にもおすすめします。

 

スラッと細くなる二の腕の脂肪吸引は共立美容外科にご相談ください

二の腕の脂肪吸引を相談する患者

共立美容外科の「二の腕の脂肪吸引」はなめらかな仕上がりで、傷跡がほとんど残らない「共立式KB脂肪吸引」を提供しています。

独自開発し、特許取得した器具を使ってひじのしわからアプローチするため、手術跡はほとんど消えて、術後に皮膚のたるみが出ることはほとんどありません。

入院の必要はなく、二の腕は太ももやお腹など、他の部位に比べて手術時間が短く、両腕で約1時間で終了しますので、お体の負担を最小限に抑えています。

確実に二の腕が細くなる脂肪吸引をご検討の方は、一度共立美容外科にご相談ください。

 

二の腕の脂肪吸引のバナー

▼共立美容外科の二の腕の脂肪吸引の料金や手術方法についての詳細はこちら

 

 

鼻のメニューへのバナー

▼初めての方でも入りやすい♪カウンセリングの予約をする。

 

 

このページの監修・執筆医師

  • 磯野 智崇(いその ともたか)

    磯野 智崇(いその ともたか)

    共立美容グループ 総括副院長

    • 略歴

      • 1995年
        聖マリアンナ医科大学 卒業
        1995年
        聖マリアンナ医科大学形成外科 入局
        1999年
        東大宮総合病院整形・形成外科 入職
        2002年
        共立美容外科 入職
        2009年
        共立美容外科 浜松院院長就任
        2020年
        共立美容グループ 総括副院長就任
    • 主な加盟団体

      日本美容外科学会
      日本美容外科学会認定専門医

当院は医療広告ガイドラインを遵守しています。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ 0120-500-340 (診療時間 10:00~19:00)

よくあるご質問

×

新宿・名古屋・大阪・福岡をはじめ
全国26院 共通ダイヤル
0120-500-340

あの久次米総括院長も診察♪
新宿本院 直通ダイヤル
0120-500-340

銀座院 直通ダイヤル
0120-560-340

渋谷院 直通ダイヤル
0120-340-428

池袋院 直通ダイヤル
0120-340-800

立川院 直通ダイヤル
0120-489-340

上野御徒町院 直通ダイヤル
0120-340-444